<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

宇宙戦艦ヤマト2199 第26話(最終話)「青い星の記憶」

第26話(最終話)「青い星の記憶」

JUGEMテーマ:漫画/アニメ


地球との回線がつながりました。
ヤマトの報告を
涙ぐんでよろこんでくれる藤堂さん。

「イスカンダルは幻ではなかったのだな。

 本当に・・本当によくやってくれた。」

「この1年近くの間

 我々は待った。歯をくいしばり

 ヤマトの帰還に希望をつないで待ったのだ」

と土方さん。

藤堂さんから沖田艦長の姿がないことたずねられ
遊星爆弾症候群を再発して
容体がはおもわしくないと報告。
続いて森雪のこともきかれ
負傷し・・という途中で通信が切れてしまいました。

通信はまだ不安定だけど
地球に確実に近付いているので
乗務員たちの表情も明るい。

最近はまた艦内に
幽霊が出るといううわさがあり
新見さんも目撃したその幽霊は
古代守・・・!

森雪は昏睡状態。
副長の発案でユリーシャが
入っていたカプセルへ。
地球へ戻るまで体が持たないだろうけど
現状を維持するのならなんとか・・。

森雪の前でハーモニカを吹く古代君を
みている守。

うなされていた艦長によびかける徳川さん。

「夢を見たよ。

 古代守の夢だった。」

キリシマで沖田艦長と徳川さんと守は
いっしょで、勝った唯一の戦い。

「徳川くん。この艦はいい艦だ。

 そう思わんか?」

「はい いい艦です。」

「この艦を誇りに思う」

自分の命はもうすぐ終わりでも

「この艦は死なん。

 この艦の魂は

 若いやつらに託したい。」

「わしはまだ死なんよ。

 この目で地球をみるまではな。」


山崎にまだ生きざまを伝えきっていないという
徳川さん。本当な古代守も・・というと

「弟が立派に引き継いでいる。」

という艦長。

相原さんの様子がおかしいことを心配する
アナライザー。
この前の地球の交信でつらい真実を
きかされたらしい。

父が亡くなって家には年老いた母ひとり。
地球はひどい状況でこのままじゃ
いずれ母も・・と落ち込む相原さんを
はげます古代君。

「だが 泣き言を言っても地球は救えない。

 ヤマトは間に合う!

 手遅れなんかにしない。

 俺たちが間に合わせるんだ!」


その姿をみて艦長みたいだという百合亜。
古代君に感銘を受けて叫ぶ太田さん。
でも舵をとってるのは島くん。

副長はコスモリバースの調整で
波動砲制御室。

席についた島くんに
加藤さんと原田さんの結婚パーティーの
招待状を渡す古代君。
嫌がる加藤三郎を古代君が説得したらしい。

「なんにせよ めでたいのはいいことだ」

古代君が無理に明るくふるまってるように
みえる。島くんもそう感じているようだし
それに気付いている加藤さんは

「いいのかな?

 俺たちだけ こんなふうでさ。」

と迷っていました。
でも新婦の原田さんは元気。

カーテンから上半身だけみせたときは
びっくりしましたがウェディングドレスを
着てました・・。

「私たちが元気をわけてあげるの!

 この子だって

 きっと そう言ってるよ」


原田さんのおなかには赤ちゃんが〜〜。

い、いつのまに・・っ!?


「生まれてくるものもあれば

 死んでいくものもある か」


とつぶやく佐渡先生。

アナライザーもすっかりここにいりびたり。

原田さんが雪に報告。

「雪さん 今度私

 加藤さんといっしょになるんです。

 そしたらね・・きいてくださいよ。

 古代さんがね 

 パーティーをしろ!いやするべきだって!

 って彼に言ったらしいんですよ。

 それで 本当は 恥かしくて

 やりたくないのに 無理しちゃって・・

 男って ほんとかわいいですよね!」

すると雪が動き、目をあけました。

「雪さん!!」

いそいで先生をよぶ原田さん。

コスモリバースシステムをみている
新見さんや真田さん。
まるで脳のニューラルネットワークのよう。
このコスモリバースシステムは一個の
生命体のようなもので
この波動パターンが地球再生に必要な記憶。

問題はその記憶は誰のものなのか?

ヤマトの全員の記憶なのではと桐生さんが
言いますが、真田さんはうすうす感じているらしい。

「やはり お前なのか・・」

そこに森雪急変の知らせ。

森雪のことを考えておちこんでいる古代君も
連絡をうけかけつけますが
森雪死亡・・。

亡くなる直前目を覚まし
最後に古代君の名を呼んでいたという雪。

「『あなたに 会いたい』って・・」

「僕もだ。僕も君に・・

 もう一度会いたかった・・」


このことはみんなに伏せておいてほしいと
頼む古代君。

「やっと地球に帰るんだ。

 もうこれ以上

 あいつらに 

 悲しい知らせをきかせたくない」



加藤さんと原田さんの結婚パーティー。
悲しみを隠して古代君も出席。

「次は俺たちの番」だと
玲にくっつく篠原さんは
つれなくされました。

二人にお祝いをいいにいく古代君、

「古代 

 ヤマトに配属になったときのこと

 おぼえてるか?

 俺はあのとき お前にこういった。

 『貴様の命令で 部下が

 犬死するようなことがあったら

 許さない』ってな。

 だが  

 お前はこれまで立派にやってきた。
 
 誰よりも立派にだ。

 それは俺が保証する。

 だから森くんも大丈夫だ!」


「加藤。彼女を幸せにしろよ。」

システムの中核は古代守だと
新見さんに言う真田さん。
艦内で幽霊をみたといううわさがあるけど
自分もみたという新見さん。

「あれはたしかに古代君でした!」

「充分に発達した科学技術は

 魔法と見分けがつかない・・か。」


イスカンダルで息をひきとったあと
その記憶だけが何らかの方法で残り
コスモリバースシステムを起動させる核となった。

「今や古代守が

 コスモリバースシステムそのもの

 いや・・ヤマトそのものなのだ。」


地球がみえるようになったと
駈けだす乗組員。

古代君はひとり森雪のところに。

「雪・・君と初めてであった時のこと

 覚えているかい?」

雪を抱き、語りかけました。

兄さんのことで血がのぼっていて
あまりいい出会いとは言えなかった。
その後もよくケンカした。
森雪から記憶をなくしたをきかされ
それでも前向きに生きている雪に
どんどん魅かれていった。
雪がさらわれ、再び出会ったときに
自分の気持ちに気付いた。

「君が好きだ。

 この世界の 誰よりも 君が!

 君のいない地球に・・

 君のいない地球なんかに

 意味があるのか。

 意味が・・!」


嘆く弟の姿をみていた守。

「進 俺がお前にしてやれるのは

 これくらいだ。

 艦をお返しします 沖田さん」


コスモリバースシステムにつかっていた
力をつかって雪を生き返らせた?

システムが勝手に作動し操作不能。

「なぜだ?古代

 なぜ今動かしたんだ」


そして雪が生き返りました!!

「古代・・くん」

「雪・・・。雪!!」

涙を流して雪を抱きしめる古代君。

「私 どうして・・

 あのとき 撃たれて・・
 
 それから・・」

「夢だよ」

「夢・・・」

「それは 夢だ。

 君は 悪い夢を見ていたんだ。」

「古代君。」

キスするふたり。

起動パルスはほとんど量子の海に消失し
再起動ができない。
ヤマトが戻っても地球を救うことはできない?

「古代・・いや ヤマト。

 これがお前の意志か?

 お前が望んだことだというのか?」


地球がみえてきました。

佐渡先生にしばらくひとりにしてくれないかと
頼む沖田艦長。

「佐渡先生
 
 ありがとう。」


涙をこらえて立ち去る佐渡先生。

家族の写真をみつめ
それから地球をみつめ
涙を流しました。

『地球か・・

 何もかも みな懐かしい』


艦長がお亡くなりに・・。
ここは泣けた。

しかしその後
コスモリバースシステムが再起動。

「いったい何が?」

「わからない

 ただ 奇跡というものがおきただけだ」


『守』

『さよなら 真田。さよなら 薫』

そこへ雪を抱いてつれてきた古代君。

「あるんだな・・こういうの」

みんな驚いたあと大喜び。

「森船務長の帰還を

 一同 歓迎します」

と山本玲。

佐渡先生も森雪と古代君をみて涙。

西暦2199年12月8日
宇宙戦艦ヤマト 地球に帰還


地球が青い星に戻りました。


そして完全新作劇場映画のお知らせ。



ヤマトの魂になった古代守が
持てる力のすべてをつかって
弟の大事な人、森雪を生き返らせ
そのあとヤマトの魂は沖田艦長が引き継いだ
ということでしょうか。
細かいあれやこれやは奇跡のひとことで。
お兄ちゃん、少しはスターシャへの想いも
(みたいなものがあったのなら。
 あるよね?こどもできたっぽいし)
それもきいてみたかった。

沖田艦長のあのセリフには
やはりじんとくるものがありました。
みているほうはヤマトの旅は
あっというまにみえましたが。
新作映画って何をやるんだろう。

「充分に発達した科学技術は魔法と見分けがつかない」
中原中也の詩集を手にクラークの三法則もつぶやく
真田さんも素敵でしたね。

でも最後くらいは
またあの歌をききたかったです!


沖田十三     菅生隆之
古代進       小野大輔
島大介       鈴村健一
森雪         桑島法子
真田志郎      大塚芳忠
徳川彦左衛門   麦人
南部康雄      赤羽根健治
相原義一      國分和人
太田健二郎     千葉優輝
佐渡酒造      千葉繁
榎本勇       藤原啓治
新見薫       久川綾
山本玲       田中理恵
加藤三郎      細谷佳正
原田真琴      佐藤利奈
岬百合亜      内田彩
篠原弘樹      平川大輔
山崎奨        土田大
AU09  アナライザ   チョー
土方竜         石塚運昇[注
藤堂平九郎       小川真司
芹沢虎鉄        玄田哲章
山南修          江原正士
スターシャ・イスカンダル  井上喜久子
ユリーシャ・イスカンダル   桑島法子






2013.09.30 Monday 19:38 | comments(0) | trackbacks(3) | 
<< ジャンプ44号感想 | main | 2013年9月分アクセス解析 >>









宇宙戦艦ヤマト2199 第26話「青い星の記憶」...
う、時間が無くなってきた・・・! 急いで感想を書こうと思うのですが何だか すごくファンタジーな終わり方をしましたね・・・(^^;)旧作のラストシーンの記憶が 沖田艦長の「地球...
| みやさとの感想文と(時々)感想絵 | 2013/10/01 3:14 PM |
宇宙戦艦ヤマト2199 #26(最終話)「...
ヤマトは還ってきた。人々の思い、星の記憶を積んで。「青い星の記憶」地球を目前にしたヤマト。艦内ではさまざまなドラマが展開していた。伴侶を得る者、新たなる生命の息吹、そし...
| おぼろ二次元日記 | 2013/10/03 11:05 PM |
◎宇宙戦艦ヤマト2199第26話「青い星の記憶」
*>回線繋がりました=こちら藤堂だ、聞えるかサナ>こちらヤマト、コスモリバースシステム受領、帰還中です=よくやってくれた=>まった=沖田君はサ>容態が思わしくありません=>雪はサ>戦...
| ぺろぺろキャンディー | 2014/07/01 9:51 PM |