<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日 第4話

[ テレビ ]
第4話



ある日、蝶子(仲間由紀恵)の娘・葵(志田未来)は、
密かに思い続けてきたファミレス店員の良太
(戸塚祥太)を友人にけしかけられて映画に誘い、
快くOKをもらう。家に帰ってきた葵は、いつもとは違って
家事を手伝ったりとんぼ(君野夢真)に優しくしたり、
ニコニコと上機嫌。そんな葵を見て蝶子は
「怪しい…これは恋だ!」と気付く。そして、
どんな相手なのか心配でたまらない蝶子は、
葵の初デートに潜入捜査を開始する!




簡単感想

今日は事件はなしで葵の恋バナを通して
家族の絆が強まったお話。

父にはうそをついて
好きな男の子とのデートにいった葵。
蝶子が心配でついていったけど
さわやかな好青年で文句のつけようなし。

でもデートの途中に父ととんぼにばったり出会い
ただでさえ娘の彼氏というのは男親には
許せないものなのに嘘もついてでかけてたから
いきなり彼氏相手に怒りだし
帰宅した葵と大ゲンカ。
その場の勢いで蝶子さんのことも
悪く言ってしまった葵を父がビンタしてしまって・・。

「お前… あれだぞ。

 もし… もしおかあさんが生きてたらな

 こんなんじゃ済まないぞ!

 もっとめちゃくちゃ怒られてたぞ!」

「そんなわけないじゃん。」

「何で?」

「当たり前でしょ?私は とんぼとは違うんだから。

 蝶子さんのホントの子じゃないもん。」

「葵…。」

「蝶子さんは私のことなんて心配するはずない!」

「お前 そんなふうに思ってたのか?

 かあさん あんなに一生懸命

 お前…愛情持って育ててくれてたのに

 お前 そんなふうに思ってたのか!?」


思わず家を飛び出した葵。
そして反省して落ち込む父は
蝶子の言葉をとんぼ経由で伝え励まし。

「お父さんはダメなお父さんなんかじゃないよ。

 だって お母さんがいつも言ってるよ。

 『さすが 航平さんホントに いいおとうさん』って。」


葵は淳也にばったりあって
父とケンカしたことを話しました。

「死んだ蝶子さんのことも心にもないこと言っちゃって。」

「おとうさんだって…。おとうさんだってきっと分かってるよ。

 ケンカの勢いで言っちゃったことぐらい。」

「何だ 意外といいこと言うじゃない。」

「ウチの母ちゃんもさ毎回 口うるさくてさ

 マジ勘弁って思うけど

 あれはあれで

俺のこと心配してくれてんだなって。」

「そうだよ。

 自分の子供

心配しない親なんていないんだよ。」

父は葵とデートしてた相手に平謝り。

「昨日は…あんな ひどいこと言ってしまって

 父親の愚かさで ついカッとなってしまって

  ホントに申し訳ない!」

「実は 昨夜 娘のことをひどく叱ってしまって

 何て言って謝ったらいいのかなって

 あれこれ考えてたんですけど

 でも まずはあなたに謝らなきゃと思って。」

「あの 父親は こんななんですけどね

 葵は ホントにホントに いい子なんです!

 母親 亡くして寂しい思いしてるのに

 いつも 私や弟の前で明るくしてくれて。

 それなのに私はねもう あいつにね

  何も…何にも 楽しい思いを

させてやれてなくてね ホント…。

 ホントはね 映画なんて

もう何十本 見せてやっても

 足りないぐらいなんですよ。

 だから…どうか

もう一度葵とデートしてやってください!

 お願いします!」


「お父さんどうして お辞儀してるの?」

「どうしてだろうね。」

「おとうさんはね 

おねえちゃんのことが

 とってもとっても

大事なんだって伝えてるんだよ。」

葵も嘘をついたことと
蝶子のことでひどいことをいったことを
あやまりました。

「私 ずっと後悔してるんだ。」

「え?」

「『お母さん』って呼ばなかったこと。」

「葵…。」

「最初は 何か意地になってたんだ。

 でも とんぼが生まれて私 すっごく 嬉しくて。

 ホントは とんぼが「お母さん」って

 しゃべれるようになった時に

 私も言おうって思ってたんだけど

何か 照れくさくて。

 ちゃんと言えばよかった。

 もう遅いけどね。」


「葵。

 もう遅いなんてことはないんじゃないかな。

 とうさんないつも こう思ってるんだ。

 かあさんは きっと俺達のことを

 そばで見守ってくれてるって。

 だから今からでも

言えばいいんじゃないのかな?」


ほんとにそばにいる蝶子。

「ホントに そばにいんのかなぁ?」

「うん いるよ。

 ここにいる。」

みえていないけどみえているような
母娘の会話・・。

「ごめんね。

 何にも 親孝行できなくて。

 私を本当の娘みたいに育ててくれて…。

 ありがとう。

 お母さん。」


「ごめんね 葵。

 進路や受験やそれに… 恋も。

 おかあさんに相談したいことが

 いっぱいある時に そばにいてやれなくて。

 葵は おかあさんの最高の娘だよ。」



前回まで「志田未来ちゃんの無駄遣い」
と言われていたけどw今回は葵メインで
母と娘の絆をしっかりとみせてくれました。
生きているときは素直に言えなかった「お母さん」
という言葉。
蝶子にはちゃんときこえているけれど
とんほ以外には見えないのが本当に残念。
生きている間に母と娘、もっと仲良くなってて
ほしかったなあ。

淳也の気持ちはさっぱり気付かれてないけど
そのうち届くといいね。



上原蝶子 仲間由紀恵
上原航平 沢村一樹
上原 葵   志田未来
上原とんぼ  君野夢真(子役)
タケル     賀来賢人
長谷川淳也  真田佑馬(ジャニーズJr.)
小林元二郎  山本涼介
高橋陽樹   中島広稀
吉永美波   芹那
鶴田健一   森山英治
高倉 太塚地武雅(ドランクドラゴン)
三船義光  生瀬勝久


2012.07.28 Saturday 22:24 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< 月刊 flowers (フラワーズ) 2012年 09月号 | main | 特命戦隊ゴーバスターズ   〜Mission23 「意志を継ぐ者」 >>









【ゴーストママ捜査線〜僕とママの不思議な100日】第4話
もう遅いなんてことはないんじゃないかな。 父さんな、いつもこう思ってるんだ。 母さんは、きっと俺達のことをそばで見守ってくれてるって。 だから今からでも言えばいいんじゃないのかな? 「ゴー...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/07/29 12:47 AM |
ゴーストママ捜査線 僕とママの不思議な100日 第4話:恋の季節!!娘のデートに潜入捜査開始!
仲直り〜♪゚.+:。(´ω`*)゚.+:。ホッ 娘のデートの現場を目撃してしまい、思わず声を荒げてしまったお父さん。 父親として、娘の事が心配なのはわかるけど、あれはちょっとやり過ぎでしたよねー 葵は葵で、ウソを付いて出掛けたのも悪いけど・・・やっぱ年頃の、ま
| あるがまま・・・ | 2012/07/29 5:01 PM |