<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

戦国BASARA MOONLIGHT PARTY 第4話「aqua luna」

第4話「aqua luna」



武田信玄(岩永洋昭)の虎の巻に書き記された試練を
乗り切った、伊達政宗(林遣都)と真田幸村(武田航平)の
もとに、再び天狐仮面が現れ、二つ目の試練を告げるのだが、
片倉小十郎(徳山秀典)は政宗に、魔王討伐と
天下獲りの為に出立を勧める。その時、
屋敷に織田信長(GACKT)の腹心、
明智光秀(樋口夢祈)が現れ政宗を襲う。
それぞれの想いが交錯し、行き着く先は?



本能寺では濃姫がやりそこなった
独眼竜をやるという
あいかわらず危ない光秀。

その筆頭たちのところには
またまた天狐仮面w

「裏の書?

 それはいったいなんでござるか?」


「武田漢祭 虎の巻は表裏一体

 つまり ふたつでひと〜つ!!

 この裏の書の試練を乗り越えられない限り

 真の漢とは 認められないのだ!」



「そんなのきいてねえ」と言う筆頭をよそに
裏の書もやる気満々の幸村。

「それじゃあ いきますよ。

 武田漢祭 虎の巻 裏の書」


「そうじすること 水月のごとし」

「炊事の次は掃除かよ。」

水月とは兵法にある陣型のひとつで
水面にうつった月のごとく
敵方と同じ陣形で対峙すること。

「それとこれと どういう関係があるんだ?」

「さあ そこまでは。」

小十郎〜〜w

佐助のいうことをきいてもよくわからない。
すると幸村がひらめいた。

「つまり おやかたさまは

 水面にうつる水月のごとく

 この道場を はき清めよと

 おっしゃっているのでござる。

 住まいの乱れは心の乱れ。

 ご不浄が汚れていると

 運気の流れが悪くなるというように

 道場が汚れていると

 我らの武運も また さがるということ!

 さあ 正宗殿

 それがしといっしょに この道場を

 いや 漢を磨きましょうさあああああ!!」


と雑巾を手にはりきる幸村。

「この俺が雑巾がけを・・!」

幸村、全力で雑巾がけ。

「お〜〜りゃ〜〜〜〜!!

 みててください おやかたさま!
 
 この真田幸村 

 武田道場をピカピカに

 みがきあげまするぞ〜〜〜

 おやかたさまぁぁぁぁ!!」

でも雑巾がけにつき合う気はないと
でていってしまう筆頭。

とらわれのおやかたさま。

「片割れ月

 そこのは見えざるものがうつっている。

 その存在に気付いた時

 お前は一人前の武将となることができよう。」


道場の床はピッカピカ!!

「どうだ?天狐仮面どの。

 すみからすみまで

 ずずいと拭き清めたでござるよ。

 これでおやかたさまも

 それがしを 一人前のおとこと

 認めてくれるでござろう〜〜!!」


だけど巻き物には変化なし。

「まだまだ修業が足りぬということでござろう。」

また雑巾がけをはじめる幸村。

「はいはい。がんばってね〜。」

筆頭のほうは考え事。

「昼寝には いい天気でございますな。」

「いやみなやつだなあ。

 言いたいことはわかってる。

 『こんなところでくすぶっているのは
 
  正宗さまらしくありません。

  魔王を打倒し

  天下を手にいれましょうぞ』

 だろ?」

「ならば 出立いたしましょう。

 兵たちも力を持て余し

 正宗さまの声がかかるのを

 今か今かと 待ちわびております。」

「それは無理だ。」

「何ゆえです?」

「再び魔王と あいまみえたとしても

 俺にまだ 勝てるだけの確証はねえんだ。」

「御冗談がすぎますぞ。

 本当は 気になるのでございましょう?

 この武田漢祭を通じて

 真田幸村が 一皮むけるのではないかと。

 正宗さまは その成長を見届けたいが故

 この 武田領に とどまっておいでなのだ。」


「かなわねえなあ。

 たしかに あいつは 

 俺が認めた 唯一のライバルだ。

 あいつが強くなれば

 俺は もっと高く飛べるようになる。」


「しかし 雑巾がけで

 魔王が倒せましょうか。」


「さあな。

 だが あいつはいずれ

 答えをみつけだす。

 俺はそう信じてる。」


伊達の兵隊が武田の屋敷の見張りを
することに不満をもちつつも
みまわりの交代にいくと
みまわりの兵士が死んでいて
伊達の兵士もやられてしまいました。

悲鳴をきいてやってきた筆頭と小十郎の前に
姿をみせる光秀。

光秀に名乗りをさせない筆頭。
そして筆頭を前に楽しそうな光秀。

「おやおや。怒り心頭なご様子ですね。

 仲間を殺されたのがそんなに不満でしたか。

 これは座興にしかすぎません。

 本当の宴はこれからです。」



筆頭と剣をかわす光秀。

「正宗さまの一撃をとめた?!」

「独眼竜 噂ほどではありませんね。」

筆頭の顔に傷が・・・。
それをみて加勢しようとする
小十郎に手を出すなと叫ぶ筆頭。

「ふふふ さあ 

もっと楽しませてください。

 もっと 血の宴を!

 ふふふふ・・」


「調子にのるんじゃねえ!!」

CG炸裂で光秀の顔にも傷が。

「これが私の血の色・・。」

そこへ佐助も登場。

「信長の家来が

 こんなところで何やってんの。」


熱い人もきた!

「正宗どの〜〜〜〜!!」

「もったいぶっているうちに

 ごちそうをたべそこねてしまったようです。

 残念です。」

「信玄公の命は

 この明智光秀の手のうちにあります。

 早く助けにこないと

 どうなるかわかりませんよ。

 フフフフフ・・・・」


煙幕をはって姿を消す光秀。

佐助がおっていきました。

遅れてきた幸村に

「てめえ 何をやっていた?」

と怒りをみせる小十郎。

「それがしは 武田漢祭の続きを・・。」

「一度とならず二度までも

 魔王の手の侵入を許すとは

 武田の兵は一体何をやってんだ!」


「よさねえか!小十郎!」

「しかし・・!」

「もとをただせば 

 魔王をのさばらせちまった 俺の責任だ。

 このけりは必ずつける。」


光秀を見失う佐助。
しかし罠?あの煙は毒の霧だったようで
足元がふらつき立てなくなってしまいました。

そこにあらわれたかすが。

「解毒剤だ。飲め。」

動けない佐助に薬を飲ませてくれるかすが。

「俺はもうだめだ。」

とキスをせまろうとして
あっさりやられる佐助・・。

かすがは謙信様の命令で
織田の動きをおっていたらしい。

魔王は村をおそい女子どもかまわず
襲っているそうで、このままでは
甲斐や越後、奥州も魔王に蹂躙される。

「独眼竜どもに伝えておけ。

 私たちに残された時間

 けして長くはないと。」


魔王の勢いをとめるためには
連携がかかせないということなので
正宗によろしく言っておいてくれという
佐助に待ったをかける小十郎。

「正宗様は 真田幸村を

 好敵手と認めてらっしゃるが

 俺にはどうも 

 力不足に思えてしかたない。」


「もう一度 きいてもいいかなあ?

 なんで力不足?」


「武田漢祭などという 茶番に

 夢中になっていることが何よりの証拠。

 やつは 信玄公の後ろをついて歩くだけの

 雛にすぎん。」


「言ってくれるねえ。

 だったらこっちも言わせてもらうぜ。

 魔王の手先にかる〜く

 あしらわれちゃってる独眼竜。

 とても 真田の旦那と

 つりあいがとれる器とは思えないけどねえ。」


「何?そこまで信じられんというのか。」

「たしかめてみたい?

 互いのあるじの力量ってやつをさ。

 待てよ?

 そういうこと。」


「なんだ?」

「虎の巻のさ

 そうじすること水月のごとしってやつさ

 あの掃除は雑巾がけのそうじなんじゃなくって

 にかよってることの相似なんじゃないかって

 気がしてさ。」


剣を抜いてみる小十郎。

「水面にうつった月・・か。

 お前がいうことが正しいとすれば

 この武田祭

 試されているのは

 我々かもしれん。」


天狐仮面と天狗仮面が
ふたりして筆頭と幸村のもとに。

「真田幸村

 この俺と さしで勝負してもらう。」


戦う理由がないという幸村に
こちらにはあるという天狗仮面。

そして天狐仮面は筆頭と。

「せっかくのパーリィだ。

 楽しませてくれよ。」


「持てるだけのおもてなしを

 しようじゃねえの。」

 

「奥州筆頭 伊達正宗

 おしてまいる!!」


「真田源次郎幸村

 全力でお相手つかまつる!!」







漢祭がまだ続いた!
料理対決にはのったくせに
雑巾がけにはのらないのか、筆頭。

雑巾がけとかしてる場合じゃないよ〜幸村!
はやくおやかたさまを救いにいかなきゃ!
ってまだ4話目でした。
まだ魔王と戦うまでの力は・・
ないか、ふたりとも。


 


林遣都(伊達政宗役)、武田航平(真田幸村役)
徳山秀典(片倉小十郎役)、井澤勇貴(猿飛佐助役)
有末麻祐子(上杉謙信役)、落合恭子(かすが役)
長澤奈央(濃姫役)、樋口夢祈(明智光秀役)
椎名鯛造(森蘭丸役)、岩永洋昭(武田信玄役)
GACKT(織田信長役)


2012.08.17 Friday 11:21 | comments(2) | trackbacks(2) | 
<< 貧乏神が!第5話「どっちが貧乳なのかな〜?ん?ん!?ん!!?」 | main | ダイヤのA 32巻 >>
ミチコ (2012/09/26 12:12 PM)
honeyさん こんにちは、政宗様と光秀の対決 すごいことになりましたね。

先週はドラマが終わってしまいましたがそれにしても信長役をしているGACKTさんですが喋り方がゲームと同じ喋り方ですね。
honey (2012/09/26 10:16 PM)
ミチコさん、こんばんは。

光秀のあやしさはアニメ以上です。
信長のしゃべりかたもほんとあのまんまですね〜。









ドラマ「戦国BASARA-MoonlightParty-」 第4話 あ...
織田軍・明智光秀の野望-----------!?ってことで、今回のメインは光秀と政宗の戦闘シーン♪久しぶりの放送すぎて、またも過去話を忘れそうな勢い(^^;)でも、その間に公式サイト...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/08/17 4:10 PM |
ドラマ「戦国BASARA-Moonlight Party-」 第4話 あらすじ感想「aqua luna」
織田軍・明智光秀の野望-----------!? ってことで、今回のメインは光秀と政宗の戦闘シーン♪ 久しぶりの放送すぎて、またも過去話を忘れそうな勢い(^^;) でも、その間に公式サイトはリニューアルしてBASARAらしくなってたね。 ようやく演出もし
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/08/17 4:10 PM |