<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リトルバスターズ! 第5話「なくしものを探しに」

 第5話「なくしものを探しに」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


リトルバスターズ、野球の練習をしてました。
小毬ちゃん・・まったくセンスない。
ボールのありかがわからず
来ヶ谷さんがおしえてくれました。

今日の練習はここまで。

「鈴ちゃんも唯ちゃんも おつかれさま〜。」

「うん。小毬くんは 元気がいいな。

 お姉さんが なでなでしてやろう。

 して 唯ちゃんとは どこに?」

「来ヶ谷唯湖。」

「何?!私か?

 それならせめて 来ヶ谷ちゃんと呼んでくれ。」

「唯ちゃんは 唯ちゃんなのです。」

「ええい。だったら君を コマリマックスと呼ぶぞ。

 どうだ?恥ずかしいだろう!」

「うん。いいよ。」

来ヶ谷さんも小毬ちゃんにはかなわない。

鈴は小毬ちゃんと呼べるようになったのかといわれ
やっぱり恥ずかしくて理樹の後ろにかくれる鈴。

「これ 呼んでみて。鈴ちゃん。」

と言って「こまりちゃん」とかいてある紙をみせる小毬。

でも鈴は逃げようとして来ヶ谷さんにつかまりました。

「自転車で 人をおいこすとき

 ほんの少し 力をこめるだろう。

 その程度のがんばりでいいんだ。さあ。」

「こ・・こっこっこ・・こ・こまだ!」

「誰だ?それ。」

「元巨人か?」

「私 元巨人じゃない〜〜」

といってしまう小毬が転んでしまい

「大丈夫?小毬ちゃん。」

といってしまう鈴。

小毬ちゃんて呼べました!

『小毬さんの笑顔は ひだまりのようだった。

 こうしているときは

 忘れているのだろう。

 夢の中にだけでてくる お兄さんのことを。

 小毬さんのお兄さんは
 
 本当に存在しているのだろうか。

 それとも・・。』



OP


小毬さんがまた昨日お兄ちゃんの夢をみたと
理樹と鈴に話しました。
白いヒラヒラが光ってて青空に近い場所で
小毬と呼んだおにいちゃん。

「お兄ちゃんは今 

 どこかで私をさがしてるのかなあ。

 だから 夢の中で 私を呼ぶのかもしれないね。」

白いヒラヒラ、青空に近い場所ときき
病院の屋上を思いだす理樹。

「小毬さんのお兄さんは 入院していたんじゃ?
 
 そして 亡くなった・・。」

「違う!きっとまだ生きてる!」

「そうだったら 僕も嬉しいけど。」

「理樹 なんとか探せないのか?

 お兄ちゃんを。」

理樹はまた老人ホームにいく
小次郎さんの部屋へ。
ドアをあけるとまたどなられた。

もう一度元気な声で元気な挨拶をやりなおせ
といわれ今度はOKがでました。
小次郎さんもごきげん。

さっそく用件を切り出す理樹。
小毬さんのおにいさんについて
知っていることをおしえてほしいといいますが
おにいさんは入院していて
そのあとどうなったかはたぶん理樹の思うとおり。
そのことを彼女には伝えるなという小次郎さん。

「親切心のつもりなら それ以上かかわるな。」

「でも 小毬さんはなぜ そのことを

 誰にも知らされていない・・」

「かかわるなと言ったぞ。」

これ以上は話さないと言われてしまいました。
答えてくれたのは先日の掃除のお礼。

「ありがとうございました。

 今度は こんな話をしなくていいときに

 でなおしてきます。」

その夜、寝られずに考える理樹。

『小毬さんのお兄さんは 

 やはり亡くなっていたんだ。

 でも なぜ 小毬さんは お兄さんがいたことを

 覚えていないし 亡くなったことを

 誰にも知らされていないんだろう?

 悲しむから?

 たぶん そんな理由だけじゃない。

 何かがかくされているんだ。

 小毬さんが知らない秘密が。』


部屋からでて自販機で飲み物を買って帰る途中
小毬さんが校門から入ろうとしているのを発見。

ちょっとおなかがすいて買物にいってきただけらしい。
怒られると思ってごまかしたつもりらしいけど
まったくごまかせていない。

今夜はお菓子を食べながら朝まで起きているから
買い出しに行ったようで。

「流星群がくるのよ。
 
 お部屋の窓からでもみえると思うのよ。

 そうだ。理樹くんがいてくれるなら

 あそこがいいや。

 流れ星をみましょう。

 お星様に近い場所で。」

笑顔。

いつもの屋上にあがると
星空がとてもきれい。

流れ星が流れた時
3回願い事をしたら叶うという小毬さん。

「流れ星が流れるようにって

 何にお願いすればいいのかなあ。」

理樹もおなじことを考えてたそうで。
せっかくだから高いところに登ろうとして
今日はクマさんパンツだからと・・
パンツの柄をきいていないのに告白・・。

星空をバックに缶コーヒーと
おかしで流れ星を待つことに。

「パリパリやりながら 

 流れ星を見ましょう。」

「生まれて初めてだよ。

 流れ星なんてみるの。

 今まで 興味もなかった。

 小毬さんは やっぱり

 みつけるのがうまいんだと思うよ。」


「何を?」

「素敵なこと。

 小毬さんの目は 普通の人より

 いろんなものが みえるみたいだね。」


「私は普通だよ。

 理樹くんの目だって

 ほんとは もっとよくみえるんだよ。

 お願い事おもいついた。」

流れ星が流れました。

「理樹くん

 あなたの目がもう少し

 ほんのちょっとだけ

 みえるようになりますように。」


お願いする小毬。
そして流れ星2つ目。
そして3つめ。
理樹もお願い。

「リトルバスターズのみんなが

 幸せになりますように。」


小毬さんもいっしょ。

「みんなが大好き。

 みんなといて楽しいのは

 みんなといるの お互いに幸せに思うから。

 そんな幸せがいっぱいあるから

 楽しいのです。」


ポテトチップは空に。
小毬さんは眠ってしまいました。

『小毬さんが 小さな寝息をたてている間

 6つめの流れ星が流れた。

 僕は願った。

 隠されている秘密が

 悲しいものではありませんようにと。』


目を覚ました小毬さん。
7つ目、8つ目の流れ星が流れました。

「7つ目が最後だと思ったのに

 もう一個 消えちゃった。」

マッチ売りの少女の話を思い出した小毬さん。
マッチ売りの少女の命が流れ星といっしょに
きえていくのが、目が覚めてお兄ちゃんの
夢がきえていくときのよう。

『小毬さんは こころのどこかで

 感じ取っているのかもしれない。

 おにいさんのこと。』


小毬さんがそのあと

「ねえ 理樹くん 今度の土曜日

 あれですよ。え〜と え〜と

 私とデートいっちゃう?」

と誘いました。

「ちょっと遠くへ 探しにいくのです。

 なくしたものを。」


「なくしたもの?」

「私の思い出。」


CM


そして土曜日。
小毬さんはフリフリのかわいいドレス。

「さあ いきましょう。

 なくしものをさがしに。」


昔このあたりに住んでいたけど
そのときのことをよくおぼえていないそう。

「忘れたくないものや

 忘れちゃいけないものまで忘れるって

 すごく悲しいことだよね。」


『小毬さんは 

 おにいさんのことを思い出すために

 ここにきたんだ。』


病院がみえました。
お兄さんがなくなった場所?

きれいな湖がみえて歓声をあげる小毬さん。

ふたりでボートにのりました。
水の底をみえないという小毬さん。

『記憶の底をみようとする

 さみしい目だった。

 よく見える小毬さんの目でも

 それは どうしてもみえないみたいだった。』


「やっぱりさ 思いだしたい?

 おにいさんのこと。」

「なくしものはさみしいよ。

 使い古しの消しゴムをなくしてしまっても

 私は一晩 しょんぼりしてしまいます。

 だから私は探すんだ。」

「探さなくて いいんじゃないかな。

 おにいさんは ずっと夢の中にいる。

 それでいいんじゃないかな。」

「そう・・かな。」

「だったら 理樹くんが

 私のおにいちゃんに

 なってくれないかな。」


隣、すわっていいかなと移動しようとして
転んで理樹のところに倒れこんできた小毬さん。
あわてて離れました。

暗くなってから帰ってきて学校までの道で
雨が降ってきました。
雷もなって耳をふさいでしゃがんでしまう小毬さん。

「怖いのと辛いのは嫌いだよ〜。」

「コンビニで 傘でも買ってこよう」

側溝にたおれている子猫を発見。

「動かないよ。
 
 どうして 動かないの。」


小毬さん、一瞬 固まって
その場にすわりこんで泣きだしました。

病院にいたおにいちゃんの記憶。
いっしょに屋上からみた星空。

「おにいちゃん 病気なおったら

 あのボートに乗ろうね。

 約束だよ。」


よみがえった記憶。

「いいかい 小毬。

 全部 夢なんだ。

 夢なんだよ。」



お兄ちゃんは妹を悲しませないために
自分が亡くなる前に全部夢だと
いいきかせていたってことか。

それでも全部忘れきることはできず
記憶の底にかすかに残るものが
悲しみを誘うのだとしたら
やっぱりちゃんと覚えてて
受け入れて行った方がよかったのかも。

小毬ちゃんの言動のかわいさに
毎週癒される・・。


直枝理樹  堀江由衣
棗鈴    たみやすともえ
棗恭介   緑川光
井ノ原真人 神奈延年
宮沢謙吾  織田優成
神北小毬  やなせなつみ
三枝葉留佳 すずきけいこ
能美クドリャフカ 若林直美
来ヶ谷唯湖  田中涼子
西園美魚  巽 悠衣子
笹瀬川佐々美 徳井青空






2012.11.05 Monday 14:08 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ジャンプ49号感想 | main | テニスの王子様完全版 Season3 限定ピンズ付Special 9 >>









リトルバスターズ!#5「なくしものを探し...
星に願いを。消えてしまいそうな夢に届きますように。「なくしものを探しに」あらすじは公式からです。野球の練習中は鈴たちとじゃれあって楽しく過ごす小毬だったが、夢の中の兄の...
| おぼろ二次元日記 | 2012/11/05 3:03 PM |
◎リトルバスターズ!第5話なくしものを探しに
→練習恭介:今日はココまでにしておくか コマリ:おつかれさま>ユイコ:元気がいいな、お姉さんがナデナデしてやろう ユイちゃん>ユイちゃんはどこに クルガヤユイコ>...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/03/06 12:16 AM |