<< August 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話「大逆転」

第7話「大逆転」



 金田一二三男(木村拓哉)たちの『ハピネス魔法瓶』が
作った“究極の魔法瓶"は返品の山。
『幸福荘』の金田一、模合謙吾(中井貴一)、二階堂彩矢
(香里奈)の狭い部屋に押し込まれてしまう。作った分、
全てが戻ってきたかと思われたが、彩矢は1個足りない事に気が

ついた。
 次の日、金田一たちは魔法瓶をリサイクルショップに
売り払うことに。リサイクルショップのトラックに
魔法瓶を積み込んでいると、金田一に電話がかかってくる。
なんとそれは、魔法瓶の注文だった。実は、その日の経済誌に
“究極の魔法瓶"の記事が書かれていた。書いたのは、
この男が記事にした商品は売れると言われている能見実
(香川照之)。その噂通り“究極の魔法瓶"の注文が殺到する。
金田一は、この注文をこなすために元『ミラクル魔法瓶』の下で
魔法瓶製作に関わっていた工場の社長たちを集めて
業務提携を頼み込む。  『ミラクルエレクトロニクス』の
大屋敷統一郎(藤木直人)は、財前修(イッセー尾形)から
金田一たちの動きを知らされるが動じない。統一郎は
寄せ集めの経営者での金田一たちの計画は必ず破綻すると
読んでいた。それでも財前は榎本小太郎(藤ヶ谷太輔)を呼んで
金田一たちを探らせる。
 金田一のもとに能見が来た。今回の記事に感謝する
金田一に、能見は“一時的な成功は派閥を生み、
その結果組織がバラバラになることもある"と忠告するるのだが。




魔法ビンは200個全部返品。
部屋の中が魔法ビンだらけ。

1個も売れる商品つくるってなかなかないと
感心する金田一・・。

でも彩矢によると1個たりない。

噂の敏腕記者さん 能見がお買い上げになってました。
能見が書くと必ず売れるというNEXT ONEというコラムで
その魔法ビンがとりあげられていました。
その記事ののった新聞を読む人々。

魔法ビンをリサイクルに出そうとしているところに
電話がかかってきました。
リサイクルに全部で8万円で売ってしまったのに
魔法ビンの注文がはいってトラックをおいかける3人。

魔法ビンの注文は続々と。
模合さんは新聞記事をみて人気になった理由に納得。

アパートにミラクル魔法瓶の下請けをしていた
町工場の社長さんを集めた金田一たち。
魔法ビンの注文が殺到しているため
業務提携して魔法ビンをつくってくれないかと
たのみました。


「俺は 絶対に

 みなさんのことを見捨てたりしません。」


社長さんたちはやる気になってくれました。

統一郎は専務から金田一のことをききますが
放っておいてかまわないという統一郎。
ひとつの商品をヒットさせる才能はあったけど
社長たちをまとめる経営能力はない
そのうち破たんするといいきりました。

とはいうものの、社長は金田一のことを気にしているので
榎本に金田一の動きをさぐるようにいう専務。

彩矢はしらべもの。
模合と金田一がマスターの店にいくと
ふたりにあいたい能見がきていました。

能見のおかげで注文がきたとお礼をいうふたり。
いっしょに飲むことになり、魔法ビンを絶賛する能見。

ビジネスは走り出してからのほうが難しいと
いう能見ですが、彩矢がいるから大丈夫。
でも次に何か作るかというと何も考えてない。
何かつくったらまた連絡よろしくと名刺をおいて
帰って行きました。

名刺はそーっと金田一のほうにおしやる模合さん。

彩矢は作業分担表をつくってくれてました。
大幅コストダウン。
これなら全部彩矢にまかせられる。

魔法ビンを納品にいく金田一。
でも目立つ場所への展示はないみたいで
金田一、手土産を渡しますが
榎本が先でした。

金田一といっしょに歩きながら
いろいろきく榎本。
それは榎本がききたいからかとたずねる金田一。

「お前もいろいろたいへんだな」

金田一にはわかってるんだろうな。

工場に様子をみにいく模合さん。
みんな忙しそうに仕事。
金田一はお店で魔法ビンを買っている
お客さんのチェック。

さらに追加注文。

「6万円も するものよく 買うもんだ」

ほんとに。

今はいいけどこの次のことを考えなきゃと
いう彩矢。
魔法ビンの値段もちょっと下げられるらしい。

でも1カ月のノルマをきいて
無理だという社長に無理やり押し通そうと
する彩矢をとめる模合。

はやくも亀裂が・・。

いっしょに飲みながら
相馬社長に彩矢のフォローをする模合。

彩矢はプランのねりなおし。
新しいプランを相馬工業抜きでも
というとそれはとめる金田一。
彩矢がこんをつめすぎなので
息抜きに食事に誘いました。

瑶子はハピネス魔法ビンの記事をみて
父にみせると、3人でここまでやるのは
たいへんだという父。
金田一にそれだけの魅力があるから
みんながついてくるのだと認めてくれていました。

彩矢と金田一がふたりで食事(ホットドッグだけど)
しているのをみてしまう瑶子。


彩矢と話す瑶子。
彩矢が瑶子のことを好きなんじゃないかと
いうと彩矢は全力で否定。

模合さんはまた他の社長さんの接待。

夜遅くまで仕事している彩矢は瑶子に
言われた言葉が気になって・・。
そのあと起きてきた金田一が
いっしょに布団をかぶせるものだから
また意識?
模合さんはねぼけてまた寝た。

またかかってきた電話。
20個搬入する約束なのに
届いていなかったようで3人そろって謝罪。

理由は相馬工業の部品が遅れたからで
すぐに納品するといったのに
フルで稼働しても明後日。

ハピネス魔法ビンが納品にまにあわなかったと
社長に報告する専務。

そういうことがこの会社でおきたら
責任者を処分する、
でも金田一にはそれができない。

多くの社員を救うために
一人を犠牲にすることができなければ
大きな組織を動かすことはできない。

町工場の社長たちがアパートに集まり
相馬工業に抜けてもらうことを要求。
その場で言いたいことをいいはじめ険悪に
なると、相馬さんがうちのせいですいませんと
抜けると宣言。
それを抜けるっていうんだからいいじゃないですか
という彩矢。
でも待ってくださいと叫んでとめる金田一。

「もう 魔法ビンつくるのやめる。」

ミラクル魔法瓶の第1号の魔法ビンを
みんなに見せる金田一。

「これ 作ったの皆さんですよね?

 いや。 40年前のものなのに

 すげえ 技術だなと思ったんすよ。

 あっ。 いや。

 俺 ミラクル魔法瓶で

ずっと 営業 やってて。

 皆さんが作る 製品に

ずっと 助けられてきたんです。

 いや。 物がいいから

買ってくれる人が たくさん いて。

 だから 自信 持って 胸 張って

売り込みに 行けたんですよ。

 だから 今回 こうやって

 皆さんと一緒に直接 仕事ができて

 俺 すげえ 光栄だなってずっと 思ってたんです。

 俺の思う 理想の魔法瓶は

 金が もうかる魔法瓶じゃありません。

 皆さんと一緒にみんなで作る 魔法瓶です。

 一人でも 欠けるんだったら

もう やめにします。」


帰っていく相馬社長。
模合がおいました。

「すまねえな!」

首をふる相馬社長。

模合さんと話しあう金田一。
そこへ模合さんに電話。

彩矢はまたPCにむかっていました。
相馬工業が抜けるならかわりの会社を
みつけなきゃという彩矢に
それじゃ意味ないという金田一。

「できないから

切り捨てるなんて

 一番 簡単なことじゃん。

あの会社の方が技術力が

高いからとかさ

 別の会社の方が売り上げが

上がるからとか。

 切り捨てたり

乗り換えたりんなこと 言ってたら

 もう 切り ねえっつうの。

 せっかく 仲間になったんだから

 みんなで どうしていけばいいのか

 考えた方が 絶対 楽しいだろ。」


「金田一さんが つくった会社

 続けられなくなるんですよ?」

泣きそうになっている彩矢。

模合さんは社長さんに呼び出されたらしく
みんなの愚痴をききにいくらしい。
会社同士のこまごまとしたしがらみや事情を
知っている模合さんは酒の席で
それをきいたそうで、その話もきかせてほしいという金田一。

相馬社長は工場に戻り、社員には
大丈夫といって作業を続けさせました。

相馬工業は機械が古く効率が悪いそうで
それを言ったらきられると思っていたらしい。

「切らないよ!」

相馬工業も切らずにやっていくため
各社をまわってお願いする3人。

相馬工業にもいきました。
迷惑かけたまま抜ける訳にはいかないから
最後の仕事だと思って頑張るという社長に
新しい作業プランをみせる模合さん。

機械を他の会社から借りられることになり
それだったらノルマは大丈夫。

「いや。 そら 大丈夫だけど。

 いいのか? 俺たちで。」

「フフフ。 だって これ

 相馬さんのとこしかできないことですから。」

金田一を見ながら話す模合さんと相馬社長。

「変わってんな あいつ。」

「だから 言ったでしょ。

 金田一は ああいうやつだって。」


「みんなで作る 魔法瓶か。

 前にも 言われたことあんな

 おんなじ せりふ。」


「誰にですか?」

「ミラクル魔法瓶の 先代だ。」

魔法ビンの値段は56000円に。
お客さんから注文がはいったので
また店頭にならんでいるのを
みて驚く榎本。

マスターの店で社長たちといっしょに
乾杯する金田一たち。
みんな和気あいあい。

彩矢は用事の帰りにひとりで考え事。
そこへ模合が声をかけてくれました。

「私 模合さんや 金田一さんみたいに

 やろうと思ったんですけど 

結局 うまくいかなかった。」

「何 言ってんの?うまくいったじゃない。」

「私って

この会社に必要なんでしょうか?」


「会社のことを思って 会社のために

 一番 頑張ってるのは 君だ。

それは 間違いないよ。

 自信 持って。」


模合さんはフォローもうまいけど
彩矢はもやもや感を抱えたまま。
ホットドッグをかじって

「やっぱおいしい。」

模合は金田一をひっぱっていきました。
新しいビルをかりたようで金田一はびっくり。

ハピネス魔法ビンの売り上げが伸びているので
何か手をうちましょうかという専務に
放っておけと言ったのにという社長。

新しいオフィスにいくと
社長さんたちが待ちかまえていました。

社長のデスクが用意されていて金田一は感激。

だけど彩矢がなかなかこない。

アパートから出て行こうとする彩矢を
みつける一厘。

「出ていくのかい?」

「はい。お世話になりました。」

「仕事うまくいってたんだろ?

 あんた 楽しそうだったよ。フフフ。

 金田一も寂しがるだろうね。」

「それは どうか分かんないですけど。

 私はこういう形で 会わなかった方が

 よかったんだと思います。」

「行く当ては あるのかい?」

「それは…。

 大丈夫っしょ。

 ありがとうございました。」

一厘に頭をさげて出て行く彩矢。

椅子に座って楽しそうな金田一。

彩矢はどこへ・・・。




みんなでいいものを楽しくつくっていくだけでは
すまない会社経営。
知らないところで頭をさげたり
接待する模合さんみたいな役も必要だし
彩矢みたいな有能な経理も必要。
ノルマがあげられない効率のあがらないものを
切り捨てることなくみんなで楽しく仲良くという
金田一のやり方はたしかに理想なんだろうな。

統一郎みたいになんでもかんでも
切り捨てて行くやり方も極端ではありますが。

でも相馬社長の表情とかみていたら
やっぱり金田一のやり方で
やっていけたら幸せだと思いました。

とりあえず有能な経理を失っちゃまずいよ!





金田一二三男    木村拓哉  
模合謙吾       中井貴一       
二階堂彩矢      香里奈:
榎本小太郎      藤ヶ谷太輔 
広瀬瑤子       蓮佛美沙子 
藤沢健       升毅
鞠丘貫太      前田旺志郎 
鞠丘両太      田中奏生
大屋敷巌      中村敦夫(特別出演)  
財前修        イッセー尾形
鞠丘一厘       夏木マリ
大屋敷統一郎     藤木直人 
2012.12.03 Monday 22:28 | comments(0) | trackbacks(11) | 
<< リトルバスターズ! 第9話「学食を救え!」 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) 2013年 01月号 新テニスの王子様の感想 >>









PRICELE$S〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話:15分拡大スペシャル大逆転!
次週も15分拡大!w( ̄o ̄)w オオー! かつてないパターンでんなぁ〜 んで、出て行った彩矢はいづこへ???予告によると、ミラクルに戻ったっぽい 描写もあったけど、一体どんな展開なんだろ??? 彩矢が出ていったのは、金田一や模合さんとの方向性の違いもあるだろ
| あるがまま・・・ | 2012/12/03 11:10 PM |
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 #07
『大逆転』
| ぐ〜たらにっき | 2012/12/03 11:19 PM |
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」無一文生活6、7魔法瓶はヒットするも町工場の増産体制の危機に金田一は一致団結で乗り切った
「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん〜」第7話はハピネス魔法瓶を立ち上げて作った究極の魔法瓶は返品の山で途方に暮れていた。一度はリサイクルショップへ売り払う事を決めた ...
| オールマイティにコメンテート | 2012/12/03 11:36 PM |
【PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜】第7話 感想
俺の思う理想の魔法瓶は、金が儲かる魔法瓶じゃありません。 皆さんと一緒にみんなで作る魔法瓶です。 一人でも欠けるんだったらもう止めにします。 PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2012/12/04 12:08 AM |
ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなも...
究極の魔法瓶、200個全部返品(><)そこからの大逆転------!!置き場は廊下は駄目だと一厘が言うから、全部自分たちの部屋に入れたのだが・・・当然狭い狭い(><)そんな中寝るこ...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2012/12/04 12:43 AM |
ドラマ「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」第7話 あらすじ感想「大逆転」
究極の魔法瓶、200個全部返品(><) そこからの大逆転------!! 置き場は廊下は駄目だと一厘が言うから、全部自分たちの部屋に入れたのだが・・・当然狭い狭い(><) そんな中寝ることになってしまった3人。 だが・・・どうやら199個しか返品されなかっ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2012/12/04 12:43 AM |
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 (第7話 15分拡大版・12/3) 感想
フジテレビ系ドラマ『PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜』(公式)の第7話 15分拡大版『大逆転!』の感想。 いろんな意味で“月9らしさ”が加速してきたぞ! これまで良い意味で、“月9らし...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2012/12/04 12:44 AM |
返品された1200万円の商品の下取り価格8万円、追いかけてきてほしい人が来なかった夜の暗さPRICELESS(木村拓哉)
月9なのである。 こらえきれずに恋心は芽生えるのである。 だってだってなんだもんなのである。 わがままは社長の罪、それを許さないのは役員の罪・・・的な。 もちろん、あくまでビジネス・パートナーとしてのやりきれなさとして無理矢理捉えることも可能だが・・・月9
| キッドのブログinココログ | 2012/12/04 4:52 AM |
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話の感想
フジテレビ系で放送された「PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜」第7話の感想など第7話は、時間拡大を感じさせず、あっという間に終わった印象です。金田一(木村拓哉さん)たちの快進撃の開始です。でも、この先、少しは困難な局面を迎えることもあるのでしょう
| オタクと呼ばないで | 2012/12/04 7:35 AM |
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜「大逆転!」
まさに、大逆転。メディアの影響、おそるべし! 狭い部屋を埋める、199個の返品在庫の山。でも1品が、能見実(香川照之)の記事によって紹介され、電話がじゃんじゃん鳴り始めたのでした。 そして、さばききれない注文は、ミラクル魔法瓶を解雇になった工場の助
| のほほん便り | 2012/12/04 8:14 AM |
PRICELESS〜あるわけねぇだろ、んなもん!〜 第7話
金田一(木村拓哉)たちが作った魔法瓶は、返品の山を築くことになってしまいます。 リサイクル業者に売り払って、いくらかのお金にしようとしますが、全部で8万円って一体・・・w 確か1個6万円だった...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2012/12/04 11:57 AM |