<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マギ 第6話「戦闘民族ファナリス」

第6話「戦闘民族ファナリス」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


アリババによって奴隷の身分から解放された
戦闘民族・ファナリスの少女、モルジアナ(声・戸松遥)は、
恩人ゴルタスの言葉を胸に、故郷カタルゴへ帰る事を
決意する。それから半年。カタルゴへ唯一向かう船が
出ているバルバッドを目指すため、モルジアナは
ライラとサアサの所属するキャラバンに入って旅をしていた。
しかし、バルバッドへの一本道には、奴隷商人と結託している
盗賊団が住みついており…。





市で声をはりあげるライラ。
サアサもいっしょ。

モルジアナはこのキャラバンといっしょに
旅をしているようで
もう知り合って半年たつらしい。

バルバッドをめざしている馬車だとしって
その前にとびだしたのだそうで
のせてもらったお礼をひれ伏していうモルジアナ。

でもモルジアナはバルバッドへむかうのが
目的ではなく
あくまでも恩人ゴルタスとの約束のため
故郷へ帰るつもり。

街はなんだかいつもと様子が違う。
バルバッドの内紛のせいで
盗賊がまぎれこんでいるらしく
奴隷をひきつれて歩く奴隷商人をみて
厳しい顔つきになるモルジアナ。

鎖のあとがまだ消えないモルジアナ。

「人下を鎖でつなぐなんて

 誰が思いついたのかしら。」

ジャミルに奴隷として扱われた記憶が
いつまでも消えず夢にみてうなされました。

ライラが心配して声をかけてくれ
いい薬草があるとさがしてくれるライラに
また頭をさげてお礼をいうモルジアナ。

そんなモルジアナにモルジアナもキャラバンの仲間だし
砂漠で行き倒れていた自分を助けてくれたサアサと
不思議な少年が恩人だというライラ。

「でも そんなふうに

 いろんな人にたすけられて

 私はここにいる。

 だから 今度は 私が サアサと

 このキャラバンの仲間たちを

 守る番なんだ。」

その話をきいていてお礼をいうサアサ。
やさしくて仲間思いのライラとほめられて
照れるライラをほほえましく見守るるモルジアナ。」

盗賊団が出るためバルバッドにはいかないと
きかされるモルジアナ。
バルバッドから船がでているそうですが
盗賊団は凶暴でとれも無理なのだそう。

モルジアナはその盗賊団をぶっつぶすつもり。

あの奴隷商人ファティマーが
盗賊団の砦にいっしょにいました。

一人で乗り込むモルジアナ。

道が通れなくて迷惑しているから
ここから出て行ってくださいと
真っ正面からいいそのあとは実力行使。

大男相手にもひけをとらない。

モルジアナをみて
最強の戦闘民族ファナリス!と
目を輝かすファティマーは
頭領にあの子をもらっていい?とたずね
モルジアナの前に。

「私は 奴隷商人よ。」

昨日のことを思い出すモルジアナ。
砂漠カラスの爪の毒で眠らされてしまいました。

「捕獲完了。おやすみ お嬢ちゃん。」


ジャミルに打たれたときのことを思い出すモルジアナ。

「いやっ・・やめて・・たすけて。」

そばに心配そうにのぞきこむ女の子ナージャ。

バルバッドに住んでいたのに
つかまったらしい。
このあと奴隷にされてしまうとナージャにいうモルジアナ。

奴隷市場で競売にかけられ
鎖につながれ 死ぬまでこきつかわれ
逃げられない・・。

それをきいて怖いよと泣きだしてしまうナージャをみて
幼い時の自分のことを思い出し
自分がここから連れ出すから
あなたは奴隷にはなりませんと
なぐさめるモルジアナ。

ライラたちはモルジアナがいなくなって
助けに行こうとしますが、キャラバンの仲間に
とめられました。
でも傭兵を頼んでくれていた?

ナージャが高熱をだし、ファティマに訴えると
砂漠ハイエナの餌にされることに。
価値のない奴隷の扱いがひどすぎる。

モルジアナが抵抗しても足かせが外れない。

こんなときもジャミルの声を思い出し
絶望しそうになるモルジアナに
ゴルタスの声がきこえました。

「君の力はそんなものか?

 その足かせをはずすこともできないのか?」


ルフたちの中にゴルタスの姿がみえました。

「君の鎖は もうとれたはずだよ

 モルジアナ。

 君はもう 昔とは違う。

 奴隷の身分から 解放された。

 君を本当に縛っていたものは

 もう 何ひとつない。

 ただ 過去の恐怖だけだ。

 そして それは勇気で簡単に断ち切れる。」


足かせをはずし
ナージャを助けるモルジアナ。

「それだ。モルジアナ。

 君を縛るものなど

 この世に 何一つない!!」


ものすごいパワーをみせるモルジアナ。

ファティマが獰猛なマウレニアサーベルタイガーを
ときはなちました。
こわがるナージャに

「全然大丈夫よ」

というモルジアナ。

『そう 大丈夫

 なぜなら 私の脚は・・

 体は・・ 誰よりも 何よりも 速い!

 鋭い!そして 強い!!

 私はファナリス。

 大陸の覇者 最強の戦闘民族。』


ファティマをおいつめると
鍵を要求しました。
奴隷のくせに情けなんかかけてというファティマに

「私はもう 奴隷ではありません。」

ときっぱり。

ナージャも両親と再会。
そしてその中にアラジンもいました。

大きな岩をおとされ
気づいたらつかまっていたそう。
笛も手元に戻りました。

そこへキャラバンのみんなも助けにやってきますが
ウーゴくんがもう暴れてた。

ライラの胸にだきつくアラジン。
ライラがあった不思議な少年とはアラジンのこと。
アラジンのおっぱい好きもあいかわらず。

モルジアナがバルバッドへいくときき
アラジンが一緒にいこうと誘いました。

別れる前にみんなで宴会。

「あのね 

世界は実はつながっているんだって。

 だから たとえ離れてしまっても

 みんな ひとりじゃない。

 大切な人とは いつまでも

 ずっと どこかでつながっているのさ。」


『あのとき・・

 たしかに 

 ゴルタスの声がきこえた気がした。』


キャラバンと別れて
モルジアナといっしょにバルバッドをめざすアラジン。

でもモっさんという呼び名はあんまりだ。





奴隷として受けた恐怖と屈辱は大きく
なかなかその記憶が拭われることは
ありませんが大事な仲間の言葉が
自分を強くしてくれる。
ジャミルは最低なやつだったけど
ゴルタスにひきあわせてくれたのだけは
評価できるか。

それにしてもモルジアナ、ホントに強い。
ファナリスかっこいい!



アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
シンドバッド…小野大輔
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之





2012.11.11 Sunday 18:13 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< 宇宙兄弟 第32話「入ってはいけない場所」 | main | ジャンプ50号感想 >>









「マギ」第6話
もう、奴隷ではない… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201211110004/ マギ 1(完全生産限定版) [Blu-ray]アニプレックス 2013-01-30売り上げランキング : 341Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 日々“是”精進! ver.F | 2012/11/11 7:41 PM |
マギ 第6話
今回は、モルジアナ(CV:戸松遥)が主役ですね。 アリババ(CV:梶裕貴)のおかげで、奴隷の身分から解放されたモルジアナは、故郷・カタルゴに帰るために、そちらの方へ旅しているキャラバンの仲間に入れて...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2012/11/12 2:34 PM |
マギ 6話「戦闘民族ファナリス」
恐怖を乗り越えたモルジアナ。 V.I.P(初回生産限定盤A)(2012/11/21)シド商品詳細を見る
| 新しい世界へ・・・ | 2012/11/13 12:13 AM |
マギ 第6話 「戦闘民族ファナリス」
モルジアナちゃん再登場♪  奴隷から解放されたモルジアナちゃんは故郷へ向かう。 カタルゴへ唯一向かう船が出ているバルバッドを目指しキャラバンに合流。 ライラとサアサという友達もできました。
| 空 と 夏 の 間 ... | 2012/11/13 12:14 AM |
奴隷はそんなんじゃない!『マギ』
「奴隷」の意味を理解できていない日本人、というのは他民族には信じてもらえないのも当然です。日本人以外の民族は歴史の重要なファクターに「奴隷制度」は欠かせません。アメリカ然り、中国、インド、ロシ...
| Anime in my life 1号店 | 2012/11/15 6:30 PM |
◎マギ第6話「戦闘民族ファナリス」
Πライラ:さあ、買った買った!お前がキャラバンにはいってくれてよかったよモルジアナ モル:はい>サアラ:もう半年たつのね 感謝しておりますorz>このままいてくれてもい...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/03/13 3:40 AM |