<< October 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

リトルバスターズ! 第16話「そんな目で見ないで」

第16話「そんな目で見ないで」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


チャイムがなって

「うっひょ〜!

 腹減った腹減った カツ丼 カツ丼」

と浮かれて教室にはいってくる真人。

こっそり学校を抜け出して
大盛りカツ丼弁当を買ってきたそうで
はりきって箱をあけると
びっくり箱みたいに中からとびだす人形。

「ごちそうさま」

と書いてあって、そこにあらわれた葉留佳が
顔にいたずら書きをして
鼻にまるめた紙をつっこみました。

「三枝葉留佳!

 俺様のカツ丼くったのは てめえだな!」

「やだな〜。

 根拠のないいいがかりはやめようよ〜。(棒読み)」

「なんだろう その棒読みは。」

「実はですね 先ほどFBIから秘密指令をうけまして

 カツ丼弁当に 爆弾が仕込まれている・・と。」

爆発阻止のためカツ丼を一飲みしたらしい。

「あと10秒 あと5秒 ドッカーン!!」

「んなわけあるかーー!」

「まあ そう 怒らずに」

とカツ丼をさしだす葉留佳。

「一口もらったけどね。

 あわてた顔はナイスだったよ〜」

「てめえ〜!カツ丼を餌に

 俺をからかう女は許せん!

 てめえのように極悪非道な女は

 たたきのめしてやる〜!」

「のぞむところだ!」

バトル開始。

「そうとなればみんな

 武器になるものを投げ入れてやれ。」

真人がキャッチしたのはカメラ。
葉留佳はおもちゃセット。

「バトルスタート!」

「俺にもとうとう運がまわってきたようだ!」

「行け!はるちんのしもべたち!

 ってそういうのはないけど。」

葉留佳の写真を撮る真人。

「敵ではないのですよ!

 HEY BOY!いざ 尋常に勝負!」

「しまった!何の攻撃にもなってね〜〜!」

「はるちんフェスティバルの時間だよ〜!

 はるちん コズミックファイヤービーム!!」

で輪ゴムを発射。

「はるちん デストロイヤー ハリケーンスペシャル!!」

コマ!

「はるちん ファイナル レインボートルネード!」

ビー玉!

「はるちん ミラクルバイオレンスクラッシュで

 とどめだー!!!」

「勝者 三枝葉留佳!」

「まさに楽勝!楽しく かつ!」

「すごい はるちゃん」

「パチパチなのです」

「なかなか腕をあげたようだな。」

「頭脳の勝利ですね。」

「くっそ〜〜!」

「哀れな男だな。」

「あとで僕の焼きそばパン あげるからね。」

「では 勝者三枝から 敗者 真人へ

 称号の授与だ。」

「パンパカパーン!」

「真人は『宇宙バカ』の称号を得た!」

「いやだぁぁぁぁ!!」



OP


猫とたわむれる小毬さんと鈴と理樹。
そのとき植え込みにかくれるようにしている葉留佳が。

風紀委員に見つかるとヤバいらしい。
遅刻や忘れ物はいつものことだけど
学食のオーブンを勝手に使ったのが
風紀委員の怒りをかったらしい。

葉留佳がやってきたのは古いベンチ。

「いいこ いいこ」

「ベンチがいい子なのか?」

「これからベンチを補修します」

葉留佳は整美委員。

「このベンチ 愛着あるんだ。

 授業さぼって 昼寝したり。」

「さぼっちゃダメだよ〜。」

「この学校に入ったばかりのときね

 日がな一日 ずーっと座っていたこともあるんだよね。」

退屈そうにしていた葉留佳に声をかけたのが理樹。

「大丈夫?顔色 悪いけど。

 よかったら カン蹴りしない?

 バカバカしいけど けっこう楽しいよ。」

「おい 理樹!早くしろ!」」

「うん。気が向いたら おいでよ。」

と誘ってくれました。

「初めて 私に あったかい声をかけてくれた。

 おぼえて・・ないだろうな。」


「えっ?」

理樹は覚えてなさそう。

そこへあらわれた二木佳奈多。

「いったい何をしているのかしら?三枝葉留佳。

 そのベンチ 使用禁止の札を

 貼っておいたんだけど

 はがしたのは やっぱりあなただったのね。」

「ここには 新しいベンチが入る予定なの。

 古いベンチは撤去されることになっているのよ。

 ささくれだった木で 怪我したら 危ないものね」

「なおせば大丈夫だよ。」

「大丈夫じゃないから 言ってるんじゃない。

 そのベンチは廃棄処分になるって

 あなた 知っていたはずよ。

 なのに 勝手になおすなんて。」

「このベンチのほうがいいから・・。」

「三枝葉留佳 トラブルメーカー。

 あなたがやっていることは

 いつも愚かなのよ。

 第一に 時間を無駄にしてる。

 第二に 気力を浪費してる。

 第三に 努力を間違えてる。

 第・・」

「わかってるよ!

 わかってること 何度も言わないで!」

「なに?逆ギレ?」

「二木さん。」

「何?直枝理樹。」

「そこまで悪く言う必要があるの?」

「ああ なあに?三枝葉留佳。

 自己弁護を 友達・・だっけ?

 に代弁させるのね。あなたは。

 いつもそう。言いたいことも 自分の口で言えない。

 最低ね。最低・・。」

でも言い返せない葉留佳。

そこへベンチを壊すため
ほかの風紀委員もやってきました。

葉留佳の「やめて」という声もむなしく
壊されてしまうベンチ。

その場にすわりこんでしまう葉留佳。

「焼却炉にもっていって。」

「なんてことを!見せしめみたいに!」

「いらないものを 置いておく必要はないでしょう。」

鈴も怒りをみせますがそれをとめる葉留佳。

「いいの。」

「でも あんなことされて。」

「もう いいから。

 たしかに私 勝手に直そうとした。

 悪いこと・・だよね。」

「で でも・・!」

佳奈多をにらむ凛と理樹。

「茶番ね。たかがベンチ程度で。

 ふだんから騒がしいあななたちも

 そのトラブルメーカーをチームにいれたことで

 これ以上問題をおこしたら

 間違いなく 活動禁止処分になるわよ。」

「さあ いらっしゃい。三枝葉留佳。」

度重なる校則違反について
風紀委員会で審議されるとのこと。

葉留佳はつれていかれました。

「ちょっと待って!!」

「部外者は 除外します。」

「あ・・。」


CM


風紀委員会。

まわりを風紀委員に囲まれた中にすわらされ
そこで今までの罪状をよみあげる風紀委員。

でも葉留佳は、自動販売機から
不正にジュースをとったというのには異議を申し立てました。

理樹たちも入口できいていました。

「風紀委員の連中 あのときのこと まだ・・。」

「はるちゃんは 不正なんかしてないよ。」

「疑われてもしょうがないでしょう。」

「普段が普段なんだから。」

「だけど やってもいないこと吹聴するのは 不正義だよ!」

「不正義?そういうことは

 ルールを守る人間が言うべきよ。」

「たとえ守っても 目の敵にするくせに!」

「 秩序を守るなんて あなたにはできないでしょう」

「そうよ」

「さわぎばかりおこしてるくせに」

葉留佳をせめる声をききながら
過去に誰かにせめられたことを
思い出す葉留佳。

「おまえは 穀潰しのろくでなしだ!」

「そうだ!お前は 穀潰しのろくでなしだ」

耳をおさえて涙をうかべてうずくまる幼い葉留佳と
同じように、耳をおさえる葉留佳。

「ちょっと あなた きいてるの?!」

立ち上がる佳奈多。

「あなたが悪いのよ。あなたが・・悪いのよ」

「黙れ・・黙れ・・黙れ・・

 黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ黙れ!

 黙れぇぇぇぇぇぇ!」

葉留佳の声に驚く理樹たち。

「そんな目でみないで!

 あいつらみたいな目をして 

 私を見ないでよ!!」


椅子をもちあげて暴れる葉留佳。
風紀委員にとりおさえられました。

「三枝さん!」

心配する理樹たちは風紀委員にとめられました。

「お前達には関係ない」

「はなせよ!はなせったら!

 はなせって 言ってるだろう!!」

ふりあげた葉留佳の手をとめたのは来ヶ谷さん。

「やめろ。落ちつけ。

 無駄なことはするな。

 君のためにはならん。」


葉留佳がおとなしくなりました。

「三枝さん」

「大丈夫?」

「来ヶ谷さんの手までわずらわせてしまったわね。」

「当然のことをしただけだ。」

葉留佳はとりあえず謹慎に。

部屋をでていく佳奈多に

「嫌い・・

 あんたなんか 大っ嫌いだ!」


と叫ぶ葉留佳。

「あら 奇遇ね。私もよ。

 あなたが嫌い。」


佳奈多がでていったあと
部屋をかたづけるみんな。

「ごめんね。 みんなに 迷惑かけちゃった。

 ごめん。」

「大丈夫だよ!気にしないで

 ファイト〜!元気出して いきましょう〜!」

「でもさ もう 暴れちゃ ダメだよ。」

「そうだね。

 私 バカだよね。昔から ずっと。

 そう いらない子だった。」

『面白おかしいことが

 大好きな三枝さんは

 いなくなっていた。

 二木さんは 校内の風紀を乱す人間に
 
 まわりが染まっていくことが

 許せないのだろう。

 風紀委員として わからなくもない。

 人に憎まれる役割を

 みずからやっているんだ。

 でも なぜあんなにも
 
 三枝さんに厳しいんだろう。

 何かの特別な理由がある。

 そうでなければ

 説明がつかない気がした。』


女子寮のクドと佳奈多の部屋。

クドが宇宙の本を読みながらいちいち感心。

「うるさかったらごめんなさいです〜」

「そういうことじゃないのよ

 心地よい声だ。

 あなたは 私が失ったものを思い出させるの。

 遠い昔を・・」


ピンクの玉のついたヘアゴムに手をのばす佳奈多。

朝。

真人と理樹が学校に行く途中
噂話をしている生徒の声がきこえました。

「犯罪者の子なんだってよ」

「まさか。」

そこへ走ってきた鈴。

「たいへんなんだ!」

教室の黒板には「三枝葉留佳」「父親は前科者」
などと書かれ、チラシも教室にたくさんおちていました。

「三枝葉留佳は犯罪者の娘!!」
「父親は殺人未遂」
「放火で逮捕されていた」
「トラブルメーカーはで親の血筋か!?」

「どういうことだ?」

そのチラシを破く来ヶ谷さん。

「どうやら 

 鼻持ちならぬ蛆虫がわいたようだな」

あちこちにばらまかれているチラシをみて
鞄をおとしてしまう葉留佳。

チラシを回収するリトルバスターズのメンバー。
恭介が理樹の教室までやってきました。

「三枝が心配だ。今 どこにいる?」

今みんなが探しているけどどこにもいない。

「いたぞ!みつけた!」

葉留佳は部室のすみにうずくまって
泣いていました。

「三枝さん・・」

「ごめん・・ね・・」

「なんで あやまるの?」

「ごめんなさい」

「その紙、見たでしょ。

 私のこと 嫌いになったよね。」

「ならないよ。誰も 三枝さんを 嫌いになんか。」

「なるか!」

「気にするな 三枝。」

「今まで黙ってて ごめん。

 本当のこと 話すよ。」

「私が育った三枝の家はね 古くからの名士なの。

 とてもプライドが高くて

 子孫が絶えないよう 決まりを作ったんだ。

 一族の娘に お婿さんを二人あてがうってね。

 そのうちの一人が あの男だった。

 妻一人に夫が二人なんて 時代錯誤もいいとこ。

 笑っちゃうでしょ。

 でも笑えないのは

 私たちが そうしてできた子供だってこと。」

「私たちって・・?」

「二木佳奈多は 片割れなんだ」

チラシをみている佳奈多。

「私たち・・双子なんだよ」




ええーーー。
確かに髪の色も同じだし似てますけど。
あの執拗なまでに葉留佳に厳しいのは
葉留佳のはちゃめちゃな行動以上に
双子という関係がある故に許せないからだったのか。

でもお父さん二人の双子って・・
同時に二人の父の子を妊娠したってこと?
それってありなのか・・。
昔ならともかく、これは生まれた子どもも超迷惑。
現にふたりとも普通に幸せそうにはみえません。

葉留佳はリトルバスターズのみんながいれば
きっと大丈夫だと思う。
佳奈多のほうもフォローがあるといいけど。




直枝理樹  堀江由衣
棗鈴    たみやすともえ
棗恭介   緑川光
井ノ原真人 神奈延年
宮沢謙吾  織田優成
神北小毬  やなせなつみ
三枝葉留佳 すずきけいこ
能美クドリャフカ 若林直美
来ヶ谷唯湖  田中涼子
西園美魚  巽 悠衣子
笹瀬川佐々美 徳井青空








2013.01.28 Monday 14:58 | comments(0) | trackbacks(5) | 
<< ジャンプ9号感想 | main | ビブリア古書堂の事件手帖 第3話 >>









「リトルバスターズ!」第16話
一妻二夫制… 詳細レビューはφ(.. ) http://plaza.rakuten.co.jp/brook0316/diary/201301270002/ リトルバスターズ! 2 (初回生産限定版) [Blu-ray]ワーナー・ホーム・ビデオ 2013-01-30売り上げランキング : 102Amazonで詳しく見る by G-Tools
| 日々“是”精進! ver.F | 2013/01/28 3:28 PM |
リトルバスターズ!#16「そんな目で見な...
私はいらない子なの。だから・・・「そんな目で見ないで」あらすじは公式からです。いたずら好きの三枝葉留佳は、今日も校則違反で風紀委員たちに追われる身。理樹たちが彼女を見つ...
| おぼろ二次元日記 | 2013/01/28 5:55 PM |
リトルバスターズ! 第16話 「そんな目で見ないで」
リトルバスターズ! 2 (初回生産限定版) [Blu-ray](2013/01/30)堀江由衣、たみやすともえ 他商品詳細を見る 井ノ原真人の弁当を食べた後、弁当箱に悪戯をする三枝葉留佳。 ああ、かつ丼食べちゃ...
| 北十字星 | 2013/01/28 10:03 PM |
リトルバスターズ! 第16話「そんな目で見ないで」
真人vs葉留佳のバトルは葉留佳の撮影会で終了(え?)。 今話から葉留佳ルートのようですね。風紀委員の魔女裁判とかネガティヴキャンペーンビラとか、どこぞのマスゴミが喜んで実行しそうな光景が彼女に対して行われましたけど、そんな中で明らかになったのは三枝家の
| ボヘミアンな京都住まい | 2013/01/29 2:24 AM |
◎リトルバスターズ!第16話そんな目で見ないで
>>真人:腹減った、カツドン、実は、買ってきたんだ→ハルカに食べられた>>食ったのお前だなハル)根拠のないこというの止めようよ・・・そう怒らずに、一口もらったけどね>>許せん!)...
| ぺろぺろキャンディー | 2013/06/10 9:09 PM |