<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

家族ゲーム 第1話

 第1話




 家庭教師の吉本荒野(櫻井翔)が沼田家にやって来る。
出来の悪い次男、茂之(浦上晟周)のために、
母親の佳代子(鈴木保奈美)がインターネットで見つけた
“100%東大合格"をうたう吉本のホームページを見つけて
依頼したのだ。
 吉本は、まず家族面談を行うと沼田家一同をリビングに募らせる。
しかし、佳代子、父親の一茂(板尾創路)、長男の慎一(神木隆之介)
はそろうが、肝心の茂之が顔を出さない。中学3年生の茂之は、
登校拒否の引きこもり状態だった。佳代子の呼びかけに、
ようやく出てきた茂之は異様な姿で、ふざけてロボットのように
振る舞う。それでも、吉本は平気な顔をして家族面談を始めた。
そんな中、父・一茂の提案で兄の慎一が通う進学校に
茂之を合格させることが、吉本の目標に決まる。吉本は
茂之本人に「成績を上げたいか?」と確認するが、まともな答えは
返ってこない。すると吉本は家族もあっと驚くような行動に出た。
あっけにとられる家族の前で、もう1度、意思を問う吉本に、
茂之は呆然としたまま、うなずいた。こうして、吉本は茂之の
家庭教師を引き受けることになる。
 面談後、父・一茂は登校拒否の茂之を1週間以内に
学校へ連れて行ったら10万円のボーナスを出すと吉本に提案。
5日もあれば十分と答える吉本は、その間、自分のやり方に
口出ししないことを条件とした…。




吉本家のリビングに集まる吉本夫妻。
そこに長男 慎一が帰ってきました。
塾にいっていたのに
母がたんすのしたじきになったと
連絡がきたらしい。
吉本は次男茂之の家庭教師ですが
家族面接なので家族全員そろわなきゃダメと
嘘の電話をしたそうで。

でも慎一は県内一の進学校に通うばかりか
陸上部でも全国大会へいく
文武両道の息子で家庭教師は必要なし。

母が茂之をよびにいくと
パソコンのモニターというか
昔のブラウン管のテレビみたいな箱を
かぶってあらわれた茂之。
しゃべり方も機械のよう。

吉本は東大進学率100%をかかげる家庭教師。
ネットで母がみつけて依頼したらしい。
父の希望は慎一と同高校に合格すること。
でも成績も悪い上に不登校中だということ。

理由はいじめ、と慎一はいいますが
茂之はノーコメント。

「では学校に行かせて
 
 成邦館高校に合格させるということが

 目標で よろしいですか」

「それができたら 素晴らしいね。」

「最後に 君の意思を聞かせてくれるかな。」

無理やり茂之のかぶりものをとる吉本。

「君は 成績を上げたいと思うかい?」

すると茂之は

「コンピューター 制御不能。コンピューター 制御不能。」

とふざけたままで
いきなり吉本が茂之をひっぱたきました。
みんなびっくり。

「君は…成績を上げたいと思うかい?」

うなづく茂之。

「え〜 本日から 沼田 茂之君を受け持つことになりました。

 家庭教師の 吉本 荒野です。

 よろしくお願いします。」

会社の同僚 榎本にその話をする一茂。
茂之を一週間で登校させたら
ボーナス10万をだし、ダメなら首という
条件をだしたそう。

「5日で十分です。

 ただし その間は口出し無用で お願いします。」

「いいだろう」

「あの 暴力で 無理やり連れていくような まねは…」

「しませんよ そんなこと。

 お任せください 自発的に学校に行かせてみせますから」

そのあと、その同僚にリストラをすすめる一茂。

部屋の写真をとる吉本。
部屋の中にカップめんや水、
IHヒーターにやかんもおいてありました。
アイドルの前島 亜美が好きなようで
ネットのお気に入りもみられて写真をとられ
自分の日記まで・・。
SNSに友だちはソノちゃんひとりだけ。

初日なのでいっしょにゲームをすることに。

帰宅した慎一は外で食べてきたからと
夕食はいらないといいますが
「明日の朝食べるから」という気配り息子。

二階にあがると茂之と吉本が
ゲームをしているのをみてややあきれ顔。

その後、一茂を待ち伏せしていて
家庭教師雇用契約書にサインを
もとめる吉本。

一茂のことも写真にとり
翌日は佳代子、会社にいる一茂と
学校の慎一の写真も。

慎一は彼女とともに帰宅。
別れ際にキスする彼女。
吉本が写真を撮っているのに気付きました。

走って家までいくふたり。

「あの これ 何で走ってるんですか?」

「国体選手と走れる機会なんてめったに ないからねえ。」

「先生 初めて会ったとき言ってましたよね。

 『君の方が問題児だと思ってたから』

 あれ どういう意味なんですか?」

吉本答えず。
結局、家まで走りました。

「走ってなかったでしょ。

 家族面談の日。

 お母さんが重傷だって聞いて

 塾から走ってきたってあれ 嘘でしょ。

 塾から家までは1kmだ。

  確かに バスやタクシーを使うより走ってきた方が早い。

 でも 君は そうしなかった。

 僕が 塾に電話したのは沼田家に来る直前の2時55分。

 君が帰ってきたのは 3時34分。

 実際君は 汗一つ かいてなかった。

 それで 思ったんだ

 「ああ この子はお母さんが重傷って聞いても

 歩いて帰ってくる子なんだ」って。

 国体選手でも1km走れば 汗かくよね。」

「それを確かめるために走らせたんですか。」

「沼田家は誰もが うらやむ 理想の家族だ。

 一部上場の会社に勤めるお父さんに

 美人で 気が利く お母さん

 そして 文武両道で優等生の長男。

 問題は 次男の茂之君だけ。

 これが家族の見解であり 近所の評判だ。

 けど ホントは違う。

 この家は欠陥だらけだ。

 わくわくするねえ。」

茂之の部屋の前で声をかける吉本。

「なるほど。
 
 初日に 打ち解けたふりをしてこの仕打ちか。

  いいねえ。

 茂之君 僕と勝負しないか?

 今度の金曜までに 君が部屋から出てくれば 僕の勝ち。

 君には 学校に行ってもらう。

 でも君が部屋から出てこなければ君の勝ち。

 そのときは君の言うことを1つ聞こう。」

「何でも聞いてくれるんですか?」

「ああ。」

「じゃあクラスのやつら 全員 殺せって言ったら?」

「殺すよ。」

「分かりました。約束は 必ず守ってくださいね。」

「よし 交渉成立。」

「いいんですか?あいつなら ホントに殺せって言いかねませんよ。」

でも吉本は平然としてタウンページをかりました。

ゲームをしている茂之。
部屋が真っ暗になり
電気をつけカーテンを開け窓をあけるとそこは
外からふさがれていました。
ドアをあけるとこれまた頑丈な扉があり
暗唱番号をいれないとあかない鍵が。

帰宅した佳代子もびっくり。

「おい 何してんだよ。」

「部屋の出入り口をふさいだんだよ。」

「何で こんなことすんだよ。」

「どうせ部屋から出ないんだから

 ふさいじゃってもいいでしょ。」

「いいわけないだろ。」

「だって 僕がいない間に部屋を 自由に出入りできるなんて

 フェアじゃないでしょ。

 これは勝負なんだから。

 あっ それともギブアップして学校へ行く?」

「ふざけんな 誰が出るか。」

「あっ そう。 じゃあ 頑張って。」

佳代子は「先生の口から主人に説明してください。」
と電話を差し出しました。
一茂には口出しは一切無用、
契約違反は1000万の賠償金だという吉本。
それをきいてひきさがる一茂。

「ちょっと待った。

 元には戻るんだろうね?さあ どうでしょう。」

「ドリルの穴くらいは残るかもしれませんね。

 けど それで 息子さんの不登校が解消されるとしたら

 安いものじゃないすか。」

そばにいたのはこの前の同僚 榎本。

「例の家庭教師か?」

「ああ。やり過ぎてるみたいでな。」

「だったら 首 切りゃいいじゃないか 俺のように。」

「榎本 見損なったぞ。

 お前は他でもやれる。

 うちの会社を見返してみろ。

 後悔さしてやれ。」

佳代子に、ご飯は自分がいるときに
作ってくれるようにいう吉本。

「僕しか開けられませんので。」

でも見たいアニメがあるからと
ご飯は母にたのみました。

「私に押し付けないでくださいよ。」

そこへ一茂帰宅。

「色々 考えたんだけどいいんじゃないか?

 茂之には それぐらいの荒療治が必要だよ。 うん。」

と言ったくせに工事代の請求書をみたら

「ふたりで話そうか」

とふたりでサウナへ。

「実は一緒に入社した同期にリストラの通告をしたんだ。

  彼とは営業部で エースを争った仲でね。

  2人で 数十億の金を動かしたこともあったな。

 そんな戦友の首を切る立場になるなんてね。

 そういうわけだから。

 俺も 君みたいなときはね会社を背負って 頑張ってたよ。

 でも人事部に回されてからやる気も うせてってね。

 そういうわけだから。

 こんな大金 払えるわけないだろ。」

請求書をかえす一茂。

「こんな大きな家に住んでるじゃないですか。」

また戻す吉本。

「女房の実家に援助してもらってんだよ。」

「だったら また 援助してもらえばいいじゃないですか。」

「そういうわけには いかないだろ。

 メンツってもんが あるでしょ。

 それでなくても人事部に異動になってから

 がっかりされてんだから言えるわけないでしょ。」

「言えますって。」

「言えないよ。」

「言えますよ。」

裸で請求書をおしつけあいw

水を飲み干しペットボトルを足でつぶす茂之。

佳代子は暗唱番号がわからないと
あけられないし先生は番号をおしえてくれないと
頼りにならない。

トイレへいきたくなった茂之。
今度は父がやってきました。

「茂之。 先生と勝負してるんだってな。

 お前のおかげでこっちは いい迷惑だよ。

 こんな肉屋の冷凍庫みたいな物作っちゃって。

 もう こうなったらな勝っちまえ。出てくるな。

 冗談だ。

 意地 張ってないでさっさと出てこい。」

トイレにいきたくてがまんできないようす。

慎一は電話中。
母は主婦友達にすすめられた株の本をよみ、
一茂はすでにいびき。

がまんできなくなった茂之は
ゴミ箱をからにしてそのなかへ。

過去を思い出す茂之。
教室で「クソもらしてるぞ」といわれ
それからいじめの標的に。
唯一声をかけてくれたソノちゃんと
友達になったのにその子とも疎遠に。

お店で食事して財布をわすれたという
舞香のぶんも支払する一茂。

「あの ホントにありがとうございました。

 必ず お返ししますので。」

「いいよ大した金額じゃないから。」

「いえ それじゃあ私の気が 治まりません。」

「じゃあ またどっかで会った そのときに。」

ソノちゃんについて慎一にたずねる吉本。

「ああ この子ならよく うちに来てましたよ。

 聞いてます?

 前島 亜美って 知ってる?」

「えっ? ああ グラビアアイドルの。」

「うん。茂之が すごく好きで

 前に その子の写真集がなくなったとかで

 俺の所に 怒鳴りこんできたこともありましたけどね。

 聞いてます?」

「ああ ごちそうさまでした。」

「うん。それ 茂之の食事ですよね。

 昨日も タッパーに詰めてませんでしたっけ?」

「バレた?」

「大丈夫なんですか?何も食べさせなくて。」

「彼の部屋にはカップ麺があるから。

 まっ 賞味期限だいぶ前に切れてんだけど。

 でもさ お母さん 変わってるよね。

 普通だったらご飯 渡すところまで 見届けるよ。

 ていうかまあ ホントに普通だったら

 こんな勝負自体 許さないか。」

「母さんも父さんも興味ないんです俺たちに。

 まあ口では 色々 言ってますけどね。」

「じゃあ茂之君 死んじゃっても怒らないかな。」

「えっ?」

げっぷをする吉本。

不審の目でみる慎一。

吉本は園田くんをたずねていきました。

「ソノちゃ〜ん」

「で?

 いや 君と茂之君は 反撃したの?」

「いやひたすら耐えてました。5人以上いたんで。」

「なるほど。

 その件があって 君はいじめる側に回ったってわけだ。」

「一緒にいたらいじめられるから

 あいつと関わらなくなった。それって駄目なんですか?」

「いや 駄目じゃないけど予想は できたはずだよ。

 くそ漏らしの茂之君を助けたら自分もターゲットになるって。

 それでも彼に近づきたかった理由は 何か。

 ジャン。 前島 亜美。

 君も好きなんだよね プロフィルに載ってたよ。

 このサイン入り写真集君が盗んだんだろ?

 最初は 茂之君が あげたのかと思ってたんだけど

 そうじゃなかった。

 なくなったって大騒ぎしてたらしいから。」

「証拠あるんですか?」

「いや 刑事じゃないんだから。

 でも 茂之君は君が盗んだってこと 知ってるよ。

 君しか友達がいなかったんだから当然か。

 彼は 大事な写真集を盗まれたと分かっておきながら

 それでも信じたかったんだろうね 君との友情を。

 けなげだよねえ。」

茂之の部屋にやってきた吉本。

「は〜い 呼ばれてないのにジャジャジャジャ〜ン。

 実は学校の名簿を ちょっと拝借して

 君のクラスメート25人に 会ってきたんだ。

 みんなが 君のことをどう思ってるか 知りたくてね。

 みんな最初は ちょっと遠慮してたけど

 徐々に打ち解けて率直な意見を聞かせてくれたよ。

  聞きたい?」

「聞きたくねえよ。帰れ!」

「そんなに聞きたいか。

 じゃ 発表します。

  「出席番号1番 相川 武夫君」

  「沼田といると バカがうつるから近寄りたくない」

 「出席番号2番 愛甲 広香ちゃん」

 「あいつ キモイ」

  「出席番号3番 市原 学君」

 「うんこを漏らすようなやつとは友達になれない」

 「出席番号…」

「うるさい! やめろ!」

「 「稲垣 雫ちゃん。沼田は空気。 どうでもい…」」

「やめろっつってんだろ!やめろ! やめろ!

 やめろっつってんだろ! おい!」

椅子をふりあげたり本棚を倒したり
あばれる茂之。

「「出席番号10番 志村 美月ちゃん」」

「帰れ! やめろよ!」

「あっ あっこれは ちょっと言えないな。
 
 え〜 「出席番号11番 鈴原 登君」

  「うんこ バカ うんこ」

 おお 斬新だなあ。

 バカをうんこでサンドしちゃいました。

  え〜 「出席番号12…」」

「やめろっつってんだろ! おい!
「学年で…」おい! やめろよ! おい!

 おい! もう! やめろ!

 おい! うるさい! 死ね!おい! うざい!」

「「出席番号13番 園田 満君」

 「早く 学校に来てほしい」

  いるんだねえ君の帰りを待ってる 友達も。

 今日は帰るね。

 じゃあ また あした。」

そのあと

「友達なんかじゃない」

とつぶやく茂之。

夜の学校にひとりいる吉本。
暴れて机やいすをめちゃくちゃにしているけど
これは今なのか回想なのか?
冒頭にあった血まみれのマスコットを
にぎりしめるシーンをまた思いだしました。

翌朝。
今度はうんちがしたくなった茂之が
開けろといいますが
ルールなのでと開けてやらない吉本。

「警察に連絡します。」

という佳代子は

「いいんですか?

 警察沙汰になったら ご近所どう思われるんでしょうねえ。」

といわれて断念。

「もう駄目だ。

 頼むよ。 お願いだよ。

 もうあんな思いは したくないんだよ。」

「じゃあ 降参する?」

「いいかげんにしろ。

 開けろ。 開けろ。

 開け… あっ。」

「あれ どうした?もしかして 出ちゃった?」

声をかける母。

「茂之君 ご飯 食べる?」

「いいみたいです。なので 僕が代わりに。」

母、あっさりひきさがる。

「息子より 世間体 取る駄目な母  ほ〜。」

その後、ゴミ箱の横には
ナイロン袋にいれたパンツも。

そのときPCにソノちゃんからコメントが。

ずっとメールしようとしてたけど
なんていっていいかわからなくて・・とのこと。

慎一の部屋にいる吉本は
新しい依頼きてないかなあと携帯をチェック。

「もう諦めたんですか?

 親父との約束あしたが リミットですよねえ。」

「奇跡よ〜 起きてくれ〜。」

吉本を笑ってみている慎一。

ソノちゃんは家に吉本がきたこと、
茂之は写真集を盗んだのが自分だと知っているのに
まだ友達だと思ってくれてるといったことを話しました。

写真集めあてで近づいたのは本当だけど
茂之と友達になって楽しかったというソノちゃん。

「もう一度、俺と友達になってくれないか」

そこへ吉本が声をかけました。

「あした 君が学校に行かなければ僕は首だ。
 
 二度と 君には会えなくなる。

 その前にこれだけは伝えておこうと思って。

 こんな世界にも希望はある。
 
 だから 強くなれ。

 鍵は開けておく。

  踏み出すのも とどまるのも君しだいだ。

 後は 自分で決めろ。」

翌朝、いっしょに朝ご飯を食べている吉本。

「今日で 約束の5日目だ。

 茂之は部屋に閉じこもったまんま。
 
 つまり 君は 成果を挙げられなかったってことだな。」

「遅刻しても行けばいいんじゃないの?」

「駄目だよ。

 そういうわけだからね。」

また請求書をおしつけあう父と吉本。

そこへ茂之が制服を着て出てきました。

「おはよう〜。」

「いってきます。」

学校へいく茂之。

校門の前でたちどまる茂之に
声をかける吉本。

「足が すくむか?」

頬を両手ではさみ力強く声をかけました。

「何でも 1人で しょいこむな。

 いいか?何があっても 俺は お前の味方だ。」


教室へいくと園田もやってきて

「おはよう。昨日はありがとう。」

と挨拶する茂之。

「何で 来んだよ。」

「えっ?」

「あ〜あ 負けちまったよ。こいつの家庭教師ってやつと

 賭け してたんだよ学校 来るかどうか。

 俺が あんなコメントすると思うか?

 全部 家庭教師の仕業だよ。」

「嘘だ。 あいつは 隣の部屋にいた。」

「バ〜カ。俺のIDとパスワードがあれば

 誰の携帯からでも俺のページは開けるんだよ。常識だろ。」

「お前が来なけりゃ10万もらえたのに。

 けど 安いな お前も。

 あんなコメントでその気になるなんて。」

「どんなコメントだよ。」

「あっ 見る?」

「見る見る。」

「もう一度俺を信じてくれないか」

「だっせえ。

 信じてまた裏切られてんの。」

 「もう一度友達になってくれないか」

「なるわけねえじゃん。腹 痛え。」

 「初めて 友達ができたと思った」

これはひどい・・・。

佳代子とご近所主婦。
防音のために窓をふさいだと
いいわけしているとそこに茂之が帰ってきました。

お札を数えている吉本。

「おかえり。」

「どういうことだ。」

「うん?」

「どういうことだって聞いてんだよ!」

「あっ もうバレちゃった?」

「何で あんなこと。

本気で信じてたんだぞ!」

「分かるよ!

  ドアふさがれて 誰とも話せず

 腹 壊した揚げ句にうんこまで漏らして

 ごみ屋敷みたいな部屋に ず〜っと1人でいたら

 誰かに すがりたくもなるよねえ。」

「全部 計算ずくだったのか?」

「そんな都合よく救世主が現れるわけないだろ。

 ゲームのやり過ぎなんだよ。」

茂之ともみあになり
家具にぶつかってガラスも割れ大きな物音が。
それに驚いて佳代子もはいってきました。
でも佳代子もふりはらわれた。

「立てよ。

 悔しいんだろ?

 みんなに こけにされて恥 かいたんだろ。

 だったら 殴ってみろよ。」

「ほら どうした? もう終わりか?」

「あ〜!」

「何 目そらしてんだ。 こっち見ろ!

 見ろよ! そらすな!逃げるのか そうやって!

 俺から! 現実から!逃げるのか!」

床におしつけてドンドン叩く吉本。

「慎ちゃん お願い 止めて!」

「ちょっと やめてください。やめろって!」

「放せよ 優等生!

 ホントは こんな恥さらしの弟

どうでもいいとか思ってんだろ?

 言っちゃえよ。

 すっきりするぞ。」

スピーカーを手にする吉本。

「あっ。 あっ。ただ今 マイクのテスト中。」

「今日 未明 A県にある公立中学に通う男子生徒が

 校舎の屋上から飛び降りました。

 生徒の部屋に残されたノートには暴行 暴言

 羞恥ありとあらゆる いじめを受けた真実が

 赤裸々に記されており クラスメートからの

  いじめを苦に自殺した可能性が高いとみられています。

 なぜ 彼は いじめを受けなければならなかったのか

 なぜ自殺にまで追い込まれたのか

 教育委員会は学校側に説明を求めています。

 いまさら明らかになったところで

 その子はもう この世にいないのに!

 今日 未明 B駅構内で都立高校に通う男子生徒が

 同級生を ホームから突き飛ばして死亡させました。

 逮捕された高校生は

みんなから信頼される優等生だったそうです。

 いったい彼に何があったのでしょうか!

 想像もつかなかった事態に教師たちは困惑し

 生徒は 悲しみに暮れています。

 両親は 彼の心の闇に

付いてあげられなかったのでしょうか。

 まさか こんなことになるなんて。

 忙しくて話を聞いてあげる余裕がなかった。

 いったい あなたは誰に言い訳をしてるんだ!」

夫に電話する佳代子。

「お父さん。お父さん 早く。

 もう お父さん。」

「口出しは一切無用と言ったはずですよ。

 契約違反は1,000万円の罰金となります。

 家を抵当に入れますか?

 それとも 生命保険で払いますか?」

「何なのよ。」

「まだ逃げんのか!」

「何なんだよ。

 散々もてあそんで何がしたいんだよ!」

「壊したいんだよ。」

「放せ。 放せ! 放せよ!

  放せって言ってん…。」

「いいか?

 こんな世界にも希望はある。確かにある。

 でもな。」

回想の雄大の叫び声。
血のついたマスコット。

「現実は お前が思ってるより

よっぽど残酷なんだ。

 だから 強くなれ。


 お母さん 1つ ご提案があります。

 茂之君が来週から1週間 学校に行ったら。

 僕 辞めます。

 茂之君は やれば できる子です。

 それが ちゃんと証明できれば

僕なんて必要ありませんから。

 さあ 授業の時間だ。」

一茂に挨拶しにきた榎本。

「世話になったな。」

「さみしくなるな。」

「お前 言ってくれたよな。

 「この会社を後悔させてやれ」って。」

「ああ。」

「吠え面かくなよ。」

「なあ 勝野。

 俺の顔 笑ってないか?」

「聞いたか?

 吠え面かくなよって。かくわけねえだろ。

 誰が雇うかよ あんな ぽんこつ。フフ。」

性格が歪んでる・・。

一茂をまっていた舞香。
夫に電話してもつながらない佳代子。
主婦友からは心配するメール。

「偽善者」

本屋で雑誌を万引きする慎一。

茂之の部屋にいる吉本。

「 あの…。」

「どうしたの?」

「ホントに 1週間 学校に行ったら辞めてくれるんですか?」

「うん 辞めるよ。」

「じゃあ 行きます。

 絶対 1週間 行ってみせます。」

「いいねえ。

 頑張ってよ。」

「あの…さっき落ちた あれ 何ですか?」

「何で?」

「血が付いてたから。」

「そっか そっか。そりゃあ 気になるよね。

う〜ん どうしようかなあ。

 誰にも言わないって 約束できる?

 俺さあ…。

 人 殺したことあんだよ。」




以前のドラマも映画もみておらず
原作も未読のため、次に吉本が何をするか
興味津々でみいってしまいました。

文字通りの荒療治。
ここまでしたら本人も周囲もドン引きですが
このぐらいしなくちゃダメなのか。
傷つけないようにゆっくり話をきいてやさしく
接するというのと違いすぎて
この方法が万人にきくとも思えませんが
とりあえずやめてほしいために学校いくとは
いってましたね・・。

家庭教師なのに父、母、兄と
家族全般鍛えなおしてくれるみたい。

吉本はいじめにあってた友だちをなくしたとかそんなの?




吉本荒野   櫻井翔 
沼田慎一   神木隆之介 
沼田茂之   浦上晟周
沼田一茂   板尾創
沼田佳代子  鈴木保奈美
浅沼舞香    忽那汐里   
最上飛鳥    北原里英 路 



2013.04.18 Thursday 08:26 | comments(0) | trackbacks(8) | 
<< ガラスの仮面ですが 第2話 OL1 亜弓の下着と苦悩 | main | 銀の匙 Silver Spoon 7巻 >>









家族ゲーム (第1話・4/17) 感想
フジテレビのドラマ『家族ゲーム』(公式)の第1話『君は成績を上げたいと思うかい?異常なる家庭教師が弟を壊す』の感想。なお、森田芳光監督・松田優作主演映画『家族ゲーム(1983)』、と長渕剛主演ドラ...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/04/18 10:31 AM |
「家族ゲーム」と「雲の階段」第1回★Why櫻井君〜日テレ陰気
「家族ゲーム」と「雲の階段」第1回 フジテレビは不審の日曜9時枠を廃止して、近年『クレオパトラな女たち』を筆頭に日テレがほぼ転け続けている水曜10時枠(『家政婦のミタ』は奇跡の例外!)にドラマを新設して第1弾として83年に森田芳光監督、は松田優作主演の
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/04/18 10:50 AM |
【家族ゲーム】第1話 初回 感想
いいか? こんな世界にも希望はある。確かにある。 でもな。 現実は、お前が思ってるよりよっぽど残酷なんだ。 だから強くなれ。 家族ゲーム 第1話      先生。…先生。 何と...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/04/18 10:59 AM |
家族ゲーム 第1話
家庭教師の吉本荒野(櫻井翔)が沼田家にやって来ます。 しかし、彼はリビングに黙って座っていて、一茂(板尾創路)と佳代子(鈴木保奈美)と沈黙の時間を過ごしていました。 そこに、母・佳代子が家具...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/04/18 12:14 PM |
家族ゲーム #01
『君は成績を上げたいと思うかい?異常なる家庭教師が弟を壊す』
| ぐ〜たらにっき | 2013/04/18 12:41 PM |
家族ゲーム「君は成績を上げたいと思うかい?異常なる家庭教師が弟を壊す」
思わずアングリ、なったのでした。櫻井翔、ホワイト・キャラに飽きて、新境地開拓のチャレンジ精神?! 原作は、同名の1981年、の第5回すばる文学賞、受賞作品。幾度目かの映像化 個人的には、映画がインパクトあり、シュールな雰囲気の不思議な家族。横並びの食
| のほほん便り | 2013/04/18 1:36 PM |
ドラマ「家族ゲーム」 第1話 あらすじ感...
壊れるまで、キミと向きあおう--------------。始まりました新・家族ゲーム。1回目の視聴率は12.0%原作も、前回作品も知らないままなので、これからの展開がめちゃめちゃ気になる...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/04/18 7:38 PM |
家族ゲーム 櫻井翔 浦上晟周 主題歌 嵐 『Endless Game』
フジテレビのドラマ 家族ゲーム・・観ましたよ! 全く違うんですね。優作さんや長渕さんの家族ゲームとは。
| ゆったりと・・ | 2013/04/20 3:41 PM |