<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA MOONLIGHT PARTY 第1話

 第1話



長篠にて激突する政宗(林遣都)と幸村(武田航平)。
竜虎の、その熱き戦い。命を賭しながら、どこか嬉々と戦う二人。
その段では、政宗が一枚上手で、幸村は傷を負うが、
それでも立ち上がり、政宗に向かっていく。
まさに生涯の好敵手を得たかのような、熱き衝突。
そんな二人の戦いを武田信玄(岩永洋昭)は、
じっと見据えていた・・・。



「いよいよでございますな

 おやかたさま」


「覚悟はよいな。」

「地獄の果てまで

 お供いたしまする!

 この 三途の川の渡り賃がその証し。」


「渡るは織田の屍の上よ。」

「おやかたさま」

「幸村」

「おやかたさま」

「幸村」

「おやかたさまぁぁ」

「幸村ぁ」

「おやかたさまあぁぁぁぁぁ!!」

というのをクールに眺める佐助。

いやまさかこれも実写でやるとはww
音也と伊達さんじゃないか。

「時は戦国 群雄割拠の時代

 天下統一を狙うため

 各地でつわものたちが
 
 時の声をあげていた。

 あるものは 己の野心のため

 あるものは 気高き理想のため

 各々に己の信念を抱き

 戦乱の世をかけぬける。」


武田の殿様は尾張 長篠へ。
おやかたさまと幸村は
馬に乗っているように・・みえ・・
佐助は走る。

武田軍にせまる一群。

「Are you readey?Guys!」

「Yeah!」

「OK!派手に楽しめよ。

 天下取りのパーリィのはじまりだ!」


正宗さまと小十郎も馬に乗っているように・・・。

「小十郎 背中は預けたぜ」

「はっ。存分におかけください。」

さっそく伊達と武田のぶつかりあい。

「奥州筆頭 伊達正宗 押してまいる!」

龍と虎のCG!!

おやかたさまと筆頭の間に入る幸村!

「我こそは 真田源次郎幸村!

 いざ 尋常に勝負!」


筆頭と幸村の戦いがはじまりました。
剣の先から赤い火花や蒼い火花が散る!!

バックはオール黒。

筆頭がとべば幸村だって飛ぶ!!

筆頭が蒼い炎をだせば

幸村は赤い炎を出す!


光と光のぶつかりあい。

それをみているおやかたさま。

「わしに 上杉謙信があるごとく

 みつけたか 幸村。

 己を極みへと導くもの。」


CGの嵐

よこからとんできた攻撃で怪我を負う幸村。

邪魔にしにきたのは

第六天魔王 織田信長とその側近。

信長の眼は赤い!

邪魔がはいって
筆頭の狙いは信長にかわり
ネクストパーリィだと信長に
むかっていく筆頭。

「待たれよ。それがしとの決着がまだ!」

「男と男の決着は

 真のゴールまでとっておくもんだ!」


信長が剣を一振りすると
筆頭の兜が脱げ、倒れる筆頭。

「正宗さま!!」

なんとかおきあがる筆頭に
ふたたび剣をふりおろす信長。

「正宗さまーー!!」

それをかばったのがおやかたさま!!

「おやかたさま!!」

「幸村ぁ!

 くるでない。」


「おやかたさま・・。」

「甲斐の虎が 力なき龍を救うか。
 
 それもまた一興・・。」


「なぜ助けた?!」

「今にわかる。」

おやかたさまと信長のCG対決。

おやかたさまの攻撃は通じず

信長の剣が

おやかたさまを消し去った・・!!


ええ、文字どおり消滅しました。

「おやかたさまぁぁぁぁぁぁぁ!!」

おやかたさまを失って傷心の幸村。
自身も傷をおっていました。

筆頭と小十郎も武田屋敷にいました。
筆頭も怪我をしていて小十郎が心配しますが

「これぐらい たいしたことねえ。

 やつの 心の傷にくらべればな。」


という筆頭。

「なあ 小十朗。

 今 俺がやるべき唯一のことは

 あいつをふるいたたせることじゃねえのか。

 武田のおっさんのかたきうちのためにもよぉ。」


でもいつもの正宗様ならすぐにむかっているはず
と、信長の力に筆頭がびびったらしいことも
お見通し。

「それだけじゃねえ。

 あのとき 言ったんだ。

 武田のおっさんが。」

「なぜ助けた?」

「今にわかる。」


「武田のおっさんが俺をかばったのは

 やつのためだからだ。」


真田幸村のために。
筆頭もいつの日か幸村とやりあいたいと
思っているようで・・。

「好敵手・・ですか。」

「なのにあんなつらされてるのはたまんねえ。」

自分たちにとって信長を倒すのは通過点。
武田のおっさんの恩義に向き合うには
まず幸村にむきあうこと。

すべてはそこから。

幸村に声をかける筆頭に
大丈夫だと答える幸村。

「情けは無用と言っている!

 それがしは・・それがしは・・

 いかなるときも

 おやかたさまと共にあるときめていたのに。」


おやかたさまを守れずに生きている
自分がゆるせないという幸村は
筆頭に頬をうってくれとたのみます。
でもそれはできないという筆頭。

「言ったはずだ。

 男と男の決着は

 真のゴールまでとっておくものだと。」


自分のすべてだったおやかたさま亡きあと
どうすればいいかわからず
生ける屍同然だという幸村。

そこへとんできた佐助。

おやかたさまの軍配を
さがしてもってきてくれました。

「おやかたさま・・・
 
 おやかたさまぁぁぁぁ!!」


おやかたさまに鍛えられた日を思い出す幸村。

「見よ 幸村。

 いつでも月は照る。

 明日は来るのじゃ!!

 はーっははっはは・・!」


「おやかたさま すいません!

 おやかたさまはおっしゃいました。

 いつでも月は照る 明日は来ると。

 しかしながら おやかたさま亡きあと

 それがしには 明日はみえませぬ。

 行く道も 失い申しました。」


泣いている幸村を放り投げる筆頭。

「独眼竜 いきなりそれ?」

「もし 武田のおっさんがここにいたら

 俺と同じことをした気がするぜ。

 武田のおっさんはあんたにいろんなことを託した。

 俺にはそう思える。

 その軍配をたくしたようにな!」


「正宗どの・・。」

たちあがる幸村。
筆頭の言葉で火がつき
ふたりの殴り合いがはじまりました。
CGなし。

だまってみている小十郎と佐助。

そこに伝令がやってきてまもなく

上杉謙信とかすが登場。

かすがの衣装素晴らしい。

大事な話があってきたという謙信様。
有末麻祐子さんかー!!




背景白とか黒とかCG炸裂とか
いろいろあったけど
(アニメのBASARAをみる限り
 あれを再現しようと思ったら
 やっぱCGになるよねー。)

よく実写にしたなあと思うけど
これはこれでけっこう楽しいのではw





林遣都(伊達政宗役)、武田航平(真田幸村役)
徳山秀典(片倉小十郎役)、井澤勇貴(猿飛佐助役)
有末麻祐子(上杉謙信役)、落合恭子(かすが役)
長澤奈央(濃姫役)、樋口夢祈(明智光秀役)
椎名鯛造(森蘭丸役)、岩永洋昭(武田信玄役)
GACKT(織田信長役)


2012.07.13 Friday 11:04 | comments(4) | trackbacks(2) | 
<< 貧乏神が!第2話「これぞまさに『神と少女の戦いが今、始まるーー』って感じネ(ハート)」 | main | Betsucomi (ベツコミ) 2012年 08月号 >>
ミチコ (2012/07/13 5:06 PM)
honeyさん こんばんは、コレ見たら、見たくなりますね。こっち(BS-TBS)での放送が楽しみです。
honey (2012/07/13 6:01 PM)
ミチコさん、こんばんは。

すみません、きのうのぶん
レス抜けていました。

いろいろいわれてますが
こういうものだとわりきってみれば・・
派手で楽しいです。
ミチコ (2012/09/05 2:46 PM)
honeyさん こんにちは、録画して見ました。すごいですね〜 特に政宗様と幸村の対決シーンは凄すぎです!!実写にするとやはり CGがいりますね。次回も見ます。
honey (2012/09/12 5:29 PM)
ミチコさん、こんにちは。

たいへんもうしわけありませんでした。
これ、見落としてました。

この先も楽しいです、実写ドラマ。









手負いの虎の牙ほど鋭いわ!
「あなたに合った仕事は 他にも沢山あると思うけど」「私が二流なら丁度良いじゃない
| 虎団Jr. 虎ックバック専用機 | 2012/07/13 8:30 PM |
手負いの虎の牙ほど鋭いわ!
「あなたに合った仕事は他にも沢山あると思うけど」「私が二流なら丁度良いじゃないあなた達は補欠なんだから」主演キスマイ藤ヶ谷太輔、ヒロイン剛力彩芽昨夜から始まったマニア向...
| 虎党 団塊ジュニア の 日常 グルメ 映... | 2012/07/13 8:30 PM |