<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

坂道のアポロン 第5話「バードランドの子守唄」

第5話「バードランドの子守唄」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ



キスの一件以来、さらに悪化した薫と律子の仲。
バツの悪くなった薫は結局、ジャズの練習に
一度も顔を出さないまま、年を越してしまう。
そんなある日、彼のもとに一通の手紙が届く。
そこには、音信不通になっている母の近況が書かれていた。
薫と十数年ぶりに母と再会するため、
無理矢理同行してきた千太郎とともに東京へ向かう。



キスのあと、ぎくしゃくしてるふたりだけど
糸電話で顔をみずに会話で
薫の気持ちは嬉しいけど
自分には好きな人がいると言ってしまう律子。

それを千太郎もきいていたけど
千太郎にはそれが自分のことだと
まったくわかっていないのが・・
眼中にないといういい証拠・・。

薫はジャズの練習にも出ず
学校でも律ちゃんとぎこちない。

千太郎がみかねて家まで
やってきて、練習に誘いますが
そこに帰宅していた父が。

父から渡されたのは家政婦さんからの手紙。
母の消息をおしえてくれたらしい。

「もし会いたいと思うなら

 今度の休みにでも

 いってみたらどうだ?」


薫は行く気分じゃないというのを
「バカタレ」としかる千太郎。

「居所のわかるときいっとかんかったら

 見失ったとき死ぬほど後悔するばい」


そして千太郎とともに
というか千太郎が勝手についてきて
母にあうため東京へ。

思ってた一人旅とは違うけど
なんか楽しそう。

律ちゃんもお弁当をつくってくれて・・。

東京の人の多さに千太郎びっくり。

母にあいにきたのに直前でためらう薫をよそに
さっさと声をかけにいく千太郎。
だけど母は今日は休みとのことで
淳兄さんのアパートへ。

なのに淳兄さんは先月から行方不明だそう。
学生運動か。
九州からわざわざきたふたりを
同じアパートの人が、歓迎してくれました。

酒に酔った薫はいつもと違って饒舌で
すごく楽しそう。
千太郎がいると自分までバカになるというと

「大事にしろよ。

 恋愛と違って

 友情は一生もんだからな」


と言ってくれる大学生。

そして母に会いにいきました。
すぐに薫のことをわかってくれました。
きれいな人。

いっしょにカツカレーを食べて話す二人。
幼いころ、お父さんのピアノでお母さんが歌って
薫が踊って・・楽しかった思い出よと
言ってくれる母。

失恋話も明るく笑って、薫の心の中の
もやもやも晴れていきました。

別れ際、「バードランドの子守唄」のレコードを
母にプレゼントし、また会いにくるから
歌を練習しといて、という薫。

駅のホームで涙を流して見送る母に

『母さんは どうして

 俺をおいて出て行ったの?

 そんな きけなかった言葉は

 この風景といっしょに

 どこかへとんでいってしまった。

 母さんの口が ごめんねと動いていた。

 俺は首を横にふったけど

 母さんには ちゃんと みえたかな。』


そして薫はまたジャズの練習に
顔をだし、
律子にも普通の態度がとれるように。


ずっと母においていかれたと思っていたけど
母にちゃんと愛されてるのを実感できて
本当に会いにいってよかった。
たったあれだけの会話でも
母の愛を感じ取るには充分で
それは大きな力になる。
お父さんも留守がちだけどよさそうな人で。

絶対いくようにいってくれて
同行までしてくれた千太郎にも
感謝しないと。
持つべきものはいい友だち。

同じアパートの初対面の友達が
あんなに親切にしてくれるのも
あの時代ならではかな。


西見薫      木村良平
川渕 千太郎  細谷佳正
迎 律子     南里侑香
深堀 百合香  遠藤綾
桂木 淳一    諏訪部順一













坂道のアポロン 第2巻 Blu-ray 【初回限定生産版】

坂道のアポロン 第3巻 Blu-ray 【初回限定生産版】

坂道のアポロン 第4巻 Blu-ray 【初回限定生産版】
2012.05.16 Wednesday 11:04 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 37歳で医者になった僕〜研修医純情物語〜第6話「僕が医者になった本当の理由」 | main | クレオパトラな女たち 第5話 >>









坂道のアポロン #5「バードランドの子守唄」
坂道のアポロンの第5話を見ました。 #5 バードランドの子守唄 キスの一件以来、薫は律子に避けられるが、幸子と子ども電話相談室ごっこをしていると律子が話してくる。 「許さんよ。うち、初めて...
| MAGI☆の日記 | 2012/05/18 5:40 AM |