<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

マギ 第11話「新たなる来訪者」

第11話「新たなる来訪者」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


アラジン(声・石原夏織)とジュダル(声・木村良平)。
マギ同士の人知を越えた戦いが始まった。
ジュダルの魔法にアラジンはウーゴくん(声・森川智之)と
応戦する。しかしジュダルの攻撃がアリババ(声・梶裕貴)へと
牙をむいたその瞬間、ウーゴくんはアラジンの意思に
関係なく動き出し、圧倒的な力でジュダルをねじ伏せた。
だがそこへ、煌帝国の姫君・練紅玉が乱入し、
ウーゴくんを消滅させてしまう。これに激昂したアラジンは…




ジュダルを倒したウーゴくん。
倒れているジュダルにさらに攻撃。

「まずい!みんな 逃げろ!」

すごい衝撃ですが
シンドバッドのおかげでみんな無事でした。

ウーゴくんは体にささった氷の槍もくだき傷も修復。

勝手に動いているようにみえるけど
どうなったんだとアラジンにたずねるアリババ。

そこに練紅玉があらわれました。

「あ〜らあら なんなのかしら

 あの化物は」

「ずいぶんと 私たちの

 かわいいジュダルちゃんを

 いじめてくれたみたいじゃない。」


いっしょにいる夏黄文に
ちゃんと治すよういう紅玉。

「わかっておりますよ 姫君。

 彼は我々の国の 大切な神官殿なのですから。」

ふたりとも煌帝国の人間。
しかもおおがかりな魔法道具をつかっている
高い身分のもののよう。

紅玉はウーゴくんを倒すつもり。

「いでよ ヴィネア!」

ジンの金属器つかい。

水からできた剣で
ウーゴくんの体がつらぬかれ
大きな穴があき消滅。
ウーゴクンは笛にもどり
笛が下に落ちました。

ジュダルは応急処置をすませ
なおすにはきちんとした施設が必要と
ひきあげようとするふたりの前に
アラジンがでていきました。

化け物に襲われていた身内=ジュダルを
助けただけという紅玉に
ウーゴくんはみんなを守るために
戦っただけだというアラジン。

「そう。 じゃあ あなたが

 あの化物のあるじね。

 下にいるあいつらも仲間なのね

 閻心 閻体 閻技 やっておしまい。」


紅玉のうしろにいた化け物みたいのが
でてきました。

マスルールがとめようとしても互角の力。
モルジアナでも早すぎてさばききれないらい。
閻技にはアリババが剣をふるいます。

紅玉はさらに力を出そうとしたとき
その手をつかんでとめるシンドバッド。
魔装がとけていきました。

名を名乗ると驚く姫。

「いつまでにぎってるのよ 無礼者!」

赤面してはずかしそう。

お互い立場ある身
こんなところでたたかうべきじゃないと
いさめ、アラジンにも、ジンはこのくらいでやられず
ウーゴくんも無事だとひかせました。

シンドバッドに言われ
この場は帰るという紅玉。

「いいこと!

 別にあんたに言われたから

 帰るんじゃないんだからね!」


ツンデレ・・?

笛をみつめ

『ウーゴくんの星が消えちゃった。

 ウーゴくんにもっと力をあげなきゃ』


と思うアラジン。

けが人の手当てをするシンドバッド。
モルジアナもお手伝い。

「モルジアナはいい娘だな。

 気丈でやさしい。」

「ええ。まわりのことによく気がつくし

 テキパキとよく働いてくれます。」

シンドバッドとジャーファルの評価も高い。
でも本人は何もできなかったと悔しそう。

『私は故郷に帰る前に

 二人の役にたちたいのに』


アリババも同じく何もできなかったと
自分を情けなく思っていました。

『みんながおそわれてるのに

 何もできなかった。

 ジンの金属器があったって

 肝心なときに戦えないんじゃ

 何の意味もねえじゃんか。
 
 情けねえ。』


体中、怪我がいっぱいで
たしかめていたら

おしりまるだしですごいかっこうのところに

モルジアナがww

「うわ〜〜」

モルジアナ、手当てをしてくれました。

アラジンは落ち込んでいるときいていたとき
外からさわぎがきこえ
アラジンが息をしていない。

笛をすぐはずせというシンドバッド。
マゴイを使いすぎてしまったらしい。

「それだけ アラジンにとって

 ウーゴくんは 大切な友だちだったんだ!」

アリババも悔しそう。

霧の団の団員たちは
この先が不安で
アリババのところにやってきますが
アリババは何も言ってやれず不安になる人々。
シンドリアからも援軍がくるから
大丈夫だと安心させるシンドバッドをみて
またまた落ち込み・・。

『ちきしょう。

俺はなんて情けねえんだ。

 役にたたねえ上に

 みんなの不安をとりのぞいてもやれねえ。

 カシムだったら うまく

 みんなをまとめられただろうに』


そのカシムがどこにいったのかと
考えていると、国軍がせめてきたとの知らせ。

でもせめてきたのではありませんでした。

やってきたのはバルカーク将軍。
アリババに剣術をおしえてくれた人。

そしてサブマド兄さんがいました。

「ア・・アリババは すごいね」

自分は知らない人がいっぱいいると
足が震えてとまらないそうで
それでもここへきたのはアリババと
大切な話をするため、

そこにシンドバッドもやってきて
サブマドに声をかけました。

シンドバッドの命を危険にさらしたことを
あやまらなきゃいけないというサブマド。

霧の団に軍の情報を流したのはサブマド。

「アリババがいたからさ。

 アリババのいる霧の団なら

 この国をなんとかしてくれると思った。」


昔からアリババは自分にできないことを
してくれる、
アリババに兄をとめてもらいたいというサブマド。

兄のやろうとしていることがこわい、
なんでこんなことになったのか
わからないことが一番こわいと泣きだしてしまいました。

そのあと説明をするバルカーク。

王宮をたずねてきた銀行屋は
経済アドバイザーを名乗り
銀行屋の財政たてなおしの案に
のることに。
煌帝国の紙幣 煌(ファン)を使いだし
いつのまにかバルバッド経済は煌に
依存することになり
煌の価値は変動し国は大きな損害をうけ
銀行から借りるために担保がいるため
いろんなものが差し押さえにあい
上がり続ける税金に苦しむ国民たち。
スラムの住人もきりすてられました。

王族や貴族には危機感はなく
もう担保にする資産がないというと
国民を担保にすればいいという国王。

「兄さんはバルバッドを

 奴隷産出国にするつもりなんだ!」


奴隷という言葉に
厳しい顔をするモルジアナ。

「副王様!

 あなたは

 それを私たちにとめてほしくて

 ここにきたんですか!」


「そ そうだよ。」

答えをきくとアリババににむかうモルジアナ。

「やりましょう、アリババさん。

 私たちで 

そのふざけた計画を止めるんです!」


霧の団の団員たちからも声がたかまり
シンドバッドのほうをみるアリババ。



練紅玉、性格悪そうなのに強くて
厄介な相手にみえますが
シンドバッドには弱いみたいだから
なんとかなるか。
横にいた夏黄文もなかなかだし
あの銀行屋といいジュダルといい
煌帝国は胡散臭い人がいっぱい。

アラジンは回復したら目をさましそうだけど
アリババはさらにステップアップする必要が
ありそうです。

国民を担保にしろというようなバカ王は
ギロチンにかけられてもいいんじゃないかな。
副王は弱気だけどがんばってる。




アラジン…石原夏織
アリババ…梶裕貴
モルジアナ…戸松遥
ジュダル…木村良平
シンドバッド…小野大輔
ジャーファル…櫻井孝宏
マスルール…細谷佳正
シャルルカン…森久保祥太郎
ヤムライハ…堀江由衣
ピスティ…大久保瑠美
スパルトス…羽多野渉
ドラコーン…杉田智和
ヒナホホ…藤原啓治
練白瑛…水樹奈々
李青舜…瀬戸麻沙美
練紅玉…花澤香菜
練白龍…小野賢章
夏黄文…鈴村健一
カシム…福山潤
ウーゴくん…森川智之









2012.12.16 Sunday 18:16 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 宇宙兄弟 第37話「公園におっさん2人」 | main | ジャンプ3号感想 >>









マギ 第11話 「新たなる来訪者」
ジュダルに対して容赦なき攻撃を加えるウーゴくん。 まるで、黒いマギをここで滅ぼさないといけない理由でもあるような? 魔法の炎を出すを見てシンドバッドは危険と判断して退避を指示します。 ウーゴくん大暴走、どうなってしまったのか( ̄▽ ̄)
| 空 と 夏 の 間 ... | 2012/12/17 12:13 AM |
マギ 第11話
アラジン(CV:石原夏織)の意思に関係なく動き出すウーゴくん。 ジュダル(CV:木村良平)をペチャンコにして、尚且つトドメまでw そこに、煌帝国の練紅玉(CV:花澤香菜)が現れてジュダルを救い出しま...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2012/12/17 9:26 AM |
マギ
「マギ」11話です ーざっすじー ジュダルにとどめを刺そうとした ウーゴ君だったが 謎のお姫様があらわれ ジュダルを回収したうえに アラジンやアリババ達に攻撃をしてくる しかしシンドバットの仲...
| 川柳の一派 アニ川!!  | 2012/12/19 9:10 PM |
マギ TBS(12/16)#11
第11話 新たなる来訪者 公式サイトからアラジンとジュダル。マギ同士の人知を越えた戦いが始まった。ジュダルの魔法に、アラジンはウーゴくんと応戦する。 しかしジュダルの攻撃がアリババへと牙をむいたその瞬間、ウーゴくんはアラジンの意思に関係なく動き出し、圧倒
| ぬる〜くまったりと | 2012/12/19 11:15 PM |