<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第6話

第6話



 何者かに石段の上から突き落とされた篠川栞子(剛力彩芽)は、
救急車で病院に運ばれた。幸いなことに足首の骨折だけで済み、
五浦大輔(AKIRA)は安堵する。一方、篠川文也(ジェシー)から
倒れていた栞子を見つけ救急車を呼んだのが藤波明生(鈴木浩介)だと
聞くと大輔は顔を曇らせた。
 志田肇(高橋克実)、文也、藤波が病室を出ると栞子は大輔に、
病院に持ち込んだ金庫から1冊の本を取り出すように頼む。
それは、太宰治の『晩年』だった。栞子は、この本を狙う男に
突き落とされたのだと明かした。
 栞子が祖父の代から引き継いだ『晩年』は、500部ほどしかない
初版本の中でも、太宰自身の署名まで入るなどした大変稀少なもので、
300万円以上の値が付くという。栞子は『晩年』を母屋で保管していたが、
その存在を知った人物から「譲ってほしい」と何度もメールが来るように
なり警戒していたところ、今回の事件が起こったという。
 栞子の入院中、大輔はひとりでビブリア古書堂を切り盛りするが、
古書の知識がないため苦労する。そんな大輔の様子を見に、
小菅奈緒(水野絵梨奈)や藤波がやってくる。そんな折、店の外に
出た藤波が大きな声を上げた。大輔と奈緒が駆けつけると、
ワゴンのなかの本にガソリンがかけられていた。
 危機感を覚えた大輔は、『晩年』を売ってしまってはどうかと勧めるが、
栞子は本を手放すくらいなら殺された方がましだと譲らず…。




簡単感想

『作者の 自筆メッセージが

入った本というのは

 ファンにとっては

何物にも替え難い価値を持っているものです

 それを 手に入れるためなら

誰かを傷つけても 構わない

 そう考える人間が いたとしても

不思議ではありません

 でも もし自分のつづった 言葉が

そこに込めた思いとは 裏腹に

 後の世で  争いを招く

要因になっていると 作者が知ったら

 果たしてどう思うでしょうか?』



栞子さんが石段の上から突き落とされた原因と
なった本は太宰治の「晩年」

昭和 11年に砂子屋書房から刊行された初版本で
切り揃えられずに出版されたアンカット本。
ページが アンカットのまま帯付きで
署名まで入っている 美本。

その見返しに書かれた太宰の言葉が好きで
この本を大事にしているという栞子。

祖父が知人から譲り受け、店といっしょに
受け継がれてきた個人的なコレクションで
一度だけ太宰の回顧展に展示したあとに
情報がネットに流れ、本を譲ってほしいと
ストーカーのようにメールがくるようになり
それが途絶えたあとは誰かにみられたり
あとをつけられているような気がしていたとのこと。

警察にとどけたほうがいいという言葉にも
自分が 本気だということを伝えるための警告で
あの男の狙いは 『晩年』だから
私を殺しても本は 手に入りないという栞子。

でもあの石段からの突き落とし方は
もう殺人未遂といってさしつかえないのでは・・。

そのあと店頭のワゴンにあった本に
ガソリンがかけられていたりして
本をうったほうがいいんじゃないかといっても

「あの本を手放すぐらいなら

 殺された方が ましです。」


という言葉。

笠井さんに手伝いをしてもらいながら
店頭業務をこなし藤波さんを疑ったりもしましたが
放火犯としてつかまったのは
奈緒をふった西野。

奈緒にしたひどい仕打ちを
学校にいいふらされて
学校にいけなくなった逆恨みで
やったようですが
本と栞子を襲ったのは西野ではなく
親切に手伝ってくれていた笠井。

「せどり男爵数奇譚」という本の主人公
笠井 菊哉という名をなのって近づき
うまくこの店にもはいりこんだようで・・。

「せどり男爵数奇譚」を読んだことがないと言ったのに
その本を短編集に戻したことと
西野がつかまったときに
「だからって人のこと 突き落としたり
 火を付けていいってことにはならないでしょう」と
言ったことで、栞子が足をすべらせて転落したことに
なっているのに、突き落とされたことを
知っているのは犯人・・と大輔が推測。

「なるほどねぇ。

 君も あの女に影響されて

名探偵になったわけだ。」


笠井は病院にいる栞子のもとへむかい
本を奪うつもり。

連絡をうけた栞子は屋上へ隠れましたが
風でストールをおとしてしまい
笠井に居場所が筒抜け。



屋上に独りでにげたら危ないではないの。
せっかく病院にいるんだから
看護師詰所とかあるじゃない!!!
そもそもそのまえにこれだけの
ストーカー行為と脅迫と殺人未遂なら
とっくに警察に相談していてもおかしくない。

本を売るなら死んだ方がまし
という人と
本を手にいれるためならどんなことをしても
かまわない
という、
本になみなみならぬ執着のあるもの同士なんだから
話し合いで解決するとも思えない。

本を売った方がいいとすすめる大輔が

「あの本を置いていたら何をされるか 分かりませんよ。

 たとえ 脅しだとしてもたかが 本のために

 人を傷つけるなんてまともな人間がすることじゃないです。」

と言っていましたが「たかが本」と言ってるうちは
まだまだ栞子に近づけそうにないな。






篠川栞子: 剛力彩芽  五浦大輔: AKIRA 
笠井菊哉: 田中圭  藤波明生: 鈴木浩介 
横田奈津実: 北川弘美  篠川文也: ジェシー(ジャニーズJr.) 
小菅奈緒: 水野絵梨奈  佐々木亜弥: トリンドル玲奈 
橋本さやか: 内藤理沙  篠川智恵子: 安田成美 
五浦恵理: 松坂慶子 

志田肇: 高橋克実 



2013.02.18 Monday 22:41 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< リトルバスターズ! 第19話「きっと、ずっと、がんばるのです」 | main | にゃんこ先生のあんまん >>









【ビブリア古書堂の事件手帖】 第6話 感想
作者の自筆メッセージが入った本というのは、ファンにとっては 何物にも替え難い価値を持っているものです。 それを手に入れるためなら、誰かを傷つけても構わない。 そう考える人間がいたとしても不思...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/02/19 12:27 AM |
ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第6...
狙われた本------------!!意外な方向へ向かった今作。これは面白いことになってきたなぁと(^^)何者かにより階段から突き落とされてしまった栞子。病院に駆けつけた大輔。そこには...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/02/19 9:07 AM |
ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第6話 あらすじ感想「太宰治の『晩年』」
狙われた本------------!! 意外な方向へ向かった今作。 これは面白いことになってきたなぁと(^^) 何者かにより階段から突き落とされてしまった栞子。 病院に駆けつけた大輔。 そこには志田と文也、そしてたまたま通りがかり、救急車を呼んでくれたと
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2013/02/19 9:08 AM |
「ビブリア古書堂の事件手帖」第6話★『晩年』を狙う田中圭?
「ビブリア古書堂の事件手帖」第6話 脅されているんです、異常な男から 美人店主・栞子(剛力彩芽)は、不運にも頭に隕石が当たって石段をゴリゴリと転げ落ちて・・・・ではなくて、何者かにキックされて石段をゴリゴリと転げ落ちて救急車で病院送り・・・。 気の
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/02/19 12:23 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第6話
何者かに石段から蹴り落とされた栞子(剛力彩芽)は、救急車で病院に運ばれます。 それでも歩くことは出来ないようで、車椅子を使っていました。 栞子は、大輔(AKIRA)に、病室に持ち込んだ金庫から太...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/02/19 3:13 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第6話「晩年」
人間の物欲というものは恐ろしいものですね。 希少本のためといえ、栞子を石段から突き落とした男。 売れという脅迫だったのか、やることが滅茶苦茶です。 (あらすじ)何者かに石 ...
| D☆エディション | 2013/02/19 4:46 PM |