<< June 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

泣くな、はらちゃん 第1話「恋するヒーロー!!」

第1話「恋するヒーロー!!」



漫画の世界から飛び出した“はらちゃん"が、
人間の女性に恋をした。
はらちゃん(長瀬智也)が住んでいるのは紙の中。
彼は、漫画の主人公なのである。
そんなある日奇跡が起き、
はらちゃんは現実の世界に飛び出した。
初めて見る現実の世界に一つ一つ感動しながら、
はらちゃんは1人の女性に恋をする。
それはなんと、自分たちを描いている“神様"とも
呼ぶべき人物・越前さん(麻生久美子)だった!!




マンガを描く越前さん。

マンガのキャラがしゃべる。

現実の不満をキャラにいわせている越前さん。

「私はね 誰も傷つけたくないし

 干渉したりもしないんですよ。

 人は それぞれ みんな 違うわけ

 ですからね そうでしょう。

  だからね 私のことも

 ほっておいてほしいわけですよ。

 私は誰も攻撃しない 傷つけない。

 だから 私にも そうしてほしい。

 私の望みは 間違ってますか?」

「間違ってない」

「ハハハ…!」

「みんなが そうやって

 生きていけばね→

 世界は平和だと思うんですよ」

「まぁまぁまぁ 飲んで 飲んで」

「でもね…」

「特に うちの職場には!」

  「その通りだ」

「まぁまぁ さ どうぞ どうぞ」

 「どうしても 自分を守りたいなら

 敵は 殺すしかない」


ユキ姉が過激!

「いや そこまではっていうか」

「そうだよねぇ」

「そうは言っても なかなかね」

 「じゃ 諦めな

 諦めて 文句言わずに生きてきな。

 生きてるだけで

 ありがたいと思ってさ」

「うん。」

「世界中の敵に降参さ。

 戦う意思はない。

 世界中の人の幸せを祈ります。

 世界の誰の邪魔もしません。

 静かにしてます。

 世界の中の小さな場所だけ

 あればいい。

 おかしいですか?

 人は それぞれ 違うでしょ?

 でしょ? でしょ?

 だから お願い かかわらないで

 そっとしといてくださいな。

  だから お願い かかわらないで

 私のことは ほっといて…」


言いたいことを描き終えたら
ノートを閉じてのびをして、寝る越前さん。

翌朝、自転車で出勤。
海のそばにあるかまぼこ工場。

鏡の前で笑顔をつくってから仕事場へ。
かまぼこを1個1個てづくり。


長沼さんのつくったやつがはみでているので
越前さんが指摘しますが・・無視された。
はみ出た部分を修正していると
長沼さんがみてた。

恐い、このおばさん!

百合子がフォローにはいってくれましたが
越前さんの味方というわけでもないみたい。

言いたいことがあったらちゃんと言う、と
注意されてしまいました。
作り笑いがぎこちない。

全然悪くないのに長沼さんにあやまることに・・。

「いいわよ。許してあげる。」

ひどい。
さらに帰る越前さんにきこえるように

「越前 陰気臭い」

とか。

家に帰ってそのうっぷんをマンガにぶつける!

「なんで私が謝らなきゃいけないんだって話ですよ!」

「殺すしかないわね」

ユキ姉もこればっかりw

越前さんが眠ってしまったあと
ノートが床におちました。

マンガの中のキャラの世界。
お酒を飲みながらいろいろ愚痴をこぼす。

はらちゃんにマキヒロ
あっくん、泣き上戸?
笑いおじさんは名前もないのが不満。

「せめて せめて

 なんで笑ってるのかだけでもいいから
 
 それだけで・・」

泣きおじさんになった。

ユキ姉もたまにはわたしだって
前向きなこと言いたいわよ!と怒る。

ユキ姉は、もうひとつの世界に言ったことがあると
告白。

「神々の世界。

 神様が住んでるんだ そこは」


はらちゃんのギターの弦は3本だけど
みんなをつくってる人がいるところでは
ギターの弦が6本。

最近この世界で悪いことがおこるのは
その神が機嫌が悪いから。

その世界で神様のご機嫌がよくなれば
この世界も明るくなるそうで。

でもそれ以上はおしえてくれないユキ姉。

カマボコ工場ではまた作り笑顔をしながら
仕事する越前さん。

留守の部屋にはいってきたのは弟 ひろし。
いないのを知っていてお金をかりにきたらしく
机の上においてあったノートに手をのばしました。

中をひらいてマンガをみて

「つまんねえ」

何かの気配を感じる越前さん。

ひろしがそのノートを窓から捨ててしまい
そのノートはおまわりさんお自転車の荷台に。

マンガの中では大きく揺れて
雨がふったので水も・・。
さらに道路に落ちてしまうノート。

はらちゃんのまわりの世界が変。
原稿がモザイクみたいに壁になっていて
明るい場所はもしかして現実?!

おもいきって飛びこんでいくはらちゃん!

そこは現実の世界でした。

車がぶつかりそうになって
あわててとめる田中君。
外にでるとはらちゃんが
車を指さして

「あの・・これ なんですか?」

と質問。
車はきいたことあるらしい。

「頭 うちました?」

「もしかして あなた 神様ですか?」

「いえ 田中です」

「田中?めずらしい名前ですね」

はらちゃんも自己紹介し
神様はどこにいるのかと

たずねますが

どうみても頭打った人ww

「お願いします!

 教えてください!

 神様どこにいるんですか!?」


車に乗せてもらって神様のところに
つれていってもらうことに。

車の中でも挙動不審。
そしてみるものみるものめずらしい。

自転車に犬、海も興味津々。
停車してもいちいち悲鳴。

「ここが 神様のいるところですか?」

かまぼこ工場にむかって走っていくのを
とめる田中さん。

この中に女神がいるそうで
神様は気難しい方だから
そっと眺めるだけにして
声をかけないようにという田中さん。

中からでてきたのは紺野さん。

紺野さんは悪魔・・ってひどいなw
すごい目でにらんでいきました。

玉田さんに、はらちゃんが就職希望者だと
勘違いされますが「ここで働きたいのか?」
というと働くの意味までおしえる羽目に・・。

玉田さんからかまぼこをひときれもらい
めずらしそうに天にかかげたあと
一口かじるはらちゃんが・・

世界一おいしいものを

 食べたような顔!!


そしておしえてもらった神様は越前さん。

「あの方が・・神様。」

田中さんといっしょにガラスにはりついて
のぞきみするはらちゃん。

長沼さんにいやがらせされても
神様はおとなしいので何も言わないから
ストレスもたまるでしょうね、といわれ
神様のストレスの原因に気付いたはらちゃん。

「これじゃダメだ。

 これじゃ困るんです。我々は。

 幸せになってもらわないと。」



また長沼さんにいやがらせされて
注意されるのを我慢できずに
中に乱入。

「どうして?

 どうして黙ってるんですか!

 今のはあきらかに あなたではなく

 この方が悪いじゃないですか!

 しっかりしてください!

 あなたは神様なんですよ!

 神様。お願いします。

 あなたが幸せでないと

 我々の世界は曇ったままなんです。

 どうか幸せになってください。

 そのためにがんばって戦ってください。

 お願いです 神様。

 世界を変えてください!

 あなたが笑えば 世界は輝くんです!」


外に連れ出されるはらちゃん。

「神様!幸せになってください!
 
 お願いします!」

「誰だっけ?」とつぶやく矢口さん。

警察につれていかれてしまったはらちゃん。

矢口さんが話をしにきたとあいにきました。

「ねえ わたしのこと 知ってる?」

「いえ 残念ながら。」

「そう。

 ねえ 自分の住む世界を かえたいんだよね。

 君は。

 それを 人にたのむんだ。

 人のせいなんだ?

 自分がかわらずに 世界はかわらないよ。」

 
矢口さんは何かを知っている・・!?

会社から帰る途中、ノートが
おちているのをみつけあわてて拾う越前さん。

ノートを開くと警察にいたはらちゃんが消えた!

マンガをよみながらはらちゃんを思い出し
「似すぎ?」といいながら閉じました。

すると元の世界にもどったはらちゃん。

神様の世界にいって
神様に自分の気持ちをうったえたと報告。

でも神様の答えはわからない。

「でも素敵なとこだったな」

と上をみあげました

かまぼこ工場ではいつものように仕事中。
長沼さんのかまぼこの出来が悪くても
知らん顔していると、それを越前さんに
おしつけていってしまう長沼さん。

仕事の後、飲みに誘われ
紺野さんはパス。
越前さんも断りますが
そのくらいでなんでおどおどしてるの?
バカじゃないの?と紺野さんにいわれてしまい
また帰宅後、マンガで文句をぶつける越前さん!

はらちゃんが銃弾を撃ちまくり
壁は穴だらけというひどいことに。

「なんか前よりもひどくなったような・・。」

「荒れてますよね 神様。」

存在もわすれられた笑いおじさん。

「私のせいですね。

 私が神様をおこらせてしまったみたいです。

 世界を悪い方に向けてしまった。

 すいません。

 世界はどうなってしまうんだ・・

 もう一度 神様にあいたいな。」

上をみあげるはらちゃん。

「やつあたりだね。これじゃ。

 あ〜〜 ちっぽけだなあ 私。」

とつぶやいて
好きなマンガのコミックスを
みあげる越前さん。

ベンチにすわってそのマンガを
読んでいる越前さんは幸せそう。

秀子が部屋にいたハエを
マンガのノートでたたこうとして
また窓から外にとんでいったノート!

はらちゃんがまたまた現実世界へ!!

紺野さんの自転車の荷台にいました。

「あっ!悪魔!!」

紺野さんがギターを持っているのをみて
興味津々でついていきました。

「弦は 6本ありますか?

 歌にメロディーあります?」


「バカにしてんの?消えろよ。」

ギターを取り出して
弾きながら歌をうたいはじめる紺野さん。

はりついてみているはらちゃん。

「これが メロディー」

メロディーをきいたのもはじめて。

そこに越前さんがとおりかかり
よびとめるはらちゃん。

「ちょっと待ってください!神様!」

「私は神様なんかじゃありません。」

「そんな・・」

呼び名は越前さん。

神様が嫌な気分になると
世界は曇る、
だから神様に世界を明るくしてくださいとお願いしたけど
自分勝手なお願いだったかもしれないので
神様が幸せになるのなら
どんなことでもします、と言うはらちゃん。

「いいですか?私はね 嫌いなんですよ

 そういう自分の能力とか

 過信してる人間が。

 世界に何かを発信したいとか

 言っちゃってる あの人みたいのが一番。」

悪魔さん・・紺野さんみたいに
わざわざ誰もいない場所を選んで
歌を歌うなんて意味がわからない
自信がないなら歌わなきゃいいのに
とけっこうきつい神様。

「神様。 それは違います。

 悪魔さんの歌は素晴らしいですよ。

 弦は6本あるし

 メロディーもあります。
 
 ご存じですか?

 ギターには弦が6本あって

 歌にはメロディーがあるんですよ!」


「は? もう とにかく 私は

 あなたが言ってるような人では

 ありません。

 特別な人間じゃないんです!

 ちっぽけな

 どうでもいい存在なんです。

 買いかぶりは やめてください。

 迷惑です。」


いってしまう越前さんを
よびとめるはらちゃん。

「越前さん!あなたは特別な存在です!

 私はこちらの世界で

 あなたと出会って嬉しかった。

 私達の神様は

 美しくて ステキな女神だった。

 ホントに嬉しかったんです。

 私は 心から あなたに

 もう少しだけでいいから

 幸せになってもらいたいと

 思いました。

 越前さんが

 幸せになるためだったら

 私は何でもします。

 お願いします。

 自分のこと どうでもいいなんて

 言わないでください。」


「あなた 誰なんですか?」

「はらちゃんです!」

「はらちゃん?」

「はい!」笑顔!

「何で その名前…。」

ノートをみつける越前さん。

「何でここに?読んだの?最低!」

越前さん、怒っていってしまいました。

ギターをしまう紺野さん。
紺野さんも機嫌悪い。

越前さんがノートを開くと
またはらちゃんが戻ってしまいました。

家でノートのマンガを読む越前さん。

「下手なマンガ」

はらちゃんのギターの弦をみつけ

弦をかきたし、

さらに「♪」もかいてくれました!!


神様ーー!!

はらちゃんのギターの弦がふえ
ギターを弾くと音が!!

おっかなびっくりのぞきこむみんな。

はらちゃんはギターを弾きながら
歌を歌い始めました。

みんなが笑顔に・・・!

楽しそうにみんなが歌う!

♪〜 世界中の敵に降参さ
♪〜 戦う意思はない
♪〜 世界中の人の幸せを
♪〜 祈ります
♪〜 世界の誰の邪魔もしません
♪〜 静かにしてます
♪〜 世界の中の小さな場所だけ
♪〜 あればいい
♪〜 おかしいですか? 人は
♪〜 それぞれ 違うでしょ?
♪〜 でしょ? でしょ?
♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 そっとしといてくださいな
♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 私のことは ほっといて
♪〜 世界中の敵に降参さ
♪〜 戦う意思はない
♪〜 世界中の人の幸せを
♪〜 祈ります
♪〜 おかしいですか? 人は
♪〜 それぞれ 違うでしょ?
♪〜 でしょ? でしょ?
♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 そっと…


鏡の前で笑顔をつくる越前さん。
本屋へいき矢東薫子のマンガを
みる矢口さん。

鏡をまえで笑顔になっていたところ
弟にばったり。

「お姉ちゃん。

 えっ 何? 気持悪い。」

ひどいよ、弟!

♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 そっとしといてくださいな
♪〜 だから お願い
♪〜 かかわらないで
♪〜 私のことは
♪〜 ほっといて
♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 そっとしといてくださいな
♪〜 だから お願い
かかわらないで
♪〜 私のことは ほっといて



マンガの中のキャラクターが
神様=作者のところにやってきて
自分たちの世界を改善するため
もっと明るく生きてほしいとうったえる
楽しい設定。
現実世界のあれこれがめずらしく
いちいち驚くのもおもしろい。

現実では文句がいえずマンガの中で
訴えてひたすら我慢する楽しくなさそうな
毎日をおくっている越前さんですが
紺野さんにあれだけ言えるんだったら
長沼さんたちにも言えるんじゃ。

はらちゃんのおかげで人生かわりそうですね。

ギターの弦と音符を描き足してくれて
メロディーが奏でられるようになったエピソードが
最高によかったです。

おもしろいドラマになりそうで次回も楽しみ!




はらちゃん  長瀬智也
越前さん   麻生久美子
田中くん   丸山隆平
紺野清美   忽那汐里
マキヒロ    賀来賢人
ひろし     菅田将暉
あっくん    清水優
長沼さん    稲川実代子
警官      小松和重
笑いおじさん 甲本雅裕
玉田       光石研
ユキ姉     奥貫薫
秀子      白石加代子
矢口百合子  薬師丸ひろ子





2013.01.19 Saturday 22:57 | comments(0) | trackbacks(15) | 
<< バクマン。3 第16話 「最終話とコメント」 | main | 特命戦隊ゴーバスターズ 〜Mission47 「リセットとバックアップ」 >>









泣くな、はらちゃん #01
『恋するヒーロー!!』
| ぐ〜たらにっき | 2013/01/19 11:16 PM |
【泣くな、はらちゃん】 第1話 初回感想
行って来ましたよ。 神様の世界はホントにありました。 ステキな方でしたよ。私達の神様は。 私はね、神様に自分の気持をぶつけました。 「どうか幸せになってください。そうでないと私達の世界は曇ったま...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/01/20 12:45 AM |
泣くな、はらちゃん(長瀬智也)と言ってもきっと泣くのよね(麻生久美子)
♪〜しゃくなげの花をください。五本の束でください。お金ならあります。ウチにはそんなもりありゃしねえ。おととい来やがれ。・・・そうですか。・・・誰が三日月くんの歌を歌えといった。 ちなみにしゃくなげの花言葉は「危険」「警戒せよ」である。割と好きな花だと
| キッドのブログinココログ | 2013/01/20 4:10 AM |
泣くな、はらちゃん 第1話の感想
日本テレビ系で放送された「泣くな、はらちゃん」第1話の感想などこのタイトルのネーミングからして、あまり見たいとは思わなかったのですが一応見てみました。で、嫌な予感は当たったのかなあというのが正直な感想です。裏でやってたスペシャルドラマ「野良犬」の方を
| オタクと呼ばないで | 2013/01/20 7:40 AM |
「泣くな、はらちゃん」第1話★ギターの弦は6本。歌にはメロディー
泣くな、はらちゃん 第1話 『泣くな、あぽやん』・・・違う。 原作のコミックがあるのかと思ったら、オリジナル作品なんですね。 で、ヒロイン・越前さんが「麻生久美子」っていうキャストがシブい。 ゆったりと進むドラマ全体も、どこか昭和の匂いがして、独
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/01/20 9:04 AM |
『泣くな、はらちゃん』 長瀬智也 麻生久美子 丸山隆平 主題歌 TOKIO「リリック」
『泣くな、はらちゃん』観ました! やっぱり、長瀬くんドラマは面白い。 しかもなんだろう。凄いありえないお話展開で(笑) 長瀬、丸山の掛け合いがw カミサマって(笑) そこでかみ合っちゃうのかい〜です{%表情爆笑deka%}
| ゆったりと・・ | 2013/01/20 9:46 AM |
泣くな、はらちゃん
初回の感想 
| AKIRAのドラマノート | 2013/01/20 10:48 AM |
ドラマ「泣くな、はらちゃん」 第1話 あら...
人はそれぞれ違うでしょ?だからお願い、かかわらないで。私のことは、ほっといて---------!!異色世界観の今作。漫画の世界が現実に?ってどうなるのかと思えば。うん。面白かった。...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/01/20 11:31 AM |
ドラマ「泣くな、はらちゃん」 第1話 あらすじ感想「あなたが笑えば、世界は輝くんです!」
人は それぞれ 違うでしょ? だからお願い、かかわらないで。 私のことは、ほっといて-----------!! 異色世界観の今作。 漫画の世界が現実に?ってどうなるのかと思えば。 うん。 面白かった。 設定がぶっ飛んでて、でもそれがなんかほっこり出来て、昭和テ
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2013/01/20 11:31 AM |
「泣くな、はらちゃん」 第1話
 「世界」が変わったよ!゚+(b゚ェ゚*)+゚ ギターの弦が6本になり、メロディーが生まれた。 はらちゃんが「神様」に影響を・・・? 自分たちのために「世界」を変えたいと思った ...
| トリ猫家族 | 2013/01/20 11:58 AM |
「泣くな、はらちゃん」第一回 麻生久美子さんが美しすぎる
「泣くな、はらちゃん」第一回、期待しすぎたのか途中で眠くなった。 拡大版で長すぎたのか?特に、はらちゃんが現実世界にワープする所とか、 一回やればもうわかっちゃうCGなのに、もうしつこいってば...
| 今日も何かあたらしいドラマ | 2013/01/20 12:53 PM |
泣くな、はらちゃん (第1話・1/19) 感想
日本テレビ系ドラマ『泣くな、はらちゃん』(公式)の第1話『恋するヒーロー!!』の感想。 題材は面白い! 漫画の登場人物が漫画の世界から作者の世界へ飛び出して…と言う話らしい。漫画や小説で...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/01/20 1:52 PM |
泣くな、はらちゃん「恋するヒーロー!!」
かまぼこ工場に勤める、やや内気なヒロイン、越前さん(麻生久美子)の趣味のマンガ世界が実在するなんて… なんだか、子供たちが見てない間に玩具が動き出す「トイ・ストーリー」みたいなオハナシですよね。 薬師丸ひろ子や、今が旬の忽那汐里が「あくま」と呼ばれ
| のほほん便り | 2013/01/20 3:17 PM |
泣くな、はらちゃん 第1話
越前さん(麻生久美子)は、地味で真面目で言いたいことの半分も言えない性格です。 彼女はかまぼこ工場で働いていますが、お局の長沼さん(稲川実代子)に理不尽なことをされても謝ってばかりです。 そ...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/01/20 3:37 PM |
泣くな、はらちゃん 第1話:恋するヒーロー!!
神様ビンゴ!( ̄ε ̄〃)bグッ!! 偶然にも、田中(さんw)にとっての神様と、はらちゃんにとっての神様が一致してた! 年代的に、田中は紺野さんの事が好きなのかと思いきや、彼女は悪魔らしい しかし越前さん!!!かまぼこ工場で、あんなオバハン達に囲まれてたら
| あるがまま・・・ | 2013/01/20 11:05 PM |