<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

家族ゲーム 第9話

第9話



 吉本荒野(櫻井翔)によって沼田家は完全に崩壊した…。
あくる日になっても家族の間には会話ひとつなく、家の中も
散らかったまま誰ひとり片付けようともしない…。それぞれが
吉本が消えてしまった心の穴を整理できずにいた。
母・佳代子(鈴木保奈美)はおもむろに納戸からスーツケースを
引っ張り出すと、誰に相談することもなく家を出て行く。
父・一茂(板尾創路)はとりあえず再就職先を探し始めるものの、
エリートだったプライドが邪魔をしてなかなか決まらない。
次男・茂之(浦上晟周)も不登校に逆戻り。友達の園田満
(松島海斗)からの連絡で久しぶりに登校するが、またも
集団イジメに加担してゆく。
高校を辞めた長男・慎一(神木隆之介)もまた怠惰な日々を送り、
吉本への憎悪だけが高まっていた。そんなある日、沼田家に
慎一を心配して最上飛鳥(北原里英)が訪ねてきた。飛鳥は
万引き写真を先生に渡さなかった理由を聞かれ、
「好きだから…。きっと吉本もそれを分かっていたはず」と答える。
まるで吉本を擁護するようなその言い方に、慎一は激昂し、
突然、飛鳥を押し倒し襲いかかった!その後、慎一はナイフ片手に
吉本のアパートに向かう。既にそこはもぬけの殻だったが、
慎一は立花真希(忽那汐里)の写真が載った1枚のチラシを
発見する。それを頼りに何とか真希との再会を果たすものの、
彼女の本当の姿は驚がくたるものだった…。



家の中はぐちゃぐちゃ。
学校をやめた慎一は部屋でマンガ。
茂之も不登校でゲーム三昧。
食事はカップめん。
佳代子は眠っていて
一茂はサウナ。
でてきた一茂といれかわりに
洗面所にやってきた佳代子。

コンビ尾で食糧を買ってくる慎一。
冷蔵庫をあけて冷凍食品を食べようとしたら
しっかり名前が書いてあったので
外食にでてそのあと同じコンビニで
バイト募集の張り紙に目がいく。

遊びながらも勉強のノートをひっぱりだす茂之。
園田からメールをもらい、
友達ととったプリクラに目が。

割れた茶碗もそのまま。
床におちているトロフィーをふみつける慎一。

スーツケースに荷物をつめ化粧をして
家をでていく佳代子。

一茂もスーツを着て職探しにいき
茂之は学校へ。
慎一は自室で菓子パンをかじる。

カッターナイフを手に取る慎一。

慎一の語り。

「沼田慎一。平成9年11月14日生まれ。AB型。

 幼いころから優等生を演じていた。

 全ては親の期待に 応えるためだった。

 文武両道。仲間に信頼されカワイイ彼女もいて

 いつの間にか 俺自身も本当の自分を 見失っていた。

 そんなときだった 吉本 荒野に 出会ったのは。

 吉本は 初めから俺の本性を 見抜いていた。

 とにかく あいつの存在がうっとうしかった。

 俺は 吉本を 辞めさせるために

 人殺しの過去を 暴いたが 

 家族は 俺より 吉本を選んだ。

 唯一 信じていた 立花 真希も吉本と グルだった。

 吉本は散々 もてあそんだ揚げ句

 まるで遊び飽きた おもちゃのように

 俺たち家族を 捨てて姿を消した。

 残された俺たちは互いの責任を なすり付けて

 文字通り 崩壊していった。

 俺は 高校を辞めて怠惰な日々を 過ごしていた。

 こんなはずじゃなかった。

 あいつが いなければ

 俺は 東大 目指して頑張っていたんだ。

 あいつが全てを 奪ったんだ。

 全てを あいつが…」

カッターナイフを手にしていると
チャイムがなり、飛鳥がたずねてきました。

職安にいった一茂。

「それでしたらこちらなんか いかがですか?」

「さすがにこの条件じゃ 納得できないよ。」

「その他には見当たりませんねえ。」

「もうちょっと 真剣に探してよ。」

「沼田さん もう少し ご自分の状況を

 理解していただかないと。」

学校にいった茂之。

「シゲ!」

「おっ!」

「おはよう。」

「どうしたんだよ。」

「ちょっと風邪ひいちゃって。」

「心配したよな。死んだかと思ったよ。」

「おう おはよう ゴリラバカ。」

「挨拶が ねえじゃねえか。」

「おはよう。」

「お前の分も しっかりやっといてやったからよ。」

「声が ちっちぇんだよもう1回 言ってみろよ。」

山尾がいじめのターゲットのままで
椅子の上には画鋲、机には落書き。
表情もびくびくして別人のよう。

飛鳥と慎一。

「辞めちゃったんだね。みんな びっくりしてたよ。

 これ。」

と写真を渡しました。

「何でこれ 先生に渡さなかったの?」

「渡すわけないじゃん。好きなんだから。

 吉本も 私が渡せないって分かってたんだと思う。」

「じゃあ 何で こんな物…。」

「試したんじゃないかな。

 私なら どうするって。

 それを見てもまだ 好きでいられるのか。

 それを見ても慎一を 止めてやれないのか。」

「違うよ。」

「きっと 吉本には 吉本の考えが…。」

「違うっつってんだろ!お前は だまされてんだよ。」

「認めたくないだけでしょ?吉本のこと。」

「はっ? 何 言ってんだよ。」

「自分の欠点を言い当てられて

 何も 言い返せないから反抗するように高校まで辞めて…。」

「おい ふざけんなよ!それ以上 言うなよ!

 あいつは 関係ないんだよ!」

飛鳥におそいかかる慎一。

「あっ やっ… やめて!ちょっ… やめ… やっ…。

 やめてよ!」

そこに一茂が帰宅。

「何やってんだ?」

慎一は家を飛び出していきました。

佳代子は電車の中で
笑顔をうかべつつポッキーをかじる。
海の近くに旅行?

吉本のアパートにいった慎一。
鍵がかかっていたので消火器でこわし
中へはいると空っぽ。

床においてあった劇団のチラシに
水上沙良という名前で真希が。

その劇団にいってみる慎一。
沙良をにらみつけました。

「あっ!」

「どういうことだよ。」

あのDVDもやらせ。

「どうなってんだよ。」

「あのさ・・。

 ご飯 ごちそうしてくれる?」

食事にいったふたり。

「まあ 一言で言うと全部 嘘。

 私の名前は 水上 沙良。

 清楚で 天然 入った 浅海 舞香に

 悲劇のヒロイン 立花 真希

 どっちも演技なかなか うまかったでしょ?

 で あなたが知っている田子 雄大の過去も 全部 嘘。

 ごめんちゃい 許してくれる?」

「田子は どこですか?」

「さあ? 私も知らない。」

「しらばっくれんな。」

「ホントだって。

 私だって今回 初めて 手伝ったんだもん。

 っていうか会うのも 8年ぶりだったし。」

「田子と あんたはどういう関係なんですか?」

「カッター 見えてるよ。

 まあ 殺したい気持ちは分からなくもないけど

 全部君たちを思って やったんだよ。」

「よく言うよ 家族を壊しておいて。」

「そっちこそ 私たちのこと何も 知らないくせに。

 ずっと ムカついてたんだよ。

 8年前のことがあまりにも違うから。

 吉本 荒野が被害者だなんて 許さない。

 先生は 「それでもいい」って言ってたけど

 私は それじゃ 納得できないの。」

「先生?」

「田子 雄大と 私は 教師と生徒。

 自殺した 真田 宗多は私の幼なじみだったの。

 教えてあげるよ 8年前の真相を。」

過去の回想。

職員室にやってきた沙良と宗多。

「失礼します。」

「失礼します。」

「ねえ 先生が好きな髪形って これでしょ?」

「おっ いいねえ。俺 弱いんだよ ポニーテール。」

「ありがとうございました。」

田子先生といる宗多。

「あの先生って…。」

「吉本先生だよ 4月から来た。」

「ああ。」

「手伝いますよ。」

「あっ 助かるわ。吉本先生は 気が利くわねえ。」

職員室でもうけがいい。

「吉本 荒野 教頭先生の おいっ子で

 去年 教育実習を終えたばかりの新人教師。

 東大出身で スポーツも万能優しくて カッコイイ。

 口癖は 「いいねえ」」

と説明する沙良。

「よく知ってるな。」

「まあね。あっ それより買ってきてくれた?」

「ああ…。」

とおみやげのマスコットを出す田子。

「はい。」

「えっ? 何 これ。」

「お土産。」

「えっ? ちょっと待って。

 私たちが頼んだのは これ。どう見ても 違うでしょ。」

「ツアー初日の飛行機に間に合わなかったんだよ。」

「出た。 誰か 生徒の相談乗ってたんでしょ?」

「んっ? う〜ん…。まあ いいじゃない。

 これ 徹夜して作ったんだぞ。」

「えっ 徹夜で このクオリティー?」

「水上の分も今日 作ってあげるからな。」

「あっ。」

「私 いらない。

 恋愛成就どころか縁起 悪そうだし。

 ほら 宗多も返しなよ。」

「いや 僕は これでいい。

 ありがとうございます。」

「どういたしまして。」

宗太と帰る沙良。

「今日もうちで ご飯 食べていきなよ。」

「あっ いいよ。いつも ごちそうになってるし。」

「遠慮すんなって。お父さん 今日も遅いんでしょ?」

「何か 機嫌いいね。」

「分かる? 実はさ…。

 ラブレター 出したんだ。」

「誰に?」

「吉本先生。」

「へえ。お守り 貸そうか?」

「いらない。」

「あっ ちょっ… お守り 忘れた。取りに行ってくる。」

「いいよ あんなの効果ないから。」

「駄目だよ。先 帰ってて。」

お守りをとりに戻った宗多は
教室にいた吉本たちを目撃。

「あれ?駄目だな 教科書 置いてっちゃ。」

机にナイフで傷をつける吉本。

「先生方も やりましょうよ。すっきりしますよ。」

「いや 俺たちは いいよ。」

「「やりましょう」って言ってるじゃないですか。」

しかたなく同じことをする丸川先生たち。
その様子を写真に撮る吉本。

「写真は やめてよ。」

「いいねえ。」

物音をたてて吉本に気づかれてしまう宗多。

「おい 下校時間 とっくに過ぎてんだぞ。

 悪い子だなあ。んっ? ほら。名前は?」

「さっ… 真田です。」

「真田君 仲良くしようよ。

 ねえ?」

翌日、職員室にやってきた宗太。

「失礼します。田子先生。」

「ああ ご苦労さま。」

「あの 相談したいことが…。」

「真田君。おはよう。」
 
と吉本が声をかけると
逃げるようにでてく宗多。

「おい 真田。」

「いいねえ。」

宗多の腕をしば暴力をふるう吉本。

「ううっ…やめ… やめてください。」

「サンドバッグがしゃべってんじゃねえよ!」

「毎晩 こんなに遅くて親とか 大丈夫か?」

「心配いりませんよ。

 こいつ 母親が いないんですよ。

 父親は 毎晩 残業。

 おい。誰にも構ってもらえないんだよな?

 万が一この傷を 誰かに指摘されたら

 「父親に暴力 振るわれてる」って言え。

 いいな?」

「はい…。」

放課後。

机につっぷす宗太に声をかける田子先生。

「真田 大丈夫か?最近 元気ないみたいだけど。」

「あっ… はい 大丈夫です。」

腕のあざに気づきました。

「クラスメイトか?」

「じゃあ 誰だ?」

屋上で話すふたり。

「父に… 父に やられました。」

「本当か?ホントにお父さんが やったのか?

 もし そうならお父さんと 話 しないとな。」

田子先生の腕をつかんでとめる宗多。

「 違うんです。ちっ… 違うんです。

言ったら 殺されます。」

「心配するな。

 俺が 守ってやるから。」

と宗多の肩に手をやる田子。

職員室。

吉本のまわりに集まる教師たち。

「どうしたんだ?」

「また生徒に 告白されちゃいました。」

「モテるなあ。」

「いや。」

「これで 5人目でしょ?赴任して 大して たってないのに。」

「問題 起こすなよ?」

「分かってますよ。叔父さんには 迷惑 掛けません。」

「ここじゃ 教頭だろ?」

「すいません。」

そこへ田子先生が。

「吉本先生。」

「はい。」

「ちょっといいですか?」

「ええ。」

吉本と話す田子。

「なんですか? 話って。」

「真田 宗多のことです。」

「ああ 父親の家庭内暴力に遭っている…。」

「いいえ 父親は暴力など振るっていません。

 真田に 暴力 振るっているのは…。

 あなたですよね?

 教師が 生徒に いじめなんて。」

「嫌だなあ 怖い顔して。

 ただのストレス解消じゃないですか。

 あっ よかったら先生も やりますか?」

吉本の手をふりはらう田子。

「いいねえ。

 田子先生は教頭の後ろ盾を 恐れて

 僕に 付き合ってくれる丸川や西口とは

 違うっていうわけだ。」

「もう 真田には近づかないでください。」

「僕ばっかり悪者にしないでくださいよ。

 あいつだって結構 楽しそうでしたよ。」

「あなたには 真田の痛みが分からないんですか?」

「先生 僕は 生まれてこの方

 挫折を知らないんです。

 親の期待に応えて

 常にヒエラルキーの頂点に君臨してきた。

 だから

弱者の気持ちなんて分かるわけがない。」


「それが 教育者の言うことですか?」

「僕は 人間を支配したいんです。

  僕にとって教育とは 実験なんです。

 意のままに操れる人間を育てるには

 どうしたらいいか。

 つまり生徒は モルモットってわけです。」


「本気で言ってんのか?」

「冗談ですよ。

 分かりました。

 もう やりません。」

「お願いします。」

「丸川先生や西口先生にも言っておきますね。」

田子がでていったあと

「新しいモルモットが増えたって」

という吉本。

宗太と話す吉本。

「吉本先生にはちゃんと話したから。」

「ありがとうございます。」

「何でも 1人で しょいこむな。

  俺でよかったらいつでも 力になるから。」

「はい。」

二人の写真を撮る吉本。

「いいねえ。」

職員室に田子が入っていくと
教頭によばれました。

「田子先生。ちょっと いいかな?」

「はい。」

「実はね 吉本先生がこんな物を見つけてね。」

「田子先生は女子生徒と性行為に及んだ」
という告発文が。

「 何だ? これ。

 僕は 何もしていません。」

「いやそれは 分かってるんだけどね。

 まあ 生徒にも知れ渡ってるみたいでね。

 参っちゃうな。」

生徒の視線も微妙。

「あんたの仕業だろ?」

「何の話ですか?」

「これだよ。あんたが やったんだろ?」

「心外だなあ。せっかく 黙っててあげたのに。

 この前 生徒に告白されたって話 したときに

 田子先生に呼ばれたじゃないですか。

 実は あのとき「女子生徒を紹介してくれ」って

 脅されたんですよ。」
「えっ?」

「ホントかよ 田子先生。もしかして その生徒と…。」

「いや 違う… 何 言ってんだ?

 そんなわけないじゃないですか。」

「落ち着いてくださいよ。ほら
 こっち 行きましょう。」

廊下に連れ出す吉本。

「どっちの方が 信頼されてるか

 考えてみろよ 熱血教師。」

「今度 俺に 盾突いてみろ。

 お前の人生台無しにしてやるかんな。」

告発文をみて沙良もびっくり。

「いったい 誰が こんなこと。」

宗多をまたいためつける吉本。

「いおい。まさか 俺を裏切るとはな。

 お前にはもっと

 刺激の強い 教育が必要みたいだな。」

バットをつきつける吉本。

田子先生を糾弾する父兄も学校にやってきました。

「何で こんな教師辞めさせないんですか!?」

「彼も 否定しているわけですし

 まだ 事実関係を確認している段階ですから。」

「火のない所に煙は立たないんですよ?」

「マスコミにバラしてもいいんですよ?」

「ホントに反省してるんですか?」

宗多は裸で腕立てをさせられたり
水をかけられたり。

「68。ほら 罰だ 罰。おい さっさと脱げよ。」

「ほら 飲め! ほら。いいぞ 死んでも。

 誰も 悲しむやつなんていねえかんな。 あっ?」

廊下を歩く田子はみんなに避けられる。

声をかける沙良。

「先生!」

「ごめん 後にしてもらえるか?」

「えっ ちょっと 先生!」

ため息をついている田子の写真を撮る吉本。

「いいねえ。」

職員室。

「田子先生。」

「はい。」

「これ中身 違う資料じゃない。

 校長に 注意されちゃったよ。」

「あっ…。すいません。」

「頼むよ。

 最近 君の尻拭いばっかりだな。」

笑ってみている吉本と目があいました。

廊下で宗多に声をかけられる吉本。

「先生。 あの…。

 また 吉本先生が…。」

「そんなわけないだろ。

 きっと お前の思い過ごしだよ。

 なっ?」

「違います。

 お願いです 助けてください。」

「問題は 解決したんだよ。」

「本当です。

 信じてください。」

「少しはさ俺の立場も 分かってくれよ。」

「ですよね。迷惑 掛けて ごめんなさい。」

ふたりの会話をきいていた吉本。

「いいねえ。」

体育倉庫にやってきた沙良。

宗多がしばられていました。

「スペシャルゲストの登場です!」

「どういうことですか?」

「君 俺のこと好きなんだよね?

 だったらその証しに ここで脱いでみてよ。」

「沙良ちゃん 逃げろ。 逃げろ!」

「君が脱がなければ 彼が傷つく。

 この理屈 分かるよね?」

「何で?」

「ハハ…。さあ 脱いでもらおうか。」

「嫌だ… 嫌だよ。」

「う〜ん…。

 じゃあ しょうがないな。」

ナイフを出す吉本。

「おい それは ちょっとやり過ぎじゃないかな。」

宗多を刺す吉本。

「おい」

痛みに苦しむ宗多。

「もう やめて! 分かったから。」

「おお。いいねえ。

 ちょっと 刺したぐらいで大げさなんだよ。

 これで 君の写真を 撮って

 田子先生のかばんに入れたら

 出回っているチラシが真実になっちゃうねえ。

 ハハハ…。そうなったら 田子先生は

 社会的に 抹殺されたも同然。

 教職はおろか惨めな人生を 送ることになる。」

「やめろ…。」

「んっ?」

「やめろ!」

「さっさと脱げよ!」

宗多と帰る沙良。

「大丈夫?」

「ごめん 僕のせいで・・。」

「私は… 平気だから。あんな… 全然 平気だから。」

でも泣きだす沙良。

翌日。

職員室をでていく田子。

「お先に失礼します。」

沙良の裸の写真をもって
田子をおっていく吉本。

「田子先生。

 水上 沙良が 欠席した件でお話ししたいことが。」

そこへ宗多があらわれ吉本の手をひっぱり
バランスを崩した吉本が階段から転落。

「おい!」

「放せ!」

「吉本先生…。

 吉本先生!

 おい 何やってんだ!

 真田!」

宗多はカメラと写真を持って逃げて行きました。

「救急車 お願いします。」

現在 沙良と慎一。

「吉本を 突き落としたのは真田 宗多。」

「田子先生と私を 守るために。」

海のそばにいる佳代子。

慎一たち。

「救急車で吉本 荒野が 搬送された後学校では

  緊急会議が行われた。」

「吉本先生はまだ 意識が回復してないそうだ。」

「田子先生が最初に 発見したそうですね。」

「ええ。」

「本当に 吉本先生は足を 踏み外したんですか?

 あなたが突き落としたんじゃないですか?」

「丸川先生。」

「だって おかしいでしょ。

 あんな 見晴らしのいい場所で足なんて

 踏み外すわけないじゃないですか。」

「田子先生がそう言ってるんだから…。」

そのとき宗多から着信があり
でていく田子。

「失礼します。」

「ちょっと待てよ。まだ 話は終わってないんだよ!」

「もしもし? 今 どこにいる?」

「こんなはずじゃなかったんだ。」

「分かってる 場所を教えてくれ!」

タクシーで宗多のところにむかいながら
電話で話す田子。

「あいつに…。吉本に ずっと いじめられてて。

 しかも 沙良ちゃんまで…。」

「水上? 水上が どうした?」

「倉庫に 呼び出して裸の写真を…。

 脱がなきゃ 僕を傷つけるって。

 だから 僕を助けるために。」

「何で そんなこと…。」

「田子先生が 撮ったことにして教師を辞めさせるって。

 だから 僕… 僕…。」

「お前 俺と水上のために…。」

「先生…。怖いよ。」

「大丈夫 すぐ行くから。」

山の中にはいっていく田子。

「どんな小屋だ?

 目印はあるか?」

「分からない。」

「どんな ささいなことでもいい。教えてくれ。

 どこだ?」

「先生…。もういいよ。

僕が死ねば 全部 解決する。」

「何 言ってんだ!

 バカなこと言うな。」

「僕が 生きてたら洗いざらい話さなきゃいけなくなる。

 そしたら 先生や沙良ちゃんに迷惑が掛かる。」

「そんなこと 考えなくていい。」

「うれしかったんだ。

 先生が 「力になる」って言ってくれたとき

 すごく うれしかったんだ。」

「やめてくれ…。

 そんなこと 言わないでくれ。

 俺は お前を…。

 自分の立場を 守るために…。

 お前を 裏切ったんだ。」

「先生は… 悪くないよ。」

「違うんだよ。

 俺は…。

 お前の気持ちを踏みにじったんだ。

 なあ 真田。

 俺に 謝らせてくれ。

 お前の前で 謝らせてくれ。

 だから 頼む。

 死なないでくれ。」

「ありがとう。

 それだけで 十分だよ。」

「やめろ。

 やめてくれ。」

「今 先生にもらったお守りを

握り締めてるんだ。

 このお守りに
 

お願いしてもいいかな?


 もう二度と…。

 僕みたいな 弱い人間が生まれませんように。

 もう二度と…。

 吉本みたいな怪物が生まれませんように。

 先生…。

 僕 強くなりたかったよ。」


「どこに いるんだよ!」

「先生 ありがとう。

 さようなら。」


「駄目だ。

駄目だ 死ぬな!

 真田!

 真田!! 頼む 返事してくれ!

 お願いだ。

 返事してくれよ。

 あったぞ。

 真田…。」

小屋へはいった田子先生が見たものは
ナイフで自殺した宗多・・・。

「真田! 真田!

 真田!

真田… 真田!」

そばにはおまもり。

山の中で
血のついた手でおまもりをにぎりしめ
叫び声をあげる田子。

「これが 田子先生から聞いた8年前の真相。」

そこへ慎一に電話。

「何?わかった。すぐ行く。」

「他に まだ聞きたいことがあるんで。」

「だったら また今度。

 もう 逃げも隠れもしないからさ。

 ごちそうさま。」
沙良は帰っていきました。

慎一が家に帰ると
家族がそろっていました。

「出て行ったんじゃなかったんだ。」

「やり残したことがあったから。」

「集まってもらったのは他でもない。

 この家を 売ることにした。

 明日不動産業者が 見学に来るそうだ。」

「何だ そんなことか。」

「そういうわけだから。」

「あの…。

私からも 話があるの。」

離婚届を出す佳代子。

「離婚 したいの。」

「書く物 あるか?」

サインをしようとする一茂をとめる茂之。

「駄目だよ! そんなの駄目だって。」

そこへ吉本が。

「は〜い!

 呼ばれてないのにジャジャジャジャ〜ン!

 いいねえ。」




本物の吉本荒野がひどすぎた。
宗多に「怪物」と呼ばれていましたが
悪魔のようでした。
ストレス解消とかそんな域を超えていて
人格破綻者にしかみえませんでした。

吉本の巧妙な手口に自分の立場を危うくされて
宗多の信頼を裏切ってしまって
招いた悲劇の結末。
先生と幼馴染を守るために死を選ぶなんて
弱いというかやさしすぎるよ。
田子に裏切られたのに最後まで「ありがとう」だなんて。

あのとき自分を信頼して頼ってくれた
教え子を守れなかった田子が
宗多の最後の願いをかなえるべく
同じようなモンスターになる要素がある慎一を
とめるために沼田家にやってきたのか・・。

この家を崩壊に導いた吉本(田子)だけど
最後にでてきたときにはすごく頼もしくみえました!

それにしても宗多の悲痛な願いが
今もまったくかなっていない世の中が哀しい。





吉本荒野   櫻井翔 
沼田慎一   神木隆之介 
沼田茂之   浦上晟周
沼田一茂   板尾創
沼田佳代子  鈴木保奈美
浅沼舞香    忽那汐里   
最上飛鳥    北原里英 路 



2013.06.13 Thursday 08:22 | comments(0) | trackbacks(7) | 
<< ガラスの仮面ですが Z  第7話「友達はボール」 | main | Betsucomi (ベツコミ) 2013年 07月号 >>









家族ゲーム 第9話:吉本の衝撃の過去!崩壊の先に…
吉本(本物)さいてーーーっ!&#65533;( ̄皿 ̄;; ムッキー!! いやぁ〜、想像以上の極悪人だった吉本荒野!!! んで、忍成くんの人を小馬鹿にした表情が憎たらし過ぎてめっちゃ腹立つ〜〜〜!!! 挫折知らずで弱者の気持ちなんてわからない 人間を支配したい 教
| あるがまま・・・ | 2013/06/13 9:41 AM |
家族ゲーム (第9話・6/12) 感想
フジテレビのドラマ『家族ゲーム』(公式)の第9話『吉本の衝撃の過去!崩壊の先に…』の感想。なお、森田芳光監督・松田優作主演映画『家族ゲーム(1983)』、と長渕剛主演ドラマ(1983)は鑑賞済。 な...
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/06/13 10:24 AM |
【家族ゲーム】第9話 感想
今、先生にもらったお守りを握り締めてるんだ。 このお守りにお願いしてもいいかな? もう二度と…。 僕みたいな弱い人間が生まれませんように。 もう二度と…。 吉本みたいな怪物が生まれませんように...
| ドラマ@見取り八段・実0段 | 2013/06/13 11:32 AM |
家族ゲーム #09
『吉本の衝撃の過去!崩壊の先に…』
| ぐ〜たらにっき | 2013/06/13 12:14 PM |
家族ゲーム 第9話
沼田家は、吉本荒野(櫻井翔)によって完全に崩壊します。 家族の間には会話のひとつもなく、佳代子(鈴木保奈美)は雑誌で見た風景を見に行くために、スーツケースに服を詰め込んで出て行ってしまいます。...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/06/13 2:10 PM |
家族ゲーム 第9話★忍成修吾の「悪の教典」--櫻井君が作った呪いの人形
家族ゲーム 第9話 「吉本の衝撃の過去!崩壊の先に…」 佳代子(鈴木保奈美)が割った食器が散乱し、一茂(板尾創路)のゴルフクラブと慎一(神木隆之介)のナイフと茂之(浦上晟周)のペンキで無茶苦茶になった沼田家では、家族4人が一言も話しことなく沈黙に包まれちゃ
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/06/13 4:41 PM |
「家族ゲーム」 第9話
「ハアーーーイ!! 呼ばれてないのに、ジャジャジャジャーーン!」  解散寸前の沼田家に舞い戻ってきた吉本荒野・・ したたかで、ずる賢そうで、強靭な精神力を感じさせるそ ...
| トリ猫家族 | 2013/06/13 5:32 PM |