<< June 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

機動戦士ガンダムAGE(エイジ) 第49話(最終話)「長き旅の終わり」

第49話(最終話)「長き旅の終わり」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


宇宙要塞ラ・グラミスでの戦いは最終局面となる。
連邦とヴェイガンは、共に大きな被害を受けるものの
退かず、戦況はさらに激しさを増していく。
長い戦いの果てに、フリット(井上和彦)、
アセム(鳥海浩輔)、キオ(山本和彦)、
そしてイゼルカントは、
どのような結末を迎えるのか?




死の床にあるイゼルカント様が
宇宙空間にむかって手を伸ばしました。

「あなた?」

「ドレーネ。ゼハートが。」

「あぁ・・。」

オクラムドにも戦死の知らせ。

「司令 ゼハート様が・・戦死されました。」

「何?ゼハート様まで。

 ヴェイガンギアを出す!」

「しかし ゼラ・ギンスの生体情報評価は・・。」

「この状況を打開せねば

 我々の計画はここで終わる。

 ゼラ・ギンスの力

 今ここで見せてもらう。」

出撃するゼラ・ギンス。

「ヴェイガンギア でる」


OP


「くっ ゼハート 

俺は・・前にすすむぞ。

 お前の想いも すべて背負って!」


悲痛に決意を固めるアッシュ。

「生き残った艦隊で 陣形を再編成する!」

とアルグレアス。

「ひるむな!

 この一戦に 地球の命運がかかっている!」

とフリット。

「ゼラ・ギンス・・

 イゼルカント様の遺伝子を受け継ぎ

 最高のXラウンダー能力を有する

 人の心を持たぬ戦士。」


海賊船にのせてもらった
艦長以下ディーヴァ乗組員が
海賊船を占拠w

「何だ?おまえら?」

「なに?」

「どいてくださるかしら?」

「あぁ・・。」

「すみません。」

「ん?ああ」

乗組員にかわって席につきました。

「おい。お手柔らかに頼むぜ。」

と艦長にいうラドック。

「キャプテン・アッシュより この艦を預かりました。

 緊急事態ですので

 好きにやらせていただきます。」

負傷者の手当てをしているユノアの
ところにウェンディも参加。

「ウェンディ ぼーっとしてないで。」

「はい。」

戦うキオにイゼルカント様の声がきこえました。

「あっ これは。」

「きこえるか?キオ。」

「イゼルカントさん?」

「人は 良き未来を築かねばならない。

 なぜ お前にはわからないのだ?」

「やり方がまちがっているんです。
 
 人が人を選んで

 理想郷を築くなんて・・。」

「人が人であるためだ!」

「今だって 人は人です!

 地球圏の人たちも 火星圏の人たちも

 精いっぱい生きてるんだ!」

「わからんか。

 なら力づくでも 私はやりとげる!」

「あっ・・このかんじは・・。」


ゼラがあらわれました。

「早い!うわ〜〜!」

「キオ!」

「ううう・・。」

キオを心配するフリットも危ない。

ヴェイガンのオクラムドと副官。

「敵は あれだけの損害を受けながら

 なぜ ここまで戦えるのだ?」

「どうなさいますか?」

「我々にはもう後がない。

 再度 セカンドムーンからエネルギー供給をうけて

 ディグマゼノン砲を発射する!」

「ですが!これ以上の発射は危険です!

 もともと 何度も撃てるようには・・。」

「そんなことはわかっている!!!

 負けられんのだよ この戦いは。

 供給 開始だ!」


ゼラに苦戦するキオとフリット。

「ガンダムを 消す。

 ん?」

アッシュがきました。

「父さん!」

「アセム!気をつけろ。

 今までに感じたことのないレベルの

 Xラウンダーだ。」

「そのようだな。」

「大丈夫だよ・・ ガンダムが

 僕らが力をあわせれば。」

「うん。」

「いくぞ。」

「行け Cファンネル!」

「ちっ。」

「押してる。いける!」

「うう。はっ。」

「あれは・・。」

「シドか?」

苦しそうなゼラ。

「うっ うおお〜〜

 ああ うう うわ〜〜!」

「何がおこってるの?」

「シドをとりこむつもりなのかもしれない。」

動き出すフリット。

「じいちゃん!?」

「どこへ?」

「ディグマゼノン砲へのエネルギー供給に

 異常!」

「なんだと?原因は?」

「これをみてください!」

「血迷ったか ゼラ・ギンス。」

「X領域テレメトリーデータ

 いずれも異常数値!」

「暴走・・。」

「サブ熱回収システムも停止!

 エネルギー供給ライン 異常発熱!」

「何?」

「このままでは セカンドムーンもただでは・・。」

「わかっている。すぐに ラ・グラミスを

 セカンドムーンから切り離せ!」

「ダメです!

 強制切り離し機構 作動しません!」

「なんということだ・・。

 セカンドムーンを巻き込んで

 自滅するのか・・。」

あちこちで爆発。

「アスノ司令のAGE1
 
 プラズマダイバーミサイルを再装備して

 再出撃されたようです!」

「まさか 司令・・。

あなたは 自らの手で ヴェイガンを・・。」

「何がおこったかはわからんが

 この機に乗じて 

一気にカタをつける!」


「どういうことだ?」

「あれじゃ セカンドムーンに被害が・・。

 じいちゃん?まさか!」

「キオ!」

「ヴェイガン ここまでだ。」

「とどめをさしにきたのか?」

「私はこの日のためにやってきたのだ。

 これで 我々の勝利だ。」


「アスノ司令・・。」とナトーラ艦長。

「フリットさん・・。」とロディ。

「あれは・・まさかプラズマダイナーを

 撃ちこむ気か?」

「じいいちゃん!」

「これでいいのだ。

 これで すべてが終わる。」



CM

「これでいいのだ。

 これで すべてが終わる。

 くらえ!」


しかしその前にたちふさがるキオ。

「うっ。」

「やめて!じいちゃん!」

「何をしている?そこをどけ!」

「もう 戦いはやめようよ!

 じいちゃん もう戦いはやめよう。」


「バカな!勝利は目前なのだぞ!」

「みんなで探すんだ。

 一緒に生きていく道を。」


「できるものか!

 ヤツらは 

我々から何もかも奪っていった。

 私は誓ったのだ。

 大切なものを守るために

 救世主になってみせると。」


「火星圏の人たちだって苦しんだんだ。
 
 生きるためにもがいてきたんだよ!」


「キオ お前・・。」

アッシュもやってきました。

「ヤツだって 血の通った人間だ。

 死の恐怖におしつぶされないよう
 
 地球を呪い

 そして 地球を奪うという
 
 希望がなければ

 いきていけなかった。」


「これが じいちゃんがなろうとした

 救世主なの?!」


「私は 

私が守れなかったものたちのために

 やってきたのだ!」


「違う・・・絶対に違う!

 その人たちだって

 こんなこと望んでいない!」


昔のフリットに戻りました。

『じゃあ どうすればいいんだよ。』

ユリンがあらわれた!

「ユリン・・。」

「ふふっ。」

「あいつらだって 

苦しいのはわかってるさ。

 でも・・。」


「でも?」

「ヤツらはユリンを・・。

 それに・・この僕だって君を・・。

 あっ。」


「ありがとう。優しいフリット。

 でも もういいんだよ。」


「あぁ・・。

 僕はユリンを守れなかった!」


「いいんだよ。

 許してあげて みんなを。

 そして あなた自身を。」


空にきえていくユリン。

「ユリン・・。」

そして亡くなったみんなも・・・。

「フリット。永い旅だったな。」とグルーデックさん。

「おまえは まじで すげえヤツだ

 もう いいんじゃねえか?」とウルフさん。

「うん。」

もとにもどったフリット。

「じいちゃん。」

「父さん。」

「しかし 私が撃たなくとも

 間もなくセカンドムーンは崩壊する。」

「だったら助けようよ!」

「方法は ひとつだ。

 あの球体構造物を
 
 セカンドムーンから 直接切り離すしかない。」

「あれだけの数だ。どう考えても・・。

 あっ。まさか!?」

「ああ。できるさ。」

「やれるよ。

 みんなが力を合わせれば!」


さっそくキオが行動開始。

「司令 準備がととのいました。」

「そうか すまん。

 聞こえるか?

 地球圏と火星圏のすべての戦士たちよ!

 私の声が届いている

 全モビルスーツに告ぐ。

 戦闘をやめて きいてほしい。

 このままでは 

 ヴェイガンの移動コロニー

 セカンドムーンは崩壊し

 多くの命が失われる。

 これを救うには 

 誘爆をはじめている

 球体ブロックを

 切り離すしかない。

 もはや時間はない。

 ここにいるすべての者たちの

 協力がなければ

 まにあわないのだ。」


「じいちゃん。」

「地球連邦軍と

 ヴェイガンの すべての戦士たちに告ぐ。

 多くの命を救うため

 君たちの協力を要請する!」


みんな動き出しました。

「やつの言葉が ヴェイガンの兵士たちにも

 届いたというのでしょうか?」

「すごい。」

「ああ。たしかにあの人は ただものじゃない。」

「じいちゃんは なれたんだね。

 みんなを救える 本当の救世主に。」

キオの目に涙。

しかしまだゼラが。

「ガンダム 倒す。」

「あれは?シド?」

「何か違う。」

「大丈夫?」

「ああ。」

ウットビットからよびかけ。

「いくぞ キオ!

 どっせい!

 バズーカ型 長距離ビーム兵器だ!」

「名付けて ダイタルバズーカ。

 つかってくれ!」とロディ。

「ありがとうございます!」

「うん。」

ヴェイガン

「ヴェイガンギア。

 味方モビルスーツをも破壊。

 なおも移動中です。」

「おさえこめんのか?」

「ゼハート様なきいま 不可能かと。」

「連邦につないでくれ。」

「はっ。」

「私は ラ・グラミス要塞司令官
 
 ファルク・オクラムド。

 我が軍の強力なモビルスーツが

 現在 制御不能な状態にある。」

「あの巨大なやつのことか?」

「パイロットは 戦うために生み出された

 化クローン人間。

 しかし やつは制御できない怪物と化してしまった。」

「あれが我々にとって

 最後の敵というわけか。」

「速い!」

ゼラ・ギンスをおうキオ。

「待て!それ以上の深追いは危険だ。」

「僕ならあいつをとめられる!

 誰かが終わらせなきゃ!」


「いいだろう キオ。

 お前に任せたぞ。」

「うん!」

ゼラとキオ。

「やめるんだ!戦いはもう終わったんだ!」

「終わっていない。

 ガンダとのすべての連邦軍のモビルスーツ

 せん滅。」

「うわー!」

「おお!」

ヴェイガンのモビルスーツからも攻撃。

「うっ・・。あっ・・。」

「くっ・・。」

「ちっ。」

「これは・・・。」

「ヴェイガンのモビルスーツたちまで

 キオの味方に。」とウェンディ。

「切り離し完了まで もう少しです。」

「はっ。くぅ〜〜。うわっ!」

「これで・・終わりだ〜〜〜!

 うぉぉぉ〜〜!」

「ああ〜〜

 うわぁ〜〜〜!」

大爆発。

「あぁ・・。」

「キオ・・・。」

「キオ!」

「キオ・・」

キオは無事でした。

「おお〜!」

「あいつ・・。」とフリット。

「キオがやりましたね。」と艦長。

「ああ。あれがキオ・アスノ

 私の孫だ。」


「キオ お疲れ様。」

「おつかれ キオ おつかれ キオ」

「うっ・・。」

ゼラがいきているのをみて嬉しそうなキオ。

「はは。」

イゼルカント様。

「ドレーネよ。

 私は戦争をしたかったわけではない。

 ただ 創りたかっただけなのだ。

 人が 人らしく生きていける新世界を。

 しかし・・。」


「あなた

 それでも 世界はかわろうとしています。

 あの子のおかげで。」


「そうだな・・。

 私は 今でも あの子が

 ロミの生まれ変わりではないかと

 思っている・・。」


「ええ。だからこそ

 私たちにおしえてくれたのかもしれません。

 私たちが忘れかけていた

 人のやさしさを。」


「ああ。」

キオによびかけるイゼルカント様。

「キオ。」

「イゼルカントさん?

「ありがとう キオ。

 地球は お前に託そう。

 どうか みせてくれ。

 人が 人でいられる未来を・・。」


イゼルカント様、御逝去。

「うう・・うう。」

そばで泣き崩れるドレーヌ。

「人は これからも生きていきます。

 手をとりあって きっと。」


ゼラの肩をかつぐキオ。

「ここに 一つの戦いがおわった。

 こののち 人類は

 AGEシステムと 

 EXAーDBの情報を集約し

 マーズレイを無効化する

 イヴァース・システムを開発した。

 それによって 火星圏は

 安全に住める場所に変わり

 人類はついに 全人口を許容できる

 居住空間を 手に入れたのだ。

 ラ・グラミスの戦いから

 実に 37年後のことであった。」


ED


「宇宙には ひとときの安らぎが訪れた。

 地球首都ブルーシアに建てられた

 ガンダム記念館の前には

 ひとりの男の銅像が 設置された。」


「なかなか 男前だな。」

「ふふっ そうだね 父さん。

 フリットじいちゃん。

 僕たちの地球は 元気になったよ。」


「その日は 長い戦いが始まった日

 『天使の落日』から

 ちょうど100年後

 AG201年の 暑い日だった。」




フリット・・まさかの最終回に方針転換。
復讐の鬼として最後までまっとうして
もらってもいいんだけどそれじゃ物語として
あんまりだからか。
孫と息子はこれまでだって懸命に
よびかけてきたけど、ユリンがでてこなきゃ
フリットの気持ちはかわらないと思ってたよ〜。

でもその直前までヴェイガン殲滅って
もえてたのに・・もうちょっとはやく
気持ちをかえてくれたら
ゼハートもセリックも死ななくてよかったのに。
復讐にとらわれている時間が長すぎて
あまりにも多くの犠牲をはらい
自分の人生も同じく。
それでフリットだけ英雄のまま人生を終えて
銅像までたっちゃってるって・・ねえ。
むしろ英雄は孫息子でしょう。
あの場でシドごとEXAーDBを
破壊して、永久に誰も
利用できないようにしてたなら
まだ納得いったけど。

三世代の物語といいながら
フリット・アスノ一代記だったな。
平和への道はなかなかに険しい。

短いアニメが多い中
一年ものはなんだかんだと楽しめました。

久しぶりにキャストもまじめにかいてみたら
ゼハートが・・あれだけ重要キャラだったゼハートが
最終回には名前なし。
先週ゼハートの最終回みたいなもんだったけど。


キオ・アスノ      山本和臣
ウェンディ・ハーツ  伊勢茉莉也 
フリット・アスノ     井上和彦
キャプテン・アッシュ  鳥海浩輔
フリット・アスノ(少年) 豊永利行
ユリン・ルシェル    早見沙織
グルーデック・エイノア 東地宏樹
ウルフ・エニアクル   小野大輔
フレデリック・アルグレアス 子安武人

ナトーラ・エイノス  佐藤利奈
ロディ・マッドーナ  森田成一
ウットビット・ガンヘイル 大畑伸太郎
ユノア・アスノ     遠藤 綾
アリー・レーン     進藤尚美
ウォン・カストロファ  井口祐一
オトロ・バンタ      高戸靖広
カール・ドーソン    井上 剛
ラドック・ホーン    杉野博臣
ビシディアンブリッジクルー 大亀あすか
連邦軍オペレーター  井上 悟

フェザール・イゼルカント  大友龍三郎
ドレーネ          園崎未恵
ゼラ・ギンス       浪川大輔
ファルク・オクラムド  松本 大
ヴェイガン副官    望月健一
ハロ           遠藤 綾
アセム・アスノ(老人) 鳥海浩輔
キオ・アスノ(壮年)   樋口智透

ナレーション     井上和彦





2012.09.23 Sunday 20:10 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< 宇宙兄弟 第25話「マッハの弟 筋トレ兄」 | main | サマーレスキュー〜天空の診療所〜第10話(最終話)「診療所最後の日。そして感動のラストへ」 >>









『機動戦士ガンダムAGE』第49話『長き旅の終わり』(終)
三世代に渡る戦いも、視聴者の旅も、遂に終わりに辿り着きました。 物語自体は「もうここにおとすしか無いだろう」という着地点に落ち着きましたので、後は思いの丈をぶっちまけようと思います。
| なまけもののひとりごと | 2012/09/23 8:13 PM |
「機動戦士ガンダムAGE」100年戦争終結キオがアセムが止めに入りユリンもういいんだよという一言でフリットは救世主として戦争を終結させた
「機動戦士ガンダムAGE」最終話はゼハートが撃たれた後ヴェイガンの指揮系統は混乱し連邦軍はラ・グラミスに迫る。そんな中フリットはヴェイガンとセカンドムーン両方を滅ぼそうと ...
| オールマイティにコメンテート | 2012/09/23 8:18 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第49話 「長き旅の終わり」
機動戦士ガンダムAGE 09 [DVD](2012/10/26)山本和臣、神谷浩史 他商品詳細を見る  最後に勝ったのは、フリットの呪いよりもキノの 融和の想い。そして、ラスボスはヴェイガンではなく シド...
| 北十字星 | 2012/09/23 8:29 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第49話 長き旅の終わり 感想
銅像エンドw 日野さんはこれをやりかったんだな・・・
| スポネト | 2012/09/23 8:41 PM |
「機動戦士ガンダムAGE」第49話(終)
  第49話「長き旅の終わり」(終)宇宙要塞ラ・グラミスでの戦いは最終局面を迎える。連邦とヴェイガンはともに大きな被害を受けるものの退くことはなく、戦況は激しさを増して...
| 日々“是”精進! | 2012/09/23 8:48 PM |
機動戦士ガンダムAGE 第49話(最終回) 「長き旅の終わり」 感想
随分と酷い最終回でしたね。 全49話中、屈指の酷いエピソードでしたよ。 結局、ガンダムを3世代に渡って描いて行くという構想を立てたのはいいけど 実際アニメにすると全然時間足りなくなって、この最終...
| ひえんきゃく | 2012/09/23 9:20 PM |
機動戦士ガンダムAGE第49話(最終回)...
最終決戦、すべての戦いの終わり--------------。本当に長い戦いだった1年という戦いが終わりを迎えましたねぇ。いやぁ、怒涛の後半戦で、毎回主要人物が亡くなって行く展開にはヒヤヒ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/09/24 8:21 AM |
第49話 長き旅の終わり
フリット・アスノの物語、完結。 機動戦士ガンダムAGEは最初にキャラクターデザインを見たときから、「これは肌に合わない」と感じていて、とても不安な面持ちで第1話を見たのを覚えています。それから約1年。全49話にわたる、フリット・アスノの物語がついに完結し
| 埼玉の中心から毎日を語る | 2012/09/24 8:48 PM |