<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

息もできない夏 第9話

第9話



 玲(武井咲)は、周作(北大路欣也)からの提案を受け入れ、
北海道で暮らすことを決意し、そのことを樹山(江口洋介)に告げる。
これまで幾多の困難を乗り越えてきた玲だったが、
葉子(木村佳乃)や麻央(小芝風花)、さらにはシャルロットで働く
安倍川衣里(橋本麗香)たちにまで迷惑をかけてしまったことで、
心が折れてしまったのだ。樹山はそんな玲を優しく受け止める。
 深夜、携帯の不在着信に気付く玲。何度かけても繋がらなかった
鮎川(要潤)からだった。玲は緊張しながらも電話をかけ、
DNA鑑定について鮎川と話し合う。鮎川の娘でないことを
証明したいという玲の思いを受け、鮎川は翌日小樽から
東京へ向かうことを約束する。
 翌日、心配して一緒に来てくれた樹山と共に鮎川を待つ玲。
しかし、鮎川は到着時間を過ぎても姿を現さない。
電話をかけると一旦つながったものの、鮎川の声は聞こえない。
鮎川は、羽田空港に到着後、腹部に激痛を覚え、
意識を失っていたのだ。玲からの電話に気力を振り絞り
出てはみたものの、声を出すことができず再び意識を
失ってしまっていた。そのことを知らない玲は、勇気をもって
鮎川と真剣に向き合おうと思っていただけに、
むなしくてやるせない気持ちになる。
 そんな玲を「飛行機が遅れることもある」と励ます樹山。
そんな樹山の支えに助けられる玲。しかし、玲をさらに
落ち込ませることになる人物が、玲と樹山の目の前に現れる…。




週刊誌の記事でおいつめられ
北海道へいくことをきめた玲。
樹山に抱きついて泣き
役所につれていってもらって
はげましてもらいました。

樹山にお礼をいって帰る玲。

妹はもう寝ていて、布団をかけなおして
あげる姉。

そのあと鮎川からの着信があったのをみつけ
すぐにかけなおしました。

鮎川は今、小樽にいるそうで
用件のDNA鑑定のことも承知。

「私 あなたの娘じゃありません。

 それを証明したいんです。」

鮎川は玲のためにも自分のためにも
はっきりさせようと、明日上京する約束を
してくれました。

翌朝、樹山を呼び出し鮎川のことを話す玲。
鮎川とあうのは母には内緒。
すると樹山はいっしょにいってくれることに。

帰宅した樹山を買物にさそう亜沙美。
だけど玲のことで用事があるときき
またしても嫉妬・・・。

東京についた鮎川は突然痛みに襲われました。

樹山と一緒に待っている玲は
時間になっても鮎川がこないので
電話をかけました。
ソファにすわっていた鮎川は
電話にでますがでるのはうめき声だけ・・。

つながったのに声がしないと不審に思う玲。
もう少し待ってみようという樹山。

ふたりでいるところをものすごい目でにらむ亜沙美。
子どもに樹山に声をかけてくるようにいい
(あざとい!!!)
そのあと樹山と目があうと近づいて行きました。

「谷崎玲さんですよね。

 うちの人が 

 いつも お世話になっています。」



うちの人・・。


「今日の夕飯はハンバーグよ」と
はやくかえってくるようにいい
子どもとともに帰る亜沙美。

これをきいたら玲ももうつきあわせるわけにいかない。
つきあってくれたお礼をいって
樹山と別れました。

お店は通常営業再開。
玲からは辞表をあずかっているときき
動揺するさつき。

玲たち家族は引っ越し準備。
そこにお店の店長から電話が。

お客様がどうしても玲に
バースデーケーキをつくってほしいと
指名してきたそうで。
お店の人もみんな親切。

香緒里も家にきて、子どもたちのためには
これでよかったのよね、と言われました。

お店にやってきた広太。
玲のことをたずねる客に
玲が休んでいるという会話を
きいている広太。

店の前で樹山と出会う玲。
バースデーケーキが最後の仕事だと話しました。

その後鮎川からの連絡はなし。
樹山も何かしらべてみるというのを
「心配しないでください」という玲。

「息子さん お父さんのこと

 樹山さんてよぶんですね。」

今まで樹山に家族がいると知らなかったから
たよってしまったことをあやまり
「助けて」と言ったことも忘れてほしいといって
かえっていきました。

樹山もネットでDVA鑑定を検索。
さらに鮎川と連絡がとれないというと
田所さんからは、役所の職員として
かかわりすぎるのはよくないと
やんわり注意されました。

そこへたずねてきた中津。

「先輩 記者の正義ってなんですかね。」

「正しく伝えたつもりが

 逆に偏見の目にさらしてしまって
 
 俺 よく分かんないんです。」


中津、ほんとによかれと思ってしたことなのか。

中津に鮎川のことを何か知らないかとたずね
夏目とよく接触していたときき
病室をたずねていきました。

自己紹介してから、鮎川があうといいながら
連絡が途絶えてしまったと話しました。

鮎川は小樽でガラス職人をしていて
東京では宿を転々としていたとのこと。

樹山のことを

「最近の役場は 

 そんなことまでケアするんですか」

という夏目。そりゃそうだ。

ひとりの人間として何かできないか
かかわっているというと
ならそっとしておいてやってほしいという夏目。

鮎川が目ざめると病院のベッドのうえ。
携帯がひかっていて、玲からの
不在着信がはいっていました。

引っ越し準備は着々と。
帰宅した麻央は部活にいってきたそうで。
こっちにいる最後の大会にでて
悪口をいうやつには実力で勝ってやろうと
思って、とたちなおったようです。

強い妹をみて自分も負けてられないと
思った玲は、最後の仕事のバースデーケーキを
がんばるつもり。

夏目に試作品をもってお見舞いにいく玲。
おじいちゃん、孫にメロメロ。

退院したらいっしょに北海道に行けるらしい。

樹山がきたことを玲に話す夏目。

玲を待ち伏せしていた中津は謝罪。
樹山にとめられたのに記事をかいたというと
立ち止まる玲。

樹山が新聞記者をやめたのは
樹山が書いた記事で相手が自殺したから。

そして今いっしょに暮らしているのは
被害者の家族・・。

中津はほんとうに玲を傷つけるつもりじゃなかったと
もう一度謝罪。

樹山は誕生日プレゼントにサッカーボールを
用意していました。

過去の回想。

謝罪におとずれた樹山をつめたく
おいかえす亜沙美。
しかしそのとき子どもがおなかが痛いといい
樹山が病院につれていき
小児科医がいないというのを
強引に診察してもらい、結果腸閉そくで
すぐにみていなければ危なかったとのこと。

片づけをしていて樹山の傘をみつけ
役場に反しにいく玲。
夏目のところにいってくれたことのお礼もいいました。

ケーキをつくっているときは幸せで
一生懸命バースデーケーキをつくると報告。

片づけ中の部屋をみながら
娘たちのことを思う母。

広太は玲にメッセージ。
あの記事は自分のせいだと書こうとして消去し
すごくつらそう。

お店では、自分たちはだいじょうぶだからと
ひきとめてくれる同僚や
バースデーケーキをほめてくれる店長たち。

ケーキを自分につくらせてくれたお礼をいう玲。
最初のころとは違っていい人たちばっかり。

ケーキの残りをもって帰宅すると
ふたりにやっぱり引っ越しやめようという母。
ふたりの大事な場所がここにあるのに
北海道にいく必要はない。
今までだって乗り越えてきたんだから
今回も大丈夫。

そしてそのバースデーケーキを
家までとどけてほしいというお客。
配達はやってないけど
自分にとっても大切なケーキだから
とどけるという玲。

住所をみていってみると・・亜沙美。
ケーキをとどけて帰ろうとするのを

「あがってって」という亜沙美。

断る玲の腕をガシっとつかみ

「あがってって 言ってるでしょ」

怖いぃぃぃ!!!

玲をみて驚く樹山。
玲の皿にパスタをとりわけていく亜沙美が

あきらかに変でこわいいいいいいいいい。

さらにワインも。
ひとりでしゃべりつづけてて異様。

「お母さん 変だよ」

と子どもにまで言われてしまった・・。

玲がそろそろ失礼しますとでていき

「どういうつもりだ?」

と怒ってからおいかけていく樹山。

泣きだす亜沙美。

玲をおいかけた樹山。

「悲しいです。あんなの。

 悲し過ぎます。

 あんなの 家族じゃない。」


3人とも誰も幸せそうじゃない。
なぜ樹山はいっしょにいるのか。

「いっしょにいることが

 罪滅ぼしになるんですか。

 亜沙美さんがかわいそうです。」


「君にはわからないよ。

 君には関係ない。」


「そうですね。全然わかりません。」

でもいつも前にすすめと背中をおしてくれた
樹山がいたからがんばれたのに
その樹山がなぜ。

「もうあいません。さようなら。」

りんごのストラップをみつめる鮎川。

帰宅した玲は部屋で涙。



この番組ジャンルはホラーでいいですか。

亜沙美のエピソードがいちいち怖すぎます。
バースデーケーキをあんなふうに使われて
玲もショックだろうけど
子どもがかわいそうじゃないか。

樹山と玲の恋愛話なんてかなり無理やりじゃないと
でてこないのに、恋なの??

中津、ほんとに悪気はなかったようですが
結果こんなことになってるのに
あやまって自分だけすっきりして
楽になりたいかんじで・・。

かんじんの戸籍が今回はまるっきりおきざり。
鮎川にあってDNA鑑定してからってことらしいけど
鮎川のあんな姿みたらまた玲の気持ちがふらふら
うごかないか?



谷崎玲    武井咲
樹山龍一郎 江口洋介
谷崎葉子   木村佳乃
草野広太    中村蒼
鮎川宏基    要潤
谷崎香緒里   浅田美代子
谷崎麻央    小芝風花
夏目周作    北大路欣也
亜沙美     霧島れい





2012.09.04 Tuesday 22:34 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 黒子のバスケ 19巻 | main | GTO 第10話 >>









息もできない夏 #09
『悪夢の晩餐会へようこそ…遂に明かされる家族の謎』
| ぐ〜たらにっき | 2012/09/04 10:41 PM |
息もできない夏 第9話:悪夢の晩餐会へようこそ…遂に明かされる家族の謎
次週、やっとDNA検査…ε=( ̄。 ̄;)フゥ だけど、結果はもったいぶって再来週かもね〜 またしても戸籍できない夏だった今回・・・そろそろ秋になるし、視聴者も秋…じゃなくて 飽きてきてるよ〜って事で、「秋と飽き」山田くん座布団1枚持って来て と、今回の悪夢の
| あるがまま・・・ | 2012/09/04 11:33 PM |
ドラマ「息もできない夏」 第9話 あらす...
助けて-------------!!心の内を吐露し、樹山の胸で泣いた玲。いやぁ、今回はかなり強引な手法で来ましたって感じでしたねぇ。最後に樹山サイドの話を無理やりねじ込んできた形で、ち...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/09/05 12:12 AM |
ドラマ「息もできない夏」 第9話 あらすじ感想「悪夢の晩餐会へようこそ…遂に明かされる家族の謎」
助けて-------------!! 心の内を吐露し、樹山の胸で泣いた玲。 いやぁ、今回はかなり強引な手法で来ましたって感じでしたねぇ。 最後に樹山サイドの話を無理やりねじ込んできた形で、ちょっと唐突感が拭えなかった(><) まぁ、ネタ振りは最初からあっ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/09/05 12:12 AM |
【息もできない夏】第9話
悲しいです。 あんなの悲し過ぎます。 あんなの家族じゃない。 樹山さんも亜沙美さんも直人君も、誰も幸せそうじゃない。 樹山さん、どうして亜沙美さんといるんですか? 罪滅ぼしのためですか? ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/09/05 2:37 AM |
息もできない夏 第9話の感想
フジテレビ系で放送された「息もできない夏」第9話の感想など予告のサブタイトルに”悪夢の晩餐会”などという表現を使って煽っておいて、何かまた刃傷沙汰でも起きるのかと思ったら、あんな感じでした。確かに異様な誕生パーティーだったけど。巻き込まれたあの子ども
| オタクと呼ばないで | 2012/09/05 6:45 AM |