<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

別冊 花とゆめ 2012年 07月号 ガラスの仮面の感想

ガラスの仮面の感想
ネタバレ感想につきご注意

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ドアノブメッセージプレートがふろく
 マヤと月影先生と真澄さま。

ガラスの仮面名台詞カルタ 今秋発売
読み札をファンから募集・・。




ローソクの火を前にした亜弓さん。

『わたしが動けば・・

 火が動く・・』

『わたしが動けば空気が揺れる・・
 空気が揺れれば火が揺れる
 それだけのこと・・
 いいえ・・!なにか もっと 大きなこと・・!
 精霊の女神にとっての“火”・・
 風・火・水・土・・!
 風は・・?水は・・?土は・・?』

窓をあけると雨。
空気や雨のにおいを感じ
雨の動きから紅姫が動けば自然界も動くと
気付き目からうろこ状態。

『わかっていたはずなのに頭の中だけで
 理解しようとしていた・・』

今までどうやったら神秘的にみえるかとか
芝居の中の世界だと思って絵空事だったと
思う亜弓さん。

『女神の表現・・!
 私はまちがっていたわ・・!』

『わたしが動けば火が動く!』

と紅姫の心と動きをつかむべくはげみます。

マヤのアパートでは麗がひとり。
今日はマヤは稽古場にとまりだそうで
おひさしぶりのさやかの電話に
マヤと暮らすのはたいへんというと
「マヤと暮らせるのはあなただけよ」と
はげまされてました。

マヤは稽古場で梅の木になっていると
入り込みすぎて足が動かなくなってしまいました。
木のように根が張ってしまい
そこで思い出す月影先生の言葉。

「役そのものになりきっては

 いけないのです!マヤ・・!
 
 あなたは役者!演技なさい!

 自分の姿が 外からどう見えるのか

 意識しなさい!」


なるほど!!
役になりきるのがマヤの強みだと思っていましたが
そうじゃなく、あくまでも演技として
人にみせなきゃいけないのか。

『見せる演技・・!
 きっと亜弓さんにはかなわない・・!
 でも あたしにはあたしのやり方がある!』

翌日の稽古場でも亜弓さんは
昨夜の考えで頭がいっぱい。
庭にでて水たまりに足がつかったときに
水面が揺れ
『私が動けば世界が動く・・!
女神が動けば世界が動く』
と気付き、稽古を早退させてもらってマンションへ。

ローソクをたくさん灯した場所で
紅天女の動きをつかむため
布をつかって舞い踊り中に
一瞬、頭がくらっときて燭台を倒し
火が燃え広がって亜弓さん危険!!

『私が動けば・・炎が動く・・!

 この火・・!この火だわ 

 わたしが求めている女神の火・・!』


演劇バカというかなんというか
たぶんマヤが同じ状況でも
危険とか考えなさそう・・。

マンションの警備室に火事が伝わり
前で待機していたハミルさんも共に
亜弓さんの部屋へいくと
炎の中にすわりこみ

「わたしが動けば 火が動く・・・!」

とつぶやく亜弓さんの姿が・・。

ハミルさんも警備の人も茫然としてますが
はやく助けるなり消火しないとー!


亜弓さんは「役」としてとらえていて
役になりきることに苦労しているのに
その役になりきっているマヤは
それはそれで問題なのか。
そうきましたか。

気をつけようと思っても
マヤの場合すぐ役に入り込んでしまうけど
観客へのみせ方といえば
高校時代の一人芝居のときにも
いわれてましたよね。



またしばらくおやすみ。
連載再開は今秋予定。


2012.05.26 Saturday 09:48 | comments(0) | - | 
<< 夏色キセキ 第8話「ゆううつフォートリップス」 | main | 非公認戦隊アキバレンジャー 第8話「痛き特訓の絆は公認ロードの陰謀交差点」 >>