<< March 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第10話

第10話



 篠川栞子(剛力彩芽)は、「古書に関する特別な相談がある」と
連絡を受け、五浦大輔(AKIRA)とともに、来城慶子(高樹澪)が
暮らす洋館にやってくる。車椅子の慶子に代わり栞子と大輔を
迎えたのは妹・邦代(松田美由紀)で、案内された書庫は
江戸川乱歩の古書コレクションで埋め尽くされていた。
 そのコレクションは昨年死去した慶子の夫のものだが、
ある条件が解決されれば、売ってもよいと言う。その条件とは、
洋館にある巨大な金庫の暗号を解くことだった。
 栞子は、大輔、志田肇(高橋克実)、篠川文也(ジェシー)に
金庫を開けるために必要なのは、鍵、四桁のダイヤル番号、
暗証番号の3つだと言った。
 その後、栞子は大輔とともに井上太一郎(佐野史郎)が経営する
「ヒトリ書房」を訪ねる。コレクションの中に、「ヒトリ書房」で
購入したと思われる本があったためだ。栞子は、外出先から
戻った井上に慶子を知っているかと尋ねた。店員の鹿山直美
(横山めぐみ)は微かに反応したが、井上は知らないの
一点張りだった。
 志田は、直美の存在が気になる大輔に、直美が以前にも
「ヒトリ書房」で働いていたこと、父親の鹿山明(須永慶)は
昨年のクリスマスに事故死した有名な政治学者だったことを話す。
さらに藤波明生(鈴木浩介)が、鹿山が死に際に「1915」という
ダイイングメッセージを残していたと教えた。それを聞いた栞子は
表情を変え…。




「君に 手紙を書くのは 

 おそらく これが最後になるだろう。

 私の命は あとわずかで尽きてしまうが

 それまでに 君への贈り物を用意するつもりだ。

 贈り物を 手に入れるために

 君にしか 分からない暗号文を 残そうと思う。

 見事 謎が解き明かされ

 君が 私の永遠の思いを受け取ってくれることを願っている」

不慮の事故で、「1915」というダイイングメッセージを
残してなくなった鹿山明教授。
栞子たちが蔵書をみてほしいと依頼されたずねた家の
来城 慶子さんが実はその鹿山さんの長年の愛人。

江戸川乱歩の貴重な蔵書のほかに
金庫には乱歩にゆかりのある貴重な品があり
その金庫をあけるための暗号を
といてくれるのを条件に
蔵書をビブリア古書堂に売るとのこと。

ヒトリ書房の井上さんは鹿山家とは知り合いで
店員の直美は鹿山の娘。

鹿山さんはかつて推理作家を志していたけど
大学時代に 学長だった鹿山 繁之さんに 気に入られて
娘さんと 結婚し後継ぎになり、それを機に
乱歩好きの自分を封印せざるを得なかったそう。

当時探偵小説というものは低俗なものだと思われていたようで

中でも いわゆる 異常心理や残酷な 犯罪描写などが
前面に押し出された乱歩の作品は
教育者の 趣味としては体裁が悪かったらしく
コレクションを隠しておくために この別宅をつくり
そこに愛人を38年間も・・。

コレクションのことも愛人のことも知らなかった
鹿山さんの息子 義彦さんが怒るのも当然。

「信じられないでしょうけど

 わが家では 子供は 偉人の伝記と 百科事典ぐらいしか

 読ませてもらえなかったんですよ。

 子供を 厳しく縛り付けておいて

 自分は 陰で好き放題 やっていたなんて

 父親としても 教育者としても最低です。」

娘の直美のほうは幼馴染だった井上さんの家で
少年探偵団シリーズはよませてもらったらしい。
でもそれが母にみつかって、続きを読むことは もちろん
井上さんと 会うことも禁止されてしまったとのこと。

「それは ちょっとやり過ぎなんじゃ?」

「うちはそういう家だったんです。

 世間体が 最優先で私は

 離婚することすら許されなかったんですから」


出戻ってきても家に受け入れてもらえず
嫁ぎ先に追い返されたとか・・。

「とにかく それ以来 私は父にも この部屋にも

 一切 近づかないと 決めました。

 ホントの父は あの家で愛人と

  乱歩と共に楽しく 暮らしていたんですよね。」

娘にもそう思われてもしょうがない。

愛人宅のことをしらなった義彦さんに
そのことをおしえたのは栞子の母。
狙いは乱歩コレクション。
栞子の前に10年ぶりにあらわれた母は
久しぶりの再会を懐かしむどころではなく
興味があるのは金庫の中のコレクションだけ。

母に先に鍵をとられる前に
井上さんと組んで一芝居し
直美から鍵の隠し場所をおしえてもらうことに。

栞子たちが部屋で少年探偵団シリーズを
さがすといっていたけど
井上さんは昔、直美と結婚させてほしいと
手紙を出したことがありそれをみつけられたら
困ると嘘をつき、直美があわてて書斎へ。

隠し場所はソファの中。

「どういうこと?」

「こうでもしないと

 鍵の隠し場所を突き止められないと思ったんだ。」

「私を だましたの?手紙の話は 嘘だったの?最低ね。」

「ここにあるのは お父さまがお持ちだったものですね?」

「そうですけど。」

「直美さんは 子供のころ これを愛読されていたんでしょう。」

『魔法人形』が好きだったと言っていた直美。
でも「少年探偵団」シリーズは版を変える際に
内容の改訂を 行うことが多く

『魔法人形』は光文社版で
ポプラ社版では『悪魔人形』というタイトル。
直美が 井上さんの部屋で読んでいたのはポプラ社版なので
この家の どこかに光文社版の「少年探偵団」シリーズが
隠されていると 確信したという栞子。

「あなたは ご両親に井上さんとの交友を 禁じられて

 「少年探偵団」シリーズを 途中で読むことができなくなった。

  それで どうしても続きが読みたくて

 お父さまの本を こっそり読んでいたんじゃありませんか?」

「夜中に お手洗いに行った帰りこの部屋の前を通ったら

 妙な音が 聞こえてきたの。何だろうと思って

  ドアを少しだけ 開けてみると。
 
 当時 買ったばかりだったソファの中に

 「少年探偵団」シリーズを収めている 父の姿が見えたの。

 父は 子供みたいな顔をしてた。

 あんな うれしそうな顔見たことがなかった。

  私は まだ 10歳だったけどそれでも 分かったわ。

 このことは 絶対 誰にも話してはいけないんだって。」

「お父さまは ホントに

 何も気付いてらっしゃらなかったと思いますか?」

「あれほど 慎重に二重生活を 隠し通した方が

 子供に 秘密の存在を知られてしまうような

 うかつな まねをするとは私には 思えません。

  たとえ 知られてしまったとしても

 誰かが 大事な コレクションに触っていたことに

 気付かないなんて おかしいです。」

「直美さんが「少年探偵団」シリーズを見つけてしまったのは

 偶然じゃなかったんです。

 鹿山さんは 体裁上 直美さんを厳しく 叱りつけはしましたが

 内心では同情していたんでしょう。

 だから 本を別宅から 移すことにしたんです。

 そして 直美さんが 通り掛かる頃合いを 見計らって

 大きな音を立て本を隠しているところをわざと見せ。

  その後も 直美さんが こっそり本を読んでいることを

 微笑ましい 気持ちで見逃していたんじゃないでしょうか。」

「でも 今となっては確認しようがないわ。」

「そんなこと ありません。

 直美さん 先ほど言ってましたよね?

  「当時 買ったばかりだったソファの中に

 『少年探偵団』シリーズを収めている 父の姿が見えた」って。

 タイミングがよ過ぎると 思いませんか?

 鹿山さんは 直美さんのためにこのソファを 特注したんです。

 ソファの中をよく 見ていただけませんか?

 おそらく手帳が 入っているはずです。」

別宅になかった手帳。

「黒い表紙に「少年探偵手帳」と金色の文字で 書かれています。

 ちょっと 中を 見せてもらってもいいでしょうか?」

そこには「直美へ」とかいてありました。

「これは…。鹿山さんの字ですよね?」

「ええ。 でも 何で?」

「これは ずっと 別宅の書庫に置かれていたものなんですが

 気付いたらなくなっていたそうなんです。

最初は 金庫の暗号と 何か関係があるのかと思っていました。

 でも 違ったんです。去年の秋というと

 鹿山さんは すでに死期を悟っているはずです。」

昨年の夏余命宣告を 受けていた鹿山さん。

「だから 手帳を持ち帰り

 あなたしか 知らないこの場所に

 メッセージを 残そうと考えた。

 でも いざ 気持ちを言葉にしようとすると

 何も書けなくなってしまったんでしょう。

 その手帳には 幼いころに

 「少年探偵団」シリーズを読ませてあげられなかったこと。

 そして 離婚を許してあげられなかったことに対する

 鹿山さんの おわびの気持ちが込められているんです。

 でも それだけじゃないんです。

 直美さん。 最後のページを開いてみてください。」

探偵団の名前を書く欄には「井上直美」という名が・・。

「井上さん。 直美さんとの結婚を考えていたというのは

 嘘ではないですよね?

 鹿山さんへの手紙本当は 書いたんじゃないですか?」

「そうなの? 一郎君。」

「君が 嫁ぎ先から飛び出してきて

 うちの店で働いていたときのことだ。

  でも 鹿山さんから突き返されてしまった。

  こんなものは 受け取れないって。」

「鹿山さんは 井上さんと直美さんの仲を

 認めてあげることはできませんでした。

 でも 本当は 誰よりも お二人のご結婚を 望んでいたんです。」

「バカみたい。もう 遅過ぎるわよ。」

「まだ 遅くはないかもしれません。」

 だからこそ 鹿山さんは

 そのメッセージを残されたんだと思います。」

井上さんは、昔 ヒトリ書房が経営危機に陥ったとき

鹿山さんに助けてもらったことがあるそうで
鹿山さんは恩人。

乱歩関連の珍品が出たら優先的に 私に譲ってほしいといい
その送り先が来城さんだったためその存在も知ってたけど
そのことを嗅ぎつけてきたのが栞子の母 篠川 智恵子。

直美に愛人の存在を話すと脅して
鹿山さんという上得意を奪い取っていったらしい。


「君から あの女が再び 現れたと聞いてから

 ホントは ずっと 思ってたんだ。

 金庫の中身は 来城さんが受け取るべきだって。

 あの女が 横取りするなんて断固として 許せない!

 だから 彼女からの 呼び出しに応じることにしたんだ。

 そして さっきの推理を聞かされて協力することにしたんだ。」


「鍵の在りかを突き止めたいって 言ってたわね?」

「はい。「少年探偵団」シリーズと一緒に

 金庫の鍵も 隠してあると思ったんですが。」

「正解よ。」

「鍵は この中よ。見たことがあるの。」

直美が鍵のはいっている箱を渡してくれますが
すでに中身はなし・・。

「そんな。 おかしいわ。確かに ここに入ってたはずなのに。」

「母です。

 母が 先に この場所を見つけて持ち出したんです。」


今のところ、母、とことん悪印象。
こんなに古書に執着していて
10年間どこで何をしていたのか。

それにしても好きでもない相手と結婚するって
不幸以外の何物でもないですね。
好きな本も自宅で堂々と読めないとは。
自分は愛人宅をつくってそこで楽しく
暮らしてたかもだけど家族はどうなるの。
奥さんだってそれで幸せだったの。
嫁ぎ先を出てきた娘さえ世間体のために追い返し
好きな相手と結ばれることも許さず
手帳に「井上直美」って書かれても・・
そのセンスはかうけどそんなの生きてるときに
ちゃんと伝えなきゃ。

伝えなきゃといえば暗号も。
38年いっしょにいた愛人には
もっと早く暗号くらいおしえておいてもいいのでは。

今日のかんじでは栞子、母に負けてるけど
次はちゃんと論破できるのでしょうか。
2013.03.18 Monday 22:54 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< リトルバスターズ! 第23話「あなたの大切なもののために」 | main | まおゆう魔王勇者 第10章あの人が置いた布石が、いよいよ意味を持ってくるのか」 >>









ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第1...
江戸川乱歩のシリーズに込めた父の思い----------!!今回は、次回の最終回に向けての序章といった感じで、また人間関係がややこしかったなぁ(><)ま、最終的には、前回登場した井...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/03/19 12:39 AM |
ドラマ「ビブリア古書堂の事件手帖」 第10話 あらすじ感想「江戸川乱歩・少年探偵団」
江戸川乱歩のシリーズに込めた父の思い----------!! 今回は、次回の最終回に向けての序章といった感じで、また人間関係がややこしかったなぁ(><) ま、最終的には、前回登場した井上・佐野さんの再登場と、彼の初恋話と、栞子の母・智恵子の登場。
| ★☆TB黒衣の貴婦人の徒然日記☆★ | 2013/03/19 12:39 AM |
【ビブリア古書堂の事件手帖】 第10話 感想
その手帳には、幼いころに「少年探偵団」シリーズを読ませてあげられなかったこと。 そして、離婚を許してあげられなかったことに対する、鹿山さんのお詫びの気持ちが 込められているんです。 ビブリア...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/03/19 2:25 AM |
ビブリア古書堂の事件手帖十話感想
今回はパッと見、結構複雑だったね(苦笑)録画したのを、片付けものしながら見てたんだけど、んっ?と思った場面何度かあって、巻戻しました。。 本の繋がりで、ここまで物語が動くのは、原作の独特の面白さが作用しているのかね。 最後の手帳の謎も、剛力彩芽の想像
| NelsonTouchBlog | 2013/03/19 12:48 PM |
「ビブリア古書堂の事件手帖」第10話
  第十話栞子は、「古書に関する特別な相談がある」と連絡を受け、大輔とともに、来城慶子が暮らす洋館にやってくる。車椅子の慶子に代わり栞子と大輔を迎えたのは妹・邦代で、案...
| 日々“是”精進! | 2013/03/19 3:14 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第10話★怪盗・智恵子(安田成美)には華がある
「ビブリア古書堂の事件手帖」第10話 江戸川乱歩!? 今週も、「想像してみて下さい・・・」と拙いナレーションから始まると思っていたら、男の人の声で「君に手紙を書くのはおそらくこれが最後になるだろう・・・」と、意表を突いて鹿山明(須永慶)の手紙から始まっ
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/03/19 3:14 PM |
ビブリア古書堂の事件手帖 第10話
栞子(剛力彩芽)は、古書に関する特別な相談があると連絡を受けて、大輔(AKIRA)と一緒に来城慶子(高樹澪)が暮らす洋館を訪れます。 案内された書庫には、推理作家・江戸川乱歩のコレクションで埋め尽...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/03/19 5:27 PM |