<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ONE PIECE ワンピース 66巻

ONE PIECE ワンピース 66巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


カバー裏作者さまコメント

 シェフの気まぐれパスタ

  気まぐれ・・。



長かった魚人島編をおえ新世界へ。
しらほし姫もノアも後々に
またでてきそうです。

新たな島はパンクハザード。
スモーカーとたしぎも久々登場のうえ
また厄介な島にやってきました。

以下雑誌掲載時の感想


第647話“止まれノア”


 幹部をあっというまに倒した
 麦わらの一味の強さに驚く島民。
 まあこのぐらいはやってくれないと。

 巨大ロボが形無しだから
 チョッパーにちょっと縮めというフランキーが
 おかしい。
 でもビーム最高。

 だけど脅威は去ったわけじゃなく
 魚人島の上空にせまるノア。
 必死でとめようとするルフィを応援する
 島民からの「麦わら」コール!

 だけどぎりぎりのところで止まったノア!
 しらほし姫のルフィの力になりたいという
 心からの想いが海王類を呼んだとのこと。

 魚人島は救われ歓喜の声が。

 戦いがおわったから次はノアと
 魚人島に伝わる伝説の話がきけるか。



第648話“タイヨウへと続く道”

 しらほし姫に語りかける海王類。
 この船は海王類が引くために作られた船で
 数百年に一度、海王類たちの王が人魚の姿で
 生まれてくるそうで、しらほしは生まれた時から 
 みんなの王。
 
 外からは海王類がノアを守っているようにみえ
 姫が海王類と話をしているのもわかる兄。

 「とうとう目醒めたのじゃもん

  世界をも滅ぼしうる力が・・・!!!」


 とつぶやくネプチューン王。
 
 シャボンが消えて危険なルフィのところに
 いってあげるようにいわれ姫がルフィの元へ
 急ぎますが、ルフィにも海王類の声がきこえたらしい。
 海王類には「ちょっと前」のことだけど
 ゴールド・ロジャーにもきこえていたらしい。
 さすが海賊王になる男!

 船はボロボロで直すにはあの一族の力が必要だが
 時代が変わった・・という海王類の声。

 『直るかな』『直るといいね』『約束の時までに』

 何があるのかはわからないけど
 ワンピースの冒険の中に魚人島は 
 欠かせない話らしいのはよくわかりました。

 誘拐されていた人魚の娘たちは無事発見され
 宝物庫はもぬけの空、国宝“玉手箱”も
 なくなっているそうですが、国そのものを
 失うところだったのに財宝泥棒など放っておけ
 という王。娘たちの無事と麦わらの一味の潔白を
 国中に知らせました。

 モンスターポイントをつかったチョッパーは
 疲労で歩けなくなるくらいなのにみんなの心配。
 ロビンに膝枕をしてもらっているので
 サンジも便乗しようとしてるw

 ホーディとデッケンもとらえられ
 そこへルフィを連れて戻ってきた姫。
 ルフィの血が止まらず、ロビンの手をかりて
 チョッパーが止血するものの輸血が必要。
 
 ルフィの血液型はF。

 麦わらのクルーにはおらず
 魚人島の国の法律では人間に血をやっては
 いけないということになっている中
 「わしの血をつかえ」と言うジンベエ。
 王も容認。「古い法律もまた・・“呪い”じゃもん」

 ジンベエからルフィへおくられる血。 
 
 「とても道とは言えぬ程・・
  か細く狭い その管こそ
  恐れ合う偏見を・・ 
  血で血を洗う戦いを
  かくもた易くすり抜けて
  絵空に描く幻想よりも
  確かに見える “タイヨウ”へと続く道」


  新しい魚人島のはじまり・・。
  いい話だな〜。

  そしてジンベエを仲間になれと誘うルフィ。



第649話“タイやヒラメの舞い踊り”

 サブタイトルが「タイやヒラメの舞い踊り」なので
 宴ですね!

 戦いがおわり、解放された海賊たちは
 麦わらの一味に感謝して新世界へとびだして 
 いきました。
 新魚人海賊団の残党たちは魚人島本島に住んで
 軍の管理下で腕力をいかせる仕事について
 もらうという王。
 魚人街は封鎖!

 ルフィたちはヒーローにまつりあげられるのが
 いやでさっさと広場から脱出。

 ヒーローは自分の酒を人に分け与えてやる奴のことで

 「おれァ酒を飲みてェ!!!」
 
 というゾロのよくわからない理論。

 ジンベエは仲間への誘いを断りました。
 今やらなきゃならないことがあり
 仁義を通し身軽になったときに
 もう一度さそってくれというジンベエ。
 ここではならないのか・・。

 そのまま島から出るところ、王から
 宴に誘われて戻るルフィたち。

 魚人街は封鎖 竜宮城の監獄塔には
 バンダー・デッケンと幹部が投獄され
 ワダツミは入国禁止で遠くの海へ。

 ルフィたちのために食材やお菓子や
 酒をとどける国民たち。
 ディーバの歌声響く中、竜宮城での
 楽しい宴。

 サンジくんは石になってますw

 そんな中、ロビンがネプチューン王に
 話をききに。
 海の森にあったポーネグリフにあった
 ジョイボーイとは誰かとたずねるロビン。

 ジョイボーイとは空白の100年に実在した
 地上の人物で当時この島にいた人魚姫に
 あてられた、魚人島との約束をやぶったことへの
 謝罪文。いずれ必ずジョイボーイにかわって
 約束を果たしにくるものがあらわれる、
 そのためにノアを見守り続けることが彼との約束。
 来たるべきその時初めてノアは使命を授かるという王。

 ノアは海の森に運ばれており
 ノアを使おうとしたジョイボーイに
 海王類を動かす力があったのではなく
 その力を持っていたのは人魚姫の方。
 そして今それはしらほしに。

 空島で読んだポーネグリフに 
 書かれていた古代兵器のありかはここ。
 800年前のその人魚姫が呼ばれていた名前を
 今のしらほし姫もその名を受け継ぐことになり
 その名は

 “古代兵器” 「ポセイドン」

 ネプチューン王は苦悩の表情。
 ポセイドンを狙うものは
 多くいそうですが
 だからこそルフィと出会う必要が
 あったか。
 でも古代兵器がこんなかわいらしい姫だったなんて。
 


第650話“知っておくべき2つの変化”

 三つの古代兵器 プルトン ウラヌス ポセイドン
 そのひとつがしらほしとわかったら
 しらほしが狙われる・・という話をきいてたカリブー。
 こいつもまだいたのか。

 ルフィたちに今の世界情勢を話すジンベエ。
 2年前の戦争のあと、センゴク元帥が職をおり
 次の元帥の座を争って赤犬と青キジが直接対決。
 10日にも及ぶ死闘の末、勝者は赤犬で
 今の元帥はサカズキに決定。
 青キジは海軍を出て今は行方知れず。

 サカズキ率いる海軍本部はより強力な正義の軍隊になり
 黒ひげ海賊団が白ひげの縄張りを制覇し、赤髪
 カイドウ ビッグ・マムに並び四皇の一人と位置付け
 られるほどに躍進。
 能力を奪い取るため能力者が狙われているそうで
 ルフィに気をつけるようにいってもルフィはもう
 食べててきいてませんでしたw

 「船長って 話聞かねェ奴の

  事じゃねェのか?」


 ってチョッパーに言われてるし・・。

 でも食べながらでも気配を感じるルフィ。
 カリブーがしらほしを狙っているところでした。
 ルフィがあっというまにぶっとばして
 またまたしらほし姫は涙の抱擁。

 カリブーたちが財宝を盗んでいったときくと
 ナミさんがくいついた!
 取り返したら全部もらえるときいて
 ナミさんの目がベリーに!
 当然つかまえるように放り出される 
 ルフィとゾロとサンジ。
 ふたりはとまどってるけど
 サンジくんだけハートをとばして出ていきました。

 牢の中のホーディたちはいきなり御老体に・・。
 玉手箱の中にあったのは伝説の丸薬E・S。
 それをつかった副作用。
 やはり玉手箱なだけはある。

 そしてそこへビッグ・マムのつかいがきますが
 おさめるお菓子はなく。お菓子のためなら 
 国さえ攻め落とす怪物ビッグ・マムに言い訳が
 たつかどうかと心配する左大臣。

 ローラのお母さんだったら大丈夫・・
 にならないかな。
 青キジの行方も気になる!


第651話“新世界からの声”

 カリブーをさがしにいったルフィとサンジとゾロ。
 カリブーはさっきのルフィのパンチでのびてたので
 あっさりその場にあったお宝GET。

 「町どっちだ?ゾロ」

 「あっちだな」

 「よし決まった その逆だ」


 方向音痴キャラもそのまま。

 その近くのおかし工場ではおかしを取り立てに
 きたビッグ・マム海賊団の戦闘員ペコムズが
 お菓子を要求しママを怒らせたら「滅ぶぞ!!!」と
 脅してました。そこへやってきたルフィたちが
 お菓子を食べたというと、戦闘員タマゴ男爵が挨拶。
 ビッグ・マムがこの島を守るかわりに毎月10tの
 お菓子を納める事になっているそうで
 そのビッグマム シャーロット・リンリンは
 新世界のホールケーキアイランドでお菓子待ち中。
 お菓子を約束通り納められなかった国は燃やして
 しまうそうで、魚人島からのお菓子がないかもと
 きいてすぐ電伝虫で連絡。
 見開きページいっぱいに横たわる怖そうな顔のマダム
 なのに、

 四皇がマダムときいて

 サンジくんがまた妄想w


 マダムからの電話にルフィが出て名を名のり
 お菓子は自分が食べたから今持ってる財宝で弁償する
 と申し出、タマゴはそれに乗り気だけどマダムは拒否。
 標的を麦わらにかえるというマダムに、お菓子くらいで
 国を滅ぼすようなマダムにここを危なくて預けておけないと
 マダムをブッ飛ばして魚人島を自分のナワバリにすると
 宣戦布告!!

 シャーロットつながりで平穏に解決しないか。
 お菓子はサンジくんが極上のをつくってさしあげるとか。



第652話“前途多難の予感”

 ジンベエと話す国王。
 ジンベエは仲間を守るのには一番いいと
 考えて四皇ビッグ・マムの傘下について
 いたとのことですが、これからはそこを離れて
 ルフィのほうに行こうと思っている様子。
 しかし四皇との縁を切ると魚人島へも影響が
 あるかもと心配するジンベエに、お前はなんでも
 責任を負いすぎじゃもん、と言ってくれる王。
 魚人街より兵を増強できたし、それに自分たちも
 麦わらの旗を借りたいとの考え。

 そこへとびこんできた右大臣。
 盗まれた財宝を取り戻したら全部麦わらたちに
 譲るといったけど、玉手箱には爆弾がしかけてあり 
 それだけは返してもらえるようにと言っているところへ
 ルフィたちが戻りました。
 宝を全部ビッグ・マムにあげたうえケンカを売ったと
 きいてみんなびっくり。しらほしは無邪気に笑顔。
 ウソップはビビりまくりだけど

 ナミさんには当然怒られたw

 3人ともボコボコ・・。

 玉手箱がビッグ・マムにわたり開けたら爆発と
 なるとルフィからの挑戦状ということになってしまう
 とあわてる右大臣と王。

 目をさましたカリブーは財宝と人魚の秘密を手に
 「あの人」とやらに売り込む予定だったらしいけど 
 その財宝をかかえたビッグ・マムの手下をみつけて 
 むかっていきますがペコムズ強い!賞金額も3億3千万B。

 レッドライン付近の海上ではスモーカー率いる
 海軍GL第5支部「G−5」の船が魚人島から
 脱出してきた海賊たちを次々捕獲中。
 たしぎがすっかりきれいなお姉さんになって・・。
 こんなにプロポーションよかったっけ。

 ホーディの一味から解放してくれたのが
 麦わらだともちろん知ってて待ってるスモーカー。

 新世界へ乗り込む前にまずこの男と一戦か。
 たしぎとゾロの再会も久々だな〜。



第653話“ヒーローの帽子”

 魚人島を離れる麦わらの一味。

 「麦わらのルフィが魚人島を滅ぼす」という予言を
 したマダム・シャーリーはもうこれきり占いはしないと
 ケイミーにいい、ケイミーの友達を疑ったことをあやまりました。
 「信じてもいいんだろ?麦わらのボーヤを・・。」
 笑顔で返事をするケイミーですが、見えた未来は一年後かも
 しれずまだ外れたという証拠はなく・・。

 ルフィとの別れを惜しんで涙涙のしらほし姫。
 サンジは感激で一年くらいここに住みたい発言をし
 ゾロからは「鼻血くん」とよばれるようになってます。

 ビッグ・マムにおくった玉手箱に爆弾がしかけられて
 いることを伝えねばと思う大臣、しかし
 四皇に目をつけられたとネガティブオーラ全開の
 ウソップとチョッパーをみると言いだせない国王。
 10年前に仕込んだ爆弾なら不発はないかという
 ポジティブシンキングにより無事を祈る方向で!
 (結局伝えないw)

 新世界でつかうログポースをもらうナミさん。
 指針が3つあり、3つの中から自分の勘で
 航路を選ぶことができ優れた航海士は
 わずかな針の動きで安全な航路をかぎわける。
 針の動きが異常なほどたどり着く島の危険度は高い
 というその発言をきいたルフィが
 その針が揺れてる島おもしろそうだな〜とくいついた!
 嫌がるナミさんと泣いてとめるチョッパーとウソップ。

 さっき人魚にインスパイアされて
 夢の魚人島暮らしニューシングルにしたブルックが
 カップリング曲「レクイエム・フォーアス」に決定。

 人魚たちに「また来てね〜」とお見送りされて

 「必ず来るぜェ!!!

  おれの心のオールブルー〜〜〜!!!」

 
 以前ももうここに住む勢いでしたから。

 ネプチューン王とジンベエにも別れの挨拶をし出航。
 いつかまた会えたら今度は本当の森へつれてってという
 しらほし姫とルフィだけじゃなく全員が約束!

 魚人島ではルフィのかぶっていた麦わら帽子が
 ヒーロー帽としてはやりそう。

 シャンクスのいる海、新世界へ
 はりきってむかう麦わらの一味。

 
 魚人島長かった。
 でもノアといいしらほし姫の力といい
 予言といいまた後の方ででてくるのは
 間違いなさそうです。



第654話“GAM(小群)”

 ナミさんの入浴シーン。
 チョッパーがみてても怒られないのに
 サンジくんとブルックさんは当然雷攻撃にあいました。
 
 グランドライン後半の海 新世界へむけて上昇中の船。
 上昇海流に乗る前なのでのんびりお風呂につかるナミさん。

 海獣がでたらみんながたおしてくれるでしょと安心
 しているとおり、深海魚をおもに食べる目的で
 釣る気満々のルフィたち。
 マヨネーズをかけて食べたら
 おいしそうな魚が選ばれ釣り針にかかったものの
 もっと大きな魚のえさになりさらにそれもまた
 のみこまれて深海魚3匹GET。

 そのとき白い竜(ホワイトストローム)と呼ばれる
 生きた竜のようにみえる巨大な白い渦巻きがみえ
 これに捕まった船は遠い海で船だけ発見されるという
 おそろしいものだそう。

 「じゃあ アレは夢の

  “ワープゾーン”!?」


 とルフィは楽しそうだけど乗組員はあの世にワープか。
 
 すぐに離れようにも釣った魚がひきずりこまれ
 (ナミさんんい鬼のように怒られるルフィたち!)
 もはや手遅れサニー号も渦にまきこまれました。

 巨大クジラにぶつかってとまる船。
 もしかしてラブーン?!と思うルフィとブルック。
 でもクジラ違いでした。

 サンジくんの人数確認、
 ナミさんとロビンちゃんだけw

 大きなクジラの群れはすでに海流をうんでいるから
 流れにのって同じ方向へと指示を出すナミさん。

 ラブーンの故郷なのでラブーンの親族にむけて
 ラブーンは元気でやっていると伝えるブルック。
 ヴァイオリンを弾いてビンクスの酒を歌うと
 クジラたちがのせていってくれました。

 クジラたちとともに海上の新世界へ!
 ちゃんと深海魚もぶらさがったままなのが笑える。



第655話“パンクハザード”

 
 火山が噴火し島の周りは文字通り火の海
 3本ある指針がどれも指してない
 異常な島だと言ってもルフィは行く気満々。
 深海魚も切り出した部分以外丸コゲになり
 船のまわりには魚の骨だらけ。

 そこにかかってきた電伝虫。
 緊急信号の音だけど海軍が使う罠の可能性も
 あるとロビンがいってももう電話に出てた!

 「もしもし おれはルフィ!!

  海賊王になる男だ!!!」


 電伝虫のむこうからは、こちらをボスとよび
 「寒い」「仲間が次々に斬られてく」
 「サムライに殺される〜〜」という叫びが。
 その場所はパンクハザード。

 事件だと騒ぐウソップやチョッパーの横で
 今のも演技で罠かもしれないとあくまでも
 冷静なロビン。

 侍といえばワノ国の剣士の呼び名。
 ワノ国は他所者を受けつけない鎖国国家で
 世界政府にも加盟せず侍が強すぎて海軍も
 近寄れない国。
 ワノ国じゃなくパンクハザードと言っていたけど
 電波はやはりその島から。
 助けに行く気のルフィ。

 その無線を盗聴していたスモーカーたちは
 魚人島から指針が示す3つのうちの
 一番針がブレる島を選ぶとそこではっていた 
 ようですが(ルフィのことよくわかってるなw)
 パンクハザードへいくときき、
 G−5もそちらへいくことに。
 パンクハザードは4年前の事故以来完全に
 封鎖された無人島とのこと。

 サンジくんの深海魚弁当を持たせてもらい
 くじびきできまったルフィのお供 ロビン ゾロ 

 ウソップ(心から嫌がってる!)
 
 ミニメリーで出発。
 ナミさんが出したミルキーロード 雲の道で
 火の海をこえ、立ち入り禁止とかいてある
 パンクハザード島へ上陸。
 熱いので服を脱いで歩くみんな。
 
 政府の施設だったらしき建物のあとがあり
 さっき助けてと言っていた相手に呼び掛けるルフィ。
 さっきの声は寒いといっていたけど
 どうやら島の反対側は極寒らしい。

 ルフィたちの前にあらわれたのは竜!!
 しかもしゃべる!
 
 「何奴だ・・」

 
 巨人や魚人や羽はえた人までいるんだから
 竜がいても驚かない。
 ワノ国はこことは別なのか?



第656話“燃える島の冒険”

  空想上の生物のはずのドラゴンを相手に
 戦うルフィたち。
 いきなり火をふかれても「面白ェ・・・!!」と刀を抜く
 ゾロに楽しそうに突進していくルフィ。
 そのかたい皮膚にパンチも刀もとどかず
 
 「お前たちも“七武海”の仲間か!!?」

 としゃべる竜の背には誰か刺さってる!

 下半身の足には下駄。
 しゃべってたのは竜じゃなくてこっちの男?

 ウソップの必殺緑星「トランポリア」の助けもかりて
 ゾロの居合 死・獅子 歌歌(ししそんそん)で 
 竜を斬ってしまいました。
 
 そのころサウザンドサニー号では眠りガスが充満し
 ガスマスクで装備した何者かがナミさんとチョッパー
 サンジくんとフランキーを「M(マスター)」に
 捧げようと捕獲。
 チョッパーここでもペットと認識。

 竜の背から抜けた人間は上半身なし。
 なのに動くししゃべる。
 
 上半身がないので耳も目もなく
 誰かがいる気配は感じるけど
 声が伝わっていないようす。
 
 「拙者こんな場所で
  死ぬわけにはいかないのだブ!!!!」

 「逃がしはせぬブぞ !!!
  あの戯けた“七武海”めが!!!!」

 といってしまうのを

 「お前 おれの仲間になれぇ!!!」

 とキラキラの目でおいかけるルフィw


 下半身だけで立って動いてしゃべる
 おもしろそうな人物はルフィには放っとない。
 この格好だとワ国の侍かなんか?


(ジャンプ H23年51〜H24年11号まで)


SBS

 クウイゴスの木片とかあいかわらず
 こまかい。

 麦わらの一味のみんなの血液型がのってます。
2012.05.02 Wednesday 10:15 | comments(2) | trackbacks(0) | 
<< 坂道のアポロン 第3話「いつか王子様が」 | main | NARUTO―ナルト― 60巻 >>
zebra (2012/05/28 12:33 AM)
コミック読みました。

>牢の中のホーディたちはいきなり御老体に・・。
 玉手箱の中にあったのは伝説の丸薬E・S。
 それをつかった副作用。
 やはり玉手箱なだけはある。
 ホーディたち 文字どおり"浦島太郎"になっちゃいましたね。魚人島支配も破れ 残ったものは なにひとつなし。こんな老人の体になっては そう寿命も 長くないでしょう。

  >シャーロットつながりで平穏に解決しないか。
 お菓子はサンジくんが極上のをつくってさしあげるとか。
 サンジは相手が美人なら 張り切るだろうが シャーロットなんだか醜女っぽいですね〜
もし、ビッグマムことシャーロットの姿が全身で現れて醜かったら ショックで サンジ大泣きしそう〜
honey (2012/05/28 5:16 PM)
zebraさん、こちらもこんにちは。

玉手箱をあけた報いは
やはり白髪のおじいさんでしょう。

サンジくん、嘆きはしても
すべてのレディーに親切にするよう
からだにしみ込んでますから
そのへんは大丈夫・・なんじゃないかな!w