<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第4話

第4話



 篠川栞子(剛力彩芽)は、客の自宅に出張して
本を買い取る「宅買い」に五浦大輔(AKIRA)を連れて行く。
依頼者の玉岡聡子(森口瑤子)は、3カ月前に他界した
父親の蔵書を処分して欲しいという。

 蔵書は主に純文学や詩集で、なかには中原中也の
『在りし日の歌』の初版本など貴重なものもあった。
聡子は栞子に、買い取りとともに、昨日この書斎から盗まれた
宮沢賢治の『春と修羅』の初版本を取り戻して欲しいと依頼。
父親は『春と修羅』の初版本を2冊持っていたが、状態の良くない方が
盗まれたのだという。聡子がその消失に気づいたのは、
昨夜遺産のことでクレームを付けに来た兄・一郎(大河内浩)と
姉・小百合(峯村リエ)が帰宅した直後だった。2人の来訪の直前まで
書斎にいて『春と修羅』の存在を確認していた聡子は、帰宅した2人に
電話で問い詰めたが、どちらも犯行を否定しているという。
それを聞いた栞子は、2人の服装について尋ねる。
 栞子と大輔がビブリア古書堂に戻ると、そこに疲れ切った

志田肇(高橋克実)がいた。志田は先日、酔った勢いで仕入れた
古書すべてを1000円で売ってしまう、という失態を演じていたのだ。

 翌日、栞子と大輔は一郎に事情を聞きに行き、その後、
小百合とは甘味処で待ち合わせをした。しかしやって来たのは、
息子・昴(今井悠貴)だった。小百合に頼まれて来たという昴は、
栞子と大輔を自宅へと連れて行き…。




簡単感想。


「目の前に 同じ本で

 奇麗なものと汚れているものがあれば

 誰しもが奇麗な方に 手を伸ばします。

 この本のように汚れや 染みのある本を

 好んで 手に取る人はいません。

 しかし この本はなぜか 奇麗な本以上に

 多くの人たちから求められているのです。

 いったい この本には

 どんな秘密が隠されているのでしょうか?」



古くて染みのある宮沢賢治の「春と修羅」は
なんと本人の書き込みがある手入れ本でした。

本当は孫の昴くんに残そうと思った祖父が
あえて娘に、昴くんに渡すようにと言った本。
だけど孫には暗号のような
「テナルデイ軍曹に 気を付けろ」という言葉も残し
ビクトル・ユゴーの小説『レ・ミゼラブルで
金品を奪う泥棒としてでてくるテナルデイ軍曹のように
玉岡さんが昴くんから 本を奪うことを予見していた祖父。

「玉岡家でこの本の価値を 知ってるのも

 この本のことを 心から愛してるのも 私だけなんです。

 私が持つべきだとは思いませんか?」

というのが玉岡さんの言い分ですが
昴くんも同じくらいこの本が好きだという栞子。

「だから お父さまは悲しかったんだと思います。

 同じ本を好きな玉岡さんと 昴さんが

 自分が死んだ後もずっと 不仲でいることを。

 それで この本を直接 昴さんに渡さず

 あえて 玉岡さんに託したのではないでしょうか?」

「お父さまは きっとそうすることで

 謎解きをする 昴さんと

 玉岡さんの 交流する機会を増やし

 心を通わせたかった。

 そして いつまでも この本を昴さんと一緒に

 大切にしてもらいたかったんだと思います。」

いつもそうですが素晴らしい栞子さんの推理。
そんなふうに二人に大事にされていったら
本も幸せです。

そんな本を巡る争いなら死人がでてもおかしくないそうだし
たしかに古い本が100万円もするとなったら
相続争いがおきてもおかしくないです。

ちゃんと本を読んで愛してくれる人のもとに渡るのが
一番ですねえ。

それにしても宮沢賢治は素晴らしい。






篠川栞子: 剛力彩芽  五浦大輔: AKIRA 
笠井菊哉: 田中圭  藤波明生: 鈴木浩介 
横田奈津実: 北川弘美  篠川文也: ジェシー(ジャニーズJr.) 
小菅奈緒: 水野絵梨奈  佐々木亜弥: トリンドル玲奈 
橋本さやか: 内藤理沙  篠川智恵子: 安田成美 
五浦恵理: 松坂慶子 

志田肇: 高橋克実 



2013.02.04 Monday 22:11 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< リトルバスターズ! 第17話「誰かにそばにいて欲しかったんだ」 | main | 銀魂―ぎんたま― 48巻 >>









「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話★栞子(剛力彩芽)推理もゴリ押し『春と修羅』
「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話 鍵のかかった部屋から盗まれた本 今週は、何処にポイントがあるのか、事件の意味自体がモヤッとしか頭に入ってこなかったから、一段と面白くなかったです。 −◆− 栞子(剛力彩芽)、五浦(AKIRA)、甘庵の藤波店長(鈴木浩介)が
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/02/05 12:00 PM |
「ビブリア古書堂の事件手帖」第4話
  第四話栞子は、客の自宅に出張して本を買い取る「宅買い」に大輔を連れて行く。訪ねた先は「玉岡」という邸宅で、依頼者の玉岡聡子は、3ヵ月前に他界した父親の蔵書を処分して...
| 日々“是”精進! | 2013/02/05 2:44 PM |
それは雪の日のアイスクリームと同じ・・・おれたちには見られない(剛力彩芽)
心象スケッチ「春と修羅」(初版)には「小岩井農場」と「無声慟哭」に「アイスクリーム」が登場する。 嘆きの天使である宮沢賢治は愛しの妹である宮沢トシのために牛乳、卵、塩を用意して病院の製氷機を使い、「重湯の代わり」としてアイスクリームを作らせたという。 妹
| キッドのブログinココログ | 2013/02/05 2:51 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第4話
栞子(剛力彩芽)は、大輔(AKIRA)に本を買取るためお客さんのお宅に出張買取の同行をお願いしていました。 そんな時、ビブリア古書堂の表で、せどり屋の志田(高橋克実)が倒れていて、大輔は大騒ぎです...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/02/06 11:39 AM |