<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

遅咲きのヒマワリ〜ボクの人生、リニューアル〜 第8話「気持ちを伝えると、何かが変わると思いませんか?」

 第8話「気持ちを伝えると、何かが変わると思いませんか?」



 小平丈太郎(生田斗真)は、藤井順一(桐谷健太)だけでなく
今井春菜(木村文乃)も行方がわからなくなっていると聞く。
二階堂かほり(真木よう子)が、ふたりは付き合っていたのか、
と丈太郎に尋ねると、島田さより(国仲涼子)がそれを否定した。
さらに森下彩花(香椎由宇)は、春菜には恋人がいてその人物が
高知市にいることを明かす。
 順一が辛い思いをしているのに気づかず追い詰めてしまった、
と責任を感じる丈太郎は順一の実家を訪ねる。すると、応対した
父親の利男(嶋田久作)は、順一はバカだから心配ない、と
事もなげに言う。
 同じ頃、かほりと実家に戻ったさよりは、高校の同級生たちに
電話をかけるも情報は得られない。落胆するさよりを見た
かほりは、順一と何かあったのか、と聞く。
 翌日、丈太郎は、大河内欣治(ミッキー・カーチス)の田んぼの
手伝いをするが、気が気ではない。巷では、順一と春菜が
駆け落ちしたという噂が流れ始める。
 そんな折、春菜の父で市議会議員の
貞夫(大石吾朗)が順一の実家へやって来る。
春菜が順一にそそのかされて姿を消している
と疑う貞夫は、ぶしつけな態度で利男に接するが、利男は、
順一は人を巻き込むようなことはしない、とはねつける。
 丈太郎は、その後も順一と春菜に電話をかけるがつながらない。
ふたりを探す手段がなくなった丈太郎は、高知市に行くことを決め…。



順一がいなくなり、日下課長からの電話は
春菜がいなくなったとのことでした。

ふたりいっしょにいなくなった?
ふたりがつきあってたというかほりに
違うというさより。
彩花は春菜には他につきあっていた人が
いると教えました。

丈太郎は、自分が順一をおいつめたと思っていて
順一の実家にいってみますが
父はクール。

「あんたが 自分を責める必要なんかないちゃ。

 ほっときゃええがよ あのバカは。

 バカやけど心配ない。いやバカやけん心配ない。」

さよりは高校時代の同級生に電話しますが
誰も行き先を知らない。
姉に順一と何かあったのかとたずねるかほり。
でも質問をとりけしました。

丈太郎は欣治さんの田んぼの手伝い中も
順一が気になってしょうがない。
でもあいつは大丈夫だという欣治さん。

街では春菜と順一が駆け落ちしたと噂に。
そこに春菜の父があらわれ順一の実家に。
何か知らないかという春菜の父に
二人がいっしょだときまったわけじゃないと
間にはいる丈太郎。
春菜は誰かにそそのかされたといいたい春菜父に
順一はそんなやつじゃないという順一父。

「順一は そんなことしません。

 順一はバカやけんど

 人さまを巻き込むようなことはしませんよ。」

春菜の父はおとなしくかえっていきました。

順一は中学二年のときにこんな家でてってやると
いい、駅で切符を買ったけど電車には乗れず
そのまま帰って来たのだそう・・。

順一に電話してもつながらない。
丈太郎は高知市にいくことに。

「1人で大丈夫?」

「ああ。お前は、この町の人の命

 守らなきゃいけないんだからさ」

病院に救急で運ばれてきたのは
弘樹の父。

車をとばす丈太郎。

『どうして 何も話してくれなかったのだろう

 いつだってそばにいたのに』

弘樹の父は腫瘍があるらしい。
弘樹は病室へ。

「死ぬかと思うた。」

「死にかけたがよ。」

「いっそのこと死んだ方がよかったかもな。

 何のために生きようがか分からんし。」

「やったら。

 救急車 呼ぶなちゃ。

 呼ぶなや。」

それを廊下できいていた彩花。
病室からでてきた弘樹をひっぱたきました。

ふたりは屋上へ。

「本心で言ったわけじゃないけん。」

「分かってる。けどもし お父さんに何かあったら

 自分を責めることになるから。

 ああいうこと言わなかったとしても 自分を責めちゃうし。」

「えっ?」

「ううん。仕事 戻る。」

彩花の事情はまだ話さず。

順一をさがす丈太郎。
ひとりでいた春菜は男たちにナンパされました。

街中でよさこいを歌っている順一に気づく春菜。
男たちが春菜を無理やりつれていこうとして
抵抗するのをとめにはいる順一。
ケンカになったあと春菜の手をひいて逃げだしました。

「何 やりようがよ お前。」

「何 やりようがよ 順ちゃん。」

「何 やりようがやろうな。」

「うん。」

「誰ぜ さっきの男ら。」

「座ってたら 声 掛けられて。」

「ついてったがか?」

「お酒 飲んでカラオケ行った。」

「バカヤロー!世の中には

 ひどい男が いっぱいおるがぞ。まったく
 お前は世間知らずやな。

 何で ここにおるがか知らんけんど

 お前は 大切に育てられてきちょうがやけん。

 もっと自分のこと大切にせんと…。」

しゃがみこんで泣きだす春菜。

丈太郎は春菜から実家に連絡があり
偶然、順一といっしょだと連絡を受けました。

丈太郎はふたりと合流。

「ふざけんなよ!

 心配させんなよ。

 何で。 何で 何も言わないでいなくなったんだよ。」

「何で いちいち言わなきゃいかんがぜ。」

「言ってくれよ。

  1人で抱え込まないで言ってほしかったよ。」

「お前には分からんことやけん。」

「何でだよ。」

「東京でも。東京でも 四万十でもどこでも簡単に行けて

 暮らせるようなやつには分からんがよ。

 お前は気楽でええよ。」

「ああ。

 ずっと 地元に しがみついてるやつのことなんて

 分かんねえよ!」

「やっぱ そうかえ。

 今まで。

 今まで ずっと俺のこと田舎者やってバカにしよったがやろ。」

「順一だって思ってんだろ俺のこと。

 東京に行っても仕事に就けなかったやつだって。」

「そんなが お前にとっちゃどうってことないやろ?

 最後は 栃木の実家に帰りゃあええがやけん。

 何が 目指せ 人口4万10人よえ。

 どうせ3年たったら帰るがやろ。調子いいこと言うなちゃ。」

「帰るとこなんてねえんだよ。

 実家だってもう帰れねえんだよ。」

「何でぜ?」

「実家 出て 10年もたつと 

 もう いつでも

気軽に帰れる場所じゃなくなってんだよ。

 弟が親と住んでて 弟は市役所勤めで

 結婚して 子供もいて

親の面倒も見るつもりでいてくれて

 親も そのつもりで。

 世代交代した生活っていうのがちゃんとあって。

 もう 俺はあの家の家族であって

 家族じゃねえんだよ。」

「でもそれって自由ってことでしょ?

 私は家族から離れたい。

 このままじゃ親の言うとおり結婚して

 結婚してからもずっと親に縛られるけん。」

「えいじゃいか。

 結婚相手は食うに困らん相手やし

 親にも援助してもらえるがやろ。」

「それじゃ自分の人生って言えんもん。

 私 結婚しちょう人と付き合いよった。」

「はあ?

 つらかったし 傷ついたけんど

 自分でそうしたことやけん 誰のせいにもせん。」

「やっぱり 春菜 ぜいたくな悩みよや。

 俺なんか実家がのうなったら

 店がのうなったらどうしたらえいか分からん。

 高校卒業した後 東京に出ること

 まったく考えんかったわけじゃないけんど。

 結局怖くて出られんかった。

 それがずっと すっげえコンプレックスになっちょう。」

「分かってんだろ?

 東京に行っても 何か見つかるわけじゃないってこと。」

「分かっちょっても 一度は出ちょったらって思うもんながよ。

 『隣の田んぼは青い』って言うやろ。

 何?」

「いや あの 芝生。」

「はっ?」

「あの」

「 しっ」

「田んぼじゃなくて芝生。

 『隣の芝生は青い』」

なんだかんだと仲直り。
丈太郎はふたりをみつけたと連絡をいれました。

弘樹の父は大学病院に転院することに。

丈太郎と春菜と丈太郎はお店に。

「先生とのことは一目ぼれで。

 イギリス文学の授業だけは

 いっつも 一番 前の席で聴いてた。」

回想

「愛を恐れることは人生を恐れること

 知の偉人として有名なラッセルは数々の名言を残し…」

「頑張ってるね」



「質問とか 色々 理由つけて先生のとこ行ってるうちに

 そういうことになって。

 先生が 話してくれることや

 連れてってくれるとこ
 私にとっては知らん世界ばっかりで

 どんどんはまってって離れられんようになった。

 初めて付き合うた人やったし。

 私がバカやったの。

 もう先生のこと忘れて親が言うとおり

 安全な道 行けばええがって思ったけんど

 やっぱりこのままじゃ終われんけん。

 昨日 先生の家に行ってきたがよ。」

「でも家の前まで行っただけで 何もできんかった。

 自分が情けのうて嫌んなる。」

「俺も負けちょらんぞ。

  実は東京に行こうと思うて。

 別に何しにってわけやないけんど。

 で 空港まで行ったがやけど 結局 怖なって ここ。」

「だっせ〜な。

  いい年した大人がビビってんじゃねえよ。」

「いい年した大人でもビビるがです。」

「へ〜 あんなとこで歌う方がよっぽど勇気いると思うけ…。」

「お前 言うなや。」

「えっ 何? 歌って なっ 何の…。」

「何でもないちゃ 何でも…。」

「歌いよったが 路上で。」

「お前 言うなちゃ。」

「何 何 どうやってどうやって どうやって 何 それ。」

にぎやか・・。

家事をしながら携帯を気にするさより。
壁にはってある子どもの絵をみて
はっとしました。

丈太郎からの留守電をきいたかほりは
彩花にも連絡。

そのあとまた弘樹の父が吐血。
病室にかけつけるかほりたち。
院長から気管切開したほうがいいと言われ
やったことがないというかほり。

「やるしかありません!

他に誰がやるんですか?

 メスを入れられるのは医師だけなんです。

 私がサポートします。」

迷いますが

「お前は この町の人の命

 守んなきゃいけないんだからさ」

という丈太郎の言葉を思い出し覚悟をきめるかほり。

「森下さん。介助お願いします。」

無事気道確保できました。
ほっとするかほり。

そのころ・・高知の3人はご機嫌。

「丈太郎さん 

 私 丈太郎さんに謝らなきゃいかんことがある。

私丈太郎さんと結婚したかった。

 丈太郎さんが 地域おこし協力隊の契約が切れて

 東京に戻るとき ついていきたかった。」

「あの町 出たかったからだろ?」

「丈太郎さんのこと えい人やと思うけんど

 好きとは違うた。ごめんなさい。」

「いやいや いいよ そんなの。」

「私のこと 見向きもしてくれんかったもんね。」

「いや そんなことないけど。」

「えいの 無理せんで。」

そのとき、女性をタクシーに乗せて見送った
不倫相手を発見。

笑顔で近づく松浦。

「今井さん 元気?」

「はい。先生は?」

「先生?」

「元気だよ。

 彼氏?」

「はい。 結婚するんです。」

「いたんだね そういう人。

 君 ラッセルは好き?

 ラッセル・クロウ…。バートランド・ラッセル。

  フフ。

 君たち お似合いだね。

 いや これで僕も安心だ。

 今井さんには 幸せになってほしいと思ってたから。

 幸せにね。

  To fear love is to fear life.」

「ちょっと待ってください。

 よく そんなこと言えますね。

 春菜ちゃんのこと傷つけといて。

 大学の先生なんですよね?それなのに…。」

松浦を殴る順一。

「何をする?!

 こんなことをやって許されると思ってんのか?

 暴力だぞ 暴力!

 訴えてやる!」

「勝手にせえ!行くぞ。」

「だから。だから

文学を知らない連中とは

 関わりたくないんだ!」


文学者からクレームがきそうな台詞w

朝。
病院でおつかれのかほり。
ようやくさよりあてにメールで知らせ
さよりは喜びますが
さよりといっしょにいたときき
顔が固まった・・。

弘樹の父は転院。

運ばれていく前に声がでないけど

「あ り が と う」

「仕事終わったら 行くけん」

父を乗せた救急車がいったあと
かほりと彩花にお礼をいう弘樹。

仕事からあがるとき、薫から
声をかけられるかほり。

「先生 いつ東京に戻るがですか?」

「戻る予定は ありません。」

「よかった。

 ちょっとは使える先生になった途端

 おらんようになられちゃ

 貸しを返してもらったことにはなりませんから。

 お疲れさまでした。」

ようやくこの人にも認めてもらえました。

商店街では戻ってきた二人と丈太郎を
囲んで大騒ぎ。

「おいおいおいおい 順一と
 
 今井先生のとこの春菜ちゃん 帰ってきたぜ。」

「えっ やっぱり駆け落ちは本当やったがやね?」

「いやいや 順一が無理やり連れ出したがやな。

 順一順一  お前 何しようがぞ。」

「今井先生にどう説明するがよ。」

「どうせ春菜ちゃんに相手にされんけん

 無理やり引っ張り回したがやろ。」

「今井先生の娘さんがあんたなんか相手にするわけないろ。」

うるさいジジババたち。
丈太郎が説明しようとしても聞く耳もたない。

「ゃんと説明せえよ。」

すると春菜がきっぱり。

「好きです!

 私 順ちゃんのこと 大好きですよ。

 商店街や町のことを考えよう順ちゃんのこと

 これからも手伝っていきたいと思います。

 ご心配 おかけしました。」

帰る前にこちらをふりむいて

「バイバイ」

と手を振ってかえる春菜。


離れたところにいるさよりとはアイコンタクト。

家に戻った春菜。

「ごめんなさい。」

「ちゃんと説明しなさい。梅本さんにも

 訳 言わにゃならんけん。」

「結婚する人は自分で決めたい。」

「私たちはね 春菜お前の幸せを一番に思って…。」

「パパたちが思ってる幸せと私が思ってる幸せは違うけん。」

順一も帰宅。

「おう。 おかえり。」

「ただいま。」

丈太郎のところにきたかほり。
仕事明けなので昼間でもビールで乾杯。

「何か うれしそうじゃん。」

「フフ。まあね。仕事でね。」

「何?」

「今度は救えた患者さんの命。

 あのときのこと思い出して怖かったけど。

 でも 救えた。」


「そうか。」

「何か1歩 前に進めたような気がする。」

「すげえじゃん。」

「うん。」

「まあ 俺も。」

「進めた?」

「うん。進めそうな気がしてきた。」

「何だ。」

「何だって何だよ。」

「ねえ ちょっと はいもっと ビール 持ってきてよ。」

『今日という一日が

明日につながっていく』


「じゃんけんぽい。」

「あいこでしょ。」

「あっち向いて ほい。 フフ 弱っ。」

仲良し・・。

「あっ もう 早く 取ってきてよ。」

「何だよ 偉そう…。」

「早く。」

「分かったよ。」

でもかほりは寝てしまいました。

「えっ?

 たく もう。」

眠ってしまったかほりに毛布をかけてあげました。

『長い一日が終わった』




すごく不吉な予告だったから心配したけど
自殺とかそんなんじゃなくてよかった。
中学のときには乗れなかった電車、
でも今回も東京には行けずに高知市が
精いっぱいなんて・・。
順一には地元があってると思うよ・・。

おいこんだと反省した丈太郎は
たぶんあれ丈太郎のせいだけではないけど
無意識に人を傷つけてるかもっていうことに
そろそろ気づいてもいいんじゃないかと思う。
性格はかわらないけどもうアラサーなんでしょ?

みんなそろそろ落ち着きをみせてくる中
彩花だけひっぱるね。

文学の先生はもっとひどい目にあってもらっても
いいと思いました。




 


2012.12.12 Wednesday 08:57 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< 町でうわさの天狗の子 10巻 | main | PSYCHO-PASS サイコパス 第9話「楽園の果実」 >>









「遅咲きのヒマワリ」第8話★木村文乃の不倫相手はBラッセルかぶれ
遅咲きのヒマワリ 〜ボクの人生、リニューアル〜第8話 「気持ちを伝えると、何かが変わると思いませんか?」 木村文乃の泣き顔と笑顔、桐谷健太の”やさぐれ感”が良かったかな・・・。 −◆− 町からいなくなっていた順一(桐谷健太)と春菜(木村文乃)を探して
| 世事熟視〜コソダチP | 2012/12/12 12:49 PM |