<< November 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」

第5話「凪の日」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


笛をつくりながら考え込むレド。

「ヒディアーズを全部倒した

 銀河同盟ははどうなるの?

 レドさんは どうするの?」」

というベベルの言葉を思い出しました。

「チェインバー 検索だ。
 
 ここで俺がつける任務」


「検索終了。該当なし。

 データベースの欠如

 ガルガンティアの雇用状況不明」


「おまえにできる職務があるんだから

 俺にだって」


「当機との比較は 不適切である

 貴官の 非戦闘的任務への適性は

 皆無に近い

 現状の維持を推奨する」


「待機が一番向いてるってわけか」

そこへエイミーがやってきました。

「レド おはよう!」

「おはよう」

「早朝であることに同意する」

「チェインバー くるときみかけたよ。

 何組み立ててるの?」

「船体連結部の一部とのことである」

「たよりにされてるね。

 またつくってるんだ。

 ベベルにきいたよ。

 それって笛だったんだね。
 
 みせてみせて」

ふいてみますがならない。

「音 ならないよ。まだ途中?」

「音 鳴っても 役立たない」

「そんな。せっかくつくってるのに」

「役 立たない。意味ない」

笛をおいてレドに封筒を渡すエイミー。

「これは」

「お給料だよ。こないだの 荷運びの。

 大事につかってね。」

札と小銭がはいっていました。

「銀河同盟って お金ないの?」

「兵役中の財産の私有は 認められていない」

「ふうん。やる気半減だね」

「エイミー。俺 自分で仕事したい」

「いいんじゃないかな。
 
 やってみようよ!」

「どんな 仕事 ある?」

「私だと 配達よね。

 みんながみんな 

 手紙とか 小荷物渡すために

 動きまわったら たいへんでしょう。

 だから 私がまとめて運んで

 かわりに お金をもらうわけ。

 そうやって お互いをささえあうんだよ」


「ささえ あう・・。俺 誰か ささえる」

「そう。だから まずは

 自分がしてほしいこと

 考えるといいんじゃないかな」


「してほしいこと 思いつかない」

「う〜ん まあ ぱっとは無理か。

 ここの生活 知らないもんね」

「俺に出来ること 教えてくれ」

「うん!」



OP



エイミーといっしょに配達についていくレド。

「あの〜 仕事の手って たりてます?
 
 何か仕事がしたいんだって」

でもここにはなし。

「大丈夫 大丈夫。魚とりだったらいくらでもあるよ。」

でもここにも人はいっぱい。

ペローズも今は請求書の整理におわれてて
お宝探しはまだしばらく先。

エイミーは配達にでかけ
レドは自分で探そうと思うとひとりででかけますが
やはりどこも人手はたりてそう。

牧場の手伝いをしようとしたら
牛フンのにおいが・・。

「すまない!無理だ!」

甲板にきて息をつくレド。

「職務の適応条件が これほど厳しいとは。

 チェインバー データベースの更新は?」

「貴官の職務適性に合致する職務は 

 依然みあたらない」

そのときサイレンがなりハッとするレド。

「状況は?」

「船団の推進装置が 順次停止している」

船がとまりました。

「どういうことだ?」

「よう!」

ピニオンがカラフルなシャツをなげてよこしました。

「そんなところでくさってねえで

 いっちょ気分かえようぜ」

「ピニオン 船団 とまった。何がおきてる?」

「凪だよ な〜ぎ。オラ!集合だ!ついてこい!」

大きな肉をかかえて歩くピニオンに続いて
ベベルとエイミーとレドはパラソルや荷物をもって移動。

「でも パーティーなんてしてていいの?

 久しぶりに凪になったんだから

 修理の仕事とか いっぱいあるんじゃ?

「俺くらいになると 

 手下どもがいくらでも働いてくれるんだよ」

「ほんとかなあ」

でも修理に向かう仲間たちをみて隠れるピニオン。

状況がわからないレド。

「これは どういうことだ?」

「風がなくなって 波がおさまるから、

 凪の日は船をメンテナンスすることになってるんだ。

 船団を銀河道から外して 電気を止めるから

 修理屋さん以外は 仕事にならなくて

 みんな 息抜きにあててる」


「そう・・なのか」

海がきれいにみえる場所に出ました。

「レド 風がないと 海ってこんなふうになるんだよ」

そこにはサーヤやメルティもすでに待っていました。
さらにチェインバーも到着。

チェインバーが乗るとその部分が水に浸り
そこhで泳ぐ気満々の3人が水着姿に。
みんなビキニ。

「レドも泳ぐ?」

「気持ちいいよ」

「そんなダサイ服着てないで・・」

パイロットスーツを脱がされてしまうレドw

「まっ けっこういいからだ」

楽しく水遊び〜。

ベベルは日陰で休憩。
オルダム先生もやってきて
隣にすわりました。

焼き肉の準備も万端。
鉄板の上にならべますが
スイッチを入れても電気がうごかない。

「おい。ブリキ野郎でなんとかできないのか?」

「焼ければ いいのか」

「そうそう」

レドがチェインバーに指示すると
いいかんじに加熱した・・と思ったら

消滅w

「対象の焼却を完了」

「なにやってんのーー!?」

「ったくもう・・」

もういちど肉を準備するピニオン。

「たあーっ!しまった!あれがねえ!」

「どうしたの?」

「あ。おい レド!

 おまえにひとつ 

 やってもらいたいことがある。」


「仕事?」

「おうよ!ペコばばあのところへおつかいいってこい。

 お前が最適 いや おまえにしかできない仕事だ!」

「ちょっと!レドにいかせるの?あんなところへ?」

「肉 1ターン台無しにしたんだから

 当然だろうが。まかせたぜ」

とメモをわたしました。
気合いじゅうぶんでうなづくレド。



cm



サーヤたちはオイルを塗ってくつろぎ中。
メルティはプロポーションを気にしてますが
サーヤは気にしない。

「ぽっちゃりのほうが好きって男の子

 多いし」


「あまいな〜 君は。

 そこ 勘違いすると 痛い目みるよ」


男の子のぽっちゃり基準と
女の子のぽっちゃりは違う。

そこへエイミーにリジットから依頼。
スプリンクラーが動かないので
カイトであがってくれないかと言われました。

「私これから 焼き肉パーティ・・

 いいよ」

途中でレドのことを思い出したのか
ひきうけるエイミー。

「焼き肉?」

とリジットが反応したw

「いえ じゃおねがいね」

「運動会!」

エイミーとサーヤとメルティは
運動のためにもはりきってでかけました。

「積極的に食事をとろうとする一方で

 なぜ 体型の維持にこだわるのか?」


「そりゃ お前 乙女心ってもんよ」

「当機には理解不能」

「そりゃそうだわな〜。

 しかし どうすっかなあ。

 ブリキ野郎・・お前 黒いな」

何かおもいついたピニオン。

メモを手におつかいにいったレド。

「あ〜ら 僕 ひとり?」

ムキムキのお姉さんが・・・。

「スイートな顔してるわね。

 う〜ん ジューシーなからだ」


「何?何?」

そんなひとたちがいっぱい。

エイミーたちも出動。

「ゴールは クレーンタワーのてっぺんね」

「は〜い」

「いくよ〜!スタート!!」

カラフルなカイトで飛んでいくエイミー。

チェインバー、横に寝かされて
ピニオンに何かされてました。

「この状況の必然性を問う」

「動くな!」

そこへペローズもやってきました。

オネエたちから必死で逃げるレド。

「待ちなさいって。

 うちの店で働く気 ない?」


「チェインバー!チェインバー!」

www

「少尉に 非常事態」

おきあがろとしたらピニオンに怒られました。

「動くなっつーに。

 やつにはいい社会勉強だ」


「同意する」

そこへ潜水服を着たリジットたちもやってきました。
船底の点検修理の監督をしていたらしい。

電気の復旧はまだ。

「休憩しましょ」

と水着姿に。

「まだはじまらないの?」

と焼き肉目当てかw

ベローズの横にすわりますが
リジットの水着もすごい。

必死で逃げるレド。

「なんなんだ?俺が何をした?!」

ww

螺旋階段をのぼって逃げるレド。
しかし階段が途中でとぎれていました。

「お尻の形もフレッシュ」

「スタミナも抜群ね」

こわいいいいいいいww

オネエたちがのぼってきた重みで
階段がくずれ下におちてしまったレドを
カイトのエイミーが助けました。

そのさきにサーヤたちが上にいきますが
エイミーもレドを乗せたまま上へ。

「やったー!いっちば〜ん!」

楽しそうなエイミーをみてレドも笑顔。

無事ポンプをまわしました。

「それにしても なんであんなところにいたの?」

「よく わからない」

「ふうん。まっ とりあえずおつかれさま」

と飲み物をわたしてくれました。

振動がおきスプリンクラーが作動。

「イエーイ!」

と乾杯。

スプリンクラーからでる水に虹がかかりました。

「では 俺は仕事に戻る」

エイミーに途中までのせてもらい
またあそこへ戻るレド。

疲労困憊しながらなんとか
目的地にたどりつきました。

エイミーたちは戻って焼き肉待ち。

チェインバーはまださっきのまま。

「この状況の必然性を問う

 くりかえす

 この状況の必然性を・・」


ピニオンから渡されたメモを渡すレド。

「若いの。これをどうするつもりかな。

 まあええ もって行きなさい。

 これでかたがつくというのなら」

「あの・・」

「しっ。」

箱をわたしてもらうレド。

「またここを戻るのか」

なんとか逃げ出したらしいけど
体中にキスマークが、、、、ww

さっきの場所に戻ると人がいっぱい。

チェインバーが鉄板になってたww

「おかえりなさいー」

「ごくろう!宇宙少年。

 塩味だけじゃものたりなくってな。

 よくまにあった!」

箱をあけるとブランデーのボトルみたいなのに
はいっていたのは焼き肉のたれ。

レドも肉をもらい
たれをかけてくれました。

「こ これは・・」

楽しそうにくつろぐ人々。
そこへ風が。

「あ 風・・」

「さあ 仕事すっか」

とたちあがるひとたち。

「いっぱい食べられた?」

「ああ。たぶん」

「そっか。途中からだったもんね。

 ごめんね。レドのためのパーティーだったのに。

 きいてなかった?

 レドの仕事がみつからないからって

 ピニオンが気分転換に企画してくれたんだよ」

「そう・・だったのか」

「みんなのためにがんばってくれて

  ありがとね」


「俺 が みんなの ため」

「そうだよ。

 おかげでみんな 

 おいしい焼き肉食べられたんだから。

 さ いこう!お仕事探し

 またつきあうから」


とレドの手をひっぱっていくエイミー。

「どんなのがむいてるかな。

 やっぱ 肉体系?」

「牛 は だめだ」

「何それ」

ピニオンはさぼってたのを
みつかって仲間におこられました。

チェインバーがそのまま・・。

「この状況の必然性を問う

 くりかえす

 この必然性・・」


wwww



今回もたいへんおもしろかった。
レド、お仕事探しの回。
チェインバーで焼き肉www

ガルガンティアの休日もよくわかったし
焼き肉にくいつくリジットもおかしい。
あんな怪し気な場所があることにも驚きw
レドにはたしかに社会勉強でしょう。

もうこのまま銀河同盟とかなしで
レドの地球体験&成長物語で
いいんだけどーー!



レド      石川界人
エイミー    金元寿子
チェインバー  杉田智和
ピニオン    小西克幸
ベローズ 伊藤静
リジット 大原さやか
サーヤ 茅野愛衣
メルティ 阿澄佳奈
ベベル 寺崎裕香
フェアロック 手塚秀彰
フランジ 津田英三
クラウン 星野充昭










2013.05.07 Tuesday 11:34 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< ガリレオ 第4話「曲球る(まがる)」 | main | 進撃の巨人 第5話「初陣」 >>









翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」
翠星のガルガンティアの第5話を見ました。 第5話 凪の日 「チェインバー、検索だ。ここで俺が就ける職務は?」 『…検索終了、該当なし。データベースの欠如、ガルガンティアの雇用状況不明』 「お前...
| MAGI☆の日記 | 2013/05/07 11:59 AM |
翠星のガルガンティア #05
『凪の日』
| ぐ〜たらにっき | 2013/05/07 12:39 PM |
翠星のガルガンティア 第05話 感想
 翠星のガルガンティア  第05話 『凪の日』 感想  次のページへ
| 荒野の出来事 | 2013/05/07 2:31 PM |
「翠星のガルガンティア」第5話
  第5話「凪の日」「俺に出来ること、教えてくれ」レドはベベルの言っていたことを思い出し…そこにエイミーがやって来て、給料を渡す「エイミー、俺…自分で仕事したい」「どん...
| 日々“是”精進! | 2013/05/07 4:44 PM |
翠星のガルガンティア 第5話 あらすじ感...
ガルガンティアの休日------------!!ヒディアーズを倒したその後は、レドはどうするのか?ベベルの問いに答えを出せなかったレド。では、ガルガンティアで自分が出来ることは何か?今...
| ◆◇黒衣の貴婦人の徒然日記◇◆ | 2013/05/07 6:54 PM |
翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」
「エイミー、俺 自分で仕事したい」 レドの仕事探し! ピニオンに頼まれお使いに行くも、オカマに追いかけられる事にw   ヒディアーズを全て倒したら銀河同盟はどうなるのか? そんなベベルの言葉を思...
| WONDER TIME | 2013/05/07 7:42 PM |
翠星のガルガンティア 第5話「凪の日」
「この状況の必然性を問う」 ・・・続きはこちら(トラックバックもこちらにお願いします) →http://kyotofan.net/books_anime/gargantia/verdurous-planet_05/
| ボヘミアンな京都住まい[fc2ブログ版] | 2013/05/07 9:28 PM |