<< September 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第12痛「妄想使徒」

第12痛「妄想使徒」



自分たちは非公認戦隊アキバレンジャーの
登場人物で八手三郎の手のひらのうえで
踊らされてただけだと気づかされたアキバレンジャー。


「甘いわね。

 いきなり合体武器を繰り出すという

 ヒーロー側の 鉄板敗北フラグを立てて

 この逆フラグ世界で勝とうとしたことは

 お見通しよ!」

マルシーナ、胸とお尻をうまくつかって
アキバレンジャーを翻弄。

「そういえば こんなにお互いのこと話したの

 今日がはじめてだね」

死亡フラグ中ww

大きな岩がころがってきて
その下にはドラム缶の爆弾。

逆転フラグの力でちょっとした攻撃がひどいことに。

アキバレッドが口から血を流してるww

鉄板死亡フラグをたてようとしたけど
マルシーナに阻止されました。

そこへはかせから通信。

「私といっしょに祈りをささげて!

 この輝く エメラルドの星のために!

 遠い銀河の果てをみて 祈って!!

 きっと奇跡はおこる!!」


ブルーとイエローがその気になり祈ると
空に光の文字が!!w

正義の超人?4人目の新戦士。

「そらかける 正義のたてがみ!!」

「プリズムA!!」

「地球の友よ。

 私がきたからには もう大丈夫だ。」


ウルトラマンみたい。

「バーカ!この世界は

 私の思いのままだっつーの。

 バーカ!」

しかしプリズムAの攻撃で
あっさりやられてしまうマルシーナ。

みんながお礼をいうとプリズムAは
星にかえっていきました。

「とことん 戦隊っぽくないやつだったな」

よろよろと八手三郎のもとに戻るマルシーナ。

「あんたになんとかしてもらわないと・・・」

と弱気なマルシーナにのばす手。

ひみつきちに帰った信夫たち。

店内がメイド喫茶 妹参謀本部になって
ディスプレイもあおいたんもみな妹。

「おかえりなさい おにいちゃん!」

はかせが別人ww

「メイド喫茶 妹参謀本部

 店長代理の はかせひろよだよ。

 アキバレンジャーのおにいちゃんたちだよね。

 これ 私からのプレゼント!」

ひろよの額の宝石から出た光で
みんなは外に移動し
モエモエズキューーンがサソリで
ロックされ使えなくなっていました。

そこへやってきたこずこずによると
ひろよのあざのサソリが体内にはいって
しまったかららしい。

幼児雑誌では新ヒーローの予告が。

「こいつはだれだ?」

とかいてあるけどどうみてもさっきのプリズムA。

「こいつはアミカケ80%といって

 新ヒーローをみせたいか

 みせたくないかのときに

 幼児誌がつかうずるい手だ。」

しかも日曜朝七時半スタート。

さよならスーパー戦隊という記事が・・。

ハリケンレッド兄さん リュウレンジャー兄さん
ティラノレンジャー兄さん アカレッド兄さんと
いっしょにうつる妹ヒロヨ。

制作はチガウヨープロダクション。
東映はニチアサ枠をとられてしまったのか?
さっぱりわからないと困惑する3人の前に
あらわれたツー将軍とマルシーナ。

ツー将軍のからだをかりて話す八手三郎!

「赤き信夫 お前の推測は正しい。

 ニチアサの枠を前前からねらっていたのが

 チガウヨープロダクションだ」

「やつらは 八手さんの入院をチャンスとみて

 入院先に スパイをおくりこんだんだけど

 その発想が 私とまるかぶりだったのよ」

「そのスパイは 私の世界と

 非公認の世界

 さらには 公認戦隊の作品世界が

 微妙につながっていることに気付いた。」

「そして 一番わきの甘い

 非公認の世界を前線基地に

 最終的には スーパー戦隊の正当な

 後継者ヅラをして

 ニチアサの枠をのっとる計画をたてたってわけ。」

「邪魔だったマルシーナをも倒した今

 この世界はすでに

 非公認戦隊アキバレンジャーではなく

 非公認巨神プリズムAとなった。」

「えっ?じゃあ 俺たちは?」

「前番組のキャラよ。」

「うかつにも私は

 意識が朦朧としているすきに

 濃厚なハニートラップをうけ

 ニチアサ7時半の枠をゆずる契約書に

 はんこをおしてしまった。

 プリズムAはまんまと 公認戦隊に

 自分をきょうだいだと認めさせ

 秋からは

 公認のニチアサ枠で放送するつもりだ。」


「そんな・・。俺たちの世界の

 わきのあまさが原因で

 公認様が 栄光の歴史をとじるなんて」

ひろよは続投キャラ。

「続編のふりで 局や視聴者を安心させるため
 
 彼女だけを続投させる。

 ただ 人格や能力は

 新番組にあわせて改変されているがな。」

「どうする?のぶにゃん!」

「公認様のニチアサを守るんだ。

 それにはまず

 俺たちの世界を取り戻すしかない。」


妹キャラのひろよのところにいったルナ。

「JKキャラなら私です」

ルナを洗脳しようと額の力をつかうひろよに
すばやく眼帯をかぶせる信夫と優子。

ひろよがもとに戻りました。

信夫の作戦はVSシリーズ!!

「非公認巨神 プリズムA VS

 非公認戦隊アキバレンジャー」


その企画がとおりモエモエズキューンが
つかえるようになりました。

「重妄想!!」

「ズッキュ〜ン!」

アキバレンジャーに変身し
プリズムAと戦うことに。

大きさが違いすぎて足でけとばされてしまった。

「話が違うではないか。

 これはヒーロー同士が手を結び

 巨大な悪をたたく企画だったのではなかったのか」

「これだからにわかは!

 VSというのは

 はじめのほうは ヒーロー同士が誤解から・・」

「説明無用だ!

 VSだから戦うんだ!」


プリズムAの股間を狙う・・。


プリズムAがひろよをみつけて
また眼帯をはずしてしまい
また妹キャラになったひろよが
おにいちゃんにプリズムパワーを与え
プリズムAのプリズム光線で
ピンチにおちいるアキバレンジャー。

「小さな人間が力をあわせて

 巨大な敵にたちむかう
 
 それが戦隊シリーズだ!

 このマスク このボディ

 スーパー戦隊の魂を永遠にリスペクトする

 あかしなんだ!!」


「超妄想!」

「ズッバーン」

がれきの下敷きになったイエローとブルーを
救いだすレッド。

「VSだったら ファイブマンの

 合身VS合体おし!!

 超 アキバレッド!!」


「おお ギンガマンですね。

 だったら私は

 アイドル話の札僧正おし

 アキバ ブルー!」


「え〜っと にゃ〜は今

 小説に挑戦してるんだけど〜

 かいてもかいてもすすまにゃくって・・

 あ〜・・イエロー」


「痛さは 強さーー!はい!」

「非公認戦隊 アキバ レンジャー!!」


そこへツー将軍がもうそうそう済みの
魔導携帯ウーザフォンをもってきてくれました。

「ドーザ・ウル・ウガロ!」

魔法陣があらわれアキバレッドが巨大化!!

「人間のくせになまいきな」

プリズムAと戦い
イエローとブルーが大それたバズーカ。

プリズムAにパワーをおくろとしていたひろよに
帽子をかぶせて正気に戻すマルシーナ。

「今のうちよ アキバレンジャー。

 今のうちにそのでっかいの

 やっつけちゃって!」

ひろよも正気に。

「ダメよ!赤木さん

 なんで左側にいるの?逆でしょ!!」


「逆?そうか!」

立ち位置をかえるアキバレッド。

「お前は知るまい。

 右から左の法則を!」


「右から左の法則?」

「日本のヒーローは

 古典芸能の伝統を踏襲して

 右から左に必殺技をはなつのが大多数!!

 外資系のユーだけど

 日本のヒーローを気取る限り

 この法則から逃れられない!

 今おまえがいる左側は

 やられキャラのポジションだ!」

「いくぞ! ブルー!イエロー!」


ふたりの力もかりてプリズムAにとどめ。

「妹よ・・!日曜の・・朝・・」

プリズムAを倒して喜ぶみんな。

これでニチアサ戦隊がまもられましたが・・。

八手三郎が退院。

アキバレンジャーがなぜか宇宙戦。
プリズムAが倒すはずだった
宇宙艦隊と戦ことに。

「生きて帰れる気がまったくしません!」

「無事に戻って!

 石清水さん 優子さん 赤木さん!

 みんなでいっしょに 葵の劇場版みるって

 約束したじゃない!!」


「あ?なんだ?」

「て 店長・・今の

 超強力な 

 命がけ特攻フラグじゃありません?」


「えっ?あーー!

 今のなし!なーーし!!」

「もう遅いよ!」

一番大きな宇宙線をイタッシャーが
おしはじめそのまま太陽につっこもうとしていました。
ひろよの命令もきかない。

「こうなったら ヒーローの最後らしく

 なんかかっこいいこと・・

 そうだ!

 なあ みんな 日曜の朝

 テレビをみてくれ。

 いつもと同じように 

公認様のニチアサがはじまったら

 それは・・」



太陽に突っ込んで爆発!!!



さらば 妄想戦隊

     ツヅク





最終回は総集編なのに
こんな終わり方しちゃったら
アキバレンジャーやばい。
八手三郎、病床でハニートラップに
おちてちゃダメでしょーー。

使途というかどうみてもウルトラ系・・。





赤木信夫(レッド) 和田正人
石清水ルナ(ブルー) 澤田汐音
横山優子(イエロー) 荻野可鈴
葉加瀬博世 内田真礼
三田こずこず 愛川こずえ

マルシーナ 穂花
ツー将軍 堀川りょう

プリズムAの声 古谷 徹



















2013.06.24 Monday 12:32 | comments(0) | trackbacks(6) | 
<< ジャンプ30号感想 | main | ガリレオ 第11話「遂に最終回!聖女の救済-後編-実に、実に、面白い!さよなら!湯川先生」 >>









非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第12痛「妄想使徒」
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛の第12話を見ました。 第12痛 妄想使徒 「甘いわね、いきなり合体武器を繰り出すというヒーロー側の鉄板敗北フラグを立てて、この逆フラグ世界で勝とうとした...
| MAGI☆の日記 | 2013/06/24 12:53 PM |
アキバレンジャー痛 第12話
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第12痛 「妄想使徒」 まぁ,外資系制作会社のエージェントの白人女性のハニートラップは良い子は見ちゃダメなんだけど,日曜の朝7時30分に巨大特撮ものでも良いかなと思った私はこれでも特ヲタのつもりですと(苦笑)
| Kyan's BLOG V | 2013/06/24 4:34 PM |
アキバレンジャー「妄想使徒」
 ハハハ、笑えねぇ。  外資系って言ってるけど、80%アカミケの雰囲気と言い、登場時の効果音と言い、あれはウルトラマンだろ。  いや、シルエットはグリーンマンだけども。先週、突然、団次郎の名前も出てるし。  シーズン痛ラストの目玉は巨大アキバレッドってこ
| blog mr | 2013/06/24 6:55 PM |
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛 第12痛 感想
非公認戦隊アキバレンジャー シーズン痛第12痛 「妄想使徒」 マルシーナに手も足も出ず大ピンチのアキバレンジャーそこに現れた謎の巨人・プリズムA・・・・・何だこのウルトラマンもどき(笑) (名前...
| 絶対無敵?ラリアット日記!(分家) | 2013/06/25 12:20 AM |
非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛(ツー) 第12話
非公認戦隊アキバレンジャーシーズン痛(ツー)第12話「妄想使徒」?まさかの最終回だからってどこまでヤル気満々なんだよ(笑)&さらば?アキバレンジャー 愛の戦士たち!(笑)で ...
| スーパーヒーロー駄作戦 | 2013/06/25 2:32 AM |
昨日のアキバレンジャー シーズン痛 第12痛
「妄想使徒」 実質最終回と言う事で。 マルシーナにより、信夫達が八手三郎に作りだされた番組キャラで、路線変更にもてあそばれていたという、お約束のメタ展開を思い出させられ、どうまとめるのかとい...
| 地下室で手記 | 2013/06/25 9:00 PM |