<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

K 第2話「Kitten」

第2話「Kitten」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


シロの前に現れた夜刀神狗朗と名乗る少年は体術を使い、
シロの窮地を救ってくれたかにみえた。だが、彼もまた
身に覚えのない理由でシロを殺そうとする。
シロはとっさの機転で彼から逃げ出すが、夜刀神狗朗は
学園島の寮まで追いかけてくる。一方、シロと共に行動していた
子猫が突如、美少女に変化してーー。



シロに刀をつきつける夜刀神狗朗。

「あれは お前に間違いないな?」

 伊佐那社

 先の大七王権者 三輪 一言の命により

 貴様の命・・。」

「ちょっと待って。」

「もらいうける!」

逃げるシロを不思議な刀でつかまえる夜刀神。

「本気で 殺すつもり?」

「あらがく」

「僕じゃない。無実だ。

 無実の人を殺すのが

 その 三輪さんの命令なの?」

「無実?」

不思議な力をひっこめてシロをおろし
だきとめますが、街頭ビジョンにはシロの顔。
にこっと笑うシロの首根っこをつかむ夜刀神。

「まあ なんだ。無実じゃないかもしれない。

 でもほら よく言うじゃない?

 人はみかけじゃない。

 中身で判断しましょって。」

「人はみかけでもなく 中身でもなく

 行動で判断すべきというのが

 俺の考えだ。」

「いやあ だからあれは僕じゃないんだって。

 人違いだって。」

「どこからどうみても貴様だろう!

 悪あがきをするな。」

「仮に 百歩ゆずって 僕がやったんだとして

 どうして 君が 僕を殺すのさ。

 僕が人殺しだというのなら

 警察がつかまえて 検察が起訴して

 裁判官が判決するのが

 法治国家の正しいありかたというもので。」

「俺のあるじはこの国ではない。

 三輪一言様だけだ。」

「わかった。そこまで言うならしかたない。
 
 煮るなり焼くなり 好きにするといい。」

刀をかまえる夜刀神。

「ようやくおとなしく・・。」

「でも!最後にひとつだけ

 僕のお願いきいてくれないかな。」

と足をバタバタさせるシロ。

「言ってみろ。」

「その前に ちょっとおろしてもらっていいでしょうか。

 いやいやいや 逃げないから。

 ていうか 逃げてもたぶん無駄だから。

 絶対その前につかまるから。でしょ?」

ようやくおろしてくれました。

「ありがとうございます。」

地面に正座したシロをみてようやく刀をしまってくれました。
ちらっと横目でみた看板には
「我が妹達の闘争」第108巻の広告。

「遺書を 書きたいんだ。

 僕の妹にむけて。」

「妹?」

「うん。僕によくなついていてね。

 君が僕の無実を信じてくれないのはしかたがない。

 けど 僕の妹だけは 僕が人を殺して
 
 殺されたなんて 

 そんなことは 信じてほしくないんだよ。」

さらに目に入る骨髄バンクという文字。

「妹は 生まれつき 重い病におかされていて

 ずっと入院してるんだ。」

「あっ。」

「子どもの頃から 友だちもいなくて

 僕だけが話し相手で

 その僕が殺されたら

 妹は ひとりぼっちになってしまう。」

夜刀神は動揺。

「妹の名前は なんていうんだ?」

「えっ?えーっとね。」

そばにおちていたちらし。

「マリリン」

「何?」

「あ いや そう マリ!マリだ。」

「伊佐那マリか。良い名前だな。

「ありがとう。さあ できた。
 
 悪いけど 君がこれを

 僕の妹に届けてくれるかな。

 お願いだよ。他に 誰も頼める人がいないんだ。

 だって 妹は 僕がいなくなったら

 天涯孤独になってしまうわけだから。」

おしつけられた遺書のメモをひろげる夜刀神。

「なんだ?これは!」

傘をさしたシロは微笑み
足もとにおとした閃光弾が光り
シロは姿を消していました。

そこには倒れている着ぐるみとかさとメモ。

メモには「うそです」と舌をだしている
シロの顔のイラストが・・。

夜刀神、騙されてお怒り!!

着ぐるみの中に隠れていたシロ。

「なんとかやりすごしたけど

 次にあったら

 問答無用で殺されそうだよね。」

猫もいっしょ。

吠舞羅もシロをさがしているのは変わらず。

「賞金首の告知は?」

「今だしますよ〜っと。」

吠舞羅からのお知らせとして
シロの画像とともに有力情報を
持ち込んだ者には賞金壱千万円を進呈!との
広告がだされました。

街頭ビジョンをみて驚く人たちの後ろを
着ぐるみをかぶったまま移動するシロ。

吠舞羅にはさっそく情報が。

「はいは〜い。こちら吠舞羅。

 情報提供の方ですか?

 たしかにそうっすよ。壱千万

 うちらのこと なめないでもらえますかね。」
 
「アンナ  どないや?」

アンナはビー玉をつかって地図を凝視。
 
「このへん。」

「うん。」

煙草を吸ってからその場所メンバーに指示する草薙。

「こちらヤタガラス 了解!すぐいきます。」

「地図にのってない路地にはいっちゃいました。」

「はっはっは。」

「笑ってんじゃねえよ!アホ!」

「こちら 鎌本。

 今ちょっと手がはなせなくて。

 もう少ししたら・・

 あっ チャーハン追加で!」


「メシ食ってんじゃねえよ!ドアホ!」

鎌本www

「おい なんつった?おまえ。

 吠舞羅がなんだって?」

「んだ?おい。吠舞羅をバカにしたやつがいるのか?

 場所にマーカーつけろ!すぐいくから!」

「ちゃんとさがしや〜。

 あ 黒狗には手だしなや。

 お前らじゃ どうにもならんから。

 ほんじゃ。草薙 オーバー。」

「草薙さん そんな!」

「大丈夫かいな。あの子らだけで。」

賞金の広告で街はおおさわぎ。

「ねえねえ あれみた?あれってさ〜。

「まじかよ。お前 一千万あったら 何につかう?」

「またどこかのバカのいたずらだろ。」

「ちょっとやめなよ。やばいって そいつは。」

着ぐるみで移動するシロ。

夜刀神がおってきていました。

「どこだ?伊佐那社!でてこい!」

スケボーであらわれた八田が
夜刀神にむかってきました。

「てめえ!黒狗 あいつはどこだ?」

「赤のクランツェ なんのことだ?」

「おめえがかくまったあいつは

 どこにいんだってきいてんだよ!
 
 痛い目にあいたくなかったら

 さっさと答えやがれ!」

「貴様などを相手にしている暇はない。

 そこをどけ。」

そのときビルの屋上から声をかけるシロ。

「お〜い!夜刀神くん。

 こっちから逃げられそうだ。

 早く くるんだ。」

「貴様!」

「てめえ。」

「君ならそんな人 一撃で倒すことができるだろう。

 さっさとやっつけて 早く こっちにおいでよ。」

「なめんじゃねえ!

 てめえをぶちのめしてから

 あの野郎 ふんじばってやるよ!」

「敵対するというのなら 容赦せんぞ。」

「ぬかせ!」

BGMつきで夜刀神と八田の戦い。
八田の上に看板をおとしてそのすきに
去っていく夜刀神。

そこへ仲間たちも到着。

「大丈夫っすか?」

「八田さん!」

夜刀神もシロを見失いました。

「いない。伊佐那・・社。」

こぶしをにぎりしめる夜刀神。
手に握っているのはボタン。

部屋にもどってきたシロ。
おそうじロボがお出迎え。

「頭がたか〜い。」

「これは失礼。」

「かたじけない。」

「いえいえ。」

上着をぬいでベッドに寝転ぶシロ。

「疲れた〜。

 なんだったんだろうね。あの人たち。

 それにあの映像。

 本当に 本物の僕みたいだったけど

 なんだか 面倒なことになりそうだな。」

すると今まで猫だった猫が女の子の姿に
なっていてしゃべりました。

「ほ〜んと。せっかく今までのんびり

 やってたのに・・。」


女の子は裸!!

首には鈴のついた首輪。


シロ赤面。

「うわ〜〜!だ、誰?」

おきあがった猫。

「吾輩は〜 猫である。」


CM


お掃除ロボは「頭が高い」と「かたじけない」のほかに
「おして参る」もしゃべってる。

学園にやってきた夜刀神。
中にはいれないのか
ボタンをさらすと
空中に同じ校章の映像がうかび
まわりの人から奇異におもわれていました。

「なにあれ?」「映像?」

「なら 押し通る」

そこへ声をかける菊理。」

「何か御用ですか?」

「どうしたの?知り合い?

「いや〜違うけど なんか困ってるみたいだから。」

「伊佐那社という男をさがしている。

 心当たりはあるか?」

「伊佐那・・ああ シロくん。

 クラスメイトだけど。」

「やつはどこにいる?」

「どこって・・買い出しにいったんだと思うけどなあ。

 あれ?でももう帰ってるころかな。

 よかったら 学生寮まで 案内しようか?

 よっ。」

ゲスト扱いにしてくれました。

「これで OK!男子寮まで 案内するよ。」

「すまない。協力に感謝する。」

と丁寧に頭をさげる夜刀神

「おおげさだね〜。

 あたりまえのことだよ。」

「当然のことを 

 当然に行えるものは少ない

 と、俺のあるじは言っていた。

 あなたが俺にしてくれたことは

 忘れない。」


まだ頭をさげている夜刀神を笑う菊理。

「おもしろい人だねえ。

 シロくんとは どういう知り合いなの?」

「奴には 渡さなければならないものがあってな。」

「えっ?おとしものとか?」

「引導だ。」

「いんどう?カレー?」

「違う。」

そのころ、裸の猫を前にかたまるシロ。

「とっ とりあえず これを。」

と上着をさしだしました。

「やだ!」

と机にとびうつり手をなめる猫。

「女の子がそんなかっこうのままじゃ

 だめだって。」

「服 きゅうくつだから きらーい!」

一瞬、部屋がゆがんだように。

「おいかけっこ?いいね。

 楽しそう。」

そのとき外から菊理の声がしました。

「おーい!シロく〜ん。

 お友達!つれてきたよ〜〜!」

「友達?えっ!」

ベランダから下をのぞいて夜刀神をみて
ぎょっとするシロ。

「妹は元気か?伊佐那社」

「いっ!」

「えっ?シロくん 妹さんいるの?」

「案内 感謝する。」

「どういたしまして。」

あっというまに地上からベランダに
とびあがる夜刀神。

「うわ〜〜!」

部屋でたおれたシロに刀を抜く夜刀神。

「ん?」

夜刀神のかばんがそのままなのに気づく菊理。

「シロくんだけじゃなく

 お友達までうっかりさんだね。

 よいしょっと。」

刀から逃げるシロ。
その前にからだをはってたちふさがる猫。

「ダメ!」

真っ裸の猫に顔をそむける夜刀神。

「破廉恥な!」

破廉恥ww

そのすきにシロの手をひいて逃げる猫。

「これ これを着なさいってば!」

と上着を頭からかぶせました。

またゆがむ空間。

「シロ こっちニャ!」

「えっ?何っ?」

夜刀神もおいかけてきました。

猫は外にでて、いきどまりが壁に。

「うわあ。もとにもどった。

 これってあの子の仕業?

 それよりも服を。」

猫をおうシロ。

「逃がさん!」

おいかける夜刀神の前には巨大猫。

「幻覚か?」

刀で強くつくときえました。

学生服をはおって夜刀神のほうをみて
笑って逃げる猫。

「やつの配下か?」

またおいかけていく夜刀神。

猫をおうシロとそのあとをおう夜刀神。
猫がぶつかって果物をおとした女の子に
拾う手伝いをするシロ。

「なに?」

「大丈夫?」

「何かみえないものに・・。」

そこに夜刀神がみえますが
目の前の空間がまたゆがみいきどまり。

「またか。」

ひろってあげたシロに
「ありがとう」とお礼をいう女の子。

シロが行きどまりの場所においつめられました。

「観念しろ。伊佐那社。

 遊びは終わりだ。」

すると今度は地面から猫の顔がかいてある
壁がでてきました。

「どうせこの壁も 幻覚だ!」

と思ったら激突・・・。

笑い転げる猫・・・。

そのまま追っかけっこをして夜に。

「幻覚だ!幻覚だ!」

っていう声もきこえるww

結局、シロの部屋にもどった3人。

猫はベッドの上で居眠り。

「やっと 着てくれた・・。」

「悪しきもの 伊佐那社。」

夜刀神の額には「肉」頬にも「バカ」とか
落書きがww

「亡きあるじのめいにより

 貴様を・・。」

おなかのなるおと。

「シロ おなかすいた。」

「とりあえず つもる話はおいておいて

 ご飯にしない?」

「何を!」

でも夜刀神のおなかもなりました。

「賛同ありがとう。」

台所のシンクはピカピカ。

「ごはんはたいたことあるけど

 おかずはつくったことないんだよねえ。」

「シロ 早く〜。ごはんまだ〜?おなかすいた〜。」

「だし?みそ?どっちが先?」

おおきくため息をつく夜刀神。

「だめ〜。吾輩はネギがきらいである〜。」

「大丈夫だよ。でもネギいれないと。」

「玉ねぎもだめ〜。」

らくがきを消す夜刀神は
部屋のかたすみに
自分のかばんがあるのをみつけました。

「わすれもの ククリ」というメモつき。

「かさねがさね すまんな。」

目をとじるとまぶたにも落書きwww

言い争うネコとシロの前で
ドンとかばんをおき、中をあけると
中には調理道具と調味料!!

「ボウルの底に 白味をこすりつけて

 ちぎるように ちぎるように」


卵をまぜて

「まずは皮から

魚を焼き

「細く細く」

ねぎを刻み、鼻歌を歌いながら調理。

「めしあがれ。」

「いただきます!」

ご飯に豆腐の味噌汁
焼き魚に納豆にだしまきたまごに
おつけもの(?)に日本茶。

うちの朝ごはんもこんなかんじ。
魚は切り身だけどな!


シロの命を狙っていたのに
しっかり料理していっしょに朝ごはんって
おかしいーー。
黒狗、お料理キャラなんだ。

1話目のあのシリアスなかんじがほとんどなく
さっそくくだけてきました。
おっかけっこメインだったので
難しさもなかったし。

シロ、夜刀神をだます手口も
(夜刀神、簡単にだまされすぎです。いい人・・。)
吠舞羅を利用してまんまと逃げだすあたりも
ちゃっかりしてる。
そしてあの不思議な猫!
いったいあの猫は何?

次回予告も笑った。

「新鮮な卵に だし しょうゆ
 

 お子様向けには少量の砂糖を加え

 軽くかきまぜる。

 フライパンにやや多めのサラダ油を敷き

 先ほどの卵を流す。

 火にかけ 半熟になったところで

 片側に寄せ 手早く形をととのえ

 くるくると巻く。

 いいか?くるくるとだ。

 次回 K 第三話。KITICHEN

 おいしいだし巻き卵は こうしてできる。」






伊佐那社(いさな やしろ) 浪川大輔
夜刀神狗朗(やとがみ くろう) 小野大輔
ネコ  小松未可子
周防尊(すおう みこと) 津田健次郎
 第三王権者 赤の王
宗像礼司(むなかた れいじ) 杉田智和
 第四王権者 青の王 セプター4室長
淡島世理(あわしま せり) 沢城みゆき
 セプター4副長
伏見猿比古(ふしみ さるひこ) 宮野真守
 セプター4ナンバー3
草薙出雲(くさなぎ いずも)櫻井孝宏
 バー「HOMURA」のマスター
八田美咲(やた みさき) 福山潤
 吠舞羅
櫛名アンナ(くしな あんな) 堀江由衣
 吠舞羅
十束多々良(とつか たたら) 梶裕貴
 吠舞羅
鎌本力夫(かまもと りきお) 中村悠一
雪染菊理(ゆきぞめ くくり) 佐藤聡美
アルドフ・K・ヴァイスマン 柿原徹也
 第一王権者 白銀の王
國常路大覚(こくじょうじ だいがく) 飯塚昭三
 第二王権者 黄金の王










2012.10.12 Friday 14:53 | comments(3) | trackbacks(14) | 
<< 結婚しない 第1話「結婚は当然!?義務!?できないVSしない女!!未婚女の恋と結婚!?」 | main | Betsucomi (ベツコミ) 2012年 11月号 >>
shin (2012/10/13 6:10 AM)
台詞つき感想文ありがとう
続き読みたいんです
楽しみに期待いたします
第3話
shin (2012/10/13 7:49 AM)
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1195566886
第2話の中に聞いてわからないセリフがあります
よかったら、上の知恵袋リングに入って、答えをいただけませんか
お願いします
honey (2012/10/13 2:55 PM)
shinさん、こんにちは。

全部セリフかくつもりはなかったのですが
けっこう書いてしまいました。
字幕がでないしききとりにくいところがあるので
あまり期待されませんよう。

知恵袋、もう回答ありますね。
ちょっとみせていただいたのですが
セリフを完ぺきに抜き書きしたいのでしょうか?
セリフ集とか?









K 第2話
社(CV:浪川大輔)は、赤の王の仲間たちに襲われますが、そこに現れた夜刀神狗朗(CV:小野大輔)に助けられます。 ビルの屋上に連れて来られたものの、どうも助けてくれるようではないみたいです。 亡き...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2012/10/12 4:00 PM |
アニメ「K」 第2話 Kitten
K vol.2 [Blu-ray](2012/11/07)浪川大輔、小野大輔 他商品詳細を見る 妹は元気か?伊佐那 社。 「K」第2話の(あらすじ省略)感想です。(時間短縮のため) 嘘。 (物語をなぞりつつ、感想など) 突然...
| 午後に嵐。 | 2012/10/12 6:50 PM |
K 第2話「Kitten」
一話目は何がどうなってるかよくわからなかったですが、二話目は少し見やすかったような 追いかけっこは相変わらずだったけど(笑)登場人物が少なくなってたからよかったのかな? …というか6話か本番らしいで...
| Spare Time | 2012/10/12 8:24 PM |
(アニメ感想) K 第2話 「Kitten」
投稿者・綺羅 K vol.1 [Blu-ray](2012/11/07)浪川大輔、小野大輔 他商品詳細を見る シロの前に現れた夜刀神狗朗と名乗る少年は体術を使い、シロの窮地を救ってくれたかにみえた。だが、彼もまた身に覚...
| ゲームやアニメについてぼそぼそと語る人 | 2012/10/12 9:33 PM |
K 第2話「Kitten」
第2話「Kitten」 OPのクロが綺麗なお姉さんにしか見えません・・・ え?クロってお笑い担当?www 初回の印象はどこへやら、一気にギャグテイストが強くなりました。 いや、嫌いじゃないけどw...
| いま、お茶いれますね | 2012/10/12 9:33 PM |
K 第2話 あらすじ感想「Kitten」
シロが殺したのか-------------?1話目は何せ情報が少ないということで、状況や設定が分からない中始まった印象で、ついていくのもやっと状態だった今作。群像劇で進んで行く形にはなる...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/10/12 9:43 PM |
「K」#2「kitten」感想
懸賞金が懸けられた社。付け狙う狗朗。部屋には銀髪の美少女が!?「kitten」あらすじは公式からです。シロの前に現れた夜刀神狗朗と名乗る少年は不思議な体術を使い、シロの...
| おぼろ二次元日記 | 2012/10/13 1:48 PM |
K 第2話「Kitten」
「奴には渡さなければならないものがあってな、引導だ」 一度は逃げ出したものの 学園まで追いかけてきた夜刀神 さらに吠舞羅に1000万の賞金を懸けられる事に…!   十束多々良が 伊佐那によって殺さ...
| WONDER TIME | 2012/10/13 3:49 PM |
K 第02話 感想
 K  第02話 『Kitten』 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2012/10/13 3:52 PM |
K  第2話「kitten」
今回もよく分からないw 説明するのを拒否してるんですか? この作品( ̄▽ ̄) 小野Dこと侍な狗朗に捕まってしまった社くん。 やった覚えの無い事件の犯人扱いされて... この窮地をどうやって逃げるのか?
| 空 と 夏 の 間 ... | 2012/10/13 4:18 PM |
K TBS(10/12)#02
第2話 Kitten 夜刀神狗朗に捕まった社。先の第7王権者、三輪一元様の命により お前を切る。あれは僕じゃない無実だ。人は中身で判断しようよ。どうして僕を殺すのさ。私の主は三輪一元様だけだ。妹に遺書を書きたいと口から出まかせの社。バッグの中から発光弾を取り
| ぬる〜くまったりと | 2012/10/13 5:07 PM |
K 第2話「Kitten」あらすじ感想+他の秋アニメ(サイコパス・ジョジョなど)雑感
色々な勢力に終われるシロ。逃げ切ることはできるんでしょうか&hellip;?今回はネコと夜刀神の鬼ごっこが面白かったです〜。夜刀神ってそういうキャラだったんですねー。時間があったので、今回も感想書いてみることに。1話のアクセス数が何故か多めでびっくりでし
| コツコツ一直線 | 2012/10/13 9:53 PM |
K 第2話「kitten」
ネコが期待以上の力を秘めていました。空間どころかEDまで操るとは…!前回よりも良かったのは目の保養的な意味だけでなく、狗朗もただのイケメンじゃなくユニークなキャラしてる ...
| 無間座 | 2012/10/14 11:48 AM |
猫だから恥ずかしくないもん!「K キズナ」
猫好きに悪人はいない。これくらい人口に膾炙されているのなら、ロリコンにも悪人はいないと少しは評価してくれてもいいいのではないでしょうか? 熟女好き芸人は白昼大手を振って罷り通るのに、一言でも...
| Anime in my life 1号店 | 2012/10/15 8:56 PM |