<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マギ 第3話「創世の魔法使い」

第3話「創世の魔法使い」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


やっと再会したアラジンとアリババ。
しかし、奴隷を人とも思わない非道なジャミルは、
ゴルタスを炎の罠避けに使い、すぐにアラジン達に
追いついてしまった。さらに、桁外れの戦闘能力を発揮する
モルジアナを前に、倒れるアリババ。すると、アラジンが
今までとは違う、不思議な力を解放する。その力の片鱗をみた
ジャミルは、歓喜の声で彼を呼んだ。
「王を導く者。偉大なる創世の魔法使いーマギ」と。



アラジンとアリババが出た高い場所からは
街がみわたせ遠くには火柱がみえ
そこはジャミルたちのいるところでした。
アリババたちに騙されたのを
モルジアナのせいだとあたりちらして
蹴り飛ばすジャミル。

魔法のじゅうたんにのって移動するアラジンたち。

頑丈な部屋の外には無人の街 ネクロポリスがあると
昔ウーゴくんに話をきいたそう。

ウーゴくんはなかなかハンサムだそうで
顔をとりかえしたら紹介してくれよと
約束するふたり。

建物の中にはいっていくと
ひどいけがをして倒れてきた男はゴルタス。
そしておそってくるモルジアナ。
そしてジャミル。

あいかわらず身分差別発言。

アラジンをおいかけようとするアリババをとめ
迷宮の化け物におそわれたのは
全部おまえのせいだとやつあたり。

でもダンジョンの中は地位も血筋も関係ない。

ますます怒ったジャミルは
アリババを王宮剣術でいたぶって殺す気。

しかしアリババもなかなかやる。

アリババもしっかりとした王宮剣術を
ならったことがあるようです。

「お前は誰だ?!」

昔のことは忘れたはずだったのに
体がおぼえてるんだなと思うアリババ。

ジャミルの助けろという声に
遠くから一瞬でやってきたモルジアナ。

こんな領主に従わなくても
もう自由になれるんだと手をさしだす
アリババを倒すモルジアナ。
さっきのぶんも恨みをこめて
アリババを足蹴にするジャミルは
モルジアナにアリババを殺すよう命令しました。

奴隷になってからの記憶がフラッシュバック。

「殺せ・・殺せ・・殺せ〜!」

アリババに剣をつきつけるモルジアナ。

「殺れ。」

迷いながらもモルジアナが剣を刺そうとしたのを
邪魔するアラジン。

ルフが蝶のようにとんでいました。

アリババのところにやってくるアラジン。

「僕の笛 返してよ」

と二度言ってもジャミルはきかず。

「かえして」

というとルフの力をかりて
不思議な力が・・。

『先生のいったとおりだ。

 僕を導く・・
 

 創世の魔法使い マギ!』


ジャミルの先生が、自分が去った後で
ダンジョンがあらわれ少年がやってくると
予言していました。

その言葉のとおりだと思うジャミル。

戦闘民族 ファリナスの末裔
モルジアナをつかって
自分の配下になれと脅しますが
モルジアナの力ですらアラジンにはかなわない。

笛を返してもらったあと
ジャミルから

「僕を王にしてくれるんだろ?」

ときかれました。

王になるために人をつかい
街を栄えさせてきた、僕はすごいというジャミルに
なんのことかわからないけど
あなたはそんなにたいした人じゃないと思うと
冷たいアラジン。

そしてアリババにいっしょにゴールをめざそうと
手をさしのべました。

するとでてきた大きいジン アモン。

そこにいたみんなをみおろし
アラジンにむかって

「これはこれは・・マギよ」

と挨拶しました。

するとウーゴくんがでてきて
なにやら説明し
(まわりのものには聞こえない。)
アモンがアラジンとアリババを
ダンジョンクリアを認めてました。

アモンに挨拶するアラジン。
アラジンのことをマギとよび
マギとは何かたずねるアラジン。

マギとは王の選定者。

いつの世も 王は魔法使いが選ぶもの。
王となるものをさがし導いて
鍛えられる賢者がマギ。

「愛しきソロモンのうつしみよ

 それが あなた様なのですよ。」


アリババはお宝に目がくらんでいて

「なぜあんな小僧にしたのですか」

と言われている・・・。

さらにアラジンが質問しようとしたら
何ものかが道を閉じようとしていると
いそいでアモンがひらいてくれた
帰り道にとびこむことに。

動こうとしないモルジアナに
アラジンたちがよびかけても動かない。

するとモルジアナの手をひくゴルタス。

たくさんの人を殺めてきたジャミルは
ここを出るべきではなく
自分もそうだけど、モルジアナはそうじゃない。

「国へ 帰れ・・モルジアナ。

 それが 俺の 最後の望み。!」


と、ゴルタスがモルジアナの足の鎖を
壊してくれました。

もう精神崩壊状態のジャミルを
かついでいくゴルタス。

迷宮がくずれつつあり
外に出るアラジンたち。

外にいたのはマギのジュダルと
かぶりものをした男。

外へでる途中のアラジンとアリババ。
そばには気を失っているモルジアナも。

アリババは財宝をもとでに
シンドリアで一旗あげて
シンドバッドドリームを実現させるつもり。
でもその前にバルバッドという街に行き
用事をすませるとのこと。

アラジンがいなかったから
ダンジョンクリアもできなかった
それ以前に攻略にすらこなかった、
いざとなると 足がすくんで
それでひどい失敗をしたこともある。

「まあ 単に 卑怯者ともいう。」

「そんなことないよ。

 君は 勇気ある人さ」


といってくれるアラジン。

自分の夢や名誉はどれだけ笑われても
我慢していたけど
他の人の命の価値をバカにされたときは
本気で怒り自分の身を投げだすことも
ためらわなかった。

「僕 あのときからね

 君のことが大好きになったんだ。

 大丈夫。

 君は卑怯者なんかじゃないよ。

 君は勇気のある人だよ 絶対に。

 だって君は 僕の尊敬する

 友達だからね。」


嬉しい言葉をいってくれるアラジン。

世界にはもっと楽しいことが
いっぱいある、だから一緒に
見に行こうというアラジン。

「楽しみだね

 一緒に行こうね アリババくん

 約束だよ。」


とアラジンも約束。

気がつくと街の郊外にいたモルジアナ。

迷宮のあとにお宝とともにでてきたアリババ。

「すぐにお前もくるよな。

 待ってるぜ アラジン!」


アラジンはどこかの草原にいました。




最初のダンジョンクリア。
アラジンとアリババの友情も
いっそう深まりました。

ジャミルはこれでおしまいか。
あんな下衆男が王に選ばれるはずが
ないではないの・・。
奴隷とはそういうものだとしみついているんでしょうが
自分より下の者に対する態度は最悪。

ジンがでてきてちょっとだけ
マギについて説明してくれましたが
ほんとにさわりだけ。
アラジンって人間??

モルジアナを外にいかせるゴルタスのには
しんみり・・。すでに重傷をおっていたのかも
だけどゴルタスだって故郷に帰らせてあげたかった。





アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジュダル…木村良平
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之





2012.10.21 Sunday 17:50 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 悪夢ちゃん 第2話「チー夢」 | main | ジャンプ47号感想 >>









「マギ」第3話
  第3夜「創世の魔法使い」「ゴールを、目指そう!」外に出たと思ったら、まだダンジョンの中で…空飛ぶ絨毯に乗りながら、アラジンは、ここはネクロポリスだと告げる地上に降り...
| 日々“是”精進! | 2012/10/21 7:43 PM |
「マギ」第3話
ダンジョンクリア… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201210210002/ マギ 1 (少年サンデーコミックス)大高 忍 小学館 2009-12-18売り上げランキング : Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 日々“是”精進! ver.F | 2012/10/21 7:43 PM |
◎マギ第3話「創世の魔法使い」
アリバ:外にでちまったのか?アラジ:まだ、ダンジョンの中だよ・・・ジャミル:何が起こったんだ?この能無しが! アリバ:ここはなんなんだろう?アラジ:ネクロ...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/02/02 11:23 PM |