<< April 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第9話

第9話



 篠川栞子(剛力彩芽)と五浦大輔(AKIRA)は、
定休日に古書店巡りをすることを決め、ある日、
写真集専門の古書店へやってくる。ギャラリーを併設した
その店で2人が写真を見ていると、写真は好きか、と
高坂晶穂(矢田亜希子)が声をかける。予期せず再会したが、
晶穂は、大輔の高校の同級生で元恋人だった。
 大輔は気まずいながらも、栞子に晶穂を紹介。
カメラマンをやっている晶穂は、野上司(望月章男)という

気鋭のカメラマンと一緒に写真展を開いていると説明した。
一方の栞子が、祖父の代から古書店を営んでいると話すと、
晶穂は「タヌキの絵本」を探してくれと頼む。タイトルや
作者は覚えていないが、舞台は外国でタヌキなどさまざまな
動物が出てきてみんなで家を建てる話だったという。
覚えている限りの内容を話すと、栞子は知っている話の
ような気がするがそれ以上はわからないと答える。
 後日、晶穂がビブリア古書堂を訪ねてくる。
志田肇(高橋克実)がパンを焼き上げたところだったので
試食をすすめると、晶穂はそれを押し戻し、今日来たのは
ほかに思い出したことがあるからだと言った。ほかに、
サイとワニ、それから成績の悪い男の子も出てきたと話すが、
栞子は思い当たらない。

 行き詰まった晶穂は、あとは実家を探すしかないと言うが、
母親(かとうかず子)との関係が悪くできれば会いたくないので、
栞子に同行してほしいと頼む。



大輔の元カノ 晶穂に探してほしいと
言われた絵本は主人公がタヌキで
子犬やライオンのような寂しい子たちが
集まれる家をつくるお話。

そんなとき 実家にある晶穂の荷物を
全部 処分するという電話が母からきて
実家にその絵本さがしにいくことになり
大輔と栞子もおつきあい。

庭にあった昔の犬小屋には「なかよしの家」。
その絵本に出てきたタヌキたちがつくった
家の名前といっしょでした。

母親のミズエと晶穂の関係は
どうも冷めているようで
母親の態度もいちいちそっけない。

絵本は見つからず、家にあった亡きご主人の本を
処分したいと言われました。
その際、4冊だけは除外するミズエ。

結局、素直に愛情表現をできない母親と
そんな母親に育てられて母親のことを
自分に無関心な冷たい親だと思い込んでしまった
娘のお話でした。

栞子がみつけてくれた絵本は
「チェブラーシュカと仲間たち」。

「晶穂さんは『チェブラーシカ』の お話をご存じですか?」

「あっ。ちゃんとは 知らないかも。」

「チェブラーシカは正体不明の動物です。

 外国からの 荷物に紛れてやって来ました。

 座らせても すぐに倒れてしまうので

 ロシア語でばったり倒れ屋さんという意味の

 チェブラーシカと呼ばれるようになります。

 飼ってくれる人がいなくて独りぼっちの チェブラーシカは
 
 少しずつ 友達を増やします。

 そんな中で 捨てられて泣いている子犬トービクが 登場します。
 
 チェブラーシカは孤独な ライオンにトービクを 紹介します。

 そして 2人が友達になるのを 見たことで
 
 独りぼっちの者同士が集まれる「友だちの家」を つくることを

 思い付くんです。」

「集まってきた 仲間と一緒にチェブラーシカは

 「友だちの家」を 完成させます。」

「それって 絵本の内容と?」

「うん。 似てる。

 でも キャラクターが 全然 違う。」

「確かに。 タヌキには 見えないな。」

「何か 勘違いしてたのかな?」

「いいえ。 そうではありません。」

「えっ?」

「こちらは 『チェブラーシカ』

 晶穂さんが 探していたのは…。

 『チェブラーシュカ』です。」

「シュカ?」

「これが 晶穂さんの言っていた タヌキですよね?」

「これだ。これだよ。 私が探してた 絵本。」

「それじゃ この本が?」

「はい。

  『チェブラーシュカとなかまたち』

 パペットアニメーション映画『チェブラーシカ』の 原作本です。」

「でも 同じ話なのにどうして これだけ

 キャラクターが 違うんですか?」

「 『チェブラーシュカ』は 童話作家の

 エドゥアルド・ウスペンスキーによって1966年に

  発表されました。 この物語を基にした 映画が

 1969年にロシア。 当時の ソ連で公開されました。

 でも 監督を務めたロマン・カチャーノフは

  新たに大きな瞳と 耳を持ったキャラクターを

 つくりあげたんです。

 それが チェブラーシカ。」

「そっか。 それで 気付かなかったんだ。」

「絵本と 映画の違いはキャラクターデザインだけではありません。

 晶穂さんが 覚えていたエピソードを思い出してください。」

『サイが 街じゅうを走り回るの』

 『成績の悪い男の子も出てきたと思う』

「これらの エピソードは絵本にしか 登場しないんです。」

「映画には ないってことですか?」

「映画は 短編アニメだったので 絵本の物語を

 省略せざるを得なかったのではないでしょうか。」

「なるほど。」

「実は 私 絵本を 読んでいなかったんです。」

「えっ?」

「『チェブラーシカ』の内容は弟から 聞いただけでした。

 『チェブラーシカ』は日本人の監督中村 誠の手で
 
 リメークされ2010年に 新作映画として公開しています。」

「文也君 そのときに映画を見たんですね。」

「はい。 そして 私に内容を話してくれました。

 でも 晶穂さんから伺った絵本の内容は

 映画にはないエピソードだったので。

 それが 『チェブラーシカ』の話だとは分からなかったんです。」

「そういうことだったんですか。」

「お待たせしてしまって申し訳ありませんでした。」

でも話はそれでおわらず。

「っていうか ホントに すごいね。

  弟さんから聞いた 情報だけでこの本 見つけちゃうなんて。」

「それだけでは ありません。」

「えっ?」

「「友だちの家」です。

 晶穂さんの お母さまがご実家にある 犬小屋を

 「友だちの家」と 呼んだことからその本のことが 分かったんです。

 かつて 「なかよしの家」と呼んでいた あの小屋を

 お母さまが 「友だちの家」と呼んだのは なぜでしょうか?」

「あっ!映画を見たんですか?」

「はい。お母さまは 映画の『チェブラーシカ』を

 最近になってご覧になったんだと思います。」

「えっ? 最近?でも どうして?」

「絵本を捜したからです。

 私たちが絵本を捜しに行ったとき

 お母さまは この本のことを思い出したんですが

 言いだすことができませんでした。

 お母さまは 私たちが帰った後 

 必死で 家に 絵本がないか捜されました。

  けれども 見つからず 一人で絵本を 買いに行ったんです。」

「本は置いておらず映画の方を 勧められました。

 それで お母さまは 映画の『チェブラーシカ』を ご覧になった。

 だから 「なかよし」より「友だち」という言葉の印象の方が

 お母さまの中で強くなってしまったんです。」

「あり得ないよ。

 あの人は 私に 何の興味もないの。

 そんなこと 絶対に あり得ない。

 あの人が 絵本 探すわけないよ。

 もう 行くね。 本 ありがとう。幾らだった?」

「お母さまはお母さまなりの方法で

 晶穂さんのことを分かろうとしていらっしゃるんです。

 お母さまから買い取りを 依頼されたとき

 お借りした メモ用紙をつなぎ合わせたものです。」

「ここって。」

「はい。 晶穂さんが ギャラリーを借りている場所です。

 お母さまは 晶穂さんの写真展に行ったんです。」

「どうして 写真展に あの人が?」

「小国 朔太郎。 『雲は流れる』

 川原 達也。『原宿 FASHION SNAP』

 有村 俊平。 『工業地帯』三田村 淳。 『路地裏の子供』」

「何ですか? それ。」

「私が アシスタント時代に参加した 写真集のタイトル。」

「そのとおりです。そして これはお母さまが

  お売りにならなかった本のタイトルでもあるんです。」

「えっ?」

「あのときは ただ不思議に 思っただけでした。

 趣味にしては一貫性のない 写真集を

 なぜ お売りにならないのか?

  この地図を 見つけたときに分かったんです。

 お母さまは 晶穂さんのことをずっと 見てきたんだと。」

「そんなの 信じない。」

「 もう一つお聞きしてもいいですか?」

「私 ホントに 行かなきゃ。」

「絵本を探していたのは他に 何か

  理由があったのではないですか?」

「だから読みたくなっただけだって。」

「パンのにおい。」

「えっ?」

「パンのにおいを受け付けませんね?」

「コーヒーに手を付けていませんでした。」

「それは カフェインを取らないようにするため。」

「ずっと コートを着ていらっしゃいます。

 体を冷やさないためですよね?」

「あの。 何のことですか?」

「私の母も パンのにおいが駄目になったんです。

  弟が おなかにいたとき。

 それで もしかしたらと思って。」

「ハァー。

 何でも 分かっちゃうんだね。

 絵本が見つかったら

 彼に打ち明けようって 思ってたの。」

彼とはカメラマンの野上さん。
でも海外にいこうとしている彼には
妊娠のことを打ち明けられないでいる晶穂。

「だから 絵本探しを途中で やめたんですね?」

「一人の問題じゃないだろ。」

「もう 決めたから。

 一人で育てたら この子は きっと
 
 私みたいに 寂しい思いをする。

 そんな思いを させるくらいなら産まない方がいい。

 私みたいな子 増やしたくない。

 あの人みたいな 母親になるのが怖い。

 親子だからって分かり合えるわけじゃない。

 以前 そんなふうにおっしゃっていましたね。

 私も 同感です。」

「でも 母と娘だからこそ 分かり合えることも

 あるんじゃないでしょうか?

 お母さまは晶穂さんの妊娠を ご存じです。」

「まさか。 そんなわけないよ。」

「えっ?どうして そう思うんですか?」

「お母さまが 晶穂さんの写真展を 訪れたとき

 晶穂さんの 体調の異変に気付きました。

  だから 何とかして話がしたかった。

  でも どう切り出せばいいのか分からなかった。

 それで お母さまは 晶穂さんを実家に呼ぶ 口実として

 荷物を処分すると嘘をついたんです。」

「お母さまの思いどおり 晶穂さんは実家に やって来ました。

 あの日 お母さまは晶穂さんの体調を気遣っておられました。」

『カメラマンってずいぶん くたびれてるのね』

『見るからに 栄養不足の顔だわ』

「お母さまは 晶穂さんの妊娠を確信しました。

 体のことが 心配なのに

 どう話せばいいか 分からず

 あのような言い方をされたんです。

 本当は 晶穂さんとお話をしたかったんだと思います。」

「それなら 何で 今まで?いまさらだよ。

 だったら 一言聞いてくれればいいじゃない。

 何が あったの?」って。

 聞きたいこと あるなら会いに来ればいいじゃない。」

「昨日 お電話を 下さったんです。

 晶穂さんの 体調のことを教えてほしいと。

 直接 話すとまた 意地を張ってしまうから

 晶穂さんと 話をしてほしい。

 話が終わるまでお店の外で 待っているからと。」

ミズエが入ってきました。

「病院には 行ったの?」

「行った。」

「で どうするの?

 無責任ね。

 迷うくらいならやめた方がいいわ。

 母親っていうのはそんな 甘いものじゃない。」

「自分は どうなのよ?母親っていえるの?

 散々 人のこと無視してきたくせに。

 あなたが そんなんだから…。」

「そんなだから 何?

 言いたいことがあるならはっきり 言いなさい!」

「ハァー。だから 私怖くなったんじゃない。

 親子なのに言いたいことも 言えない。

 そういう娘の気持ち考えたことあるの?

 自分の子供にそんな思い させるくらいなら

 最初から 諦めた方がいい。産まない方がいい。」

「それが あなたの本音なの?

 そうやって また 逃げるのね?」

「ずっと 思ってた。自分に 子供ができたら

 その子に 寂しい思いなんてさせないって。

 「なかよしの家」

  その子が 安心して暮らせるような家 つくろうって。

 私が 「なかよしの家」をつくるんだって。」

「だったら 自分が思ったようにするべきでしょ!

 あなた ずっとそうしてきたでしょ。

 一人だけで ずっと。」

「言われなくても。

 言われなくてもやりたいように するよ。

 私 産む。

 絶対 産むから。」

「私は 帰りますよ。」

「晶穂。

 今度 またうちに寄りなさい。

 これから先のこと 色々話し合わなきゃならないんだから。」

元カレとして晶穂にエールをおくる大輔。

「子供のこと 野上さんに話せよ。

 ちゃんと ぶつかればきっと 応えてくれる。

 一人じゃないんだから。」

「ありがと。行くね。」

その後、晶穂は野上さんにプロポーズ され
お母さんも 喜んでいるとのこと。
元カレ大輔にも感謝しているそうです。

「でも あれだね。親子ってのは ホントに


 難しいね。」

「うん。特に 女同士。母と娘はね。」

「よかったじゃねえか。あの姉ちゃん。」

「親子ってのはどっか 深いところでちゃんと つながってる。

 俺は そう思ってるよ。」



なんとも面倒くさい母娘でした。
どちらかというと母の方が
とんびのヤスばりに素直じゃないw

娘が心配でもあんな言い方しかできないんだんだね。
世の中そういう人も多いのでしょうが
愛情表現を惜しんでいたら
いつその人がいなくなるかわからないのに
後悔することになる。

赤ちゃんを産もうとしている娘に
ちゃんと優しくしてあげて。
娘に素直にできなかったぶん
孫にはわかりやすい愛情をそそいであげて。

栞子の失踪中の母親の件も
最後には片付くのかな。
こちらもかなりわだかまりありですが。








篠川栞子: 剛力彩芽  五浦大輔: AKIRA 
笠井菊哉: 田中圭  藤波明生: 鈴木浩介 
横田奈津実: 北川弘美  篠川文也: ジェシー(ジャニーズJr.) 
小菅奈緒: 水野絵梨奈  佐々木亜弥: トリンドル玲奈 
橋本さやか: 内藤理沙  篠川智恵子: 安田成美 
五浦恵理: 松坂慶子 

志田肇: 高橋克実 




2013.03.11 Monday 22:46 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< とんび 第9話「突然の終わり…」 | main | まおゆう魔王勇者 特別章「この物語は、駄肉だけではないのじゃ!」 >>









【ビブリア古書堂の事件手帖】 第9話 感想
子供のころに読んだ絵本をもう一度 読みたい。 そう思って絵本を探す人は少なくないかもしれません。 記憶の糸を手繰り寄せ、その絵本とまた出会いたいと思うのはどんな時でしょうか? そして、その思い...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/03/11 11:59 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第9話★タヌキ目店主とタヌキの絵本
「ビブリア古書堂の事件手帖」第9話 タヌキとワニとイヌが出てくる絵本 吹き替えの世界で不可欠の存在だった名声優・納谷悟朗さんが逝去。 小生にとってはおそらく『コンバット』のヘンリー少尉役からのおつきあいで、ショッカー首領、沖田艦長、ウルトラマンエ
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/03/12 12:08 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第9話「タヌキとワニとイヌが出てくる、絵本みたいな本」
今回のお題は絵本。 チェブラーシカって原作こんな話だったんですね。 小さい時に読んだ本って内容はぼんやり覚えていてもタイトル分からないことありますよね。 それでも忘れてい ...
| D☆エディション | 2013/03/12 2:37 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖「タヌキとワニと犬が出てくる、絵本みたいなの」
思えば、矢田亜希子。以前は、長く、素直なお嬢さん役が続いてたのに、復帰後は、随分と気難しい役が多いですね。 どうやら、原作を、かなりアレンジしてたみたいで、そういうブーイングもあったみたいですが、 「本をきっかけ。毎度おなじみ、栞子(剛力彩芽)が展
| のほほん便り | 2013/03/12 4:39 PM |