<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

家庭教師ヒットマンREBORN! 40巻

家庭教師ヒットマンREBORN! 40巻

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


虹の代理戦争が
共通の敵 ヴィンディチェと
戦う流れに。
いずれにしても人気キャラ総出演。

そしてアルコバレーノの謎が
40巻目にしてあかされました。
チェッカーフェイスの存在が
・・すごい設定だ・・。




標的382 復讐者の力

 石のおしゃぶりをつけているヴィンディチェ。
 バミューダこそアルコバレーノの中のアルコバレーノ
 だそうで、リボーンたちを抹殺する気満々。

 山本 千種 犬がやられ
 骸がフランをあてにできない状態で
 一人で戦おうとしますが通用せず。

 フランの幻術が加わると喰骸鴉の攻撃力は
 倍加するそうですがフランは寝たまま。
 そこへやってきたのがクローム。
 リボーンの代理人ですが立つのも
 つらそうなふらふら具合・・。


標的383  決意の炎

 クロームの内臓がないのは
 骸が見捨てたわけではなく
 クロームが骸の幻術を受け入れないから。

 骸が肉体を取り戻し
 クロームにとって運命共同体ではなくなり
 自分の一部ではなくなった今、自分を一人の
 人間としてみてほしいという気持ちが芽生え
 骸の内臓を拒絶。しかしその一方でいつまでも
 共存したい気持ちもあって身動きとれず
 衰弱していたようで・・。

 クロームの願い・・骸と骸の仲間たちも好き、
 それをずっと守れる場所にいたいと
 思うことで戦士として覚醒。
 骸の心を癒す光で骸との合体技は
 さらに大きな力へ。
 
 クロームは骸様大好きだもん。


標的384  戦いを見る者

 クロームと骸の攻撃は威力十分。
 ですがヴィンディチェが興味を抱いたのは
 骸ではなくリボーン。
 
 リボーンの一言がクロームを成長させ
 ツナも成長させたのもリボーン。

 もとにもどるのが目的で代理戦争に参加したのではなく
 ツナをまだまだ鍛えるため。
 
 死ぬ気の勝負で負けたら承知しねーぞといわて
 ツナの目つきがかわり
 ますますリボーンに興味を持つ
 ヴィンディチェの赤ん坊。

 自分が戻ることとかそういうのより
 まずツナ、なのか。

標的385 勧誘

 ツナの本気モードでヴィンディチェを倒すと
 バミューダ・フォン・ヴェッケンシュタインが
 姿をあらわしリボーンに仲間になれと勧誘。
 即断るリボーンに事実を知ったら断れなくなる
 とワープホールにひきずりこむのを
 ツナまでついていきました。

 リボーンは興味があるからわざと
 とばされたそうで、ここでは
 アルコバレーノの謎があかされるらしい。
 もうそろそろおしえてくれてもいいよね。

標的386 運命の日と代理戦争

 アルコバレーノの謎があかされました。

 アルコバレーノのはチェッカーフェイスが
 おしゃぶりを守るために創り出した人柱。

 アルコバレーノに選ばれるのはその時代の
 最強の7人で、体がおとろえてきたら
 世代交代をはかるため
 運命の日と虹の代理戦争を交互に
 繰り返してきたのだそうで
 おしゃぶりをはずされたアルコバレーノの
 ほとんどは死に生き残ったものが
 ヴィンデチェに。

 呪いはとけずにヴィンディチェのように
 ボロボロの姿になるだけ。
 リボーンは見当がついていたらしい。
 ヴィンディチェがチェッカーフェイスを
 捕えられる瞬間が虹の代理戦争の優勝者が
 決まった直後の数十秒にチェッカーフェイスを
 倒すのに協力を持ちかけられました。

 そもそもおしゃぶりとは何か
 ずっと昔からいるチェッカーフェイスって
 何者なのかってことになってきますが
 アルコバレーノからおしゃぶりがはずれたら
 あの姿なんて・・そんな。


標的387 リボーンの疑問

 バミューダがリボーンを認めたのは
 綱の成長著しいからその指導力を
 かっているらしい。

 バミューダはチェッカーフェイスにおしゃぶりの
 力をはく奪される前に抵抗し、炎はとられたけど
 側だけのこりそこに第8の属性の炎
 夜の炎をともしているらしい。

 トゥリニセッテを管理しているのも
 チェッカーフェイス。
 リングが生まれる前から
 ボンゴレとマーレリングが将来マフィアのボスに
 なるものたちに預けられると予言によってしっており
 その人物がボンゴレとジッジョネロファミリーの先祖
 ジョットとユニの先祖のセピラという巫女を創ったとのこと。
 (創ったとあっさり言いますがどうやって・・・)
 ヴィンディチェをトゥリニセッテを監視するのに
 最も近いと思われるマフィアに関する機関とし
 チェッカーフェイスのしっぽをつかもうとしていたらしい。

 でもチェッカーフェイスを倒したら
 アルコバレーノは消滅。
 
 自分だけならいいけどユニやラルたちも巻き込むなら
 問題ありとリボーンはいい、リボーンたちが犠牲になる
 復讐なんかまちがってると綱も反対。
 他の道をさがすというふたりと交渉決裂。

 さっそくここから帰るために戦う羽目に・・。

 世界の秩序を守るというのが
 いまさらですが設定大きすぎて。


標的388 窮地

 ツナとイェーガーの戦いをとめ
 もう一度考えるチャンスを与えるバミューダ。
 
 リボーンはアルコバレーノのために 
 死ななくていいと言ってくれますが・・。

 リボーンは他のアルコバレーノにも
 事情を話すことに。

 そして迷うツナ。
 優勝しても負けてもリボーンは死ぬか
 復讐者になってしまい
 チェッカーフェイスを倒しても死ぬとしり
 どうすればいいかわからない・・。

 今まで何度もハードな状況を
 切り抜けてきましたが
 このへんでまた奇跡を起こしていただいても・・。


標的389 ツナ動く

 
 真夜中にバジルのイチゴジュースを
 こっそりもらってばれないように
 ぶどうジュースをたしていたランボさんをみて 
 いい方法を思いついたツナ。
 9代目にある人の連絡先をおしえてもらい
 守護者のところを回り説得に。

 素早い移動といいザンザスを前にしての
 存在感ももう立派なボス。


標的390 家庭教師失格

  ツナが会いにいったのはタルボじいさん。

 アルコバレーノを助けるために
 抜かれた炎のかわりに
 大空の7属性の炎を注入すれば
 というのがツナの考え。
 
 その方法はうまくいくかもしれないけど
 まずはバミューダチームに勝つこと。

 リボーンにあって
 諦めた気持ちで生きていたことを怒るツナ。

 「オレ お前を絶対に死なせないから」

 リボーンの教育はまちがってなかったってことで。
 

標的391 大招集

  ツナは遅れて山本と獄寺くんたちにも
 協力をたのみ、遅れたことすら
 ファミリーだからと快諾してくれるふたり。
 ツナの成長にますます信頼感を増した山本と
 10代目に置いてかれちまうとあせる獄寺君。

 まだ戦ってた雲雀さんとディーノさんw

 京子ちゃんたちがお守りをもって
 やってくるとツナの家に守護者協力者大集合。
 全員に「一緒に戦ってください」と頼むツナ。

 代理戦争からずっとオールスター勢ぞろい。



(ジャンプ21・22合併号〜31号まで)


ハルハルインタビューは
ディーノさんとお友達いっぱい
2012.09.04 Tuesday 15:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< BLEACH―ブリーチ― 56巻 | main | 黒子のバスケ 19巻 >>