<< September 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

非公認戦隊アキバレンジャー 第12話「最痛回 さらば妄想戦隊」

第12話「最痛回 さらば妄想戦隊」



「俺たちとステマ乙

 それぞれにニューフェイスが登場したのは

 あまりにも偶然が重なりすぎてる。

 そう気付いた俺は

 とんでもない事実にぶちあたった。

 そう 俺たちの世界は

 非公認戦隊アキバレンジャーという番組で

 制作者がいたんだ!

 やつは 俺たちの世界をねじまげようとしている。

 どうなっちまうんだ?俺たち!」


ひみつきち。

「ハカセのアザがてこ入れだったのなら

 急にそれが消えちゃったのは

 どうしてなんですか?」


「たぶん・・てこ入れに失敗して

 さらに路線変更をしようとしていた。」


「そう。やつはてこ入れを試みたものの

 おきてはいけないことがおきて あわてた。

 番組の中のキャラクターである俺たちが

 やつの存在に気付いてしまったからだ。」


「そんなこと 少なくとも

 公認戦隊の歴史には

 ありませんでした。」


「っていうか おじさん さっきから

 奴 奴 言ってるけど

 誰だかわかってるの?」


「察しはついてる。

 番組外現実の黒幕

 それは オープニングの一番最初に

 名前がクレジットされる人物だ。」



OP

最初にでてくる名前は

原作 八手三郎

「そうか!原作者 八手三郎!」

「そう!それが黒幕の正体だ!」

公認様の原作も手掛けてきたお方。

「八手三郎は この世界を・・・

 番組を打ち切りにする気だ。」


「えーっ!!?」

「登場人物が 作者の存在に気づいてしまったら

 物語を思うようにすすめられないものね。」


「おそらくこうしている間にも

 悪基地で最終回フラグが

 たちはじめているはずだ。」


ドクターZとデリューナイト。

「たった今 銀河の彼方

 デリュージョン帝国本星から

 大艦隊が地球にむけ

 出撃したとの連絡があった。」


「銀河の彼方だと?

 デリュージョン帝国は

 並行次元に存在したはずでは?」


といったドクターZがまた洗脳されました。

「そうだ。

 我が帝国が誇る大艦隊さえくれば

 もはや 我々に敵はない。」


「ドクターZ 

 俺を 強化改造してくれ。」


「何?」

「宿命のライバルは帰還してしまった。

 だが アキバレッドだけは

 この手で葬り去りたい。

 確実にそれを実行するため

 パワーリミッターを解放してもらいたい。」


「そんなことをしたら 

 お前自身の体が崩壊する危険性が。」


「かまわん。

 俺が生まれた意味は そこにしかない。」


「よかろう。

 最終フォームに改造してやろう。」


フラグたてまくってました。

ひみつきち。

「どうすればいいにゃ 信リン。

 にゃーは

 アキバイエローをやめたくないニャ!」


「戦うしかない。

 神とまであがめた八手三郎

 こうなったらもう 敵でしかない。」


信夫、半泣き。

「赤木さん。

 戦隊マニアのあなたなら

 その神にでも対抗できるはずよ。

 八手三郎の魔の手から

 この世界を救うには どうしたらいいの?」


「伏線だ。」

「みんなで伏線をはりまくるんだ。

 それも どう考えたって

 1回や2回じゃ回収できないような伏線をな。

 そうすれば ドラマ制作者として 

 すぐには終わらないはずだ。」


「すぐには終わらない伏線て・・何?」

何か思いついたゆめりあ 笑顔で

「ゆめりあ いっきまーす!」

こずこずに近づいて

「好きにゃ」

と告白。

「なるほど!これはひと悶着ありそうで

 すぐには回収できないぞ〜!」
  
「そうね。美月ちゃんも がんばって!」

「あっ。私 三ヶ月後の女子総合格闘技大会

 ライバルの宇佐木美緒に勝って 

 絶対に優勝する。」


「それもいいぞ〜〜〜!」

「結果は三ヶ月後だもんね〜。」

なのに、こずこずが

「私 ゆうちゃんのこと

 ずっと好きだったの。大好き!!」

と抱きつく展開になり
美月のライバル 宇佐木美緒もやってきました。

「私 自転車でこけて骨折しちゃったから

 格闘技やめることにしたの。

 だから 3ヶ月後の大会

 あんたの優勝できまり。じゃあな。」

「一気に伏線が回収されちゃった。」

「恐ろしい。

 これが八手三郎の力。

 そうだ!俺は さやかさんとの恋をかなえる。

 もともと可能性は低いうえに

 向こうは今アメリカだ。

 これは時間が・・。」


と言っていると
秋葉原に帰ってきたというさやかさんからの電話。

「機内のテレビでみた

 サンバルカンの劇場版にはまっちゃって

 だから 今度 私の部屋に泊まりに来て

 おしえてください!」

実写映画化も決定してるw

「はいはい こっちも

 回収されちゃいましたっと。」


ドクターZの背後から襲いかかるマルシーナ。

「ごめんなさい。お父様。

 これしかなかったの。

 今なら デリューナイトを機能停止させられる。

 制作者の都合で 

 存在を左右されるのはもういや!

 お父様にもそうなってほしくないの。

 悪く思わないでね。」


とデリューナイトに銃をつきつけると
その腕をつかまれるマルシーナ。

「残念だったな。

 俺の危機管理能力は

 日本政府の100倍はある。

 おまえたちこそ 

 この世界に必要ない。」


日本政府なさすぎ!!

「お前たちって まさか お父様まで?」

マルシーナを撃つデリューナイト。

「これからは 俺がデリュージョン帝国を率い

 世界を わがものにしてやろう。」


ドクターZにも銃弾。

ひみつきちでは対策を練るみんなですが

「この番組の延命作 もうやめましょう。」

というハカセ。

「えっ?!」

「だって 相手は原作者なのよ。

 どうやったって

 太刀打ちできるはずないじゃない。」

と弱気なハカセ。

「八手三郎に逆らった私たちは

 もうどうやったって 公認にはなれない。

 けど このまま逆らい続けば

 歴史からも抹消されるわ。」


「いいじゃないか。それでも。

 八手三郎は 今までの公認様の

 どんなラスボスも 絶対かなわない 

 超強力な敵だ。

 でも この世界が番組だっていうんなら

 みている人間もいるはずだろう。
 
 もし 俺みたいな痛いオタクが

 そんな番組みてたら

 歴史から消されても

 絶対 忘れることはない。
 
 だから怖くない。

 最後まであがき続けようぜ。」

 
「赤木さん。」

「非公認は 非公認らしくにゃ!」

「オタクの人の記憶の中で・・か。

 私もそれでいい。

 最後まであきらめない!」


「みんな・・」

泣きだすハカセ。

「泣くなよ〜。ハカセ。

 司令官的立場の人が泣くのは

 最終回だぞ。

 俺たちは 最終回にするつもりは

 まったくないからな!」


そこへ信夫にさやかさんの携帯から着信。
電話に出たのはデリューナイトでした。

「きこえるか?アキバレッド。

 女は預かった。いつもの廃工場で待つ。」


「卑怯な!」

「助けて赤木さん!

 私 こんなことで あなたとひきさかれたくない!」

「ダメだ。今行けば 敵の

 八手三郎のおもうつぼだ。」

「奴は物語を 強引に終わらせようとしている。

 廃工場にいけば その流れに乗ってしまう。

 それだけはダメだ!

 どうすりゃいいんだ 俺は。」


アキバレッドがこないので
デリューナイトがさやかさんを始末しようと
したときに、アキバレッド登場。

「きたな アキバレッド!」

イエローとブルーがさやかを助け
デリューナイトにたちむかうアキバレンジャー。

「ついに決着をつける気になったか。」

「チッチッチ

 決着なんかつけない!

 なっ ハカセ!」


「そうよ!人質を助けたうえで

 でも 最終回の流れには乗らない!

 今の私たちには これしかないわ!」


「決着はつけず

 因縁の戦いに持ち込んでください!

 アキバレンジャー!」


「オッケー!

 因縁の戦いなら ジャンと 理央推し!

 アキバ レッド!」


「新堀さんに捧げる 

 名乗り その1!

 アキバ ブルー!」


「え〜っと にゃーはこれからがんばって

 絶対2クールめあたりで

 パワーアップするにゃ。

 アキバ・・」


「痛さは 強さ!はい!」

「非公認戦隊

 アキバレンジャー」


火薬派手!!

「ほんとの敵は

 あいつの背後にいる原作者よ。」


「ほざくな!」

デリューナイト強い!
みんな容赦なくやられる。

「俺は今や デリュージョン帝国の

 最高司令官だ。

 ドクターZやマルシーナの待つ

 地獄へいけ。」


「なんですって?」

「あの二人を まさか。」

「そうだ。俺がこの手であの世へおくった。」

「これが 八手三郎の筋書き!」

「許せないだろう。

 さあ 怒りのパワーでこい。」

「悪の仲間割れ。

 最終回近辺に ありがちな展開にゃー!」


「そのとおり。

 八手三郎は

 着々と最終回にむかわせてる。」


「あいつを倒したら

 番組も終わりってこと?」


「これで 鉄板敗北フラグでも

 たてられでもしたら。」


「冥途の土産にきかせて・・。」

とデリューナイトがしゃべるのを
耳をふさいできくまいとするアキバレンジャー。

「今日の俺は最高に強い。」

「この戦いが終わったら

 ふるさとのいいなづけと結婚・・。」


とフラグ立てまくりww

「以上の理由でアキバレッド

 おまえに一対一の決闘を申し込む。」


とみずからの胸を傷つけ

「これは ハンデだ。

 ここを傷つければ 俺を倒せるぞ。」


というデリューナイト。

「くっそう。 なんて挑発だ!

 乗りたい!そして勝ちたい!」


というアキバレッドをとめるイエローとブルー。

「デリューナイト!

 決闘は 6ヶ月後で。」


と逃げようとすると

「ふざけるな!そんなに待てるか!」

と怒るデリューナイトが
襲ってくるのを攻撃する銃弾。
ドクターZとマルシーナが生きていました。

「この銃のユニットは

 おまえのような 血の通ってない

 化け物を倒すためだけのものだった。」


「私は気付いた。
 
 大いなる意思にあやつられていたことを。

 だが 奴の思い通りにはならん。」


「裏切り者め・・。」

「アキバレンジャー!

 戦いはまだまだ これからだ!」


それをきいて

「やった!」

と喜ぶアキバレンジャー。

「侵略計画を練り直し

 再び 秋葉原を私の意のままに。」


また洗脳され苦しむドクターZ。

「そうではない。そうではなかったぁ!

 我がデリュージョン帝国の

 科学の粋をあつめた巨大ロボットで

 この大都会を 悪の帝都にかえてやる!

 いでよ ブーメランタイタン!!」

 
「うそ!巨大ロボなんて なかったはず。」

ブーメランタイタンがあらわれ

球体につつまれ宙に浮かびあがるドクターZ。

「目覚めよ デリューナイト。

 さっきのは みねうちだ。

 そしてブーメランタイタンで

 破壊のかぎりをつくすのだ!」


「お父さま せっかく

 自我を とりもどしかけていたのに!」


「それだけ敵の力が強大ってことにゃ!」

ブーメランタイタンをあやつるデリューナイト。

「デリュージョン帝国の科学力 思いしれ!」

街を破壊するブーメランタイタン。

「あまりにもはっきりした

 最終回フラグだ〜!」


とあわてるアキバレッド。

「でも こっちには巨大ロボなんかいないから

 戦いにならないし 大丈夫じゃないの?」


でもアキバレンジャーに助けを求める
人々をみて迷う3人。

「助けて!アキバレンジャー!!」

するとそこへあらわれたマシンイタッシャー。

マシンイタッシャーが

巨大イタッシャーになった!!!



CM


無理やり巨大イタッシャーのところに
とばされるアキバレンジャー。

「でも 50mクラスの巨大ロボって

 公認様と同じサイズだ!

 これはこれで夢だったんだよなあ。」


巨大イタッシャーに乗り込まず戦わない
つもりのアキバレンジャー。
デリューナイトは勝手に戦ってるw

「俺のわずかな動きで

 これほどの風圧を繰り出すとは

 我がライバルにふさわしい強さだ!」


「まずい!俺たちが何をしも

 向こうは強引にこじつけて敗北し

 この番組を終わらせる気だ!」


「えーー!」

「どうすればいいの?おじさん。」

「しかたがない。」

巨大イタッシャーからミサイルを発射させました。

「ターゲットはこのロボ自身だ。

 八手の手にのらないためには

 これしかない!

 脱出するぞ。」


ミサイルが巨大イタッシャーに。

「すまない!イタッシャーロボ!」

「バカか。だが これで

 邪魔者はいなくなった。

 お前も地獄におちろ!」


「やるならやってみろ!

 アキバレンジャーはおわらせない!」


アキバレッドをふみつぶそうとする
ブーメランタイタンにむかって

空き缶をなげつけるイエロー。

その空き缶がブーメランにあたり

ブーメランのダメージをうけ

倒れるブーメランタイタンww


「おのれ アキバレンジャー!

 デリュージョン帝国に 栄光あれ〜!」


首もとんだ!!!

ブーメランタイタン爆発のあおりで
とんできたパーツがドクターZのほうへ。

「いかん!

 ドクターZを巻きこんでしまうと

 番組がおわってしまう!」


ドクターZを助けると
そこへさやかさんや街の人たちが
集まってきました。

「アキバレンジャー!!」

「助けてくれてありがとう〜。」

「大好き〜!」

最終回っぽい・・・。

そっと立ち去るドクターZ。

「まずい!このままじゃラストシーンだ。

 逃げるぞ。」



CM


ひみつきちに戻ってきた信夫たち。
そこにはドクターZがいました。

「私は目がさめた。

 今こそ 心を入れ替え 

 正義の科学者になるよ。

 今まで 苦労かけてすまなかった。」


「これって・・。」

「親子の和解。

 ハッピーエンドフラグ!?」


「パパ・・。ダメ!

 パパは今までどおり悪を続けて。

 じゃないと この番組がおわっちゃう。」


「ひろよ・・。」

ハカセの肩にポンと手をおく信夫。

「ハカセ ここは抱き合おうよ。」

「大丈夫にゃ。」

「この番組は

 私たちが終わらせませんから。」


「みんな・・。」

ドクターZにだきつくハカセ。

「ありがとう。でも これじゃ・・。」

「大丈夫。俺たち いってくる。」

「どこへですか?」

「まだ 戦いは続くんだ。

 あいつが残ってる。」


マルシーナのもとへ。

「私がステマ乙のボスになる。

 アキバレンジャー。

 せいぜい ぬるく戦いましょう。

 あと6カ月はね。」


「いいぞ。マルシーナ。

 重妄想!!」


「重妄想」

「重妄想!」

「ズッキューン!」

シャチークもでてきて
アキバレンジャーと戦いがはじまり
エンディングのテロップも・・。

オワリの文字!!ww

「まずい!エンドマークだ!」

「目標変更!

 あの忌々しい字を 攻撃よ!」


「俺たちもあの字を破壊するぞ!」

みんなでオワリの文字を攻撃。

そこにあらわれた原作者。

「八手三郎!?」

その手が画面をふさいでブラックアウト。

「まだ 終わらないからなあーー!」

「今まで アキバレンジャーを応援いただき

 ありがとうございました。

 次回は 彼らの大活躍を

 アキバレンジャー反省会とし

 てまとめてみました。

 3人の思い込みがどんな結果を招いたか
 
 どうぞごらんください。」


「最終話 反省会!痛くなければザッツオーライ!」



あ〜今日もおもしろかった!

番組を終わらせまいと原作者に対抗し
あがくアキバレンジャーでしたが
強引に最終回にされてしまった。
最終回フラグをたてまくるデリューナイトとか
あんな強そうなロボなのに
空き缶でやられてしまうとかもうおかしくて。

アキバレンジャーは自分たちのためなら
あきらめないけど
ハカセとドクターZの親子和解話をもってくる
むこうもなかなか考えてる!

ステマ乙との戦いはまだまだ続く・・的な
かんじで終わらせられてしまって
やっぱ制作者にはキャラクターは勝てないですね〜。

ここまでなんでもありなら
「アキバレンジャー終わらせたけど
 思いのほかDVDやグッズの売り上げが良かったから
 二期やっちゃおう」みたいな流れでやればいいのに。
がんばれアキバレンジャー!




赤木 信夫 アキバレッド 和田正人
青柳 美月 アキバブルー 日南響子
萌黄 ゆめりあ アキバイエロー 荻野可鈴

葉加瀬博世   内田真礼
三田こずこず  愛川こずえ
本位田 さやか  森田美位子
マルシーナ   穂花

デリューナイトの声  平田広明
ドクターZ    矢尾一樹

ナレーション  宮田浩徳

宇佐木莉緒 長野じゅりあ
植田ゆう希























2012.06.23 Saturday 11:11 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 仮面ライダーフォーゼVOL.5【Blu-ray】 | main | 新テニスの王子様 2 [Blu-ray] >>









非公認戦隊アキバレンジャー 第12話 「最痛回 さらば妄想戦隊」
結局、我々は八手三郎の掌で転がされていたのだ・・・
| nationwiseのZALEGOTOぶろぐっ! | 2012/06/23 11:16 AM |
アキバレンジャー 第12話
非公認戦隊アキバレンジャー 第12話 「最痛回 さらば妄想戦隊」。まさかの原作者ネタ(笑) 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG V | 2012/06/23 11:21 AM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第12話「最痛回 さらば妄想戦隊」
いよいよ、本性が見えてきた黒幕。 前回その名が明かされなかった黒幕。 その正体は、、、 「察しがついている。  番組外現実の黒幕、  それはオープニングの一番最初に名前がクレジットされる人物だ!」 原作 八手三郎(キラリン☆)
| 感想記 | 2012/06/23 11:52 AM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第12話「最痛回 さらば妄想戦隊」
非公認戦隊アキバレンジャーの第12話を見ました。 第12話 最痛回 さらば妄想戦隊 「博士の痣がテコ入れだったなら、急にそれが消えちゃったのはどうしてなんですか?」 世界が非公認戦隊アキバレ...
| MAGI☆の日記 | 2012/06/23 11:56 AM |
非公認戦隊アキバレンジャー 第12話 感想
非公認戦隊アキバレンジャー 第12話「最痛回 さらば妄想戦隊」 この世界は非公認戦隊アキバレンジャーという番組赤木達は番組に登場するキャラクターという衝撃的な展開テコ入れに失敗し新たに路線変更し...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/06/23 12:05 PM |
アキバレンジャー#12
知られているようで、謎も色々あるとされている「八手三郎」をネタにして、しかもそれが黒幕って、「原作」が全ての元になっていることを考えると凄いベタな展開ですね。が、何でもかんでも詰め込んでしまって、ちょっと雑になってしまったという印象の方が強く残った物
| MEICHIKUえんため・ぶろぐ | 2012/06/23 2:40 PM |
昨日のアキバレンジャー 第12話
「最痛回 さらば妄想戦隊」 自分たちが番組の登場人物だと気付くというメタ展開になったという事で、打ち切り回避の戦い、最大の敵はOPでキラリと光る、八手三郎! まぁ、ここまでメタを積み重ねると...
| 地下室で手記 | 2012/06/23 4:26 PM |
アキバレンジャー「最痛回、さらば妄想戦隊」
「八手三郎」って「はって」なんだ。「やつで」だと思ってた。確か、平山Pが、偉い人から「やってみろ」って言われたのが元なんじゃなかったっけ…あぁ、「や」を変えて「て」の音を残したのか。  流石に石ノ森章太郎は敵にできないか。  最終回は単純なギャグ回(
| blog mr | 2012/06/25 10:23 PM |