<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

息もできない夏 第2話

第2話



 アルバイト先の洋菓子店『パティスリー・シャルロット』を
飛び出した玲(武井咲)は、転倒して負傷し、救急車で
病院に搬送される。
偶然その場に居合わせた樹山(江口洋介)は、
救急隊員からの要請で搬送先の病院まで同行した。
 ほどなく、玲の母・葉子(木村佳乃)が病院に駆けつける。
が、目を覚ました玲は、顔も見たくない、と葉子に言い放つ。
あくる日、退院した玲は自宅に戻る。その夜、玲のもとに、
アルバイト仲間の純(清水一希)が訪ねてくる。
店を飛び出したまま無断欠勤した玲のことを心配してきたのだ。
純に励まされた玲は、翌日、店に出勤した。
店長の衣里(橋本麗香)は、玲から事情を聞こうとした。
しかし玲は、何も答えることができない。衣里は困惑しながらも、
明日の昼に区役所へ行って、正社員採用の手続きに
必要な書類をもらってくるよう玲に命じた。
 その夜、玲は、自分と同じように無戸籍に苦しむ人たちが
集まるサイト『ひまわり』に、戸籍を作るために
必要なものを教えてほしい、と書き込む。そこで玲は、
母子手帳や、事実関係や状況経過を記した母親の申述書などが
必要だと知る。一方、樹山は、葉子を訪ね、戸籍を作る際の制度が
以前とは変わっていることを伝える。樹山は、申請をすれば
知られたくないことは隠すことができることを葉子に告げた。
しかし葉子は、前の夫に玲の存在を知られることを恐れており・・・。



街中で倒れてしまった玲。

「救急車 よばないで」

とつぶやくのに救急車がきてしまいました。
樹山は知り合いだといって同行。
それをみている草野。

母も病院にあわててかけつけました。
目をさました玲は母に冷たい。

「お母さんは 私を守ってくれない。」

顔も見たくないから出てってという玲。

何も言えずに病室からでてきた葉子に
声をかける樹山。

今回はたいしたことなかったけど
この先、病気やけがをしたときに
このままではよくないし就職だって・・
と区役所に努めていることをいうと

「あなた方が

何をしてくれたんですか!」


ととたんに声を荒げる母。

玲は店を無断欠勤。

アパートの物件をみている夏目に
声をかける鮎川。
何もいわず万札をわたし
もう私の前にあらわれるなという夏目。

直人と亜沙美は帰宅。
帽子をとどけるといっていた樹山は
急用ができたとメールしていました。

区役所では玲が小学校と中学校に
はいったときの資料をみていますが
当時は身動きできなかったらしい。

病院で、仕事のことが気になる玲。
もうすぐ正社員にもなれて
留学のチャンスもあったのに・・・。

退院のときは妹もきてくれました。
貧血だから大丈夫と笑ってみせる玲。

入院費を自費で払う母。当然。

自費だと10万9532円・・・。

母につめたい玲をみて妹は不審に思うけど
玲はかるくごまかしました。
家に帰って戸籍について調べようと
していると、同僚の純が心配してたずねてきました。
明日店にくるようにといってわかれます。
朝おきると母がお弁当を用意してくれていて
でも冷めた目でみる玲。

お店にいくと、さつきから無断欠勤したことを
せめられそこをとめる衣里。
事情をきかれ、怪我をしてしまって・・
とあやまりますが「それでも電話くらいできるでしょ」
と注意され、書類も早く出すように言われ
「ちゃんとしなさい」と怒られても
あやまるしかできない・・。

夏目がまたお店にやってきました。
店にでていても元気のない玲。
包帯をみつけ心配する夏目は
この間のアップルパイをおいしかったとほめ
今日もアップルパイを買ってくれました。

葉子を待っていた樹山。

戸籍をつくる際の制度が以前とはかわっていて
申請すれば知られたくないことは知られないと
おしえにきてくれました。

戸籍のない人の集まる掲示板に
書き込みをする玲。
戸籍をつくるのに必要なものは何か
おしえてもらいたいと
ハンドルネームはアップルパイで投稿。

さっそく返信がはいっていました。
母子手帳、出生証明書
学校の卒業証明書や子供のころの写真や
お母さんの申述書があればいいと
おしえてもらいました。

母は掃除中にその必要なものをかいたメモを発見。

玲は仕事中に区役所へいくように言われますが
外に出たもののそのままいつものベンチへ。

母は前の夫に玲の存在を知られたくないという
事情がある様子。
このままでいいとは思っていないようですが
戸籍にいれると存在は知られてしまうけど
居場所はしられることはないと
おしえてくれる樹山。

玲は仕事場に戻りました。
無断欠勤の理由をなぜ言わないか
またさつきに責められました。

「仕事なめてんの」

とまで言われ・・。
衣里からは書類のことをきかれ
また理由が話せず。

「社員になりたくないってこと?」

「もういい。そんなんだったら

 やめてもらってもかまわないから。」

いいかげんな若い子と同じと思われてしまい

「なんとかします。」

と頭をさげて出ていく玲。

母が玲の卒業証書を広げていると
玲がかえってくると母子手帳を探し出しました。

「お母さんがなんとかしてくれないなら
 
 私ひとりでなんとかする!」


ひきだしをひっくりかえしていたら
傷あとのうつった写真を発見。

「これ以上隠さないでよ!

 ちゃんと話してよ!!」


18歳で結婚して駆け落ち同然で
北海道からでてきて
夫のDVにあったらしく
シェルターに逃げたあとに
お父さんと知り合って玲が生まれ
離婚届を出したといわれていたのに
出されていなくて、ずっと追われて
隠さなきゃいけなかったと
呼吸も苦しそうに話す母。

「お母さん 変わるから。

玲戸籍 つくろう。

戸籍 ちゃんと つくろうね。



と抱き合う母娘。

職場に戻った玲は
きちんとあやまりました。

「ご迷惑をお掛けしてすいませんでした。

 これ以上 ご迷惑をお掛けすることはできないので。

 お店 辞めさせてください。

 せっかく社員に推薦してくださったのに

 応えられなくて本当に すいません。

 本当に お世話になりました。

 店長にも 皆さんにも。

 ここでは たくさんのことを教えていただいて。

 バイトの私にこんな大きなチャンスを頂いて。

 それなのに。

 本当に ごめんなさい。」

「どうしてなの?」

「私には社員になる資格がないんです。」

「資格?」

「出せる書類がないんです。

 私は。

 私には戸籍がないんです。

 色々な事情があって戸籍がないんです。

 私は存在しない人間なんです。

 パスポートも取れません。

 だからパリにも行けません。

 それに社員になる手続きもできません。

 だけど 時間はかかるけど

 戸籍をつくるために

母と一緒に頑張っていきます。

 私は私なんだって

そう思って頑張っていきます。

 本当に。

 すいませんでした。」


でも店長はいい人でした。

「どうして黙ってたのよ。

 そういう事情があるなら

 はやくいいなさいよ!」


ぎりぎりまで待ってあげると
店をやめる必要ないといってくれる店長。

樹山にあい、戸籍をつくるのを
母とがんばると伝えお礼をいう玲。
樹山も笑顔。
アップルパイを渡そうとしても
やっぱり規則ですからといい
お金を払うという樹山。

「規則ですから。」

「じゃあ 1800円」

卒業証書をそろえていると
母子手帳をわたしてくれる母。

ここの区なら小学校に入れると
ひっこしてきたけど、お父さんがなくなり
ひとりで玲を守ることができないと思い
この問題に正面からむきあうことが
できなかったとあやまる母。

「あなたが小学校に

入るころまでには 何とかしようって。

 ここの区だったらね学校に通えるって

 分かって引っ越してきたの。

 だけどお父さんが亡くなって

 私1人で あなたを守りきれる自信がなかった。

 玲を守らなくちゃいけないのに

 親として当たり前の責任を

果たすことができなくて

 何が 本当に あなたのためなのか

 正面から向き合おうとしなかった。

 幸せになってほしいって。

 心から愛してるのに。

 こんなにつらい目に遭わせて

 苦しめて親として失格ね。」


母子手帳にはちゃんと育児記録も
書いてあり、「それでも親なの?」と
ひどい言葉を投げつけたことを
あやまる玲。

「ごめんね。ありがとう。」

戸籍の掲示板で情報をくれたウィスキーボンボンさんに
お礼をかきこむ玲。

ウィスキーボンボンて草野か。

アップルパイをもって樹山は帰宅。
区役所で担当してる子から
もらったと説明すると
亜沙美、なんか疑ってる?

お店にまたまたやってきた夏目。
またまたアップルパイをかってくれました。
最近こちらにひっこしてきたといい
そのアップルパイを妻の遺影に備えます。

「母さん。

 孫がつくったアップルパイだ。」


玲と約束して区役所にむかうバスの中から
鮎川の姿を目撃した葉子。
暴力をうけたときの記憶がフラッシュバックして
とたんに動揺。

区役所に行く途中
父方の祖母に出会い
区役所にいくという玲。

今までほうっておいたことを
よく思っていないらしい。

「今まで放っておくなんてね。

 いろんな手段や方法もあったのに

 いったいどうするつもりなんだろうって

 ずっと思ってたのよ。」


でも母といっしょにいくのだと玲がいうと

「ずっと逃げてきたのよ

あの人は 18年も。

 逃げ癖って 一生 直らないのよね。」


という祖母。

祖母に大丈夫といって区役所にいきますが
待ち合わせの時間になっても
母はこない・・。

区役所の職員も待っています。

玲は母に電話。
その様子を樹山が後ろかみていました。

バスにそのまま置き忘れられた携帯電話。

母はどこへ・・?!



さすがまだ2話目だけあって
あっさり解決しなかった。

戸籍なしでこの先どうもできないんだから
作るしかないし母もようやく決断してくれたのに
DVの恐怖は18年たっても
いまだに昨日のことのように
思い出すようなものなのですね。
警察もたよりにならないような話もきくし
母は娘のことよりも恐怖が先にたって
逃げてしまった・・。
逃げ癖っていうか
やっぱりそれだけひどいことなんでしょう
夫の暴力って・・。

あのおじいちゃん、なんとかしてよ!
孫からアップルパイ買って
心温めてる場合じゃないよ!!

あの職場の店長や区役所の人が
いい人なのだけが救われる。





谷崎玲    武井咲
樹山龍一郎 江口洋介
谷崎葉子   木村佳乃
草野広太    中村蒼
鮎川宏基    要潤
谷崎香緒里   浅田美代子
谷崎麻央    小芝風花
夏目周作    北大路欣也
亜沙美     霧島れい




2012.07.17 Tuesday 22:09 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 薄桜鬼 黎明録 第2話「導かれし運命(さだめ)」 | main | GTO 第3話「過激な恋の罠!鬼塚が真実愛を絶叫!」 >>









息もできない夏 #02
『今夜衝撃の告白!母の壮絶な秘密が今私を襲う』
| ぐ〜たらにっき | 2012/07/17 10:40 PM |
息もできない夏 第2話:今夜衝撃の告白!母の壮絶な秘密が今私を襲う
母はいずこ??? (▼▼ )( ▼▼)どこだ バスの座席に携帯を忘れてしまうほど、あわててたって事? んで、まさかこのまま自分だけ逃げようってーんじゃないでしょうねぇ。 それだけ以前に宏基から受けたDVの衝撃が恐怖としてしみついてるんだろうけど、 娘達を置き
| あるがまま・・・ | 2012/07/17 11:07 PM |
ドラマ「息もできない夏」 第2話 あらす...
戸籍を作る----------。1話目は、戸籍がないまま18歳まで知らないとかありえないという現実派の意見の方も多かったし、この問題を扱う意欲にも興味を持った方も多かったかと。今回も1時...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/07/18 12:28 AM |
ドラマ「息もできない夏」 第2話 あらすじ感想「今夜衝撃の告白!母の壮絶な秘密が今私を襲う」
戸籍を作る----------。 1話目は、戸籍がないまま18歳まで知らないとかありえないという現実派の意見の方も多かったし、 この問題を扱う意欲にも興味を持った方も多かったかと。 今回も1時間があっという間だった。 色々伏線を貼っていたのも結構ネタバレは
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/07/18 12:28 AM |
【息もできない夏】第2話
私には社員になる資格がないんです。 出せる書類がないんです。 私は。 私には戸籍がないんです。 私は存在しない人間なんです。 パスポートも取れません。だからパリにも行けません。 それに社員...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/07/18 1:18 AM |
息もできない夏 第2話の感想
フジテレビ系で放送された「息もできない夏」第2話の感想などこの第2話でかなりナゾが解明されましたね。谷崎玲(武井咲さん)の母・葉子(木村佳乃さん)の前夫は、DVなダンナで葉子に暴行を繰り返していたようです。そんな夫の子を妊娠し、彼から逃げて密かに玲(武井
| オタクと呼ばないで | 2012/07/18 6:40 AM |