<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」

第36話「本・気・伝・歌」



これが 前回の仮面ライダーフォーゼ

「残りの十二使途が続けざまに生まれるかもしれない。」

「ジーンの ミルキーナイトカーニバル!」

「みんなでバンドやろうよ!」

「見つけたぞ・・やぎ座の使途。」

「俺のギターにあわせて歌えば

 お前も 最高のシンガーだぜ。」

「こいつの力を伸ばし

 コアイスイッチを見つけ出す。」

「また一緒に ユニット組もうぜ!

 ジーンゴッド 再結成だ!」

「俺・・ライダー部やめます。」

「うわーーっ!」



「なぜコズミックを解除した!?」

「違う!勝手にもとに戻ったんだ!」

「弦太朗さん。

 短い間だったけど お世話になりました。」

「JK!それがお前の理想の大スター

 ジーンなのか!?

 ジーンは ゾディアーツの

 ゆがんだ力に頼るような

 そんな安っぽい男・・。」

「スターになるには!

 何かきっかけが必要なんすよ。」

「JK・・!」

「俺たちは 栄光の階段をかけのぼり

 ロックの世界を征服する!

 てめえらに 邪魔させねえぜ。

 イエー ロックンロール!」

「NSマグネット

 NSマグネット・オン」


「カモン ベイベー!」

「リミットブレイク」

「ライダー超電磁ボンバー!」

「消えたか。」

変身解除する弦太朗と流星。

「コズミックは・・絆の力。

 俺が ライダー部の仲間と

 心をつなぎあわせて

 はじめてなれる。

 JKのやつ・・いっちまった・・。

 だから・・・。」


「宇宙・・

 無限のコズミックエナジーを

 秘めた神秘の世界

 若者たちは アストロスイッチで

 その扉を開き 未来を創る

 Space on your hand!

 その手で 宇宙をつかめ!」



OP


「こちら 放送部です。

 今朝の校内テレビ放送は

 急きょ 予定を変更し

 ジーンゴッドの番組を

 独占ライブ中継します。

 では さっそく ジーンさんに

 お話を伺いたいと思います。

 ジーンさん お願いします。」

「えっ!ジーンって 2年C組のJKだったの!?」

「今まで正体をかくしてきて

 なぜ 素顔で出演を?」

「俺は生まれ変わった!

 これからは トークより歌で

 俺のメッセージを伝える。」

「ゴッドといっしょに!」

そこへはいってきたカプリコーンゾディアーツ。

「イエー カモン ベイベー!

「歌うぜ。『ラブ・イズ・オーバードライブ』!」

「ジーン 最高!」

「なんだ?

 急に気持ちがたかぶってきて。

 おおー!」

大杉先生も熱狂。
賢吾とユウキと友子も興奮したまま。

「ジーン キタキタキター!」

「最高だー!最高だー!」

「弦太朗 この熱狂ぶり・・。
 
 やはり普通じゃない。」


「ああ。きっと

このギターと 歌のせいだ。」


賢吾、たおれてしまいました。

「おい!賢吾!しっかりしろ!」

「ここで 超ビッグなお知らせだ!

 俺たちジーンゴッドは 3日後

 再結成記念ライブをやるぜ。

 みんな 楽しみにしてな!」

流星が放送室へいきますが
すでにそこには誰もおらず。

理事長のところに集まる幹部。

「カプリコーンが発する特殊音波は

 すべてのスイッチに共鳴します。

 つまり コアスイッチにも。」


「コアスイッチだと?

 あれは すべて失われている。」


「私は そうは考えていません。

 カプリコーンが音楽の力で

 音波をばらまけば。」


「どこかに存在するコアスイッチが

 必ず共鳴するはずだと?

 おもしろい。」


理事長が五藤にエナジー注入。

「おお!

 今 すっげえパワーが 俺の中に入った!」

「レオよ。

 おまえには・・。これを預ける。

 カプリコーンを邪魔する者あらば

 お前が確実に倒せ。」


「承知しました。」

「歌星がつかって
 
 消滅したと思っていたが・・。

 コアスイッチか。」


仮面ライダー部部室。
ボードからおちるJKのマグネット。

「JKがライダー部をやめた?」

「ああ。」

「で・・ユウキたちもこの状態か。」

3人、脱力状態。
うさぎクッションに顔をのせる賢吾がかわいいったら!

「3人とも さっきのことはまるでおぼえてないのか?」

「なんとなく 薄ぼんやりとは・・。」

「あのギターをきくと 急にテンションがあがって。」

「とにかく 今日は帰って休んだほうがいいわ。」

「はぁ〜い。」

「すまんな みんな・・。」

でていく3人。

「3人とも まるでゾンビのようだな。」

「文字どおり あの歌に生気を 

 吸い取られてたのかもしれない。

 しかも 例の番組に

 ハマってた人間ほど 症状が重い。」

「じゃあ・・俺はなんで無事なんだ?」

「俺たちライダーは コズミックエナジーに

 守られてるからだろう。

 それより 問題は 三日後のライブだ。」

「たしかに 直接 奴らの音楽をきけば

 被害者たちの症状が悪化するのは間違いねえな。

 絶対に止めねえと!」

「だったら まずは JKをとっつかまえるべきね。

 JKのところに 乗り込みましょう。」

「あぁ・・俺は 他にやりたいことがある。

 そっちはまかせていいか?」

ライダー部のJKの名札を手にする弦太朗。

夜。

「ジーンゴットの ダークナイトカーニバル。

 さーて さっそく リスナーからのメールを紹介。

 『ジーンの歌 すっごくステキ!

  聞くたび しびれます。』

 サンキュー。公開ライブ 楽しみにしときな。

 フゥ イェ〜!」

「さあ歌の時間だ!」

「カモン ゴッド!」

中へ乗り込む美羽たち。
しかしそこにはJKはおらず。

「まんまとしてやられたわね。」

「JKのやつ 一体どこから放送を!」

外にレオゾディアーツ。

「獅子座のゾディアーツ!」

「フンッ!」

衝撃にやられる美羽と隼。

「フっ かかったのは 雑魚ばかりか。」

流星はメテオに変身。

「おまえの運命(さだめ)は 俺が決める。」

「おまえがいたか。」

「ウー・・ホワ!うわっ!」

「メテオストーム

 メテオ オン レディ?」


「ホワチャ!」

「アリエスにチェンジしただと?!」

「俺は特異体質でな。

 他の幹部スイッチもつかえるのだ。」


「うっ!」

「しかも 威力は増しているぞ。」

「うわぁっ!」

「眠気が・・パワーが下げられた。」

「メテオストームパニッシャー!」

「リミットブレイク OK」

「バカな!

 キャンサーで パニッシャーを防御だと?」

「きさまに万のひとつも勝ち目はない!」

「うわっ!グハッ!」

「撤退したまえ。

 やつのいうとおり 君に勝ち目はない。」


とタチバナさんの声。

「逃げろというのか!?

 俺は・・最後まで戦う!」

「うーっ・・」

タチバナさんが強制的にメテオを移動させました。

「フン」

「うわっ!

 タチバナさん・・

 なぜ よけいな真似を?」

「レオ・ゾディアーツは強すぎる。

 今度また奴があらわれたときは

 迷わず逃げたまえ。」

 
「冗談じゃない・・。

 次こそは・・ 必ず やつを倒す。」

流星も隼も美羽も病院。

「もしもし 弦太朗。どこで何してるの?」

「今 魚釣りの真っ最中だ。

 おっ キタキタ キタキタ・・・!」

「このライダー部の緊急時に魚釣り?」

「っしゃー!釣ったぜ!約束通り 教えてくれ!」

「まだだ。そんな小せえ魚一匹じゃ

 話になんねえよ。」

「だったら 文句なしの大物 つりあげてやるぜ。

 明日のライブまでには必ず戻る。

 おまえらは しっかり休んどけ。」

「きれた!?信じられない!

 キーッ!」

火を吹く美羽さま。

「いや・・弦太朗のことだ。

 きっと 何か 秘密の特訓に違いない。」


ライブで歓声をあびるJK。

『俺は 手にいれた・・

 栄光という名の未来を!』

「おめでとう JK

 でもそれは 俺たちの友情を踏みにじって

 手に入れたものだ。

 足元をみてみろよ!」

倒れている賢吾に友子。

「あっ・・あーっ・・!」

後ろにはユウキ。

「わあーっ。」

目が覚めたJK。

「夢か・・。」

「客は集まったぜ。

 ライブの始まりだ イエー!」

「なあ ゴッド!

 俺たちがやってるのは 悪魔の音楽だ。

 こんなこと 長続きするはずない。」

「いまさら ビビんなって。

 またへたくそな歌うたって

 笑いものに逆戻りしたいのか?

 父親みたいな人間にはなりたくねえんだろ。

 夢を捨てた人生の負け犬には。」

「ジーン ジーン ジーン ジーン・・」

と観客の声。

「イエー!ノってるか お前ら ベイベー!」

「ゴッドー!」

「ゾディアーツをみても誰もさわがない。

 すごい洗脳能力だ。」と校長。

「ジーン!ジーン!ジーン!ジーン!」

客席には賢吾 ユウキ 友子も。

ハッとする理事長。
コアスイッチを感じたらしく
笑みをみせました。

会場外にいる流星。

「このライブはとめる。」

「メテオ レディ?」

「変身!」

レオゾディアーツがいました。

「あっ。」

「負け犬が何しにきた?」

「ウー ホワッ!」

「メテオストーム

 メテオ オン レディ?」


「ハーっ!ウーホワチャ!」

「ジーン! ジーン!・・」

「カモン!カモン!」

「ジーン!ジーン!ジーン!・・」

「ようこそ!

 俺たちのライブへ!イエー!」

「ジーン!」

照明が消えました。

「ん?」

「何?」

ステージの上にいた弦太朗。

「弦太朗さん!」

「きさま 何しにきた?」

「ジーンにあいにきた。

 ジーンと ダチになるためにな!

 さあ歌え JK!

 俺の魂のギターで。」


ギターを弾き始める弦太朗。

「へたくそ!」

「フハハハハ・・

 いいだろう。 歌えよ ジーン。

 おもいっきり 客に笑われれば

 おまえも覚悟ができるだろう。

 フフフ・・ハハハハ・・」

「この曲・・まさか・・。」」

「そうだ。JK。

 俺は ジーンの原点を探しにいった。

 お前の理想の大スター

 ジーンを生み出した曲をさがしにな。」


「親父にならったんすね・・。」

「ああ。お前の親父に ギター習いながら

 俺はビシビシと感じたぜ。

 正真正銘のロック魂を!

 熱いハートを!」


「熱いハート・・。」

「歌え JK!

 お前が夢見た 本当のジーンの歌を!」


「こんな俺なんかのために・・・。

 バカっすよ 弦太朗さん。」


歌いだすJK。

「いつの日か君が はばたいていく

 空が青いことを願う

 But you know

 どうせ飛ぶなら 

 自分だけの if you fall

 力で飛べよ ごまかしたりせずに

 君が歩く今を大事に

 重ねていけ Oh yeah

 Always be true to yourself」


「やっと会えたな ジーン。

 俺とダチになってくれ。」


手を差し出す弦太朗。

握手&友情の合図。。

「あっ・・。あれ?ここどこ?」

正気にかえったユウキたち。

「ゾディアーツ!」と指さす友子。

逃げ出す観客。

「なぜだ!?なぜ やつの 

ギターの効力がきえた?」

「如月。いったい何が・・?」

「俺たちの魂こめた 本気のロックが

 みんなの目をさましたみたいだぜ。」

「ありえない!ふざけやがって!」

弦太朗に殴りかかるゾディアーツ。

「弦太朗さん!大丈夫っすか?」

「おう。さあ もりあがっていこうぜ!」

「スリー ツー ワン」

「変身!」

「宇宙 キター!」

「ハッ!俺の音撃に 手も足も出ねえくせによ!」

「たしかに あのときはな。

 でも 今は違うぜ。

 俺は JKとの絆を 取り戻した。」


「コズミック

 コズミック・オン」


「みんなの絆で 宇宙をつかむ!」


CM


レオと戦うメテオ。

「そろそろとどめだ。」

「ハッ!」

「ウッ!ホワチャ!」

「うっ!足が・・!?

 まさか きさま さっきから・・。」

「そうだ。俺は きさまの右足首だけに

 ダメージを与え続けた。

 点滴 石を穿つ!」


「リミットブレイク」

「メテオストームパニッシャー」

「んっ?きさま!

 おぼえていろ。」

フォーゼとカプリコーンも外へ。

「ビート」

「オラオラオラーー!」

「おつぎはこれだー!」

「ネット」

「俺の音が すべて俺にはねかえる!」

「よし!」

「ああ・・。」

「オーッ!」

宇宙までゾディアーツをつれていくフォーゼ。

「ああっ?」

「抜いて さす!」

「ライダー超銀河フィニッシュ!」

「うぉぉー!」

「ああ?」

ヴァルゴが理事長のもとへ。

「カプリコーンとスイッチを回収しました。」

「ごくろう。」

「このものの始末は?

 ダークネビュラにおくりますか?」

「いや・・記憶を消して

 適当な場所に転がしておけ。

 カプリコーンは幹部として

 実に いい仕事をしてくれたからね。」


「それでは まさか・・。」

「ああ・・確かに感じたよ。

 コアスイッチのエナジーを。

 コアスイッチは 失われてはいなかった。

 しかも おそらくは 

この学園の生徒が持っている。」


JK。


「ミルキーナイトカーニバル

 最後の放送は・・ジーン 君だけにおくるよ。

 まず 俺の幼馴染 五藤東次郎は

 事件に関する記憶を すっかりなくしてた。
 
 でも そっちのほうが 奴には幸せだし

 また昔のように つきあえるのは嬉しい。

 そうそう・・そういえば

 久々に 親父に電話したよ。

  『たまには実家に顔だせ。

   いい友だちがいるな』なんて言われて

  『ああ』って答えた。

 友だちって言えば

 今回の件を許してもらうのは

たいへんだったよ。」


みんなに土下座したJK。

「あんなに必死にあやまったのは

 生まれて初めて。

 で・・みんな 許してくれた。

 こんな俺を。

 だから 決めた。

 精いっぱい 今を大切に。
 
 友だちを大切にするって。

 だから 歌はもうやめるよ。

 弦太朗さんは あきらめんなって

 言ってくれたけど
 
 俺のけじめ。

 さよなら ジーン。

 JKこと 神宮海蔵より。」





JKが今まで以上にさらに本当の仲間に。
前回みたとき、スイッチの怖さを知ってるのに
なぜそっちいく?と思ったけど
そういう魔力めいたパワーがあるから
しょうがないのか。
賢吾たちが今回も別人で
それはそれで楽しそうでした。

JK、夢でうなされるあたり
悪に徹しきれないいいやつですが
弦太朗との友情パワーで
これからはもう迷わない。
JKなりのけじめをつけて
さらに本名で誓うところに
JKの意志の強さも感じました。

名前は・・微妙だったけど一応イニシャルなのね・・。

JKの目をさまさせた「親父のブルース」
釣りしてたからてっきり演歌かと思ってた。
弦太朗はいつも本能で一番いいと思われる道へまっすぐ。

コアスイッチ、賢吾のところに
あったりするといいのにな〜。




如月弦太朗 福士蒼汰
歌星賢吾 高橋龍輝
城島ユウキ 清水富美加
風城美羽  坂田梨香子
大文字隼  冨森ジャスティン
野座間友子 志保
JK(ジェイク)土屋シオン
朔田流星   吉沢 亮
大杉忠太   田中卓志(アンガールズ)
我望光明   鶴見辰吾
歌星緑郎  風間トオル

ヴァルゴ・ゾディアーツの声  田中理恵
タチバナの声 ナレーション 檜山修之

速水公平  天野浩成
立神 咆  横山一敏

五藤東次郎 川村亮介
漁師      志水正義

乙川美奈  村上穂乃佳
甲田鈴美  城戸愛莉
放送部員  橘 花梨




仮面ライダーフォーゼ スペシャルイベント 天ノ川学園高等学校 春の学園祭スペシャル(仮)【DVD】


メイキング・仮面ライダーフォーゼ(仮)【DVD】










2012.05.20 Sunday 11:31 | comments(2) | trackbacks(19) | 
<< 特命戦隊ゴーバスターズ 〜Mission13 「サプライズな休日」 | main | 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第32話「裏切り者」 >>
ミチコ (2012/05/20 11:51 AM)
honeyさん こんにちは、明日 しゃべくり007にて、如月弘太郎(仮面ライダーフォーゼ)役の福士蒼汰くんが出ますよ。
honey (2012/05/20 4:25 PM)
ミチコさん、こんにちは。

おお、録画するようにしようと思います。









仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
仮面ライダーフォーゼの第36話を見ました。 第36話 本・気・伝・歌 ジーンとしてJKがネットラジオでカプリコーン・ゾディアーツの演奏で歌を披露すると、放送を聴いた生徒達が異常に興奮してケガ人...
| MAGI☆の日記 | 2012/05/20 11:40 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話 感想
仮面ライダーフォーゼ 第36話 「本・気・伝・歌」 コズミックステイツが強制的に解除されてしまった。これは弦太朗とJKの絆が失われてしまった影響「皆の力で宇宙を掴む!」って言ってますからね マ...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/05/20 11:46 AM |
本・気・伝・歌
仮面ライダーフォーゼ オリジナルサウンドトラック(2011/12/21)鳴瀬シュウヘイ商品詳細を見る  『仮面ライダーフォーゼ』第36話『本・気・伝・歌』のあらすじは公式サイトでご確認ください。  JKこと「...
| ガヴァドンなボログ | 2012/05/20 11:47 AM |
今日の仮面ライダーフォーゼ 第36話
「本・気・伝・歌」 ライダー部を辞めると弦太朗に別れを告げるJK、スターになるきっかけが必要と、完全に足元が見えていませんね。 コズミックステイツが使えなくなってしまった弦太朗はマグネットス...
| 地下室で手記 | 2012/05/20 11:52 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話
仮面ライダーフォーゼ 第36話 「本気伝歌」。スイッチの大盤振る舞いっぷりを見るに本気で畳もうとしているらしいことは伝わった一本(苦笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG V | 2012/05/20 11:54 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
第36話「本・気・伝・歌」 ベタだけどいい話だったと思います。 仮面ライダー部を去ってしまったJK。弦太朗はJKとの絆が切れてしまったことがコズミックの解除の原因だと気付きました。 覆面DJジ...
| いま、お茶いれますね | 2012/05/20 11:57 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」〜神宮海蔵の『家族のうた』
仮面ライダーフォーゼ 第36話 「本・気・伝・歌」 「本・気・伝・歌」・・・我が関西なら「本気でっか!?」かも・・・。 −◆− 我望(鶴見辰吾)がレオに3スイッチを与えてます。 どういうこと? 一方、仮面ライダー部では、カプリコーンとJKのネットラ
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/05/20 3:55 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話 本・気・伝・歌
『本・気・伝・歌』 内容 カプリコーン・ゾディアーツとの戦いの中、 JK(土屋シオン)がライダー部を辞めると宣言した直後、 フォーゼのコズミックステイツは解除される。 弦太朗(福士蒼汰)は、JKへの説得を試みつつ、 マグネットステイツで対処を行うモノの、
| レベル999のgoo部屋 | 2012/05/20 4:30 PM |
仮面ライダーフォーゼ第36話「本・気・伝・歌」
今回は第36話「本・気・伝・歌」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第36話「本・気・伝・歌」で! 今回のフォーゼは前回に引き続きJKのお話し。 JKの夢を叶える話しでしたが…。 ちなみに、今回初めて明らかになったのはJKの本名。 JK=神宮海蔵だそうです。 チ
| OPUS MAGNUM | 2012/05/20 4:35 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」の感想
さよならジーン
| HIKO's memo | 2012/05/20 6:00 PM |
今週の仮面ライダーフォーゼ「第36話 本・気・伝・歌」
再びのJK回後半。JKの選んだ結論は?
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2012/05/20 8:06 PM |
今日の仮面ライダーフォーゼ
コズミックの力が使えなくなった原因。 それはJKを失ったこと、コズミックは仲間との
| JAOのアメーバ日誌 | 2012/05/20 9:34 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
| Hybrid-Hills | 2012/05/21 1:32 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
JKの本名、初公開。 だが、それはわりとどうだって良い。それにしても今考えたような名前だな。
| 大海原の小さな光 | 2012/05/21 10:03 PM |
仮面ライダーフォーゼ第36話
「ジーンのミルキーナイト・カーニバルぅ〜♪」 ライダー部退部を宣言し、フォーゼに背を向けたJK。 なぜかスイッチは全部すっ飛んじゃうし、 弦太朗ピンチ!? あぁ、ライダー部のみんなとの絆で手に入...
| あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪ | 2012/05/22 4:36 PM |
リーゼントでギターといえば…
  とか、
| 流浪の狂人ブログ 〜旅路より〜 | 2012/05/22 7:21 PM |
フォーゼ「本・気・伝・歌」
 レオもあっちゅう間に退場。  JK の父ちゃんは、「相棒」組対課の人。この人、最近、あちこちで見るなぁ。  ギターは SG。弦太朗がセミアコというのは合ってるのか合ってないのか。  個人的に、高校生の一人暮らしって設定には無理があると思うんだけど、そんな
| blog mr | 2012/05/22 10:40 PM |
遅くなりましたが仮面ライダーフォーゼ 第3...
やっぱりフォーゼと大河は日曜日に見ないとダメだなぁ‥‥(^^;)明後日は見れるといいのですが。遅くなりましたが感想です。JKのお父さんって今は漁師さんなんですか!(^^)いや、かっこ...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2012/05/25 2:41 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第36話「本・気・伝・歌」
今回は、JKが再びライダー部に復帰するというお話でした。 弦太朗、コズミックは解けてしまい、JKはライラ‐部を退部してしまうと言い出すなど冒頭からピンチの展開。 「ジーンは、ゆがんだ力に頼るような安っぽい男だったのか?」との言葉も効果はなかった……。
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2012/05/25 10:50 PM |