<< October 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

GTO 第11話(最終話)

第11話(最終話)



2年4組の担任として復帰した鬼塚英吉(AKIRA)に
脳動脈瘤が見つかる。医師からこのまま放置すると
命の保証はないと知らされるも、生徒たちのことが
心配な英吉は、弾間龍二(城田優)にも病状を明かせない。
一方、学苑の改革を推し進める新校長・大門美鈴
(西田尚美)は、教師だけでなく生徒たちにも
ポイント制の導入を宣言。このポイント制により、
文化祭を間近に控えているにも関わらず、
学苑の生徒たちから笑顔がなくなってしまう。
冬月あずさ(瀧本美織)は、話しかけても校長から
配布されたタブレットに集中している生徒たちの姿に、
心が見えなくなってしまう危機感を覚える。
同じく、職員室内でも自身の評価を上げるため、
他の教師のマイナスポイントを報告しあうという
足の引っ張り合いのような状況に。 そんななか、
2年4組に大門の息子・渋谷翔(野村周平)が編入してくる。
英吉らは、翔がクラスを監視する役割を持って
編入したことに動揺を隠せない。その日の放課後、
中庭で楽しそうに文化祭の準備を進める英吉と生徒たち。
その様子を物陰から渋谷が見ていて…。
翌日、渋谷の報告を受けた大門校長が、文化祭の
廃止を決定。それを知った英吉は、大門に抗議するが、
「学苑再建のために無駄な時間をさく猶予はない」と
にべもなく断られ、「(気に入らなければ)別の職場を
お探しください」と言われてしまう。




簡単感想

監視カメラに監視員まで導入して
ポイント制をつかい教育改革にのりだした校長。
その校長に協力する息子の渋谷。

文化祭を校長の独断でやめるとか
他の理事たちはどうしてるんだとつっこみたくなるも
鬼塚がそんなのおとなしく従うわけない。
校長にはかくれてしっかり準備していた生徒たち。

やめないと退学と怒鳴り散らす校長に
猛然と反論する雅ちゃんの
かわりぶりがすごい・・。

「退学 上等です。

 この文化祭は 私たちが

ずっと やりたかったことなんです。

 仲間の存在を一番実感できるのが

 こういった行事だと鬼塚先生が教えてくれました。

 それに ここにはみんなの思いが詰まってます。」

こないだまでの雅ちゃんを思うと
180度違う〜〜。

あきらかにやりすぎな校長が
生徒をくずよばわりするのに
さからったのが教頭だというのにもびっくり。

「私のことは何と言われても かまわない。

 しかし 生徒は…生徒は くずなんかじゃないよ!」

教頭、はじめてのかっこいい場面!

でも勅使河原が

「あなたのようにゆがんだ人を見たのは初めてだ!

 反面教師にさせてもらいます。」

っていうのは、冬月先生のストーカーしてたときに
やってたこと覚えてるんでお前がいうかという
気持ちが・・。

最後まで反発していた菊地君にも
鬼塚の言葉が響く。

「マニュアルどおりの人生なんて

つまんねぇぞ。

 想像もできねぇことが起きっから

人生 楽しいんじゃねぇか。

 俺だってよぉ 教師になれるなんて

思ってもなかったもんなぁ。

 お前も俺が こんなクラスのやつらと

 仲良くなるなんて思ってもなかったろ?

 おっ そろそろ時間だ。 あぁ〜。

 なあ 菊地。明日は ぜってぇ学校 来いよ。

 人生は楽しく!ってことを教えてやっからよ。」


でもそのぐらいじゃ菊地くんは改心しない。

「どういうつもりだよ。

 あんたのせいで 他の教師

 全員クビになるかもしれないんだぞ。

 生徒だって。」

「大丈夫だよ。 ふふっ…。」

「適当に言いやがって…。

 考えたことあんのか?

 自分じゃない誰かのせいで

 人生 狂わされたやつのことを。」

「おめぇが そうだって言いてぇのか?」

「俺も 俺の母さんもだよ!

 母さんは理事長のせいで

 全てを犠牲にした。 家族もな!

 それをまた あんたがめちゃくちゃにしようとしてる。

 俺も母さんも信じてきたものをな。」

「おめぇが信じてきたことって何だよ?

 それ 笑顔 忘れてまで

 守りぬくもんなのか?

 おめぇも見たろ? みんなの顔。

 いい顔してたぜ。

 あれが人生 めちゃくちゃになっちまうっていう

 顔だと思うか?

 お前と校長とあの渋谷ってガキだけだぞ

 しけた面 してんのは。

 人生 楽しんでねぇのはよ。」

「うるさい。

 俺たちに入りこんでくんなよ!

 また 人生 ぐちゃぐちゃにされたくないんだよ!」

「ひとのせいばっかしてんじゃねぇぞ!菊地。

 てめぇの人生だろ。

 てめぇで楽しもうとしねぇでどうすんだよ。

 おめぇだって ちゃんと心から

 笑ってたときが あったはずだぜ。

 おめぇは どう生きてぇんだよ?

 素直になれよ。

 てめぇの人生なんだ。

目ぇいっぱい楽しめよ。

 人生 一度きりだぞ 一度きり。」


そこへ渋谷が上からおとした看板から
鬼塚が体をはって菊地くんを
まもってくれたことでようやく気持ちが動いた。

「そう簡単には 死なせましぇ〜ん。

 ははっ…。

 おめぇには まだ

やらなきゃいけねぇことが あんだからよ。

 笑顔の人生が最高に楽しいってこと

 おめぇの母ちゃんにも

渋谷にも教えてやってほしいんだ。

 おめぇの口からな。」


菊地くんは学苑の管理システムを
世間にリークし母に手をひいてもらうつもり。
だけどこちらはまだとらわれたままの渋谷くんが
暴走しナイフを手に・・。

「俺は大丈夫だから。

 それよりあいつを止めてやってくれ。

 あいつも 同じなんだよ。

 俺と同じで笑えないんだ。

 だから あいつも助けてやってほしいんだよ。

 みんなみたいに 笑えるように。」

菊地くんも豹変といっていいくらいの
かわりぶりですが、すでに正気を失ってるように
みえる渋谷くんが部外者をよんできて
体育館で大暴れ。
これはもはや犯罪。

鬼塚がカッコよく蹴散らしてくれるものの
バットで頭を殴られる鬼塚。

それを生徒たちがかばう!

「お前ら…。何でこんな くそ先公 かばうんだよ。」

「鬼塚は先公なんかじゃねぇ!

 俺たちのダチなんだよ!」


「ダチ ほっとけるかよ!」

「俺たちが守るんだ!」

先生感激・・。

でもただでさえ無理してたのに
血が・・血が噴き出して・・・。

その後、こん睡状態になってたのに
渋谷が校長室にたてこもったときに
バイクでやってきたのが驚き。

もしかして生霊?とか思ってしまった!

「死んでも

何も始まんねぇぞ 渋谷。

 よう 校長。

 何が理想の教育だ。

 てめぇの息子1人見れねぇやつが

教育 語ってんじゃねぇよ。

 親ってのはな

子供が一番最初に出会う教師なんだよ。

 子供はな 親から最初に

愛ってもんを学ぶんだよ。

 だから 他人の痛みが わかる。

 喜びが わかるようになんだ。

 そんで ちゃんと心から

笑えるようになるんだよ。

 見てみろよ 渋谷の顔。

 笑ってるか?

 泣いてんじゃねぇか ばか野郎!

 泣きながら 母ちゃん 母ちゃんって

叫んでんじゃねぇか!

 何で 振り向いてやんねぇんだよ!

 何で てめぇのその手で

抱きしめてやんねぇんだよ!

 学歴とか偏差値とか

 てめぇの目で

見えるものばかりで 判断しねぇで

 子供の心を見ろよ!

 頭で考える前にな

 てめぇの精いっぱいの愛で ぶつかれよ!

 こいつに 愛を教えられんのは

 母親のあんたしか いねぇんだぞ。

 親子が寄り添う時間にな

 無駄なんて

これっぽっちもねぇんだよ!」


校長、直前まで、できそこないだの
これで私は犯罪者の親だ、だのいってたのに
鬼塚の言葉で母も息子も本当にあっさり改心。

「俺 やり直すよ。

 自分の道は 自分で見つけるから。
 笑えるように。

 だから 母さんも 今度会うときは

 笑えるようになってくれよ。」

菊地くんばかりか渋谷くんまで投入しての
エピソード、ラスト一話につめこみすぎにもみえました。


最後まで熱い鬼塚先生は生霊じゃなく
生徒たちの想いが届いて復活したってことでOK?




元気いっぱいで生徒を熱く導いて救っていく
鬼塚先生を毎回楽しんでみていました。
さっそくスペシャルがあるそうなので
そっちも期待。

実はエグザイルの見分けさっぱりなんだけど
このドラマでAKIRAが好きになったよ(^O^)








鬼塚英吉 AKIRA
冬月あずさ 瀧本美織
弾間龍二 城田優
冴島俊行 山本裕典
内山田ひろし 田山涼成
桜井良子 黒木瞳




2012.09.12 Wednesday 09:28 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 息もできない夏 第10話 | main | 夏雪ランデブー 第10話 >>









GTO #11(最終回かな?)〜本田翼の出番が少ない文化祭に渋谷軍が乱入!!
GTO 第11話 「さらば鬼塚生徒全員が涙!最後のグレート」 最後の方で、頭に重傷を負ってる鬼塚(AKIRA)が「すぐ帰ってくっからな」とか、その手の発言が重なって、こりゃ第2シーズンかスペシャルでもありそうだと思った矢先に、いきなり10月2日の『2時間半S
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/09/12 1:41 PM |