<< February 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙兄弟 第35話「だだっ広い施設のほんの一角から」

第35話「だだっ広い施設のほんの一角から」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


宇宙飛行士の最終試験、合格発表の日。
日本に帰国した六太は、ひとり焦っていた。
やるべきことはやり、もう運に頼るしかないにも関わらず、
その運をムダに消費してしまっていたからである。
六太は幸運の犬・アポに祈りながら、
JAXAからの電話を待っていた。
そしてケンジもまた、家族と一緒にその発表を待っていた。
『この電話……この一本の電話から、俺の毎日は
変わるかもしれない』
ケンジが宇宙を目指したきっかけとはー?



最終試験の結果を電話の前で待つムッタ。
ムッタは難しい顔つきですが母はいつもどおり。

「カップ焼きそばは

 焼いてないでしょう〜

 あれは ゆでそ〜ば〜

 でも カップ焼きそば だいす〜き〜」



JAXA
星加さんは記者会見についての
打ち合わせ中。

鶴見さんがまずケンジに電話。

宇宙飛行士選抜試験の結果の知らせ。

『この電話 この1本の電話から

 俺の毎日は・・。』


ケンジの回想。

『変わるかもしれない』

朝6時半に起床。
顔を洗いひげをそっていつもの髪型にセット。
朝食は食べたり食べられなかったり、
妻のよういしてくれた作業着をもって
妻と娘にみおくられて出勤。

通勤ラッシュは無縁。
職場は郊外で下りの電車はすいている。
最寄駅からシャトルバスで会社へ。

渋滞のない1本道で職場のまわりには
スーパーもレストランも眺める景色もない。

作業着に着替えたケンジはもう入社8年目。

『俺の仕事場は だだっぴろい施設の

 ほんの一角』


仕事は好きでやっていることなので楽しくて
誇りももっているし、定時には帰宅できる。
でもこの環境に違和感を感じているケンジ。

『子どもの頃に

想像していた大人の自分は

 もっとこう・・

ぶっとんでた』


このままここを一生の仕事場ときめてしまって
いいのかと考える日々。

『堂々と言えるか?

 これが。。 俺の一生の仕事です って』


最終審査に残ったのは8人。
審査過程を説明する鶴見さん。
さっさと結果を言ってくれればいいのに。

『俺は 落ちたのか?それとも・・』

「落ちましたよ」

と大学時代に
落とし物を拾ってくれたのが
今の奥さん ユキ。

夏休みに山、それもエベレストに
行こうと思うというケンジ。

ユキと講義で隣の席になって
教科書をみせてもらいました。
少しずつ仲良くなったふたり。

グランドキャニオンにいった写真をみせ
今度はエベレストにいくというと
「いいね」というユキ。

「ユキちゃん 興味があったら

 いったほうがいいよ。
 
 いかないよりは」


「うん」

その後もいっしょにあちこちでかけ
卒業し就職してしばらくして結婚し
娘も生まれました。

宇宙飛行士選抜試験の広告を
みつけておしえてくれたユキ。

「うけてみれば?」

命がけだし給料もそこまで多くないし
家族と過ごす時間がへるけどいいのかよ
といいながら記事をきりとるケンジ。

「受けたほうがいいね

 受けないよりは」


電話の続き。

『宇宙飛行士選抜試験を

 受けると決めたあの日から

 俺の毎日は 少しかわったんだ。』


少し早く起きて勉強の時間。
妻がお弁当をつくってくれていました。

みおくられて会社へ。
通勤時間にも勉強。

『職場のまわりには

 スーパーもレストランも

 眺める景色もない。

 でも 俺の胸には

 眺める景色ができた。

 もし 俺が 宇宙飛行士になれたら・・』


思い描くのは宇宙。
そして月。

「ああ・・!!」

『なんて ぶっ飛んだ未来だ!

 俺は あの場所を飛びだしたい。

 だだぴろい施設の ほんの一角から

 俺のもやもやを

 ブッ飛ばせるほどの 場所へ!』


結果は合格!!

ケンジ、伝え方がまぎらわしいよ!!

「ごめん。ほんとにあやまるよ。

 これからしばらくは 忙しくて

 ふたりに迷惑をかけそうだ」


抱き合って喜ぶ親子3人。

第一号はケンジ。

『今までの自分の世界が

 これからもっと広がっていく

 だだっ広い施設のほんの一角から・・

 宇宙へと。

 グレーの作業着を脱ぎ

 次に着るのは・・

 宇宙飛行士だけが

 着ることを許された

 ブルーのジャンプスーツ。

 今日の空にとけこみそうな

 真っ青なヤツだ!』



ケンジ合格おめでとう〜〜!
なろうと思ってなれるものではないですから
会社勤めのときもきっと優秀だったでしょうし
立派な仕事をしていたのでしょうが
ケンジの求めるものはもっと他にあったのですね。

それにしてもいい奥さん。
それだけケンジがいい男だから
いい奥さんと縁があったというか。
なかなか安定した今の仕事を捨ててまで
すすめるのは難しいものもあると思うので
夢をあとおししてくれる家族の存在は
大きなささえ。

次はせりかさんか。





南波六太  平田広明
南波日々人 KENN











2012.12.02 Sunday 14:18 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 悪夢ちゃん 第8話「マイ夢」 | main | マギ 第9話「王子の責任」 >>









宇宙兄弟 第35話「だだっ広い施設のほんの一角から」
第35話「だだっ広い施設のほんの一角から」 合格発表まであと30分。 南波母はマイペースにお昼の準備です。合格祈願にカツ丼くらいと言うムッタ。それ、受ける前に食べなきゃw カップ焼きそばは焼...
| いま、お茶いれますね | 2012/12/02 2:29 PM |
宇宙兄弟 第35話 あらすじ感想「だだっ...
結果発表まで後30分----------!!今月は合格発表月間だそうで(^^;)って、このパターンで合格メンバーやってくの!?じゃぁ、六太の話ってばいつになるんだ(><)じらしプレイだ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/12/02 4:07 PM |
宇宙兄弟 第35話「だだっ広い施設のほんの一角から」
『日本に帰国した六太は、ひとり焦っていた。 やるべきことはやり尽くし、もう運に頼るしかないにもかかわらず、とってもムダに運を消費してしまっていたからである。 幸運の犬・アポに祈りながら、六太はJ...
| Spare Time | 2012/12/02 8:46 PM |
宇宙兄弟 第35話 だだっ広い施設のほんの一角から
あと30分で最終試験の結果発表が始まると、緊張する六太。 母は今日の昼食は焼きそばだからといつも通り。 六太もカツ丼とか縁起のいい物がと言いますが、合格したらケーキ買っ ...
| ゲーム漬け | 2012/12/03 3:55 AM |