<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第5話「必死に頑張るのってカッコ悪いですか?」

第5話「必死に頑張るのってカッコ悪いですか?」





 小平丈太郎(生田斗真)が自宅で松本弘樹(柄本佑)、
大河内欣治(ミッキー・カーチス)と飲んでいると、
藤井順一(桐谷健太)がやってきた。さらにそこへ、
日下哲也(松重豊)が呼ばれ宴会は賑やかに盛り上がった。
 同じ頃、今井春菜(木村文乃)がサンリバーにいると、
森下彩花(香椎由宇)が入ってくる。その日の朝に、
松浦徹(岡田浩暉)といるところを見られていた春菜は
気まずいが、彩花は他言するつもりはないと言う。
それでも、相手は結婚している人なのかと聞くが、
春菜は答えない。
 夜、自宅にいた二階堂かほり(真木よう子)を
丈太郎が訪ねてくる。
宴会で高校時代にかほりと弘樹が付き合っていたと聞いた
丈太郎は、当時の写真を見せろ、とかほりをからかった。  
そんな折、丈太郎が商店街で買い物をしていると、
前を歩いていた男性が転倒する。
駆け寄った丈太郎に男性は大丈夫だと言ったが、
丈太郎は念のため
男性を病院に連れて行く。
男性は弘樹の父・明彦(日野陽仁)で、
診察したかほりになれなれしい態度で接する。
 数日後、順一は島田さより(国仲涼子)に電話をかけると、
地域おこし協力隊の仕事を手伝ってほしいと頼む。
さよりは、暇ではないと言いつつも時間を作り、順一とともに
古民家の掃除にやってくる。
 そんな頃、丈太郎は彩花をサンリバーに呼び出した。
丈太郎は、彩花に聞きたいことがあると言い…。




丈太郎にとれたて野菜をわけてくれるおばさん。

春菜は松浦といっしょに朝まですごし
車からおりたところを彩花が目撃。

かほりと弘樹。
この前後ろから抱きつかれたけど
弘樹が彩花と住んでいるとしっているかほり。

丈太郎や順一は救急マッサージの講習。
そのまでに人形をつかって弘樹が人工呼吸を
していたので間接キスが気になって
なかなかはじめない丈太郎・・。
でも当然ふいてもらえました。

丈太郎にこの前いいすぎたことをあやまる順一。
丈太郎のほうもあやまり、無事仲直り。

欣治さんをリハビリにつれていくと
弘樹もいれて今夜3人で飲もうと決定。
夜、鍋を囲んでいると順一もきました。
さらに日下さんも参加。

春菜の噂になり、春菜は父がきびしくて
今まで男とつきあったこともないという
ことになってました・・。

サンリバーにいた春菜。
そこに彩花がはいってきました。
今朝のことは誰にも言う気はないけど
そんなこそこそするようなこと?
と痛いところをつかれました。

男たちの会話。
順一は20歳のときにつきあったことがあるそうで
もう10年・・。
日下課長もモテ期があったそうですが
もてもてだったのは4番ピッチャー 松本弘樹。
あんなにモテたちになぜ彼女がかほりだったのか
ときいて、丈太郎はびっくり。

『ここでは 当たり前のことや

 誰でも知ってることを

 俺だけが知らないことがある

 それが最近 少し悔しい自分がいる』


かほりの家にいって外からよびかけ
かほりに弘樹のことをたずねる丈太郎。
酔ってるからかけっこううざいw

それより彩花のことなんだけどと
いわれても誕生日いつかな〜と
のんきな丈太郎。

丈太郎はお年寄りの家をまわって
商店街で買い物。
そのとき目の前でたおれるおじさんをみて
かけよりました。

そのおじさん 明彦をを病院につれてきた丈太郎。
診察室でかほりにすごく馴れ馴れしい。
そばに彩花がいるのに、あのまま弘樹と
かほりちゃんが続いとったら・・と超きまずい。
おまけに土下座してよりをもどしてくれと
たのみこみ・・。

会計しようにももちろんお金をもっていないので
弘樹にまわすようにいって帰ってしまいました。

彩花に昔のことだといいわけするかほり。
噂にはきいたことありますという彩花に
自分も二人がいっしょに住んでるのを
知っているというかほり。

昔の弘樹は明るくてみんなの中心にいるような
人だったのに・・とかほりがきいても
彩花はそっけない。

弘樹は家に帰り父に注意しますが
父がまた酔っぱらって逆ギレ。

母親も帰宅し、今月分とお金を渡して
弘樹は帰りました。

サンリバーに丈太郎と順一と春菜がいると
そこに弘樹もやってきました。

さらに彩花も。
春菜には松浦からメール。
かほりまでやってきた。

気まずいテーブル・・・。
順一だけ、浮いた話なし。

順一はさよりに電話して地域おこしの仕事を
手伝ってほしいとたのみ、さよりは
今日はパートが休みだけど暇ではない・・
といいつつ手伝ってくれることに。

古い民家を宿泊施設につかうのに
その掃除をすることに。

夜、まっくらになるころに
順一におくってもらうさより。

掃除して誰かに感謝されるのは初めてだからと
いうさより。

春菜は明日、短大のときの友達に
あいにいって泊まってくるかもと
パパのOKをもらうのに必死。

かほりは仕事も順調。
でもあいかわらず、いつか東京に
帰る人だと思われている。

丈太郎と彩花はまたふたりであって
まるで恋人同士のような・・。

彩花が帰宅すると弘樹が
弘樹父の治療費をはらったことを
勝手なことするなと怒りました。

おまえは俺のなんなんだという弘樹に
あなた、私のなんなの?という彩花。

かほりはまだ研究の夢をあきらめられず。
待ちに待ったメールがきましたが
これからも地元での活躍を期待という
無情なもの・・。

そこにまた丈太郎から電話。
彩花の誕生日が4月だったから
次にプレゼントを渡せるのは
クリスマスだと能天気な内容なので
かほりがいらつくのも当然。

順一に関口工務店がつぶれたという父。
この店はその工務店のおかげで
持ってたようなもの・・。

「お前のこと 東京や大阪に出すべきやったよ。」

「出ちょったらどうなるがよ?

 丈太郎もあんまり詳しく言わんけど

 東京の大学 出ても

 東京じゃ仕事がないけん

 ここに来たがやと思うよ。」


「それは頑張りが足りんかったからや。」

「違うちゃ。親父の同級生が

 東京に出てった時代とは違うちゃ。」

「何が違うがぞ?」

「昔は 頑張れば欲しいもんが手に入ったり

 夢がかなったりしたがやろうけど

 今は そんな時代じゃないがよ。」

「時代のせいやと?

 そんなの頑張らんやつの言い訳よ

 分かったようなこと言うなちゃ!」

「分かったようなこと言いようがは 親父やろ。

 田舎の高卒の俺も知っちょうよ。

 正社員になったら一生 安泰とか

 年功序列で給料が上がっていく時代なんか

 とっくに終わっちょうがよ。」

「だけんでここにおって どうなる!?」

「出てったけんでどうなるがよ!?」

たまたま買物にきていた丈太郎が
その話をきいてしまいました。

外へでて考え込んでいる順一に
さよりから電話。
何かお願い事があるらしい。

春菜は化粧直しをして松浦にあう準備。
ホテルで待っているように言われ
離婚してマンションでたのではというと
離婚が成立するまで家に入れることは
できないとうまくごまかされているような・・。

さよりは一度きたかったというレストランで
順一につきあってもらっていました。

「一度 来たいなって思いよって

 パートのお給料 出たけん。」

「よかった。俺も 気分 変えたかったけん。」

春菜は松浦とベッドイン。

「To fear love is….」

「to fear life.」

「愛を恐れることは人生を恐れること。」

「And those who fear life

  arealready three parts dead.」

「そして人生を恐れる人たちのほとんどの部分は。」

「死んでいるのと同じことなのだ。」

とかっこいいことを言っていますが
メールで呼び出され、
仕事だというけど・・すごくあやしい。

サンリバーにいる丈太郎とかほり。
この間やつあたりをしたことを
あやまるかほり。

「ねえ もっと頑張ってたらって思うことない?」

「えっ?」

「前に話したよね。

 私が がんの免疫治療の研究やりたかったこと。」

「うん。」

「教授に 才能ないって言われてここに移された。

 もう戻れないって分かってても思っちゃうんだよね。

 あれ以上 頑張りようがないっていうぐらい

 頑張ったんだけど 

 それでももっともっと頑張ってたら

 研究室に残れたんじゃないかなって。

 まあ そんなこと考えてもしょうがないんだけど。

  でも 思っちゃうんだよね。

 まあ 今は ここで頑張らなきゃいけないこと

 たくさんあるから それをやるだけなんだけど。」

「みんな 色々 考えてここで頑張ってんだよな。

 いや 順一も 松本 弘樹も

 家のこととか何か色々あるみたいだからさ。

 でも 俺は 1人で お気楽で

 まあ 仕事だって与えられたことをやってればいいわけで。

 いや もちろん頑張ってるつもりだけど。

 でも 何か何のために頑張ってんのかとか

 もう よく分かんなくなってきちゃってさ。」

「何で?」

「東京で派遣やってたときもさ

 どんだけ頑張っても

  その3年で辞めなきゃいけなかったわけ。

 で まあ 地域おこし協力隊も

3年で 契約 終わりだから。

 まあ まあ 言ってるほど

 その頑張る意味とか

 別に考えてるわけじゃないんだけどさ。」

「そうだよね。

 何にも考えてなさそうだもんね。」

「いや そんな言い方しなくたっていいじゃん。

  患者さんたちも言ってたよ。」

「えっ 何? 俺 俺のこと?」

「うん。」

「能天気とか悩みなさそうとか?」

「うん。

 そんなあんたが来てから

町が明るくなったって。」

「えっ? そっ そっ それって。」

「褒められてるんじゃない? 一応。」

「いや 一応って何だよ 一応って。

 いや まあ でも なっ

 いや もっと頑張んなきゃいけないんだよな。

 何か 目標 持つとかさ。うんうんうん。

  あっ。」

「何?」

「いや あの。」

講習会でもらった修了証をみせました。

「これなんだけどさ。

  まずは 今度上級の講習 頑張って

 受けるっていうのは どうかな?

 まあ 頑張るほどのことでもないんだけど

 講習 受ければ誰でも もらえるから。

 でも ほら こういうのって

 いつか役に立ちそうだしちょっといいかなって。

 やっぱ駄目だよな?

 いや まあ そりゃそうだよな。

 こんな 医師免許に比べたら

 参加すれば もらえる

紙切れみたいな物だもんな。」

「いいと思う。」

「えっ?」

「すごくいいと思う。」

「ホッ ホント?」

「うん 意味あると思う。

 何 照れてんの?」

「いや 照れてねえよ。」

「 ちょっと褒められただけで

 舞い上がっちゃって 単純。」

ほめられて嬉しそうで
舞い上がったまま店をでていく丈太郎。

『すこしずつ やっていけばいい。』

研究に関する雑誌をゴミ箱に捨てるかほり。

『自分のいる場所でできることを』

『少しずつ

 やっていけばいい

 自分のいる場所でできることを』


かほりは丈太郎が彩花のところに
いったんじゃないかと心配になり
おいかけました。

丈太郎は気分が上がったまま彩花のところに。

上にいる彩花をみあげて手をふりますが
そこには弘樹もいて・・。

ふった手が固まった丈太郎。
そこを目撃したかほり。





東京や大阪にいけばなんとかなる・・って
ことはないですね。
進学で都会にでてもそこでちゃんとした会社に
就職するのは難しいし、かといってUターンしても
地方はさびれる一方で・・なんかリアルすぎて。
田舎での最強は公務員かなあ。
(ただし採用にはコネがいる。
 ないっていっているけどいるよね!)

そんな時代でもこの迷える青年たち(アラサー)が
幸せを感じて生きて行く話なんだろうけど
みんないろいろだなあ。
はたからみたら成功してる医者のかほりも
挫折味わい中だし。

お嬢様 春菜はどうみても騙されてるみたいに
みえますがあの過保護な父親にばれたら
社会的地位のある先生はたいへんなんじゃないの?
ああ、ばれても公にはしないか。
もうあわないと拒否してたのに
しつこく誘いかけてきてほんとに離婚する気なのか
どうかもあやしい松島、最悪。

さよりはあんなところで食事してて
噂にならないのかな。
彩花と順一の関係もとっくに知れ渡ってても
よさそうなのにな。


2012.11.20 Tuesday 22:47 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< となりの怪物くん 第7話「2人の距離」 | main | PSYCHO-PASS サイコパス 第6話「狂王子の帰還」 >>









【遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜】第5話 感想
少しずつ やっていけばいい。 自分のいる場所でできることを。 少しずつ知っていけばいい。 その町のことを。 大切に思う人のことを。 遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第5話  ...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/11/21 4:39 AM |
遅咲きのヒマワリ 第5話〜少しずつやっていけばいいんだ、自分のいる場所で出来ることを
 ドラマには皆が集まる場所が必要なんですね。  ホームドラマの場合は居間。職業ドラマの場合は会社。  この作品の場合は、40010の喫茶店。  今回、この喫茶店に主要人物が一堂に会するシーンがあった。  「二股かけられたんだ?」「秘密をペラペラしゃべる人ばか
| 平成エンタメ研究所 | 2012/11/21 9:27 AM |
遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第5話の感想
フジテレビ系で放送された「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜]」第5話の感想など丈太郎(生田斗真さん)はちゃんと自炊しているからエライ。大河内の爺さんや、4番ピッチャー松本弘樹(柄本佑さん)を自宅に招いて鍋を振舞えるなんて。のちに市役所の日
| オタクと呼ばないで | 2012/11/21 3:00 PM |
ドラマ「遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リ...
今、自分に出来ることをする------------!!今回はみんな目撃されるの多すぎでしょ(><)田舎にもほどがある!!そして、田舎ルールに笑ったわ。ええなぁ、でもこういうの好きだ(^...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/11/21 9:20 PM |
《遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜》#05
順一たちが地元を離れることの大変さを全く分かっていなかった丈太郎は、深く反省した。 その夜はさっさと寝たが、ノックに起こされた。近くの主婦が、取れたての野菜を届けてくれた。 病院では、自販機でジュースを買っていたかほりに弘樹が近づいた。お早うと言って
| まぁ、お茶でも | 2012/11/24 1:12 AM |