<< December 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マギ 第2話「迷宮組曲」

第2話「迷宮組曲」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


迷宮に入ったアラジンとアリババに、数々のトラップや
危険な迷宮生物が襲いかかる。アラジンが呼び出す精霊
「ウーゴくん」によって撃退するも、アラジンの体力は限界に…。
その姿をみたアリババは、アラジンと心から向き合う事を
決意する。一方、アラジンをつけ狙っていたチーシャン領主
・ジャミルも、戦闘能力の高い奴隷、モルジアナ、ゴルタスを
引き連れ迷宮へと向かう。
さらなる危険が二人に迫ろうとしていた…。



アラジンとアリババはアモンの入口へ。

ちょっとでもふれたら迷宮にひきずりこまれ
戻って来れない。
ひきかえすならこれが最後のチャンスと
意志をたしかめるまもなく触れてしまって
明るい光の中へ。

青い地球みたいなものがみえたのも一瞬。
またひきずられるアリババ。

水の中にいて息が苦しくて目をさますと
そこは池みたいな水の中。
そばには骸骨も。
そしてアラジンが浮かんでいました。
アラジンをだきあげたときに近くが爆発。
水じゃなく燃える水・・石油か。

おどろくアリババ、すごいなとほほえむアラジン。

「これがダンジョンなんだね。」

ジャミルは部下たちにとめられながらも
ずっとこれをまっていたと迷宮へ。

ダンジョンのしかけから逃げるふたり。
アラジンはおなかがすいて力不足のため
ウーゴくんはだせないらしい。

一瞬、アラジンが虫になったかとおもったら
大きい虫に頭をたべられてた・・・!

アリババがアラジンを助け虫と戦うと
虫のからだがとけてひとかたまりになり
別の化け物になりました。

火を吹く怪物からかくれ
アラジンが笛をふきウーゴくんを呼び出しました。

「もう 奥の手をつかうっきゃないよね。」

さらに笛をふくとウーゴくんも不思議な光をだして
化け物を撃退。

でもアラジンは力をつかいはたして
気を失ってしまいました。

アラジンに水をのませ介抱するアリババ。

『ずっとたよりっぱなしだったもんな。』

そばにあった笛をふいてみますが音はしない。
笛には不思議な模様。

アラジンのことを何も知らないけど
自分もしゃべってないからなと思うアリババ。

でもダンジョン攻略は独りじゃできないから
ちゃんと自分の事情をしゃべっておくべきと
決意しました。

そこにジャミルが部下とともにはいってきました。
あの奴隷の子モルジアナもいっしょ。

アリババには目もくれず
まっすぐアラジンのところにいくと
アラジンのことを

「マギ」

とよぶジャミル。

アラジンをつれていこうとするのを
アリババがとめると部下にとめさせました。

アリババがそれをふせぐと
その奴隷を罰として剣でつつく危なさ。
そしてアリババの強さをみこんで
いっしょにこないかと誘いました。

領主という地位に不満を持ち
ダンジョンを攻略して
自分の国を持つという野望を
もっているらしい。

ダンジョンにかいてあるトラン語を読めるアリババ。
よほど高い教育を受けないと読めないそうですが。

ジャミルの訳があやしいのをみて
嘘の訳をして賭けに出るアリババ。

今言おうと思ってたのに・・と
剣先で突く領主、やっぱり危ない。

アラジンを救うために
ダンジョンをすすむアリババ。

「竜巻とおどれ」

火を避けて前にすすみ
スイッチをいれると火は消えました。

領主たちは渡ってきますが
アリババは火につつまれてそのまま・・。

背負われていたアラジンが目をさまし、
アリババの行方をたずねました。

アラジンを助けたというジャミル。
アリババもきっと探してあげると大ウソ。

いっしょにいるのは奴隷。
北方の遊牧民族出身の強いゴルタスと
南方の暗黒大陸に住んでいたという
狩猟民族の末裔 モルジアナ。

「ふたりとも 高かったんだよ」

と笑顔で話すあたり、領主としては
これが普通なのかもですが
アラジンのウーゴくんは奴隷じゃなく友だち。

そんなことより先へいこうというジャミルですが
入口は3つ。
ゴルタスをつれて領主自ら進む間
モルジアナとアラジンに待っているようにと
ふたりにしていきました。

アラジンはモルジアナを笑わせようとしますが
モルジアナは無視。
でも「領主さま」に笑った!

つい笑ってしまったモルジアナに
暗黒大陸のことをたずねるアラジン。

でも暗黒大陸とは未開発という
意味でつけられた蔑称で
ほんとうはカタルゴという国の出身。

ちゃんと村もあって太陽がきれいで
おいしい果物も動物もたくさんあるはず。

そこにつれてってよというアラジンに
奴隷なのでどこにもいけないというモルジアナ。

鎖をきっても何をしても
あの領主さまからは逃げられない。

「お姉さんにそこまで言わせる

 見えない鎖を

 領主さまがもってるんだね。」


モルジアナはアリババが出来ない無茶をして
死んでしまったと告げますが
そのとき上にいたアリババと目があうアラジン!

そこへ洞窟の中の化け物に苦戦した
ジャミルが戻ってきました。

アリババは姿をあらわし
嘘の文章をおしえたと告げ
アラジンとともに魔法のじゅうたんの上。

「また あおうお姉さん。

 見えない鎖が切れたら

 いっしょに太陽をみにいこう。」


アラジンにそう言われ
一瞬、故郷の南国に心がとびますが
領主に言われてあわてておいかけるモルジアナ。

ふたりが逃げるとモルジアナを足蹴にして
怒り狂うジャミル。

真実の扉の前にたつふたり。

独りじゃあけられない。

「僕たちふたりでよかったね。」

ふたりで手をあてて

「開け!ゴマ!」

というと扉が開きました。

建物は消え高い塔の上にいたふたり。
あたりには街並みが・・。



さっそく迷宮へ。
けっこうな化け物がでて
アリババひとりじゃどうみても無理そう。
あの領主もあれだけたくさん護衛をつれてきたのに
今そばにいるのは二人だけ。
ダンジョンというだけはあります。

アラジンをマギとよぶ領主は
アラジンの正体をしってるようですが
アリババを見捨てようとしたり
モルジアナたち奴隷への扱いをみたら
アラジンに友達になりたいと思ってもらえるとは
とても思えない。

アリババは思ってたより出来る子だったりします?





アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジュダル…木村良平
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之





2012.10.14 Sunday 18:10 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< 宇宙兄弟 第28話「ドーハのきせき」 | main | ジャンプ46号感想 >>