<< January 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙戦艦ヤマト2199 第22話「向かうべき星」

第22話「向かうべき星」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


艦長日誌であらすじ紹介。

ヤマトが向かうべき目的地
希望の星イスカンダルと
敵イスカンダルは二重惑星。
ガミラスはイスカンダルを崇拝の対象としている。

レプタポーダ収容所に収監されていた
ディッツ提督と会談。
現政権に反旗を翻した彼らではあるけど
互いのいきさつを考えても怨讐を超え
手を携えられるはずもなく・・。

ガミラスの指導者は デスラー総督は
星間国家を恐怖で支配しているとの情報を
得る事ができました。
ディッツたちは人々を解放するために
他の収容所惑星へ。
敬礼で見送り。

でもメルダはヤマトに残り協力することに。
これは未来に希望をつなぐことだと信じたいと艦長。

敵につれさられた森雪は無事。
ユリーシャとよばれ
ガミラスへつれていかれました。

森雪をユリーシャと思いこんでいるデスラー様。

メルダはファルコンに乗せろといい
加藤はそれを拒否。
メルダは連絡将校としてヤマトに乗っていて
その任務にヤマト艦載機への搭乗はないという
古代君の言葉には素直にしたがう。
でもその子に乗せてもいい機体ならあると篠原がいい
古代くんはあとを加藤にまかせていってしまいました。
山本玲もやってきて、メルダは鹵獲したガミラス機に乗る事に。

同胞にひきがねをひくことになってもいいの?
という質問に、「それはお前たちしだいだ」というメルダ。
ヤマトの目的はイスカンダルにいくことで
ガミラスと戦うことではない。
それとも復讐心からガミラスを叩きたいというのが
本心か?といっているとユリーシャが笑顔で
やってきました。

「ないよね」

お姫様〜〜。

ユリーシャをあんたよばわりする山本玲を
とめるメルダ。

「あんたでいい。あんたは好きよ」

どこまでものんきなユリーシャ。

ガミラスとイスカンダルが同じ場所にあるということを
なぜ黙っていたのかとといつめる玲に

「はてな?

 知ってたら来たかしら?

 来なかったかしら?」


とにっこり。

知ってたらこなかったかも、
知らなかったからここまでこられたのかもという島。

森雪はたぶん丁重に扱われていると
言ってくれる島ですが
森雪をまだユリーシャと思っているのなら・・
と心配する古代君。

森雪のそばにはまだノランが。
イスカンダルを月だと言った雪を
ユリーシャじゃないと気付きましたが、
あくまでも任務は森雪を守ること。

セレステラの家に招かれた雪。

お茶をはこんできてくれたかわいい子ヒルデは
ノランと同じ種族。
父親はヤマトの艦と戦って命を落とした。
セレステラも同じく。
種族は違っても今は同じガミラス人。

「あなたは 自分が何ものかわかっていて?」

「私は イスカンダルのユリーシャ」

「いいえ 違うわ。

 今は ガミラスのユリーシャよ。

 あなたはかごの鳥。

 イスカンダルに対するこまにしかすぎない。

 『あまねく星星

  その知的生命体の救済』

 お姉さまの御高説。

 ご立派よね。

 自分では動かず 他人を試すだけ。

 だけど 我らの総統は違う。

 銀河を超えた共栄圏を築き

 それを実践なさろうとしている。

 自分の手を汚そうとしない

 あの女とは違うの。

 帝国の庇護のもとで

 人々は初めて 恒久の平和を享受できる。

 それこそが真の救済であり

 彼にはそれができるのよ。」


セレステラは子どものころ
あの収容所にいたのだそう。
ガミラス人じゃないという理由だけで
そこにいた他種族だった自分たちを
デスラー様が助けてくれたらしい。

「愛してるの?」

という質問にイスカンダルの人姫君なのに下世話な
と笑うセレステラ。

さっき鳥かごから
セレステラの手にうつった鳥が死んでる・・。


森雪はドメル将軍追悼式典に出席することに。

ゲール、元気そうでなにより!
デスラー様にはあまり好かれていないようですが。
でもあの忠誠心はもっと評価してあげるべき。

ヤマトがせまってきていることを
話し合う上層部。

本土防衛は国軍にかわり
親衛隊がおこなうというギムレー。

セレステラは森雪がユリーシャではなく
テロン人だと進言しますが

「それが何か問題なのかね?」

とデスラー様。

本物かどうかどうかなどどうでもいい。
イスカンダルの第三皇女が
大統合をを承認してくれた、
そしてそれを国民が信じてくれさえすれば問題なし。

ドメル追悼式は盛大に行われ
演説するデスラー様は
ガミラスとイスカンダルの大統合という
希望をかなえると宣言。
そのことはユリーシャも認めていると
デスラーの横にたつ森雪。

その画面を驚いてみつめるスターシャ。

森雪救出作戦は却下、
ヤマトの目的はイスカンダルで
ガミラスじゃないという古代君。

艦長は寿命が残り少なそう・・。
本人もそれを御存じで
佐渡先生のそばで涙をこらえる真琴。

艦内にはメルダのことを
あまり良く言わないものもいるようで。

真琴から艦長の容体をきいていた加藤三郎は
山本玲に冷やかされましたが
山本玲は不機嫌そう〜。やきもち!!

玲とユリーシャとメルダの3人でマゼランパフェ。

「きみはいないの?いい人 いないの?」

「余計なお世話!」

「私はいるよ」

ユリーシャ問題発言。

「ここにはいない」

「そっか イスカンダルに」

「失礼だぞ!」

メルダにとってはイスカンダルの人は崇拝対象・・。
マゼランパフェを食べないの?ときかれ
これが食べ物?といいながら食べ始めました。

「こんなものが 宇宙にあったとは・・。

 私は今 感動している!」


メルダ、マゼランパフェが気にいった様子。

メルダが頼んだのは機体を赤に塗ってもらうこと。

「メルダはかわいいね」

というユリーシャにてれるメルダは
ほんとにかわいい。

メルダと玲とユリーシャ
スイーツを食べながら恋バナ。
まるっきり普通の女の子。

イスカンダルに戻ったら
伝えなければならないことがあるというユリーシャ。

「きめるのは私じゃない」

第二バラレスはヤマトをむかえる準備。
タランがこの施設はきたるべき遷都に
備えるもので本来ヤマトに対するものでは・・
といいますがデスラー様にはそれ以上逆らえず。

「はるばるここまでやってきたのだ。

 そのぶん 丁重に出迎えなければ。

 君もここでみているといい。」

 
「いったい 

 何をはじめるつもりです?」


「戦争だよ」

ヤマトはこのあとサレザー恒星系にむかうことに。
そこにはイスカンダルもガミラスもあり
目的地でも敵地でもある。

「だが 我々は イスカンダルへの道を選ぶ。

 それは そこに希望があるからだ。

 そして すぐ後ろにある地球が

 その希望を手に

 ヤマトが帰るのを待っているからだ。

 ヤマトはこれより ワープに入る。

 イスカンダルにむけた

 最後の大ワープだ。

 総員第一種戦闘配置のまま
 
 ワープに備えよ。」


ワープ後のヤマトから
イスカンダルとガミラスがみえました。

コスモレーダーに感なし。
敵影もなく静かにすすむヤマト。

しかしガミラスから何かとんできた・・!



放送は9月いっぱいだそうで
目的地イスカンダルを前に
ガミラスとの最終決戦がはじまるのか。
できればもうこれ以上の犠牲が
でませんように。

こんなときでも和む女子トーク。
ユリーシャがおっとりすぎて
調子をくるわせられる玲もメルダも
いつものようにクールじゃいられず
普通の女の子のようでかわいかった。

イスカンダルから地球に帰還するまでは
大急ぎですね。



沖田十三     菅生隆之
古代進       小野大輔
島大介       鈴村健一
森雪         桑島法子
真田志郎      大塚芳忠
徳川彦左衛門   麦人
南部康雄      赤羽根健治
相原義一      國分和人
太田健二郎     千葉優輝
佐渡酒造      千葉繁
榎本勇       藤原啓治
新見薫       久川綾
山本玲       田中理恵
加藤三郎      細谷佳正
原田真琴      佐藤利奈
岬百合亜      内田彩
篠原弘樹      平川大輔
山崎奨        土田大
薮助治          チョー
平田一        伊勢文秀
伊東真也       関俊彦
星名透         高城元気
岩田新平       はらさわ晃綺
遠山清         遊佐浩二
西条未来       森谷里美
北野哲也        木島隆一
AU09  アナライザ   チョー
古代守         宮本充
土方竜         石塚運昇[注
藤堂平九郎       小川真司
芹沢虎鉄        玄田哲章
山南修          江原正士
スターシャ・イスカンダル  井上喜久子
ユリーシャ・イスカンダル   桑島法子
アベルト・デスラー    山寺宏一




2013.09.02 Monday 13:18 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< ジャンプ40号感想 | main | SUMMER NUDE 第9話 >>









宇宙戦艦ヤマト2199 第22話「向うべき星」感想
今日はお昼は出かけておりました〜〜、さっき録画を見たところです!!!で、ちょっと急いで今日の感想を書こうと思うのですが急いでいるけれど少し脱線(^^;)今日は上の子の中学校に...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2013/09/03 3:22 PM |
宇宙戦艦ヤマト2199 第22話 「向かうべき星」
宇宙戦艦ヤマト2199 4 [Blu-ray](2013/02/22)菅生隆之、小野大輔 他商品詳細を見る 古代とユリーシアは、惑星レプタポーダからどうやって 脱出したのでしょうか。ああ、メルダ・ディッツがヤマト...
| 北十字星 | 2013/09/05 7:57 PM |
宇宙戦艦ヤマト2199 #22「向かうべ...
美しい月・・・・あれは月ではない。あの星こそが目指すべきイスカンダル。「向かうべき星」ヤマトが向かうべき希望の星イスカンダル。しかしそこは、敵であるガミラスとの二連惑星...
| おぼろ二次元日記 | 2013/09/06 4:27 PM |
◎宇宙戦艦ヤマト2199第22話「向かうべき星」
g>艦長日誌、驚くべき事実を知ることになる:イスカンダルとガミラスは二重惑星だった:ガミラスはイスカンダルを崇拝の的としていたのだ、ヴィッツ提督と会談にむかった:反...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/07/01 9:03 PM |