<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビューティフルレイン 第7話

第7話



 木下圭介(豊川悦司)の義父母、上原一夫(浜田晃)と
愛子(岩本多代)が沼津から上京してくることになった。
美雨(芦田愛菜)は、一緒にママのお墓参りや
遊園地に行く、と大はしゃぎだ。圭介は、義父母たちに
病気のことをどう伝えればいいか悩んでいた。
相談を受けた中村産業社長の富美夫(蟹江敬三)と
妻の千恵子(丘みつ子)は、まだ言わなくてもいいのでは
ないか、と助言する。
圭介親子のことを心配している先輩工員の宗田清
(でんでん)も同じ意見だった。それに対して富美夫の娘
・アカネ(中谷美紀)は、病状を正確に伝えて、
今後のこともきちんと話し合っておいた方がいい、
と主張する。さらにアカネは、何かが起きてからでは
遅いのだから美雨と別居するなら早い方が良い、
と付け加えた。するとそこに、勝田秋生(三浦翔平)が
血相を変えて飛び込んでくる。秋生が
やりかけのままにしておいた仕事の材料が
破棄されていたのだ。捨ててしまったのは圭介だった。
作業の途中で納品に出掛けなければならなかった秋生は、
戻ったら作業を再開するのでこのままにしておいてほしい、
と圭介に頼んでいた。秋生から責められる
圭介の姿を見かねた富美夫は、秋生を母屋に連れていき、
圭介の病気のことを打ち明けた。あくる日、圭介と美雨は、
一夫たちと出掛ける。同じころ、富美夫、宗田、秋生の3人は、
圭介の主治医・古賀豊(安田顕)を訪ね…。




簡単感想


夏休みは孫といっしょに浅草にいこう!
というPVのようでした。
(祖父母世代がこのドラマをみているかどうか
 謎ですが。)

本当にいいおじいちゃんとおばあちゃん。
たぶん、娘が孫を産んですぐに亡くなったときに
美雨をひきとるといったはずだし
そのときに圭介が妻との約束だからと
自分が育てるといいはったのだと思うけど
ちゃんとその意志を尊重してくれて
娘の墓前で、圭介さんのおかげで美雨ちゃんが
こんなにいい子に育って・・と報告してくれるくらい
温かくみまもってくれていて。

そのままいい話ですまして孫と楽しい遊園地、
孫と一泊お泊り、ですませてもいいのに
また美雨、というか愛菜ちゃんを泣かす〜。

一泊だけ祖父母宅にお泊りするのは
いずれ美雨を祖父母宅に預けるための
練習だから、とよけいな発言をきいた美雨が
父ちゃんとずっといっしょに暮らしたい!
と涙の抗議。

ほんとに圭介も祖父母も一泊だけの
つもりだったのにこれは祖父母がっかりするわ・・。

どんなにいっしょにいたくても
病気が病気だから、
死ぬまでいっしょにいるのは無理で
(圭介も祖父母宅にいってそこで介護されるなら
 いけるかもですが)
いずれは美雨は誰かほかの保護者、この場合
健在な祖父母のもとへいくことになるだろうし
祖父母がいったんは圭介の気持ちをくんで
帰ったものの、ひきとりたいといいだすのは
自然な流れ。

いくら美雨がずっといっしょにと望んでも
圭介がひどい状態になってから
預けるのでは・・。
ドラマとしてはそれでも「ずっといっしょ」に
いそうですけどどうなることやら。

今回、病気のことをきいた秋生・・
隠し事はできないタイプだから
美雨にうっかりなおらないとか
言わなきゃいいけど
自分のことのように泣いてくれて
ほんといいやつ・・。
あの職場の人みんないい人。








2012.08.16 Thursday 08:22 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< トッカン特別国税徴収官 第5話 | main | リッチマン、プアウーマン 第6話 >>