<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

ビブリア古書堂の事件手帖 第11話(最終話)

第11話(最終話)



 母・智恵子(安田成美)に金庫の鍵を奪われたと確信する
篠川栞子(剛力彩芽)は、智恵子よりも早く暗号を解いて
暗証文字を入手することを目指す。  その後、栞子と
五浦大輔(AKIRA)がビブリア古書堂に戻ると、
智恵子がカウンターに座り本を読んでいた。
智恵子は栞子に、金庫の中身は何だと思うかと聞く。
栞子が、江戸川乱歩の未発表の草稿か何かだろうと答えると、
智恵子は「押絵と旅する男」の第一稿だと言った。
それは乱歩の代表作のひとつだが、第一稿は
乱歩自身の手で破棄されたと言われている。
信じられない話だが、智恵子は鹿山明(須永慶)の父親と
乱歩の接点を明かした。
その意外な事実に志田肇(高橋克実)も驚きを隠せない。
何としても第一稿を読みたい智恵子は、
栞子に協力を持ちかける。一緒に暗号を解くなら、
第一稿以外の乱歩コレクションは山分けにしてもいいと。
栞子は、自分は鹿山が来城慶子(高樹澪)に残したものを
本人に届けたいだけだと、智恵子の提案を断る。
 栞子らが、鹿山と慶子の関係を精査するうち、鹿山が乱歩の
「少年探偵団」シリーズを、別宅から娘の直美(横山めぐみ)が暮らす
本宅に移した時期に、3年の空白が生じる。その間、「少年探偵団」
シリーズはどこに置かれていたのか。大輔や志田らが考えを
巡らす中、栞子の携帯が鳴る。それは鹿山の本宅にいた
直美からで、智恵子が現れたと伝える電話だった。




感想のみ

母から鍵を預かる時
栞子はあんなに自信満々だったのに、
そのあと暗号とくのに苦労するとは。
結局、乱歩マニアの人ならなんとか解読できる
暗号で、中に入っていたものの乱歩マニアの人が
乱歩マニアの愛人に贈るにふさわしいものでしたが
もうちょっと簡単に手に入るようにしてあげればいいのに。
と一般視聴者は思いましたが、乱歩の世界に入りたいと
思うくらいの人にはあのくらいの暗号でちょうどなのかも
しれませんね。

10年ぶりにでてきても本のことしか頭にない母親。
実の娘に対しても容赦ない。
そして本のためと言われたら栞子が反論できないのも
本にとりつかれた母娘ならではでした。

本を探しまわっていたにしてもたぶん日本の古書なら
国内にいたんじゃないの?ちょっとくらい顔みせるとか
安否を知らせるとかできそうなものなのに。

結局、五島は最後まで本を読めるようには
ならないのですね。読めなくなったのは
おばあちゃんに叱られたせいだと思うから
あのトラウマが解消されたらまた本好きに
戻れると思ったのは甘かったか。

母親の話もまだ中途半端なかんじがしたし
原作がまだ続いているからかな。

古書が貴重だというのはよくわかりました。
古いものは新しくつくりなおすわけにはいかないので
失われたらそれでおしまい。
どこかの家の蔵書に眠っているものが
持主が亡くなった後、価値のわからない家族に
古書店持ち込みならいいけど古紙回収にでも
だされた日には・・。
貴重な文豪の初版本なんかは個人レベルじゃなく
もっと正式に保護されてもいいのではと思いました。
(もうされてる?)
2013.03.28 Thursday 10:43 | comments(0) | trackbacks(1) | 
<< PSYCHO-PASS サイコパス 第21話(最終話)「完璧な世界」 | main | 月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 05月号 >>









ビブリア古書堂の事件手帖 第11話(終)★『二銭銅貨』で視聴率はどうか〜大失速、剛力彩芽また一桁最終回
「ビブリア古書堂の事件手帖」第11話(終) 乱歩が残した、間違った暗号文!? ようやく最終回。(延長無し) −◆− テレビ朝日系のオスカープロモーション・ゴリ押し情報バラエティー「GO!オスカル!X21」のレギュラー司会までも務めることになった栞子(剛力彩芽)が「
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/03/28 12:41 PM |