<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

映画 リアル〜完全なる首長竜の日〜

[ 映画 ]
映画 リアル〜完全なる首長竜の日〜をみました。
ネタバレ感想につきご注意

JUGEMテーマ:映画


佐藤健と綾瀬はるか、そして予告やCMで興味を持ち
でかけてきました。
すでにみた方から、前半はホラーだから気をつけてと
忠告をうけていて怖いの苦手なので
覚悟していったのですがほんと怖かった・・。
わかっていても時々でてくるホラーな妄想シーンには
ヒイッと声がでてしまうし、ずっとかまえてるから
からだもこわばってガチガチw
予告みたかんじはファンタジーかと思ってたのに。

実はマンガ家なのは浩一のほうだっていうのに
気づいたのはぎりぎり。(制作者の思うつぼ)
浩一が首長流の絵を描き始めてからでした。
心配して意識に潜ってたのは淳美のほうだったのか。
あのかわいい顔と自然豊かな島で育った環境で
どうホラーにいったのか不思議だったので納得。
(多少偏見はいってます。)

浩一が目覚めなかったのは罪悪感が強すぎたからか。

一度淳美が死の淵から連れ戻したのに
(三途の河が海だったのが・・)
元の世界にどれだけ歩いても戻れず
再び襲ってくる首長竜。
淳美がペンダントを投げてやっと帰っていったけど
小学生のときの恋心ってあなどれない。

あんな小さな島で子どももたぶん少なくて
その中で綾瀬はるかの子ども時代みたいな
かわいい子がいたらきっとみんながその子を
好きだったんじゃないかと思うし、なのに
その子が東京からの転校生、しかも島の自然を破壊しに
やってきたものの息子なんかと急接近して
ペンダントまであげてるところをみたら
意地悪もしたくなるよ。

海での事件は不幸な事故だったけど
浩一はずっとずっと眠っていても意識の底に
沈めるくらいに罪悪感を持ち続けていて
ひとりでは乗り越えられなかったのだろうな。

他人の意識の中に入るという装置は
なかなか楽しい発想でした。












2013.06.27 Thursday 20:29 | comments(0) | - | 
<< ローソンの銀魂フェア | main | 月刊 flowers (フラワーズ) 2013年 08月号 >>