<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

PSYCHO-PASS サイコパス 第6話「狂王子の帰還」

第6話「狂王子の帰還」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


「シェパード2 先行しすぎだ。

 今どこにいる?」

「ハウンド4が・・佐々山が見つからない。

 どうなってる?あいつはどこにいった?!」

「落ちつけ 狡噛。

 状況がつかめない いったん戻れ!」

「佐々山を連れ戻す!」

変わりはてた佐々山の姿・・。

「佐々山・・。」

そこまで夢にみて目をさました狡噛。

煙草を一服吸って、佐々山といっしょに
うつっている写真に目をむけ
そして煙草をおとしました。


OP


朱のことを話す禾生と宜野座。

「頑張っている様子じゃない。」

「まだ経験が浅い分

 心得違いをしている部分も多々ありますが

 優秀な人材なのは事実です。

 将来的に有望かと。」

「そうあってくれればいいが

 君の同期生のような 残念な結末に至る可能性も

 決して ゼロではない。」

「はい。局長。」

「君たち 監視官の職務は過酷だ。

 多くの犯罪者

 そして 執行官たちの
 
 ゆがんだ精神と直面してもなお

 任務を遂行できる 不屈の精神が必要なのだ。

 君とて 油断は禁物だぞ 宜野座くん。

 犯罪係数と 遺伝的気質の因果関係は
 
 まだ 科学的に 立証されたわけではない。

 だが 裏を返せば

 まだ 無関係だと証明されたわけでもない。

 君が 父親と

 同じ轍を踏むことのないよう

 心から祈っているよ。」

「肝にめいじておおきます。」

学校
授業中 音読する生徒。

「本当の女心は 決して私どもに劣りは致しません。

 たしかに われわれ男は

 もっと 言葉にも出し

 誓いをたてたりもいたしますが

 本当は心にもない

 見せかけだけの場合も 多うございます。

 私たち男は 口先だけは
 
 立派なことも申しましょうが

 愛情で それを実証することが

 めったにございません。」

「そこまで。」

「はい。」

「『十二夜』の初演は 1601年。

 今 加賀美さんに読んでもらったのは

 シェイクスピアの 驚くべき普遍性が

 垣間見える文章です。」

端末を操作する葦歌。

「あっ。」

璃華子からメッセージがきていて
頬を染める葦歌。

「そっちは 文学の授業?」

「はい。シェイクスピアの『十二夜』です。」

「シェイクスピアの喜劇は 退屈ね。」

「お嫌いですか?」

「悲劇は好きよ。

 特に『マクベス』と 『タイタス・アンドロニカス』」

「その2本が 面白いんですね」

「ただ面白いだけじゃない。

 特別に 残酷なの。」

ますます頬をそめる葦歌。

フライパンを持って調理中のカガリ。

「でもさ なんでデータベースで調べないわけ?

 監視官なら 権限あるっしょ。」

「ファイル閲覧したら 狡噛さんにバレちゃうじゃない。」

「バレちゃまずいわけ?」

「つうか そんなにコウちゃんのことが

 気がかりなのかい?

 それって 恋?」

「ハハハハ・・。」

大笑いする朱。

「カガリくんって 恋したことあるの?」

「あのね 朱ちゃん。

 俺ってば 人生の先輩よ。

 恋どころか 悪い遊びは

 一通り こなしてるんだぜ。

 健全優良児の朱ちゃんなんて

 想像もつかない世界をのぞいてきたわけさ。」

「え〜?」

「たとえば これ。」

「ジュース?」

「違う!酒だよ 本物の酒!
 
 征陸のとっつぁんの おすそ分け。

 今じゃ みんな 中毒性が怖いからって

 安全な メディカルトリップか

 バーチャルばっかじゃん。」

「それ 飲むんだよね?火つけるんじゃなくて。」

「ああ?」

「ううん 何でもない。」

「まあ こういう いけないお楽しみも

 今じゃ 俺らの特権ってわけ。」

「ふ〜ん・・。」

「うんっ おいしい!」

「これが 本物の料理ってもんさ。

 こらこら 酒のつまみだって 言っただろ。」

「ケチ。」

「それとも 朱ちゃん ためしてみる?」

「えっ?」

「俺も酔ったら 口が軽くなって

 しゃべっちゃうかもよ。」

朱、うまいことのせられて
いっしょにワインを楽しむことに。
ほろ酔いで顔も赤くなってきました。

「だってよ〜 俺が採用されたときには

 もう コウちゃん 監視官おろされてたからさ

 詳しいことは よく わっかんねえし。

 なんか そのとき コウちゃんの部下だった

 執行官が 殺されちまったって話だけど。」

「殺された?」

「そう。犯人 追っかけてたはずが

 逆に 犠牲者になっちゃったのさ。

 確か 佐々山とかいったっけか。

 他の被害者と同じ手口で

 そりゃもうひどいもんだったらしいよ。

 それで コウちゃん おかしくなっちゃって

 犯罪係数ぶっちぎっちゃって

 あの事件 迷宮入りって話だけど

 いまだに コウちゃん

 調べ続けてるらしいよ。」

「そうなんだ。」

「つかさ・・ 

 朱ちゃん なんで そんな 酒強いわけ?」

自分でついだワインを飲み干す朱。

「いや。カガリくんが弱すぎ。」

今度は志恩に話をきく朱。
カップめんを前にした弥生もいっしょ。

「佐々山執行官?

 あ〜 そりゃわすられるわけないわ。

 標本事件は。」

「標本事件?」

「私らや 現場じゃ そうよんでたんだけどね。

 朱ちゃん プラスティネーションてわかる?」

「生体標本の作成方法でしたよね?」

「そう 死体に 樹脂を浸透させて

 保存可能な状態にする技術。

 あれを活用した 猟奇殺人だったのよ。」

志恩がみせた画像をみて口をおさえる朱。

「うっ・・。」

「ばらばらに切り開いた遺体を
 
 プラスティネーションで 標本にして 

 そいつを 街の ど真ん中に

 飾り付けてくれたわけよ。

 盛り場を飾る ホログラフ・イルミネーションの 裏側に。」

「ひどい。」

「何千人という通行人が

 環境ホロをながめているつもりで

 実は その下に隠れてる

 バラバラ死体と ご対面してたっていう・・

 バレたときのエリアストレスは

 4レベルもはねあがってね。

 報道管制までしかれたほどよ。」

カップめんに手をのばす弥生。

「あっ・・あの 食事中にすみません。」

「うん?なにが?」

「弥生はこの程度じゃ燃えないわ。

 もっと激しくて
 
 情熱的なのが お好みよ。」

「えっと・・。」

「今は 標本事件の話でしょ。続きは?」

「まあ 明らかに 専門家の仕業だったからね。

 捜査の焦点も 薬学 科学の エキスパートに

 絞り込まれていったんだけど

 その途中で 佐々山くんがね・・。

 結局 全然 別件で 捜索願の出てた

 高校教師のアパートから

 プラスティネーションの 樹脂が見つかってね。

 あっ ほら こいつ

 藤間 幸三郎。

 こいつが失踪したとたんに 犯行もとまったし

 まあ 間違いなく

 クロだったはずなんだけど

 状況証拠だけだしね
 
 まあ 実際のところは迷宮入り。

 それに 藤間には 

 科学の素養なんて なかったから

 問題の樹脂を 誰が調合したのか

 それさえも 謎のまま。」

「共犯者が いたってことですか?」

「そもそも 用途を承知の上で
 
 樹脂をつくったのかどうか

 それすらも わからないんじゃ

 共犯と呼んでいいのやら。

 入手経路も謎のままだし

 今となっては 神のみぞ知る よね。」

佳織とゆきにあう朱。

「あいかわらず 苦労してるみたいね。」

「う〜ん わかる?」

「そんな陰気な顔してれば 一目瞭然だっての。」

「出世街道も大変よね〜。

 守秘義務が多くて。」

「まさに そのとおりで・・。つらいよ。」

「あいかわらず 例の あぶなっかしい同僚の件?」

「もう ずーっと 

 振り回されっぱなしなんだけど。

 しかも その人 昔は 私と同じ

 境遇だったらしいんだよね。」

「まさか そのトラブルメーカーも

 昔は優等生で 考査のポイントも700オーバーとか?」

「そう そんなかんじ!」

「もしかして・・だけどさ。」

「ん?」

「あなたの部下と あなた

 本当は よく似てるんじゃない?」

「えっ?」

そこへ宜野座から呼びだし。

「いそぎの仕事。行かなきゃ!」

「って まだ あったばっかりじゃん。」

「今度 埋めあわせするから!」

仕事に急ぐ朱。


CM


学校。ランチタイム。
美佳と加賀美。

「葛原沙月さん 行方不明のまま

 帰ってこないみたいだね。」

「教員たちにはかん口令がしかれてる。

 生徒たちを 不安がらせないようにって。」

「なんでそんな・・。よけい 不安になるじゃない。」

「この学校ってさ

 つまりは 多感な思春期の少女を

 社会から隔離して

 サイコパスを曇らせないよう

 温室栽培するってのが売りなのよ。

 だから 臭いものにはふたをする。

 保護者相手の体面もあるしね〜。」

「やだ!恐いよ。」

「怖い噂だけなら もっとあるよ。

 昔 この学校にいた先生の一人に 実は・・。」

そのときざわざわめく室内。

「ああ 王陵先輩!」

「璃華子様だ!」

とりまきをひきつれて歩く璃華子をみて
興奮する女子たち。

「ああ!」「ウフフフ!」

「王陵璃華子って なんであんな人気があるのかな?」

「美人だし 頭もすごくいい。

 理由ははっきりしてるじゃない。」

「私 あの人 ちょっと怖いんだよね。」

「どうして?」

「目が・・ね。ときどき うつろなんだ。

 ここじゃない 別次元を

 見つめるような目をする。」


するとそこへ璃華子が声をかけてきました。

「川原崎さん 霜月さん。」

「どうも。」

「こんにちは。」頬をそめる加賀美。

「食事中にごめんなさい。」

「な なんでしょうか?」

「2人とも 何のクラブにも 所属してないでしょ。

 ここ 桜霜学園のような

 クラブ活動をやっている教育機関なんて

 今では すごく珍しいの。

 もったいないと思って。」

「勧誘ですか。」

「バレちゃった。

 私 美術部の部長をやっているの。

 よかったら 部室に遊びにきてね。

 あと 霜月さん。

 ぼんやり考え事をするときはあるけど

 別次元を 見ているわけじゃないから。

 宇宙人じゃあるまいしね。」

「美佳のバカ!きかれてたでしょ!」

舌を出してみせる美佳。

「ごめん!」

美術室でひとり絵をかく璃華子。
そこへはいってきた葦歌。

「失礼します。」

「きいたわ。あなたのお父様のこと。

 お母様の再婚相手。」

「気付いてて くれたんですか。」

「ええ。私は ずっと葦歌さんを みていたから。」

「王陵先輩・・。」

泣きだす葦歌。

「何があったか 話してくれる?」

「あの人は その・・私のこと

 はっきりと いやらしい目つきで

 家に帰るたびに

 誰かが 私の部屋に入った跡があるんです。

 こんなの耐えられない。でも・・。」

「お母様には 相談できないのね。」

「本当の父が残した借金は

 とても母だけでは返済しきれなくて

 あの男に頼らないと・・。
 
 でも 先週の定期検診でも

 サイコパスの色相 すごく曇ってて・・。

 このままじゃ 私・・。」

「葦歌さん。あなたは あなたが望む通りの

 人生を選べない。

 そのつらさはわかるわ。

 今の時代 誰もが

 システムによって きめられた適性にそって

 おしつけられた幸せだけで

 満足するしかない。
 
 自分が本当に望んだ夢を
 
 叶えることもできず。

 本当に望む姿 本当の自分の価値

 それを 確かめてみたいとは思わない?」

「えっ?」

「私なら 教えてあげられる。

 葦歌さんの中に隠れている

 本当の美しさを。」

葦歌を抱きしめる璃華子。

「シェイクスピアの話

 続きをしましょうか。」

「はい。」

「タイタス・アンドロニカス。

 私が好きなのは

 タイタスの娘 ラヴィニア。

 父のせいで トラブルに巻き込まれて

 彼女は 敵に 性的暴行を受け

 舌を切り取られて

 両腕も切断される。

 『これは 俺の命より大事な

  カワイイ 小鹿だった。』

  かわいそうに・・。

 ラヴィニアは 自分の父に 殺されるの。」

金原を取り調べる宜野座。
金原はおちつかずそわそわ。

「人間にできて 動物にできないことが

 やまほどある。

 そのうちのひとつが 安全制御だ。

 人間は どんなものにでも

 安全装置を付けてきた。

 執行官にも 監視官という
 
 安全装置がついている。

 君がつくったドローンには

 特に 厳重な装置が付いていた。

 絶対に安全だったはずのドローンに

 殺人行為を実行させたメモリーカード

 君はどこで入手した?」

その様子を映した映像をみせる志恩。

「八王子のドローン事件で

 金原が使った

 セイフティー・キャンセラーと

 御堂のホログラフクラッキング。

 まあ どっちのソースコードも

 ほんの断片しか回収できなかったんだけど

 明らかに 類似点がある。

 同じ プログラマーが

 書いたって線に

 私は今日付けてるブラジャーにかけてもいい。」

「いらねえよ!」

「御堂は 確かに

 ソーシャルネットのマニアではあったが

 公共のホロに 干渉できるほど

 高度なハッキング技術はなかった。

 金原も御堂も 電脳犯罪のプロから

 バックアップを受けていたのは 間違いない。」

「しかし 肝心の金原の供述が

 これじゃあな〜。」

「本当だ!ある日 いきなり

 俺あてに郵送されてきた!

 送り主の手紙には 名前もなくて

 ただ あの工場に恨みがあるから

 一緒に めちゃくちゃにしてやろうって!」

「愉快犯 にしては 悪質ですよね。」

「そもそも 金原が殺人をおかすと

 送り主は どうして予測できたんだ?」

「とっつあんも 職員の定期健診記録だけで

 金原に 的を絞ったんだ。

 同じマネをできるやつが いた。

 あの診断記録が 部外秘だったわけじゃない。」

「じゃあ そいつが 御堂を手伝った動機は?」

「動機は 金原と御堂にあった。

 やつは きっと

 それだけで 充分だったんだ。」


狡噛の様子がかわったことに気づく朱と宜野座。

「あ・・。」

「狡噛。」

過去を思い出す咬噛。

「殺意と手段

 本来 そろうはずの

 なかった2つを組み合わせ

 新たに 犯罪を創造する。

 それが やつの目的だ。」


部屋からでていく狡噛。

「チッ。」

とおいかける宜野座。

「おい!」

調べ物をはじめる狡噛。

「 狡噛お前は。」

「ギノ あの事件と同じだ。

 ただ 殺意をもてあましていただけの人間に

 手段を与え 本当の殺人犯に
 
 仕立て上げてる奴がいる。」


「落ちついて考えろ。

 あのときは特殊樹脂だが

 今度はプログラムの

 クラッキング・ツールだ。全然違う。」


「技術屋と周施人が また 別なんだ。

 人を殺したがっているものと

 そのための道具を 作れる者とを

 引き合わせているやつがいる。

 そいつが 本当の黒幕だ。」


「いいかげんにしろ!

 お前は いるかどうかもわからない
 
 幽霊を 追いかけているんだ!」


「佐々山は 

 つきとめる寸前までいった。

 あいつの無念を晴らす。

 そのための 3年間だった。」



「清掃局の高橋です。

 中央噴水塔の前なんですが

 ずっと ホログラムにノイズがでてまして

 はい そうなんですよ。

 確認のため 噴水のホロの停止をお願いします。」

するとそこには何かが・・。

「なんだあれ?」

「うわって 気持ち悪ぃ。人形か?」

「なんか 美術品とかじゃ ないっすかね?」

「あ〜 でも 悪趣味すぎないか?」

「まったく 誰だ?」

「でも よくみたら すごいリアルっすよね。

 凝ってんな。」

「まあ さすがに家に飾りたくはないけど。」

璃華子が絵に描いていた構図で
作られた死体のオブジェ。

そして今度は葦歌の絵を描く璃華子の後ろには
槇島が。

「辱めをうけた命から解放されて

 ラヴィニアは 幸せだったと思うかい?」

「娘が 辱めをうけたあとも生きながらえ

 その姿をさらして 悲しみを

 日々 新たにさせてはなるまい。

 でしたっけ?槇島先生。」

「美しい花も いずれは 枯れて散る。

 それが 命あるもの 全ての宿命だ。
 
 ならいっそ 咲き誇る姿のままに

 時を止めてしまいたいと思うのは

 無理もない話だね。

 だが しかし もし 君が

 彼女を 実の娘のように

 愛していたというのなら・・。

 君は 『あの子のために流した涙で

 盲目になってしまう』のかな?」

「あら それは困りますわ。

 だって 私 これからも

 もっともっと 新しい絵を
 
 仕上げていかなくてはならないんですもの。」





お嬢様学校のお嬢様なのにオソロシイ。
槇島、黒幕っぽいのにこんなところで
先生をやってたのか。
でも学内の生徒が次々犠牲になったら
そこに捜査が入ってくるのでは。

狡噛さんの過去が明らかに。
あれは犯人逮捕に執念をもやすはずだ・・。

けっこうえげつない犯罪なのに
へいぜんとカップめんをすする弥生が
どんな事件になら燃えるのか気になるw

朱はお酒強いな。
酒にのまれることもなさそうです。





狡噛慎也(こうがみしんや)関智一 
常守朱(つねもりあかね)花澤香菜 
槙島聖護(まきしましょうご)櫻井孝宏 
宜野座伸元(ぎのざのぶちか)野島健児 
征陸智己(まさおかともみ)有本欽隆 
縢秀星(かがりしゅうせい)石田彰 
六合塚弥生(くにづかやよい)伊藤静 
唐之杜志恩(からのもりしおん)沢城みゆき
ドミネーター 日高のり子
チェ・グソン 増谷康紀
御堂将剛  水島大宙











PSYCHO-PASS サイコパス VOL.3 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.4 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.5 (初回生産限定版/サウンドトラックCD付)【Blu-ray】


PSYCHO-PASS サイコパス VOL.6 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.7 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】

PSYCHO-PASS サイコパス VOL.8 (初回生産限定版/2枚組)【Blu-ray】
2012.11.21 Wednesday 12:03 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< 遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第5話「必死に頑張るのってカッコ悪いですか?」 | main | ローソンのエヴァンゲリオンキャンペーン >>









PSYCHO-PASS サイコパス 第6話「狂王子の帰還」
PSYCHO-PASS サイコパスの第6話を見ました。 第6話 狂王子の帰還 宜野座からデータを見せてもらったことで知った慎也の苦い過去である『標本事件』を秀星や志恩から聞いて朱は詳細を知る。 慎也は工...
| MAGI☆の日記 | 2012/11/21 12:23 PM |
PSYCHO-PASS #06
『狂王子の帰還』
| ぐ〜たらにっき | 2012/11/21 12:36 PM |
「PSYCHO-PASS」第6話
  #06「狂王子の帰還」改めて犯人確保への決意を強く固めた朱。彼女はあることから、狡噛の苦い過去、“標本事件”を知ることになる。一方、狡噛は先の2つの事件と標本事件の...
| 日々“是”精進! | 2012/11/22 6:53 AM |