<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

幽かな彼女 第4話

第4話



生きていた頃の記憶をよみがえらせたいというアカネ(杏)に
頼まれ、学校に連れて来た暁(香取慎吾)。だが、アカネは
何も思い出せない。そんな中、アカネは偶然すれ違った和泉
(真矢みき)に何かを感じる。
同じ頃、林(北山宏光)が顧問を務めるダンス部に問題が持ち上がる。
部員たちが、新歓オリエンテーションで披露するダンスのメンバーから、
踊りが一向に上達しない藤田ともみ(上白石萌歌)を外すと
言い出したのだ。林は反対するが取り合ってもらえず、
おとなしいともみも何も言い返すことができない。
そんな折、和泉の提案で、部活の顧問を試験的に民間のコーチに
委託することが決まった。顧問の負担を免れ喜ぶ教師たち。
だが、部活に熱心に取り組んできた林はショックを受ける。
そんな林のもとにともみが現れた。ダンスの自主練習に付き合って
欲しいというのだ。林と毎日特訓に励んだともみのダンスは徐々に上達。
だが、まだ自信がないと不安げなともみは、ダンスを始めたきっかけを
林に打ち明ける。勉強も運動も苦手で、昔から自分に自信が
持てなかったともみは、成績が学年トップの葉山風(柴田杏花)に
話しかけられ、自慢できる友だちができたと喜んでいた。ところが、
つまらない人間だと風に疎まれ、「自分を変えたい」とダンス部に
飛び込んだのだ。「がんばれば、人は変われる」とともみをやさしく
励ます林。その姿を見かけた千穂(前田敦子)は、林に冷ややかな
視線を送り…。





新歓のダンスから藤田ともみをはずすというダンス部。

アカネは神山といっしょにおでかけ。
ユーレイのかっこうだけどどうせ誰にもみえないから
変じゃないという神山。

学校にやってきた神山とアカネ。
でもアカネにはなんの記憶もなし。
ノイローゼだったといわれても
アカネが思い悩むような性格にはみえない。

そのとき副校長とすれ違って
アカネは何か感じたらしい。

神山先生に進路指導をするように指示する副校長。

そのとき、ともみをおいかける林先生をみかけました。

河合先生は友人と会って
とことん飲むつもり。

神山の部屋でダンスをみせる林先生。
でもいまいちかっこわるい。

新入生歓迎会でともみをはずすという部員たちを
ひどいという林先生。
ともみも逆らうことをせず逃げだしてしまったらしい。

クラスの中でもおとなしい生徒で運動も苦手。
部にはいったときに「自分をかえたい」と
言っていたらしい。

林先生、今日も手のこんだ料理を・・。

友だちと飲んでいる河合先生。
いちいちやな女。
学園の準ミスでマスコミ志望だったのに
今はまったくやる気のない教師。

新歓からはずされたともみは
ひとりでダンスの練習をしている林先生を目撃。

教室にいって風ちゃんに挨拶しますが
むこうは無視・・?

林先生ははりきっていますが
今日から一週間、試験的に
部活動の顧問を外部に委託することに。
教師の負担も大きいし
アンケートの結果にもよるもの。

岩名先生、体育の授業のダンスでのりのり!

部活動の指導をする外部講師には
経験者がずらり。
さすが元弁護士の人脈。

この時期は進路指導に集中したかったから
副校長に感謝だという大原先生。

3年2組には学年トップの葉山風がいるので羨ましいと
言われますが、ほかに問題ありの生徒も数人・・。

ダンス部の指導は高野さんという男性が。
ともみもいました。

神山は進路指導。
まずはりさから。
いまいちなめられている・・。

林先生のところにやってきたともみ。
新歓オリエンテーションのパートを
自主練してこいといわれたので
林先生にみてほしいそう。

神山がそのあとも進路指導しますが
みんなから塾の先生にいわれたという言葉が・・。

林先生と練習するともみをみて
「めんどくさ」とつぶやくダンス部員。

アカネの勤めていた学校のそばに
副校長がいました。
昔知り合いがここにいて・・ってやっぱアカネか。
神山の進路指導に期待しているらしい。

部屋に帰るとアカネが着替えの準備。
火事で燃えた服をもらってきた吉岡さんたちの
服装がかわっていて、アカネも神山に
服を買ってきて燃やしてほしいとお願い。

神山が拒否するとアカネが怒った!!

また霊現象・・。
吉岡さんたちは帰っていきました。

寝ている神山のそばで
「燃やせ 燃やせ」とサブリミナル効果を狙うアカネ。

「いつ燃やすの?今でしょ〜」

ww

林先生とともみ。

昔から自信のなかったともみに
できた友だちが風ちゃん。
風ちゃんが相手にしてくれなくても
そばにいさせてくれてそれが宝物だったというともみ。
でも2年のとき「あなたのことうざくなってきた」と
つまんない人間だと言われてしまいました。

ダンスじゃなくてもよかったけど
踊ってる人たちがすごく楽しそうで
ダンス部にはいったらしい。

ともみをはげます林先生。

「変われるよ。

 一生懸命頑張れば

 人は変われる」


それを目撃した河合先生。

朝、神山に挨拶する小夜。
神山、一晩中放火魔になる夢をみたそうでw

林先生ががんばりすぎてうざいと感じる河合先生。
林先生はエリート一家の生まれで
プレッシャーがきついらしい。
と教えてくれたのは窪内先生。
アンケートのビリからかぞえてトップ3仲間だから。

体育の授業中、ともみが踊ってみるよう言われますが
風やダンス部員の言葉を思い出して
過呼吸になって倒れてしまいました。

林先生が生徒たちに注意するというと
林先生がかまいすぎているから
先生のせいだという河合先生。

「林先生のやってることって

 ただの自己満足ですよね」

ともみが倒れても風は知らん顔で
勉強を続ける。

林先生とすれ違ったともみは

「やっぱり かわれないと思うから」

とすっかりやる気をなくしてしまいました。

河合先生に声をかける副校長。
職員室でのことをずいぶん辛辣だったと
いわれると猫かぶってるのが飽きたそうで
教職に熱心にとりくむ気もなし。
こういう意味のある仕事は向いていないそう。

神山は進路相談。
またしても塾。
学校の進路指導に意味はあるのか。

柚木さんからは、藤田さんに何か
言ってあげてくださいと頼まれました。
藤田さんも自分と同じでもがいてる子だから
自分に関係なくても気になるらしい。

ダンス部の練習をみている林先生に
声をかける神山。

また神山の部屋にきて料理。

服のお願いをきいてもらえなかったアカネは
すねて足をドンドン・・。

林先生の本日の料理は
帆立てのバターソテーとたこのマリネ。

「また これ すっごいすね。」

「料理は昔から好きなんです。

  というか 親に褒められたことそれしかなくて。

 だから 藤田さんの言ってた

 自分を変えたいって気持ち

 僕には他人事に思えなくて。

 河合先生の言うとおりですよね
 
 僕の自己満足だって。」


そこにでてくるアカネ。

「何に悩んでるんです? 林先生。」

「だって 教師の仕事なんて

 自己満足がなきゃやっていけないじゃないですか。

 成績とか そういうわかりやすい結果だけに
 
 意味があるわけじゃありませんし

 もしかしたら 意味がないのかもってことでも

 教師が生徒に何をしてあげられるかが
 
 大事なんじゃないんですか?

 時間は一瞬 出会いは一生です。」


「時間は一瞬 出会いは一生?」

「子供たちが中学で過ごす3年間なんて

 人生の中で言うとほんの一瞬なんです。

  でも だからこそ価値のあることを

 与えられる 出会いであるべきなんです。

 生徒にとっても 教師にとっても。」



「林先生は間違ってないですよ。

 それでいいんです」


と言ってあげる神山。

林先生がまたダンスの練習をしているのをみたともみ。
教室にいくと神山がいました。
朝練で林先生も待っているという神山。

「変わるために一歩 踏み出してたんです。

 そんな あっさり下がれませんよね。」


「簡単には変われなくても

 変わろうと思い続けることには価値がある。

 変わりたいって思ってんだろ?

 ちゃんと踏み出してんだから下がるなよ。

 応援してるから。 俺も 林先生も。」


ともみは着替えて外にでていきました。
再び林先生と練習。

神山は風の進路指導。

やる気を出したともみを
鬱陶しがる部員たち。

風と神山。

「将来の夢って ありますか?」

「はっ?」

「いや進路の参考になるかなと思って。」

「帰っていいですか?

 先生と話してても 意味ないんで。」

「意味がないことって

そんなに悪いことですかね?

 例えば 友達が

変わろうとしてる瞬間を見るのは

 意味がありませんか?」


ダンス部で上手に踊れるようになったともみ。

「葉山さん どうですか?」

「べつに… 中3で ダンスが踊れるようになったって

 何の意味もないでしょ。」

「彼女にとっては 価値があります。

 自分を変えることができたっていう価値が。

 意味はないけど

価値があるってこともあるんですよ。」


「良かったですね。でも 私 興味ないんで。」

風はさっさといってしまいました。

ともみは最後まで踊れて
部員たちも笑顔。

吉岡さんがそばにいました。

「いや〜 いい言葉だね〜。

 意味はないけど価値がある か。

 まあ 幽霊がおしゃれするのも

意味は ないわけだけどね。」


とさりげなくアカネの味方。

林先生とハイタッチして喜ぶともみ。

昨日、河合先生が言った言葉を
「僕のために厳しいこといってくれて」
とお礼をいう林先生。

「ポジティブすぎでしょ。」

岩名先生は野球部は今後はまだ
自分が指導をと申し出
岩名先生や林先生のような熱心な方には
必要ないことでしたねという副校長。

アカネと服を買いにいく神山。
指定された服を手に取ると
不審者のような目w

買った服を燃やすと
黒い煙になってアカネのまわりに。

アカネ、チェ〜ンジ!

白装束はきれいにたたんでありましたw

「何 この便利なしくみ」ww

たき火をするにも難しい世の中。

アカネ、ピンクの服をきてご満悦ですが
似合ってない・・・。
少々、若すぎる服なんじゃ・・。

家の中では落ちつかないから
着物をきてといわれてしまいました。

教室で、進路指導をもう一度
やりなおさせてくださいという神山。
次の指導では自分が何をできるか
確認をしたいと協力を要請。

進路指導のやりなおしは
いいことだと言ってくれる副校長。

「時間は一瞬出会いは一生ですから。」

面談スタート。
根津くんから。

根津くんがききたいのは
神山と小夜が仲がいいということ。

おなかに黒いアザ(穴?)をみつけるアカネ。

図書室にいる女子生徒をナイフで狙う
男子生徒・・!



林先生、河合先生にお熱の
軽い先生かと思ってたら
意外な熱血の裏にはそんなえわけが。
頑張ってる姿はちゃんと見る人は
見てると思う。

ともみはあれでよかったけど
風のほうの気持ちはまたいつかやるの?
どうも中途半端な。

あのナイフ少年は?




神山暁 香取慎吾 
アカネ   杏 
河合千草 前田敦子 
林 邦彦  北山宏光(Kis-My-Ft2) 
大原操緒  濱田マリ 
吉岡さん  佐藤二朗
岩名清二  高嶋政宏
霧澤和泉  真矢みき 
2013.05.01 Wednesday 08:25 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< 非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第4痛「妄想女神」 | main | 2013年4月分アクセス解析 >>









幽かな彼女 第4話
暁(香取慎吾)は、生きていたころの記憶を蘇らせたいと言うアカネ(杏)を学校に連れて来ます。 何も思い出すことが出来ないアカネでしたが、偶然、すれ違った和泉(真矢みき)に何かを感じます。 その...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/05/01 8:34 AM |
幽かな彼女 (第4話・4/30) 感想
フジテレビ系ドラマ『幽かな彼女』(公式)の第4話『教師は意味ある職業か?』の感想。 如何にもドラマらしい話だが、妙な説得力がある! 「自分を変えたきゃ自分でやるしかない!」って単純明快...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/05/01 10:18 AM |
【幽かな彼女(かすかなかのじょ)】第4話 感想
いや。だって、教師の仕事なんて自己満足がなきゃやっていけないじゃないですか。 成績とかそういう解りやすい結果だけに意味があるわけじゃありませんし。 もしかしたら意味がないのかもってことでも教師が...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/05/01 7:44 PM |
幽かな彼女 #04
『教師は意味ある職業か?』
| ぐ〜たらにっき | 2013/05/01 8:40 PM |