<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

銀の匙 第6話「八軒、御影家に行く」

第6話「八軒、御影家に行く」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


豚丼もかなり大きくなってきたけど
餌にありつけないのは同じ・・。
八軒がしょうがなく手をかして応援。

ふりむいた豚丼の目がキュートで
思わず抱きしめてしまうのもわかる!

もうすぐ夏休み。
家に帰らないつもりだったのに
夏休みは閉寮というお知らせが・・。

どうしようかとおもっているときに
アキから家でバイトしないかと誘われました。

八軒はバイトするのも初めての体験。

アキの祖父が迎えにきてくれて
御影家に到着!

待っていたアキパパにはいきなり

「認めんぞ!」

とにらみをきかせますが
八軒がサラリーマン家庭の出というと
母と祖母の目が光った!!

ひいばあちゃんは107歳!!

夕食のおにぎにりも愛がこもってるからおいしい。

実家に挨拶するから電話番号をおしえてと
いわれ、なんだかんだとおしえない八軒。

同じおにぎりを横において
勉強をしていた中学時代・・。

実家にはメールで連絡と思ったけど
圏外でした。

父は病院へ戻り、八軒はさっそく仕事開始。
アキが牧場をつぐことは当然の雰囲気。

メールはやはり送信できず
こじれるからちゃんと話した方がいいとアキから言われ
駒場くんの家からなら送信できるとおしえてもらいました。

でもまずは仕事!
そのあと搾乳の時間まで休憩をもらい
駒場君の家のほうをめざす八軒。

隣の家のはずなのに何もみえてこず
あたりはうす暗くなり時間ももう5時半過ぎ。

廃屋をみつけたときに駒場くんに
声をかけられました。

駒場くんちも圏外だそうですが
なんかうまく送信してくれました。

みんな八軒を心配してるだろうから
駒場くんちから電話しろといわれ
駒場家へ。
電話するとやっぱりみんなすごく心配してくれていて
後で迎えにきてくれることに。

駒場くんちにはかわいい妹がふたり。
いつもはお母さんひとりで牛の世話をしているそうで
八軒も小さい妹たちのお手伝い。

仕事を終え、8時前になってからご飯の支度に。

働いても働いてもお金にならない
こういう経営のしかたっておかしくないかと
思わず言ってしまう八軒を誘う駒場。

八軒を打席にたたせ投球練習。

甲子園いってうまくいったらプロにはいって
契約金で牛舎新しくして母に楽させて
自分はあとを継ぐ。

野球も農場もどっちも!

「よくばりで何が悪い!?

 うちの経営は俺がたてなおす!」


アキたちが迎えに来たころには
八軒はボロボロ・・。
おなかもぺこぺこだけど
ちょうどいいものがあるといわれたのは
来る途中にはねた鹿!!

八軒に解体作業をやってみるかといわれ
八軒が習ったと来ないというと

「キミは人生すべて

 学校で習うんかい?」


といわれてしまいやらざるを得ない状況に。

鹿と目があうと駒場くんが鹿の目を隠してくれました。
駒場くんも解体はできるのでかわってくれようとしますが

「これは八軒くんの仕事」

ととめるアキの祖父。

『仕事・・そうだよ。俺 働きにきたんだよ。

 今日一日何してた?』

『逃げてきた場所でまた逃げるのか?

 ここで逃げて人任せにしたら

 豚丼食う資格なんて・・』


迷いながら包丁をおき
やっぱりダメかとアキ祖父が思ったけど
八軒は鹿に手をあわせました。

さばき方をおしえてもらい
手を動かしていく八軒。

解体終了した八軒に
「おつかれ」と声をかけてくれる八軒とアキ。

「じいちゃんはすごいね」

と祖父に言うアキ。

学校で豚に名前つけてから
ずっともやもやしてるみたいだったのが
今日じいちゃんのおかげでちょっと前進したみたい
と感心。
でもおじいちゃんは違った!

「はっ?なんのことだ?

 俺は今日あいつがさぼった分

 嫌がらせしただけだ。

 なんせ 肉の解体は 体力をつかうからな」


鹿肉を前に豚丼のことを思いながら
口にいれる八軒。
手は洗ったのにまだにおいが・・。

軽トラの荷台にアキとふたりで乗って帰る八軒。

中学までは勉強で結果ださないと居場所なかったから
今日は全然労働力にならなかったのに、無事だったことを
喜んでもらえてびっくりしたという八軒に
当たり前だというアキ。

駒場くんのお父さんは過労が原因で亡くなったし
お母さんもオーバーワーク気味だから
思うところがあるのかもとのこと。

空をみあげると満天の星。

ちょっといい雰囲気・・?と思ったところで
急ブレーキ。

今度はクマをひきましたw

ロマンチックなムードにはなりませんでした〜。



何かを教えてやろうというどころか
嫌がらせのつもりの行動ですら
八軒にとって勉強になる世界。

生死がずっと身近に感じる環境で
生きている人たちはやはり違う。

お金を稼ぐことだけでも大きな体験なのに
ここでのバイトは都会でのアルバイトでは
得られない経験ができそう。



八軒勇吾: 木村良平 
御影アキ: 三宅麻理恵 
駒場一郎: 櫻井トオル  稲田多摩子: 高垣彩陽 
相川進之介: 島崎信長 
常盤恵次: 庄司将之  西川一: 高梨謙吾 
別府太郎: こぶしのぶゆき 
吉野まゆみ: 井澤詩織  八軒慎吾: 小西克幸 
中島先生: 増谷康紀 
校長: 三ツ矢雄二 
稲田真一郎: 小野友樹 
大川進英: 水島大宙 
豊西美香: 田野アサミ 
桜木先生: 川原慶久
ニワトリ先生: 西村朋紘 
轟先生: 内海賢二






2013.08.21 Wednesday 11:57 | comments(0) | trackbacks(2) | 
<< スターマン・この星の恋 第7話 | main | Woman 第8話 >>









銀の匙 第6話
八軒(CV:木村良平)とアキ(CV:三宅麻理恵)は、豚たちの餌やりをやっていました。 相変わらず、豚丼は生存競争に着いて行けないようで・・・ 仕方ないので、八軒は豚丼に個別の餌をやっていました。 ...
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/08/21 12:30 PM |
銀の匙 Silver Spoon #06
『八軒、御影家に行く』
| ぐ〜たらにっき | 2013/08/21 12:37 PM |