<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙戦艦ヤマト2199  第14話「魔女はささやく」

第14話「魔女はささやく」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


ヤマトの中で岬百合亜にきこえる鈴の音。

アケーリアスの遺跡であれを行うと
ミレーネルに言う セレステラ。

中身もわからず何かを散布するガミラス兵。
くさる兵士にヤマトの始末はデスラー総統直々の任務だと
はなすフラーケン。
目狐ってセレステラのことか。

哨戒任務中の古代くんと森雪は
銀河をながめながらフツーのカップルのような
会話をしていてその会話がヤマトに筒抜けw

「若いものはええのぉ」ww

そのときヤマトのみんなには雪がみえ
歌がきこえるという言葉をのこし
ヤマトとの通信がとぎれました。

格納庫にアクセスがとれず
操縦は古代君に戻し
非常用エアロックをつかい中へはいるふたり。
みんなの気配がなくアナライザーもいない。

航路変更し勝手に動き出すヤマト。

でも艦が動いているということは
航法管制システムは無事な証拠で
直接操れるのは中央電算室と自動航法室。

百合亜がどうやら操られて機械を操作しているよう。

『この状況は普通じゃない。

 何かが起こってる この艦に。

 だがいったい 何が。』

電源は回復しているのにエレベーターは
動いておらず非常階段もロックされていて入れない。

そのとき古代くんに
遊星爆弾がおちてくる幻覚がみえました。
森雪に話しかけられてすぐに正気に。

ここで森雪の美尻サービス・・。

中央電算室と自動航法室にい行く途中
森雪にも幻覚がみえました。

映画のスクリーン。
そちらに気をとられてしまう森雪。

古代君には公衆電話がみえ
電話にでると母からでした。

「あんた今どこにいるの?
 
 今すぐ戻ってらっしゃい」

この時代でも緑色の電話なのか。

「想いをつなぐあの人へ」という看板。

地球の自宅にいて両親におじさんの姿も。
でも父さんたちはあの日・・とまだ理性も残る。
電話のベルがなり「にでないの?」といわれ
電話をとると相手は亡くなった兄。

「お前のほうはどうなんだ?

 ちゃんと生きてるか?

 いったい お前は何をやっているんだ?」

「お前のいるべき場所はそこじゃない。
 
 帰ってこい。進。

 お前は戦ったりする人間じゃなかったはずだ」

と電話はきれてしまい

「お兄様の言うとおり。

 いっしょに帰りましょう 進さん」

と声をかけてくる女性。

帰らなきゃいけない、ヤマトに
戦うために・・でも誰と?ときかれて
答えられない古代君。

スクリーンをみている森雪。

「これが地球だ」

艦長もいました。

古代君の家族がうつっていました。
ここで地球について学び
地球人として暮らしてもらうといわれ
パートナーの女性がでてきたあとは事故。

事故のあと病院でめざめた森雪。

ベッドからたちあがると
自分がベッドに寝ていたり
さっき古代君のところにいた女性がいたり
ホラー・・・っぽい。

赤いスカーフをハーモニカでひいている兄がみえ
近づく古代君。
古代くんはまだ幼い少年。

「進。男ならもう泣くな。

 昔 父さんにもらったものだ。

 これは お前がもっていろ

とハーモニカを渡されました。

森雪にもユリーシャがみえました。

「これは あなたが持っていて」

うろたえるミレーネル。

「大丈夫よ 雪。」

ユキ 雪・・

百合亜におこされる雪。
でも百合亜は自分が百合亜だというのが
わからない。

「目覚めたら ここに立っていた」

遊星爆弾をいっしょに眺める古代君。
この光景を忘れるなという兄。

航路情報はロックされてていて
波動コアを抜けば艦は停止すると
おしえてくれる百合亜。

「波動エンジン

 ああ〜お姉さまが来たんだ」

ワープ開始まで時間がなく走る森雪。

みんなの姿がみえますが
みんないい夢をみているようで
森雪に気づかず。
その中をすすみ
ぎりぎりで波動コアを停止。

波動コアを抜いた森雪のもとにやってきた艦長たち。
それをもとにもどさないと地球が滅ぶという女性。

「滅ぶ?地球が・・」

「そう 大切なふるさとが」

また幻覚にひっかかっている。

家族の幻覚の中にながら
あの日自分はここにいなかったと思う古代君。
あの日兄を迎えにいったときに遊星爆弾が落ちてきて
みんな死んでしまった。

「戦争はあるよ 敵はガミラスだ。」

「ここに遊星爆弾が落ちて

 みんな しんじまったんだ!」

スクリーンにうつる森雪の映像。
波動コアをもとに戻せといわれていました。
スクリーンにタスケテという文字。

「雪〜〜!」

ミレーネルを撃つ古代君。
でもこれも幻覚か。

波動エンジンを再起動し苦しむミレーネル。

みんな幻覚から抜け出すのに成功。
ヤマトのクルーもみな倒れていました。

ミレーネルの精神は戻らず
その目を閉じてあげるセレステラ。

「これで私は 一人ぼっち・・」

涙するセレステラ。

あの遺跡はゲートを造った種族が残していったもので
彼女はその末裔だという話もあるというドネル。

「結局 何しにいらしたのでしょう?」

「魔女のすることだ。

 凡人にはわかるまいな」


それをゼーリックに報告するゲール。

めざわりな狼(ドネル)もこずるいメギツネ(セレステル)も
今はヤマトに夢中なら頃あいだといいますが
計画の内容は教えてくれません。

佐渡先生の診察をうけるみんな。
みんな一番大事にしている思い出をみたらしい。

古代君は家族にあったというと
森雪も大切な人と会えたといいました。

「最後にきてくれたでしょ 古代君」

古代君、そこはもうちょっとつっこまないと。

岬百合亜は不思議な子・・。

「さようなら あたし

 こんにちは あなた

 あなたは岬 岬百合亜」


鈴の音。



なんとも不思議な話でした。
ホラーチックというか。
百合亜のあたりもよくわからない。
憑かれやすい体質?

ヤマトまるごと魔女の魔法ににかけられてたけど
沖田艦長はどうしてたの?
艦長も幻覚にひっかかかってたのかな。

古代君と森雪のおかげでなんとかなりましたが
けっこう隙だらけだな〜と思いました。

結局セレステラの計画も失敗したわけで
デスラー様のおそば近くにつかえていたから
けっこう優遇されてるのかと思ったけど
わりと薄幸なキャラだったりします?




沖田十三     菅生隆之
古代進       小野大輔
島大介       鈴村健一
森雪         桑島法子
真田志郎      大塚芳忠
徳川彦左衛門   麦人
南部康雄      赤羽根健治
相原義一      國分和人
太田健二郎     千葉優輝
佐渡酒造      千葉繁
榎本勇       藤原啓治
新見薫       久川綾
山本玲       田中理恵
加藤三郎      細谷佳正
原田真琴      佐藤利奈
岬百合亜      内田彩
篠原弘樹      平川大輔
山崎奨        土田大
薮助治          チョー
平田一        伊勢文秀
伊東真也       関俊彦
星名透         高城元気
岩田新平       はらさわ晃綺
遠山清         遊佐浩二
西条未来       森谷里美
北野哲也        木島隆一
AU09  アナライザ   チョー
古代守         宮本充
土方竜         石塚運昇[注
藤堂平九郎       小川真司
芹沢虎鉄        玄田哲章
山南修          江原正士
スターシャ・イスカンダル  井上喜久子
ユリーシャ・イスカンダル   桑島法子
アベルト・デスラー    山寺宏一




2013.07.09 Tuesday 14:41 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< ガラスの仮面ですが Z 第11話「1000のアカウントを持つ少女」 | main | スターマン・この星の恋 第1話 >>









宇宙戦艦ヤマト2199 第14話「魔女はささやく」★傑作・異色エピソード!!
宇宙戦艦ヤマト2199 第14話 「魔女はささやく」 大マゼランに向かい航行中のヤマト周辺の宇宙に雪が降り始める。 早くも幻想的・・・。 空間偵察機で次元潜航艦哨戒任務に就いていた古代と雪が帰還するとヤマトがゆっくりと回転。 オリジナルの手作業による
| 世事熟視〜コソダチP | 2013/07/10 12:05 PM |
◎宇宙戦艦ヤマト2199第14話「魔女はささやく」
[ミレーネ)ドメルが呼び寄せていたのは好都合でしたね+>ゴル:散布終了っとハ>ヴォルフ:次の任務は特命だ。ヤマトの始末はメギツネが自分でやるらしいД))ユキ:さざなみはた...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/04/24 6:19 PM |