<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リトルバスターズ! 第9話「学食を救え!」

第9話「学食を救え!」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


『仲間がふえて リトルバスターズは

 だんだんチームらしくなってきた。』


クドのlひろえなかったボールは来ヶ谷さんが。
真人ともめるのをみて笑うみんな。

『最高の時間だ。

 けど 楽しい時間も

 いつまでも続くわけじゃない。

 あと一年もたたないうちに

 恭介は卒業する。

 僕たちがばらばらになるのも

 そう遠い先のことじゃない。』


鈴ははじめてのストライク。

「今日からは 速球王と呼べ!」

みんなますます笑顔に。

『なぜだろうか。

 その時僕は

 あの不思議な手紙のことを思い出していた』


「この世界には秘密がある。

 それをしりたいなら、これから与える

 すべての課題をクリアしろ。」


とかいてあったメモ。


OP



練習のあと、小毬ちゃんお手製の
チョコレートクッキーを食べる女子。

「鈴ちゃんも一緒に食べよう!」

と誘われますが、さっさと着替えて
でていってしまう鈴。

「鈴くんの人見知りにつける薬は
 
 まだないようだな。」

部室からでてきた鈴に

「鈴 小毬さんたちは?」

と理樹がきいても

「うるさい!」

といってしまいました。

鈴は猫たちのところへ。

「おまえたち なんでヒゲがあるんだ?

 ヒゲはそんなにいいのか?

 じゃまじゃないのか?ミルク飲む時」

ひげをびよーんとひっぱって遊んでいたら
1本抜けてしまいました。

あせる鈴。

「どうしよう 養毛剤買ってきたほうがいいか?

 猫にきくのか?

 また抜けた!

 ひょっとして 毛変わりの時期か?」

ちょっと安心したところに理樹がやってきました。

「ねえ 鈴 もっとチームの女子たちと

 仲良くしても いいんじゃないのか?」

「うん。」

「いつも言ってることだけど

 幼馴染の僕や 真人や 真人は

 いつまでも 鈴いっしょにいられない。

 この学校を卒業したら

 鈴は・・・。」


「よけいな御世話だ!」

鈴にとびのる猫たち。

「理樹!レノンが手紙もってきたぞ。

 久しぶりだな。」

「手紙?」

「謎の手紙だ。

 課題を全部クリアしたら

 世界の秘密を教えてくれるっていう」

さっそくメモをあけました。

「二番目の課題がかいてあるぞ。」

「課題 なんて?」

「学食を救え」

学食に何か問題あったっけ?と考える2人。

「あった!

 コロッケそば がたいへんマズい!

 大問題だ!」

「コロッケそばを メニューからはずせば

 学食は救われるはずだ!」


「そうかなあ?」

学食のおばさんにききにいく理樹と鈴。
何か問題とか困った事とかないかときいても
何もないとのこと。

鈴が

「コロッケそばがまずいのだが!」

と言うと、あれは一部の生徒から
リクエストがあったから入れたのだと言われました。

「コロッケがつゆでぐずぐずになる。

 ぐずぐずのコロッケはたいへんまずい!」


するとそこに女子生徒が。

「ほ〜っほっほ。棗鈴。

 あなたは何もわかってないように。

 通にはたまらないのですわ。

 つゆがしみた

 ぐずぐずのコロッケをすするのが。」


「出たな! さささささささみ!」

「笹瀬川佐々美ですわ!

 ソフトボール部のエースにして」

「校内一の美少女!」

「ビバ!コロッケそば!」

「ビバ!コロッケそば!」

「それじゃ コロッケそばをリクエストしたっていうのは。」

「わたくしですわ。それがなにか?」

「今すぐ メニューからはずすべきだ!」

「まあ あなただって 天ぷらそばは お好きなくせに。

 先週 しっかりみましてよ。

 つゆがしみた天ぷらをすする あなたの姿を。」

「お〜っほっほっほ!」

「てんぷらはぐずぐずになったのがうまいんだ。

 コロッケとはわけが違う!」

「なんて身勝手な!

 このわたくしが こよなく愛し

 すすりつづけるぐずぐずのコロッケに

 いちゃもんつけるトウヘンボクは

 許しませんことよ!」

「あの〜・・ちょっと・・。」

と理樹が口をはさもうとすると

「外野はお黙り!」

とピシャリ。

「ぼくは キャッチャーだけど・・。」

女子同士の戦い。

鈴、負けてしまい、高笑いをしながら
さっていく笹瀬川さんたち。

「ビバ!コロッケそば!」

猫に猫缶をあげながら不機嫌そうな鈴。

「だったら いったい 学食の何を救えばいいんだ?」

「さあね。もともとあの手紙に

 意味があるのかどうか

 誰が書いてるのかも不明だし。」

「でも 課題を全部クリアすれば

 世界の秘密をおしえてくれるんだぞ。

 なんだろうな 世界の秘密って。」

『鈴は 秘密をおしえてもらえるまで

 やりとげる気だった。

当たりが出るまで お菓子をかわなければ
 
 気が済まなかった 子どもの頃と

 同じように。

 だけど この世界には

 なんの秘密があるというのだろう。

 あるのは 変わり映えのない

 おだやかな日常だけだ。

 ただ かすかに僕を不安にさせるとしたら

 ナルコレプシー

 いつ眠ってしまうかわからない

 僕の病気。』


寮の部屋では真人が筋トレ。
そこにとびこんでいきた鈴。

「理樹!たいへんだ!

 いいからよくきけ。えらいことなんだ!」

「学食のおばさんが・・誰もいない。」

それをきいてもよくわかっていない真人。

「腹減った」とうわばきをたべようとして
鈴におこられました。

学食にいってみると調理途中のまま
おばさんがいなくなっていました。
さっきまでひとりいたけど
めまいがして病院にいき
他のおばさんたちも用事ができて早びけしてしまったらしい。
もともと風邪で2人休んでいたそうで
そんな偶然があるのかと不思議がる理樹。

「とにかく 夕食をつくる人がいないんだ!」

「てことは・・。」

「どうなるんだよ?!俺の夕飯は?!」

と嘆く真人。

「作るんだ!

 全校生徒の夕食を!

 学食を 救うんだ!」


鈴はふたりに手伝ってくれるようたのみますが
全校生徒といえばすごい数。
3人じゃ無理・・という理樹。


CM


教室で小毬さんがクドに絵本を読んであげていました。
そこにはいってきた鈴。

「小毬ちゃん お願いがあるんだ!」

葉留佳にも。

「緊急事態なんだ!」

来ヶ谷さんにも。

「たのむ。」

「ほう。鈴くんが わざわざここまで出向くとは

 ただならぬ事態のようだな。」

恭介たちリトルバスターズもみんな集まりました。

「全校生徒の夕食をつくるのは

 簡単なことではないだろう。

 だが鈴は 責任をもって

 やりとげるつもりなんだな?」

「ああ。」

「鈴が ここまでみんなを引っ張るなんて

 初めてだな。」


と嬉しそうな恭介。

『けど 妙だな。
 
 レノンが持ってきた手紙は

 学食がこんなふうに

 ピンチに陥ることを

 予見していたことになるんだ。

 なぜ 手紙の主は

 学食のおばさんが 急にいなくなることを

 知っていたんだろう。』


「どうした?理樹。」

「あ いや。」

「おまえはどうする?このミッション。」

「もちろん 鈴といっしょに やるつもりだよ。」

「よし。

 そういうことなら みんな

 力を合わせよう。ミッ・・」


「ミッション スタート!」

と鈴が号令。

はりきる女子たち。

「美少女たちのエプロン姿を見て

 お姉さんも にわかにやる気がでてきたぞ。」

「そういう姐御もいろっぽいことで。

 新婚家庭にこんな新妻がいたら

 たまりませんな。」

まずはメニューをきめることから。

「メニューはここです〜。」

学食にはられたメニュー。
全部用意するのは無理。

「どうするんだ?鈴」

「ちょっと待ってろ!」

鈴はどこかへ。
そして理樹にメールで

「どうしたらいい?」

「せめて三種類に定食をしぼれば?」

鈴が戻ってきました。

「いいかよく聞け!

 せめて 三種類に定食をしぼれば?」

意気込んでいるわりにはわりと普通の答え。
でも緊急事態なので妥当。

エビをやまほどみつけたので海老フライと
一口カツでミックスフライ。
千切りキャベツとりんご ご飯とみそ汁をつけて
定食のできあがり。

あとおにぎり定食。
クドは卵焼きが大の得意だそうで
それに決定。

3つめはカレー。デザートにゼリー。

「ようし。夕食まで時間がない。

 フル回転でいこう。

 ミッションスタートだ!」


「おう!」

フライの作りかたがわからず
あたふたする鈴。

林檎の皮で漢字をつくる来ヶ谷さん・・!

謙吾、目をみひらいですごい包丁さばき。

真人もものすごい勢いでエビフライをつくる!
つまみぐいもしてる!

りんごにかいてある漢字が全部違う!!

そして夕食の時間になり生徒たちが
やってきました。

準備もほぼOK。

しかしたのんだ定食がちがってたり
ゼリーがなかったり
トレイがなかったりと混乱。

ゼリーばっかりのやつも・・w

『こんなにいきいきと

 みんなの輪の中にいる鈴は

 はじめてだ。

 ただ ひとつだけ ひっかかるんだ。

 レノンが持ってきた手紙は

 なぜ 学食のピンチを

 先に知っていたのか。

 手紙のぬしは いったい 誰なんだ?

 そして 突然 それはやってきた。

 ナルコレプシー。

 それは いつものように唐突に

 僕とこの世界との 接点を断った。』


眠ってしまう理樹。

『どれくらい 眠ったんだろう

 僕は 世界からとりのこされたように

 たったひとりだった。

 どれくらい時間がたったのか

 今 いつなのか わからなかった。

 はじめての ナルコレプシーで入院した

 あのときのように』


ベッドにひとりすわっていた昔の理樹。
真っ白な部屋の扉をあけて
色鮮やかな外からのぞいたのが
恭介と仲間たち。

同じように今またドアがあきました。

「恭介」

「具合どうだ?なんともないか?」

「うん」

「もうすこし休むか?」

「いや」

「だったらこないか?

 みんながまってるぞ。」


学食にいくとみんなが待っていました。

「ほら お前のミックスフライ定食だぞ。」

「待っててくれたんだ。

 こんな時間まで。」


「鈴の提案だ。

 おまえが欠けたら

 今日のミッションは

 おわったことにならないってさ。」


「あれから みんながんばったんだぞ。

 なんとかやりとげた。

 みんなの おかげだ。」


「ミッション コンプリートだね。」

「さあ うちあげパーティをはじめよう!」

「カンパーイ!」




おお〜今日もまたいい話だ〜。

人見知り激しい鈴ががんばって
みんなと協力するところもですが
一人ぼっちで孤独をかんじてしまいそうな
理樹をちゃんと待っててあげる仲間たち・・。
この世界と理樹が断絶されても
リトルバスターズのみんなとの絆は消えない。




直枝理樹  堀江由衣
棗鈴    たみやすともえ
棗恭介   緑川光
井ノ原真人 神奈延年
宮沢謙吾  織田優成
神北小毬  やなせなつみ
三枝葉留佳 すずきけいこ
能美クドリャフカ 若林直美
来ヶ谷唯湖  田中涼子
西園美魚  巽 悠衣子
笹瀬川佐々美 徳井青空









2012.12.03 Monday 13:13 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ジャンプ1号感想 | main | PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話「大逆転」 >>









リトルバスターズ!#9「学食を救え!」感想
学食のおばさん達がいなくなった!動き出す鈴!!!「学食を救え!」あらすじは公式からです。人見知りの鈴はなかなかメンバーの女の子に心を開くことができないでいた。仲間たちか...
| おぼろ二次元日記 | 2012/12/03 3:41 PM |
リトルバスターズ! 第9話 「学食を救え!」
リトルバスターズ! 1 (初回生産限定版) [DVD](2012/12/26)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る コロッケそば vs てんぷらそば ? 笹瀬川佐々美がリクエストしたコロッケそばを メ...
| 北十字星 | 2012/12/04 5:36 AM |