<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙兄弟 第28話「ドーハのきせき」

第28話「ドーハのきせき」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


打ち上げ4日前。六太たち家族は、月へ向かう日々人たちと
出発前最後の食事をするため、ケネディ宇宙センターへ
来ていた。そこで六太は、日々人に一枚のDVDーRを渡す。
ケースに張られたラベルには、
『2006年ドーハのきせき さつえい 南波日々人』と書いてあり、
なんとそれにはUFOの証拠映像がしっかり撮影されていると
いうのだ。日々人にとっても大事な思い出の映像、
一体どんな経緯で撮られたものなのだろうかーー?




「1993年10月28日

 サッカー日本代表は

 あとちょっとのとこで

 悲願のワールドカップ初出場を逃してしまった。

 これ いわゆる『ドーハの悲劇』。

 日本中が ふか〜い溜息を

 はきまくったのと同じころ

 私 南波六太は生まれた。

 つまりは『ドーハの悲劇生まれ。』。

 そんな私にとって あのDVDは・・。」


ヒビトに月へもっていってくれとたのんだのは
「すげえもんがうつってる」とヒビトがいうDVD-R。

光るあれをみたくてビデオにとろうと思って
ヒビトが毎晩高台にかよっていたころ
ムッタは

「強いやつは手を出さない。

 だから お前は手を出すなよ。」


と何度か言うように。

「これが 大事なもの か。」

と渡されたDVD-Rを手にするヒビト。

回想。

ムッタは顔やからだに怪我のあと。
ヒビトには電柱にぶつかったとか
転んだとかいっていますが
UFOをみたというのをうそつきよばわりされて
いじめにあっていました。
それをみかけたヒビトが出ていこうとして

「おまえは手だすなよ ヒビト」

という兄の言葉を思いだし
足をとめました。

兄がやられるのをただみているしかできず
にぎりしめたこぶし。

JAXAでは星加さんがランチ中。
幼いころの南波兄弟を思い出しながら
ヒビトのニュースをみていました。

『いよいよ あのツンくんが月へ』

ヒビトがどのようにして月へいくかと
解説するテレビ。

またまた回想。

シャロンの家におじゃましたのはヒビトひとり。
UFOの写真とかビデオない?とたずねますが
持っていないとのこと。

写真はないけれど何度かUFOをみたことはあるという
シャロン。さすが。

ヒビトは兄のためにがんばっているらしい。

おやつにもらったマカロンをたべながら
公園で他の子がとばした紙飛行機をみて
なにやら思いついた様子。

「そうだ!」


アメリカ。
宇宙飛行士たちと家族のガーデンパーティー。

ローリーに日本一かっこいい日本語を

「夜露死苦」

と教えるムッタ・・。


ヒビトのバディから、あのDVDに
UFOがうつっているってほんとかと
きかれました。

あれはもともとヒビトがとったもの。

「中にははっきりと

 UFOがうつってる。」


みたいという声に

「月面基地でみればいいよ。」

というムッタ。

回想。

牛乳パック?ラップ、電球に
植木鉢の鉢にティッシュの箱
時計の電池。

いろいろなものがなくなっていました。

ヒビトがなにかやっているのは気づいていても
気にしないことにしたムッタ。

そしてムッタの13歳の誕生日。

ヒビトは朝からねむそうで目があいてない。

「ヒビト お前 今日なんの日だか知ってるか?」

「ああ メリークリスマス」

・・。

ムッタが帰ると父と母にクラッカーででむかえられ
大きなケーキと手巻きずしの準備が。

だけどヒビトが帰ってこない。

「帰ってきたら 父ちゃんが

 ガツンと言ってやる。」

そしてヒビトがようやく帰宅。

食卓にありつくまえに母が待ったをかけました。

「ちょっと お父さん

 言ってやって!ガツンと!」

「ヒビト・・ガツン!!」

ほんとにガツンwww

いちおうごめんなさいといい
そのまま食事開始。

おなかいっぱいで部屋にもどると
ヒビトがDVDをくれました。

「誕生日おめでとう!

 ばっちり撮れてるよ。」


「ドーハのきせき さつえい 南波日々人」

とかかれたDVD。

「もう 悲劇の日じゃねえぞ〜。

 ムっちゃんの誕生日のキセキだよ。

 やつが出た!」


UFOがばっちりうつってるいるらしい。
はりきってDVDをみるムッタ。

でもこのUFO・・
つるしてある糸がみえて手作り感満載。

「これで大丈夫だ ムっちゃん。

 もう いじめにあったり

 電柱にぶつかったりしなくなるよ。」


「なんのこことだか・・わかんねぇな。」

『その夜 押し入れから

 つりざおにつながれた

 手作りのUFOを発見した。』


中には豆電球。

ムッタがUFOをとばして撮影している姿を
思い浮かべるムッタ。

『この映像をみても

 自分以外は 糸に気付かないだろうと

 素でおもいこめるほど 抜けている。

 それがヒビト・・俺の 弟。』


翌日、もうUFOは撮れたから
高台にいかなくていいという兄をみて
笑顔になるヒビト。

現在。

ギターを弾くヒビトをみながら
また思い出すムッタ。

いじめっ子たちになんでDVDをみせないんだ
というヒビト。

「とったんならはやくみせろっつってんだよ UFO

 どうせちゃっちいつくりもんだろ。

 くっだらねえ。」

「あのな ヒビト。

 お前は手ぇ出すなよ。

 強ぇんだから。

 むかつくやつがあらわれたら

 かわりに俺が 頭だしてやる!」


ムッタが頭突きをきめました。

『ヒビトが撮ったUFOは

 ニセモノだったわけだが

 やつが本気でつくったニセモノだから

 俺は大事に受け取った。

 ヒビトはどっかぬけている。

 それが 俺の弟。

 日本人として はじめて月に立つ男。』


 
 

いい話だなーー。

お兄ちゃん思いの弟と
あくまでも弟を守る立場の弟思いの兄。

こんなプレゼントもらったら
そりゃあ宝物になりますって。

ふたりそろって宇宙に行く日がはやくみてみたい。







南波六太  平田広明
南波日々人 KENN










2012.10.14 Sunday 14:51 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 仮面ライダーウィザード 第7話「思い出を買うために」 | main | マギ 第2話「迷宮組曲」 >>









宇宙兄弟 第28話 あらすじ感想「ドーハ...
「すげぇもんが写ってるんだ----------」2006年夏。光るあいつを見たくて、毎晩ビデオを持って通ったあの高台。あれから3ヶ月。あいつは現れない。そしてその頃・・・。「強い奴は手を出...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/10/14 4:23 PM |
宇宙兄弟 第28話 ドーハのきせき
1993年10月28日、サッカー日本代表はあとちょっとの所で悲願のワールドカップ初出場を逃してしまい、ドーハの悲劇と呼ばれる日。 日本中が深いため息を吐きまくったのと同じ頃、六太 ...
| ゲーム漬け | 2012/10/15 7:19 PM |
◎宇宙兄弟#28『ドーハのきせき』
|ドーハの悲劇、ムッタは生まれた。あのDVDは‖ヒビ:どうすんの?‖ムッタ:月の基地に置いてくればいい。数年後に自分の手で持って帰る‖ヒビ:すげーものが写ってるんだ↓...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/01/25 9:41 PM |