<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リーガル・ハイ 第3話

第3話



 古美門研介(堺雅人)の事務所に、
テレビのドキュメンタリー番組の取材が入った。
古美門はカメラ映りを気にしたり、自分のスマートさだけを
撮ってもらいたい様子。そのため、黛真知子(新垣結衣)が
持ち込んだ国選弁護の話になど見向きもしない。
黛はひとりで、ストーカー規制法違反で訴えられた
榎戸信也(永山絢斗)の弁護をすることになる。
しかし、古美門も番組ディレクターから訴訟に取り組む様子を
撮影したいと頼まれた。黛を手伝う気もなく、さりとて
当面、仕事の予定のない古美門。すると、助け舟を
出すように服部(里見浩太朗)が、弁護士会からの依頼を話す。
 榎戸は黛に、なかなか思っていることを打ち明けようとしない。
仕方なく弁護方針を減刑に持ち込もうとする黛。
裁判で原告側につく検察官は、黛が法科大学院時代に
教壇に立ったことのある相沢秀臣(東根作寿英)。
黛は相沢に、ある思いを秘めていた。
 一方、服部が古美門に持ち込んだのは、汚い野次で
球場から強制退去させられたことに怒る望月ミドリ(阿知波悟美)が
訴える、球団への賠償請求。なんとも勝ち目のなさそうな
訴えだが、古美門は余裕しゃくしゃく。球団側の弁護についた
三木長一郎(生瀬勝久)は、若手の井手孝雄(矢野聖人)を
古美門にぶつけてきた。
 初公判では、榎戸が突然無罪を主張したことで黛は混乱。
反対にミドリを弁護する古美門は、法廷でお得意の弁舌を
繰り広げ始めた。





古美門のほうはあいかわらず。

大阪のおばちゃん(失礼)かと
思うようなド派手な服をきて
きたないヤジをとばして球場から
追い出されたおばちゃんの弁護。
いつもように勢いでおしておしておしまくる!

ヤジを再現させたあとで

転んだせいで

大声が出せなくなったとか

(今叫んでたじゃん!!)


その記録を本にして出版して
本になったら売れるはずだったとか
その弁護をきいていると

いいがかりをつける

たちの悪いヤクザみたい!!


「やじも愛情です。

 叱咤激励です!彼女の愛の形なのです!

 望月さんは 選手たちに対し

 母親のような気持ちであったとおっしゃっています。
 
 子供を甘やかす母親が多い 昨今

 厳しくしつけ間違ったときは声を荒げて怒鳴る。

 彼女は まさに昭和の肝っ玉母さんのような存在と

 いえるのではないでしょうか。

 そりゃあ うざったく思った日もあったでしょう。

 「勉強しろ! 勉強しろ!勉強しろ!」

 あまりの厳しさに

 反抗した時期もあったかもしれない。

 しかし その子が成長し

 立派に成功したときこう思うんです。

 「お母さんの おかげで今の僕があるのだ!」と。」

裁判長まで涙ぐませてしまうあたりwww

うますぎです。

相手の若手弁護士なんかが
太刀打ちできるような相手じゃなかった。

かたや真知子のほうは
本人は愛し合っていたというのに
相手からはストーカー扱いされた青年。
真知子自身が無実だと思っていないから
心も開いてもらえずろくに話もしないまま
裁判になってしまいました。

でもどうも相手の女性の表情を
みているとおかしい。
古美門はアドバイスするのを
速攻で断りましたが
服部さんの言葉にヒントをもらって
バスの乗客に話をきくと
たしかにふたりは仲睦まじかった様子。
プレゼントした似顔絵も
気持ち悪いからすぐに捨てたと言っていたのに
じつはずっと大事にしていた。

相手の弁護人が真知子が大学時代
好きだった相手で・・好意を持ってもらえていると
勝手に舞いあがっていた自分が被告とかさなって

裁判がそりゃもう切ない・・・。

さっきの古美門の裁判と大違い。
というか古美門があれだから
よけいに引き立つ!

大学時代の初々しいガッキーもかわいいし。

「美由希さんは

「榎戸さんのことが迷惑だったんですか?」

「少しも 好意を抱いては いなかったんですか?」

「牧野さんの手前そう言ってるだけではありませんか?

 家柄もいい 牧野さんとの交際に

 どこか息苦しさを感じていて

 正反対の 榎戸さんとのバスの時間に

 安らぎを感じていた。
 
 違いますか?」

「榎戸さんにプロポーズされ

 牧野さんのことを迷惑していると

 思わず 言ってしまったんじゃないんですか?」

「榎戸さんの行動はあなたが

 させたものじゃないんですか?」

「少しも…

 好意を抱いてはいなかったんですか?」

「心の片隅に…

 ほんの少しでも彼への好意の気持ちは?」


バレンタインチョコを笑顔でうけとってくれたのに
実はちゃんと彼女がいたのをみたときの
自分と重なって・・泣きそうな真知子に
こちらも涙しそう。

そして被告も彼女の想いを組んで
自らストーカーだと宣言して謝罪・・。

切ない。
たいへん切ない結末となりました。

こんな経緯で結婚して
あの人幸せになるのかね・・?

「ひどい 負けっぷりだな!

 誰のために弁護してた?」


という古美門だけど
古美門なりに励ましてくれました。

服部さん、バンコクで屋台もしてたなんて
ほんとに万能!!

古美門はいつもどおり
真知子もいつものカリカリしてるところ
じゃない一面をみられて楽しかったです。
こういう切ない雰囲気もうまいな!




古美門研介    堺雅人 
黛真知子     新垣結衣 
三木長一郎    生瀬勝久 
沢地君江     小池栄子 
加賀蘭丸     田口淳之介 
井出孝雄     矢野聖人  
服部        里見浩太朗





2012.05.01 Tuesday 22:13 | comments(0) | trackbacks(11) | 
<< 緋色の欠片 第5話「相克(ふたつ)の使命」 | main | 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜第4話「医者として僕はそこに線を引く」 >>









リーガル・ハイ 第3話:初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?
服部さんに持ってかれた!・:*(〃・ェ・〃人)*:・カッコイイ 古美門を追っかけるテレビのドキュメンタリー番組の取材の際、エンディング用に めっちゃ決め顔した古美門だったのに〜(笑)。 今回、バンコクで屋台をやってたとカミングアウトしてた服部さん。あたしゃ古美
| あるがまま・・・ | 2012/05/02 12:15 AM |
【リーガル・ハイ】第3話
いつになったら手足が生える?オタマジャクシ。 榎戸がバリバリのストーカーの変態野郎だったとしても、あらゆる手段を使って無罪にしろ。 それが君の仕事だ。 私はそうは思いません。 私たちの仕事はあ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/05/02 2:39 AM |
リーガル・ハイ #03
『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』
| ぐ〜たらにっき | 2012/05/02 2:59 AM |
リーガル・ハイ(第3話・5/1)
4/17からフジテレビで始まったドラマ『リーガル・ハイ』(公式)の第3話『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』の感想。 ガッキーを愛でる回って事で免責なし… 第3話にして、主役の古美門研...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2012/05/02 8:33 AM |
フジテレビ「リーガル・ハイ」第3話:初恋かストーカーか? 号泣の恋愛裁判!?
第1話よりも第2話、第2話よりも今回の第3話と、ますますのヒートアップ。堺雅人の“怪演”あっての、ストーリー崩壊寸前の無茶ぶり。この先、どういう展開を見せるのか(笑)。
| 伊達でございます! | 2012/05/02 11:10 AM |
「リーガル・ハイ」第3話〜冤罪と二股検事と涙のトムヤンクン!?
「リーガル・ハイ」第3話 面白かったですね。 堺雅人は、いかんなく実力発揮。 里見浩太朗も、味のある存在感。 でもね・・・。 −◆− 古美門の事務所に、テレビのドキュメンタリー番組の取材が入っています。 D「先生は今何を考えてらっしゃいますか?」
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/05/02 11:18 AM |
「リーガル・ハイ」第3話の感想 偽りの花嫁・原田夏希さんを責める事はできない
「リーガル・ハイ」、永山絢斗さんの純愛と原田夏希さんの打算、涙する新垣結衣さん。 おとなしいお嬢さんと見えた原田さんの真相は打算であり、結婚は金持ちの彼と決めている。 自分に懐いてくる永山さ...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2012/05/02 12:24 PM |
「リーガル・ハイ」第3話
略奪された花嫁と彼女の似顔絵。 第3話『初恋かストーカーか?号泣の恋愛裁判!?』ネタバレです。 フジテレビ系ドラマ「リーガル・ハイ」オリジナルサウンドトラック林ゆうきポニーキャニオン by G-Tools
| 三毛猫《sannkeneko》の気ままにドラマ | 2012/05/02 12:44 PM |
「リーガル・ハイ」 第三話 初恋かストーカーか? 号泣の恋愛裁判 !?
 古美門、GO!GO!! 魅せてもらいましたよ!古美門イズムを! そして、真知子も自分自身を越えようとがんばったね。 てか、ドキュメンタリー的にもドラマ的にも、最後を綺麗にもって ...
| トリ猫家族 | 2012/05/02 7:28 PM |
ドラマ「リーガル・ハイ」 第3話 あらす...
有罪と無罪------------。今回の判決は人によって、ものすごく理不尽なものを感じそう。今までにない形で、今回は、黛はひとりで裁判を受け持つことに!!結婚式に花嫁を略奪--------!?...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/05/02 9:07 PM |
《リーガル・ハイ》☆03
有名な映画のシーンのような、花嫁奪還。でもすぐに捕まって、しまった。 古美門は、テレビ番組の不敗の弁護士という事で取材を受けていた。 法廷場面が欲しいと言われ、野球ファンのミドリの訴訟を引き受けた。 ヤジがきたないからと、警備員に退場を命じられその時も
| まぁ、お茶でも | 2012/05/03 10:51 PM |