<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」

第42話「射・手・君・臨」



これが 前回の仮面ライダーフォーゼ

「覚醒の日は近い。

 邪魔者はすべて排除しろ。」

「友情は 危険だ。」

「今の君に必要なのは

 友情ではなく 非情だ。」

「ヴァルゴの正体が
 
 江本だと知っていたか?」

「あんた 敵だったのか!?」

「なぜ 俺をメテオにした?」

「消えろ!」

ダークネビュラにおくられたメテオ。

「うわー!」

「メテオ!」


「ヴァルゴー!!」

ヴァルゴを襲おうとするフォーゼを邪魔するリブラ。

「おりゃっ!」

「リブラ!いくぞ!」

リブラとヴァルゴは姿を消しました。

「ヴァルゴ。なんのつもりです?」

「きさまこそ 何を嗅ぎまわっている。」

「あなたの気配を感じてきただけだ。

 手助けもよけいなことですか?」

「残り2人の使徒を見つけるのが

 お前の仕事だ。

 余計なことをしていると・・消すぞ。」

姿をけすヴァルゴ。

ヴァルゴはタチバナさんにチェンジ。

「リブラめ。どこまできいていたか。

 急がねばな・・。

 このまま 

 コズミックステイツになれないのなら

 フォーゼも 必要ない。」


弦太朗と賢吾。

「タチバナさんが ヴァルゴだったなんて・・・。」

「何がコズミックになる特訓だ。

 朔田まで ダークネビュラに・・。

 危うく 君まで やられるとこだった。」

そのときメテオのスイッチがまわっているのを発見。

「これは・・。流星・・。」

「宇宙・・

 無限のコズミックエナジーを

 秘めた神秘の世界

 若者たちは アストロスイッチで

 その扉を開き 未来を創る

 Space on your hand!

 その手で 宇宙をつかめ!」


OP


「1 2 3 4 5 6 7 8・・

 1 2 3 4 5 6 7 8・・。」

チア部の練習をみている美羽と隼。

「隼・・あれ!」

「ゾディアーツスイッチ!」

スイッチをひろう隼。

「まつぼっくり・・

 何やってんだ 俺たち。」

「似てるよな。ゾディアーツスイッチに。」

弦太朗がやってきました。

「弦太朗・・。」

「俺も よく見間違えるんだ。

 スイッチが落ちてないか 気になるよな。

 でも もういい。あとは任せろ。」

「なんのつもりだ。」

「おまえたちが元気にしてりゃ

 それでいいんだ。

 それだけだ。じゃあな。」

キラーンと合図して去っていく弦太朗。

「Oops!何あれ。」

夜、ひとりでダンスの練習をしているJKの
ところにも弦太朗がやってきました。

「うめぇじゃねえか JK。」

何も言わずに帰ろうとするJK。

「本気でやってみろよ。

  けっこう いいとこ いくんじゃねえか。」

ユウキのところにも。

「みててね。はやぶさくん。

 私 絶対宇宙飛行士になるから。」

「ああ。お前なら 絶対なれる。

 夢をめざして 一直線にいけ。

 がんばれよ。じゃあな。」

「弦ちゃん・・。」

ラビットハッチにいる賢吾。

「ダメだ。今の俺には

 おまえひとりの力で

 コズミックステイツになる方法は

 見当がつかない。」

「そうか。まえ 食え。

 なんか食わねえと もたねえぞ。」

「ああ。ありがとう。」

「よし!腹も膨れたし

 特訓の続きにでも行くか。」

「特訓てまさか。」

「そう。タチバナさんとの特訓だ。

 まだ終わってねえだろ。

 あれをやりきれば

 あの人とも ダチになれる。」


「君のバカは ブラックホール級だな!

 彼はヴァルゴゾディアーツだ。

 友だちになんかなれるわけがない。

 なる必要もない!」


「いや なれるし むしろ

ならなきゃならねえ。」


「奴は 朔田も野座間も消し去った
 
 敵の幹部だぞ?」


「流星は生きてる。

 これがその証拠だ。

 アストロスイッチは つかってる人間の

 気持ちに 応えてくれる。

 こいつが回ってるってことは

 流星の気持ちがまだ消えてねえ証拠だ。」


「そうか・・。たしかにそのとおりだ。」

「友子も同じだ。

 こいつから あいつの気持ちが感じられる。

 ヴァルゴは2人を消してはいない。」


「地獄までつきあうぞ 如月。」

「地獄なんかには つきあわせねえよ。

 俺がいるかぎりな。」


ガシっと手を組む賢吾と弦太朗。

理事長とヴァルゴ。

「ヴァルゴ。メテオをダークネビュラへ

 消し去ったそうだね。

 やつの支援者をみつけるためには

 まだ泳がせる必要があったのではないかな?」

「それは・・。

 メテオの背後にいる人間をつかんだので

 必要なくなりました。」

「ほう・・。

「奴を支援していたのは 反ゾディアーツ同盟。

 動いているのは タチバナと名乗る男です。」

「タチバナ・・。」

「タチバナの件は 私におまかせください。」

江本教授の姿に戻りました。

「わかっているとは思うが

 友情などという 

くだらないものにひきずられると

 進化への道を見失うぞ。」


「なぜ 今 そんなことを。」

「あの日 君に言ったね。

 私は矢だ。

 常に 真実を射抜く矢だ。

 今も 的は見据えているよ。

 ヴァルゴ。いや 江本・・。」


「承知しています。」
 
昨日の場所で待つ弦太朗と賢吾。

「来たな タチバナさん。」

「本当に待っていたとはね。」

「きっと来ると思ってたぜ。」

「いいだろう。続きをやろう。

 この壺をこわしてみろ。

 ただし 本当に命がけだぞ。」

ヴァルゴにチェンジ。

「上等だ。本気でやりあって

 初めて本音がわかる。」

「スリー ツー ワン」

「変身!

 っしゃー!宇宙 キター!

 仮面ライダーフォーゼ

 本気で特訓やらせてもらうぜ!」

ヴァルゴにむかっていくフォーゼ。

「ボード ステルス

 ボード・オン」

「ステルス・オン」


「はあっ!うわっ!」

「だったら・・」

「ランチャー・ガトリング」

「割って さす!」

「NSマグネット

 NSマグネット・オン」


「ライダー超電磁ボンバー 一斉掃射!」

「リミットブレイク」

「うわっ!わーっ!」

「如月!」

「あんた たしかに ホロスコープスだ。

 だけど・・いい人だな。」


「なんだと?!」

「この特訓は 本気で俺を・・

 フォーゼを強くしようとしている。

 それに 流星や友子だって・・

 生きてるんだろ?」


「友情など 捨てされ!

 仲間を信じれば 裏切られる!

 己の心の弱さになるだけだ!」


「そんなことねえ!

 絆は 力をくれる!」


「人間の絆など

 強大な力に 必ず屈する!

 私がそうだった・・。」


「何っ!?」

「友を捨て 裏切り

 そのことに悩んだ。

 だが それを振りきれた時

 この力を手に入れたのだ!」


「それで わかったぜ。
 
 あんたがその力をふるうとき

 どっか悲しそうだったわけが。」


「私が悲しそうだと?

 甘くみられたもんだな。

 ならば教えてやろう。

 絶対的な力の恐怖を。

 それがもたらす絶望を!

 何もできない お前の無力さを!

 非情になれ。如月弦太朗。

 自分一人で戦うのだ。ふん!」


「コズミック

 コズミック・オン」


「コズミックにかわった!」

「リミットブレイク」

「ライダー超銀河フィニッシュ!」

「フッ!」

「よっしゃ!」

壺が割れました。

理事長。

「悲しいものだな。

 私が創った宇宙を

 自分で壊すことになるとは。」


ヴァルゴたち。

「わかってくれたようだな。

 君は友情を捨て

 非情になる覚悟を決めたことで

 コズミックの力を手に入れた。」


「それは違うな。タチバナさん。
 
 俺は やっぱり 友情の絆で

 コズミックになったんだ。」


「何・・?」

「こないだ コズミックになれなかったのは

 俺自身が 俺の心を疑ってたからだ。

 あいつらが 戦いの場にいなければ

 絆が崩れるんじゃないかって。
 
 だけど 違った。

 あいつらにあってそれがわかった。

 みんながいっしょにいなくてもいい。

 それぞれが
 
 それぞれの道を信じて進んでれば

 俺は 絆を信じられる。」


「わたしにもわかったよ 弦ちゃん!」

ユウキと美羽と隼とJKがやってきました。
 
「お前ら きてたのか。」

「死ぬのは怖いけど・・

 逃げるのはもっといやだ。

 ライダー部もやる。

 宇宙飛行士にもなる。

 それが私の一直線!だよ。」


「弦太朗さん。ずるいっすよ。

 あんな真剣に応援されちゃ

 逃げる気もなくなるっすよ。」


「ジュンに叱られたわ。

 あんな怪物から逃げるんじゃなくって
 
 はやくやっつけって。

 それが クイーン 風城美羽だって。」


「俺だって 天高のキングだった男だ。

 美羽も守る。お前も守る。

 それぐらい やってやるよ。」


キラーン。

「おまえら・・。」

「信じられん・・。

 あの恐怖を たかが高校生が

 克服したというのか!?」


「あなたは 俺たちを

 フォーゼの弱点というかもしれない。

 でも 如月は俺たちの

 青さ 甘さも 弱さも ひっくるめて

 強さに変えてくれる。
 
 これが 弦太朗だ。

 これが フォーゼの強さなんだ。」


「友情は危険なんかねえ。

 友情は・・。

 ダチだ。」


「友情が・・ダチ?」

「ああ。怖がって避ければ

 力にはならねえ。

 でも 信じて受け止めれば

 こんなに力強いやつはいねえ。

 だから 友情は俺のダチなんだ。」


「フッ・・負けたよ。如月くん。

 君たちの言う友情を

 もう一度 信じてみてもいいのかもしれない。」


メテオにお姫様だっこされてる友子が
もどってきました。

「流星!友子!」

「友子ちゃん!よかった、。」

「大丈夫。生きてるから。」

「ダークネビュラにとばしたふりをしなければ

 みんな 処刑されていた。」

タチバナさんになりました。

「Oops!」

「ふたりは M−BUSで眠ってもらっていた。

 私が処刑した幹部もみんな

 そこで眠っている。」

「じゃあ 杉浦くんも?」

「教えてくれ。タチバナさん。
 
 なぜゲートスイッチをくれた?

 俺に フォーゼシステムを
 
 見つけさせた?」

「それに・・ 俺をメテオにしたのはなぜだ?」

「話してください 江本先生。」

「えっ!?」

仮面をとるタチバナさん。

「江本教授!? あなたがヴァルゴで

 タチバナさんだったのか!?」


「私は 裏切り者だ。

 メテオの支援者であることが

 彼らに知られてはならなかった。

 だから タチバナの仮面をかぶった。

 賢吾くんに フォーゼシステムを

 流星くんに メテオドライバーをおくったのは・・。」


手を差し出す弦太朗。

「一緒に戦う仲間がほしかったから、だろ。」

笑顔になる江本教授。

「ああ。如月くん

 何があっても 君の友だちのことは

 守ってやってくれ。

 どんなことになってもだ。」


「わかった。約束するぜ。」

友情の印。

笑う江本教授の胸が打ち抜かれました。

「うわっ!」

そして爆発音。

すごい存在感のサジタリウス・ゾディアーツがあらわれました。

「サジタリウス・・

 なぜここに・・?」

「残念だよ。ヴァルゴ。

 私が宇宙の真理に到達する

 パートナーは

 君だと思っていたんだが。
 
 だが 君が私を裏切ることも

 星のさだめだったのだな。」


弓矢をひきました。

「はっ。」

「うっ!」

「タチバナさん!」

「江本さん!」

「このやろう!!」

「メテオ」

「コズミック

 コズミック・オン」

「メテオ・レディ?」


「変身!」

「うぉーーー!!」

「宇宙キター!」

「俺のさだめは嵐をよぶぜ!」

「ウーホワチャ!」

「遊びにつきあおう。」

「君たちは 安全な場所へ。」

みんなをどこかへとばすヴァルゴ。

「賢吾くん・・君は 私と。」

「ハーっ!」

「フン!」


CM


賢吾とヴァルゴは屋上へ。

「なぜ 俺だけ・・。」

「賢吾くん・・。

 君に 伝えなければならないことがある。

 私は 友情より 力に屈した。

 歌星緑郎を殺したのは・・私だ。」


「父さんを・・あなたが・・?!」

「きいてくれ。賢吾くん。

 歌星は 君を・・。」

「逃がしはしませんよ。」

とレオとリブラがあらわれました。

「レオ!リブラ!」

「よくも あの方を裏切ったな!

 きさまだけは許さん!」

江本教授がまたヴァルゴになって
レオと闘い始めました。

「賢吾くん!こいつらの目的は

 12個のホロスコープススイッチを

 集めることだ。

 君たち 仮面ライダー部が

 それを阻止してくれ!」


リブラも加わって2対1.

「頼む!」

「待ってくれ!江本さん!

 江本さーーん!!」

ヴァルゴとリブラとレオは別の場所へ移動し
やられそうなヴァルゴ。

サジタリウスと闘うフォーゼとメテオ。

「メテオストームパニッシャー!」

「うっ・・うわっ・・。」

倒れるメテオ。

「流星!だったら 俺が!」

「リミットブレイク」

「はーっ!」

「うわっ!あーっ!」

フォーゼも倒れました。

「若者よ わかったかね。

 それが諸君らの力だ。

 いや 力と言えるほどのものでもないか。
 
 はっはははは・・」

「まるで相手にならなかった。」

「なんて強さだ。」

動けないふたり。

「フッ。

 結局生き残ったのは

 私でしたね。ヴァルゴ。」


「いい・・。最後にまた

 友だちが・・。」


江本教授、散る。

サジタリウスは理事長の姿にもどりました。

「江本・・。」

仮面ライダー部のみんなが
月面にタチバナさんの仮面をそなえました。

「タチバナさん・・。

 俺は メテオを続けるよ。

 あなたの遺志をついで。」


「さようなら 先生。」

「江本さん。父さんが眠るこの月で

 もう一度 友情を

 紡ぎ直してください。」

『しかし あのとき
 
 江本さんは

 何を言おうとしていたんだろうか?』


「歌星は 君の・・。」

「ダチのあんたとかわした約束だ。」

胸をドンドンとたたく弦太朗。

「タチバナさん

 俺は俺のダチを守る。

 どんなことになっても。」






江本教授=ヴァルゴが敵じゃなかったことが
わかったもののすぐ退場してしまった・・。
はやすぎる。
江本教授とヴァルゴとタチバナさんが
いっきにいなくなったわけで
M−BUSなくてもメテオは大丈夫なのか。
賢吾にいい残したことといい
メテオとかスイッチとかいろんなシステムといい
もっと教えてから去っていってよおおお!!

弦太朗と友情を交わして
賢吾にもあやまって
幸せそうな顔だったけど
まだあんなに強い
サジタリウスが残ってるんだから
どうせならもっと前から味方になってほしかった。

ヴァルゴが消えたらネビュラられて
M−BUSで眠りっぱなしの人はいったいどうなるの。

そして予告!
ユウキがジェミニーー??!!



如月弦太朗 福士蒼汰
歌星賢吾 高橋龍輝
城島ユウキ 清水富美加
風城美羽  坂田梨香子
大文字隼  冨森ジャスティン
野座間友子 志保
JK(ジェイク)土屋シオン
朔田流星   吉沢 亮
大杉忠太   田中卓志(アンガールズ)
我望光明   鶴見辰吾
歌星緑郎   風間トオル
江本州輝   山崎 一

ヴァルゴ・ゾディアーツの声  田中理恵
タチバナの声 ナレーション 檜山修之

速水公平  天野浩成
立神 咆  横山一敏

紫野ジュン  藤嵜亜莉沙



仮面ライダーフォーゼスペースガイド~そうだ、宇宙行こう! (仮)

ネット版 仮面ライダー×スーパー戦隊 スーパーヒーロー大変―犯人はダレだ?! ―【DVD】

仮面ライダーフォーゼ スペシャルイベント 天ノ川学園高等学校 春の学園祭スペシャル(仮)【DVD】

メイキング・仮面ライダーフォーゼ(仮)【DVD】










2012.07.08 Sunday 14:42 | comments(2) | trackbacks(15) | 
<< 特命戦隊ゴーバスターズ 〜Mission20 「5体結集!グレートゴーバスター!」 | main | 機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第39話「新世界の扉」 >>
ミチコ (2012/07/08 3:10 PM)
honeyさん こんにちは、友子と流星 無事に生きていてよかったですね
honey (2012/07/08 3:29 PM)
ミチコさん、こんにちは。

生きてるとは思ってましたが
どうやって助ける(戻ってくる)のかと
思ってたので意外に早くてよかったです(*^。^*)









今日の仮面ライダーフォーゼ 第42話
「射・手・君・臨」 タチバナさんの正体がヴァルゴだったという事で、メテオはダークネビュラに送られてしまったという事で。 弦太朗はヴァルゴとリブラに1人で特攻していきますが、ヴァルゴはリブラを...
| 地下室で手記 | 2012/07/08 3:02 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話
仮面ライダーフォーゼ 第42話 「射手君臨」。ジブリるなら「ネビュられたけどネビュられてなかった!」編。 続きは読みたい方だけどうぞ。
| Kyan's BLOG V | 2012/07/08 3:28 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話 感想
仮面ライダーフォーゼ 第42話 「射・手・君・臨」 仮面ライダー部を去ったユウキ達の前に現れた弦太朗何か死ぬ前にお別れ言いに来たみたいに見えた タチバナさん=ヴァルゴと知ったのにも関わらずタ...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2012/07/08 3:53 PM |
仮面ライダーフォーゼ第42話
ヴァルゴ=江本=タチバナさん!!! 前ふたつはともかく、タチバナにはビックリ。 あっちにこっちにそっちにと大忙しですね、この人。 怒る賢吾に呆然とする弦太朗。そりゃそーだ。 しかも流星はダーク...
| あくびサンの、ジャンプ&特撮を語ろう♪ | 2012/07/08 4:18 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」〜サジタリウスの矢=アポストロスが雨あられ
仮面ライダーフォーゼ 第42話 「射・手・君・臨」 ヴァルゴへの恐怖から去って行った仲間の元に弦太朗(福士蒼汰) が現れます。 美羽様(坂田梨香子)と隼(冨森ジャスティン)には「後は任せろ。お前達が元気にしていたらそれで良いんだ。」 「じゃあな」とい
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/07/08 4:23 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」
第42話「射・手・君・臨」 身バレから退場までがあっという間だったな、ヴァルゴ・・・ ライダー部を去った、先輩’s、JK、ユウキにエールを送る弦太朗。 別れの挨拶っぽくてちょっと寂しいけど、親...
| いま、お茶いれますね | 2012/07/08 7:24 PM |
仮面ライダーフォーゼ第42話
テレビ朝日|仮面ライダーフォーゼ タチバナの正体はヴァルゴだったとは。 しかし敵であるはずヴァルゴが何故? 弦太朗の断言どおり、メテオと友子は生きていた。ダークネビュラは地獄ではなく処刑から彼らを 守るためのものだった。 弦太朗は改めて絆の力でコズミ
| JAOの趣味日誌 | 2012/07/08 9:22 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」の感想
江本教授…!
| HIKO's memo | 2012/07/08 9:34 PM |
今週の仮面ライダーフォーゼ『第42話 射・手・君・臨』
ヴァルゴ回後半。理事長が圧倒的すぎる・・・
| さすがブログだ、なんともないぜ! | 2012/07/08 10:49 PM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」
| Hybrid-Hills | 2012/07/09 12:33 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」
ヴァルゴ、 あなたはバカです。
| 大海原の小さな光 | 2012/07/09 12:40 AM |
仮面ライダーフォーゼ第42話「射・手・君・臨」
今回は第42話「射・手・君・臨」。 ストーリーは仮面ライダーフォーゼ第42話「射・手・君・臨」で! 今回は話しが色々と進みましたね。 しかも、大詰めになってきている感じでした。 まずは大きな展開としてヴァルゴ=タチバナさん=江本教授が倒されてしまいまし
| OPUS MAGNUM | 2012/07/09 7:29 AM |
フォーゼ「射・手・君・臨」
 部員連が本格的にいなくなる。まるで弦太朗が最後の挨拶をして回ってるみたいだったが。  そんな中でも、やっぱりユウキがいなくなるってのはかなりの喪失態をもたらすなあ。ユウキと弦ちゃんの関係は描かれずに終わるのだろうか。  来週はなんだか不穏な様子だが。
| blog mr | 2012/07/10 7:59 AM |
仮面ライダーフォーゼ 第42話「射・手・君・臨」
今回は、ヴァルゴが悪い人でなかったことがわかるも、理事長の手にかかってあえなく撃沈してしまうというお話。 メテオをダークネピュラ送りにした直後、突如戦いに参戦してきたリブラ。が、直後にヴァルゴは退散。 速水校長、瞳の力を使って居場所を突き止めたよう
| ちょっとだけアニメ好きな人の日記(新館) | 2012/07/13 11:23 PM |
◎仮面ライダーフォーゼ第42話「射・手・君...
|メテオがダークネブラに送られてしまうが生きてると気づく。|ヴァルゴを信じて特訓を再開|ライダー部が戻ってきてゴズミックステイツ使えるようになる。|ヴァ...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/01/08 1:24 AM |