<< May 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ちはやふる2 第6話「たつたのかはの にしきなりけり」

第6話「たつたのかはの にしきなりけり」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


一字決まりではない札をとるちはやには
ちゃんと「ひ」の違いがきこえていると思う須藤さん。

最初は偶然だと思った甘糟くんも
ちはやの姿に名人を思い出しハッとしました。

先生のアドバイスどおり
早く取るのをやめ武器をふやしたちはや。

『説明できない
 
 音になる前の音

 きこえるっていっていいんだ 私も』


あせってお手付きする甘糟くん。
心の中で応援する須藤さんはじれったい。

おいつめられた甘糟くんは
またヒョロくんのことを思いますが
まわりをみわたすとそのヒョロも勝ててない。

ここへきてようやく主将としての気持ちを
持ち直す甘糟くん。

去年、大差で負けた机くんも
同じ相手にがんばっている。
去年負けたあと一年間
かるたが楽しかったのは絶対に自分。

かなちゃんもあと一枚。
太一もちはやも机くんも僅差で

4人が運命戦になってもおかしくない
そうなったら負ける
と心配する肉まんくん。

その心配どおり4組同時の運命戦。

肉まんくんがまわりをよくみろと
ジェスチャーをしますが
誰もみてない。

肉まんくんの心配したとおりに
札移動させれました。

『北央の 札わけの完成だ』

団体戦終盤における作戦のひとつ。

自分の持っている札をさりげなく
チームメイトに教え、相手の札を確認した上で
最後の送り札で調整。

チームとしてもっている札を二枚ずつ
わけることでどの札がでても勝てる。

瑞沢はこの形では勝利はゼロに近い。
団体戦を経験してきた北央との差が
ここででるとは・・と太一が気づいてももう遅い。

ちはやも気づくの遅い!!

肉まんくんが自分をすごく情けなく思い
責めている姿をみたちはやは
敵陣へのすぶりを始めました。

それをみた太一も同じように。

まだ読まれていない空札を考えました。

『あきらめてたまるか!!

 瑞沢の三勝を!!

 優勝を!!』


ヒョロくんも自陣を守り抜けばいいと思い
そんなの太一もわかってるはず・・と
力み過ぎたせいか、まさかのお手付き。

「瑞沢 一勝!!」

太一の本気が、あきらめない攻めが
ヒョロくんをあせらせたんだと思う先生。

『運命戦は運命じゃない。

 運命じゃない!』


ヒョロくんのミスを怒る甘糟くん。

『ブン殴る!勝ってヒョロをぶん殴る!』

甘糟くんも敵陣への素振りをはじめました。

『勝ちにいかなくていい試合なんてあるか!

 うちは北央だ!北央なんだ!!』


見守る須藤さん。

『甘糟 気をつけろ。

 こんな場面で・・

 からっぽになれる人間がいる』


ちはやと甘糟くんが同時にみえて
自分が早かったと叫ぶ甘糟くんですが

「いえ 今のは・・セイムです。」

というちはや。

「セイムなら自陣のとりで

 甘糟くんの勝利です。」

「ありがとうございました。」

と頭をさげるちはや。

東京都予選は北央の勝利。

「甘糟。東京で一番強いのは
 
 北央か?」


「いえ。最後の札

 あれは綾瀬の勢いにつられて手が出ただけで

 あさぢだったらお手付きだった。

 音は きこえてなかった。

 こんな試合じゃ

 北央が一番とは言えません。」


「だっせ。

 東京で一番になれないなら

 せめて全国で一番になれよ。」


「須藤さん」

はげましてくれてもやっぱりブリザード。

ちはやはあのまま寝てた・・。

みんなに囲まれている中
いきなり起きました。

「楽しかったね。

 今までで一番 楽しかったね!」


負けたけど楽しんだのはこちらか。

次は全国大会に向けて練習。

すみれちゃんはみんなと一緒に帰らず。

筑波くんが弟たちと白波会に入るといっているところに
すみれちゃんも・・・。

電車にのった太一とちはや。

ちはやに新からメールがきて
それをみて喜ぶちはやをみて
太一は複雑・・・。

「高校選手権 楽しかった?」

「新 今までで 一番楽しかった。

 一番 くやしかった。」




準優勝だけどおめでとう!
みんながんばってて好感が持てる
いい試合でした。
肉まんくんも自分をせめることない。

先輩たちのがんばりが
後輩にもしっかり伝わってたし
北央も甘糟くんには忘れられない
大事な試合になったと思います。








2013.02.26 Tuesday 12:53 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< まおゆう魔王勇者 第八章「剣を取って、我が主」 | main | サキ 第8話「母のための復讐 真夜中の誘惑」 >>