<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ちはやふる 第18首「はなぞむかしのかににほひける」

第18首「はなぞむかしのかににほひける」


JUGEMテーマ:漫画/アニメ


千早はA級初の、千早以外の部員は
昇級かけての公式戦が遂に訪れた。
千早の相手はかるた暦35年の金井桜。
速さでは上手の千早が、
なかなか札を取らせてもらえない。
更には、千早の苦手な配置へと
試合を展開していく様子に
A級の強さを痛感する。
桜のかるたに翻弄され千早は何を見出すのか―。



ちはやの相手はピンクの花柄の服をきた
かわいいおばさん。

先生にいわれたのに
またしても速いかるたをしてしまうちはやは
お手付きも多く

「よかった〜。速いだけの子にあたって。」

とにこやかに言われてしまい
その後も「ラッキ」「ラッキ」と
札をとられまくり・・。

ちはやは札だけ相手にしてるみたいと言われ
一度立って札を見渡し
全部の札に一字きまりの札に飛び出す癖を
なんとかするために、スタートラインをさげました。

おちついて相手をみてその呼吸に気付き
こんなかるたもあるんだとおもうちはや。

試合後にお礼を言って、クイーンになりたいというと
さくらさんもそのつもり。
かるた歴35年のおばさんで
子どもふたりいて、大きなタイトル歴もないけど
かるたが好きなのにかわりはない。

「今でも夢はクイーンよ。」

おそろいの服をきた子どもが
つばきにかえで。


そしてB級の決勝が太一と肉まんくん。
D級決勝戦がかなちゃんとつくえくん。

太一に負けて悔しそうなヒョロくんが隣にいました。
先輩たちはもう帰ったそうですが
勝っていったやつから盗めるものがあるなら
盗んでやるというヒョロくん。

名人戦のために昇級をめざす太一。
名人戦には興味ないけど
太一には負けられないと思う肉まんくん。

はかま姿のかなちゃんはいつもと姿勢も違い
ちはやが驚くほど。
着物がすごく似合っていて
立ち居振る舞いも美しい。

『帯は 私をささえてくれる。

 私の真ん中を 強くしてくれる。』


かなちゃんのはかま姿はまわりの
人も憧れるほど。

『ちはやちゃんはきれいな子だけれど

 それは洋服でもかわらない。

 かなでは美人ではないけれど

 着物の力の借り方を知っている。

 呉服の大江 真の広告塔!』


この母w

つくえくんはかなちゃんのことを
よくわかってて、かなちゃんが
自分の札だと思っている大江の札を
必ずとることにしているつくえくん。

かなちゃんのかるたを知り尽くしている
つくえくんは、かなちゃんが歌の意味と背景で
札を意識しているのもよく知っている!

かなちゃんのかるたをみて
自分がキャプテンとして応援しなきゃと
思っていたちはやも、盗めるものがあるなら
盗んでいく、と考えを改めました。

そして太一と肉まんくんは熱闘中。
ヒョロくんしか見てないけど・・w




ちはや、実力も才能もあるのに
どうもいろんなところでつまづくというか
もっともっと実戦つまないと
クイーンまで遠いなあ。

かなちゃんとつくえくんは
ふたりとも初心者なのに
決勝進出とがんばってる。

太一にもぜひ勝たせてあげたい
ところだけど・・。

















2012.05.08 Tuesday 09:43 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 鍵のかかった部屋 エピソード4 | main | 緋色の欠片 第6話「対決の行方」 >>