<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

まおゆう魔王勇者 第11章 第12章

第11章 壊したり殺したりするばっかりで、
何も作ってないから
第12章 「待たせたな、わたしの勇者」
「寝坊しすぎだ、おれの魔王」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


第11章 壊したり殺したりするばっかりで、
   何も作ってないから

南部諸国は教会から破門され、中央からの宣戦布告を受け、
戦争へと突入していった。いまだ帰らぬ魔王を心配していた
勇者は、女魔法使いの助力を受け、魔王城へと
乗り込むことを決意する。一方、冥府殿の奥で
過去の魔王の魂とひとり対峙していた魔王が、
ついにメイド長のもとに姿を現しすが…。


第12章 「待たせたな、わたしの勇者」
   「寝坊しすぎだ、おれの魔王」

女魔法使いは、年間三百万人もの死者を出す悪魔の病気
「天然痘」を撲滅させる術を、冬寂王に託す。それは、勇者と
魔王の夢の実現を手助けしたいがための行動だった。
一方、魔界に乗り込んだ勇者は、先代魔王たちに魂を
乗っ取られてしまった魔王と激突する。魔王と勇者の前に
「丘の向こう」は広がるのだろうか…。





まとめて感想。

世界をよりよいものにしたいと思う人たちのおかげで
この世はちょっとずつ
住みやすいものになっていっているように
思いました。魔族も人間も、
自分の利益と保身のみを考える人ばかりだったら
そんなふうにはいかない。
精霊さまの教えをまもる教会の人たちも最初は
そんなふううだったはずだと思うけど、長年たつうちに
そんなことは忘れてしまったのか。

ちらっとしか出てこなかった女魔法使いの力の強さにびっくり!!
女騎士もそうだけどさすが勇者のパーティーにいるだけのことは
あります・・・。

魔王を怨霊たちから救いだしたのは勇者の愛の力でOK?
最終話のサブタイだと勇者と魔王がいちゃいちゃしながら
おわるのかと思ったのに、女騎士もちゃんといて
もうこのさい魔族の妻は魔王、人間界からは女騎士で
いいんじゃないかという気に。

全部の話の中で一番強烈な印象に残ってるのは
やはりメイド姉の演説かな。圧巻でした。

特別章まではさんでたのに2クールじゃなく
12話でおわってしまうのですね。
まおゆう、楽しくみられました。



魔王/小清水亜美 
勇者/福山潤 
メイド長/斎藤千和 
メイド姉/戸松遥 
メイド妹/東山奈央 
女騎士/沢城みゆき 
青年商人/神谷浩史









2013.04.03 Wednesday 15:58 | comments(0) | trackbacks(0) | 
<< リトルバスターズ! 第25話「最後のひとり」 | main | ジャンプ SQ. (スクエア) 2013年 05月号 新テニスの王子様の感想 >>