<< August 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
amazon
楽天ブックス他
楽天ほか

よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第3話

第3話



『上海亭』を陥れた犯人だと勘違いして、
商店街のメンバーが陰陽屋に連れてきたのは、
祥明(錦戸亮)の幼なじみ・槙原(駿河太郎)だった。
祥明の正体を明かそうとする槙原をなぜか必死で制する祥明。
すると翌日、槙原は再び陰陽屋へやって来て、バイト先の後輩
・宮内夏央(波瑠)の相談に乗ってやってほしいと持ちかける。
ひと月ほど前に亡くなった祖母の遺言状を探してほしいというのだ。
最初は興味のなさそうな祥明だったが、広い田畑を持ち、
一人暮らしをしていた祖母の遺産が相当なものだと聞くや、
がぜんやる気を見せる。弁護士が発表した祖母の遺言は、
『“本物の遺言状"は一番大切なものの中にある。
探し出した親族に全財産を譲る』というもの。
期日までに見つけられなければ、遺産はすべて慈善団体へ
寄付されるらしい。夏央の叔父・叔母らは、遺産を独り占めしようと
血まなこになって遺言状を探しているという。遺言状の期日当日。
祥明と瞬太(知念侑李)とともに、路子(倉科カナ)もなぜか、
祥明の口車に乗せられ、群馬へ向かうことに。祖母の家は
既に遺産目当ての親族らが荒らしており、それでも遺言状は
まだ見つかっていないという。路子と瞬太は必死で探し始めるが、
祥明はなぜか、「身を清める」と言ってのこのこと温泉に
出かけてしまう。時間は刻一刻と過ぎる中、
果たして遺言状は見つかるのか?
祖母が遺した言葉の本当の意味とは…?




実家によりつかなかった子どもたちが
財産目当てで家中ひっくり返して遺言状探し。
この荒れまくった様子をみたら
お母さんも前言撤回して
最初っから寄付しちゃうんじゃないの?

子どものころにみんなでたべた
誕生日ケーキの思い出。
5人きょうだいでイチゴが6つだから
最後の一個を争ってケンカしてたというくらい
昔から仲が悪かったようだけど
最後の一個はお母さんにあげるべきでしょ!

子どもたちがよりつかないことで腹をたてて
遺言状を書いた母は、遺言状探しより
自分のことを気にかけてくれた人=
母の誕生日ケーキを村のケーキ屋さんに
買いに来てくれた人に遺産をゆずろうとおもったらしい。

そのあたりの情報をお母さんも好きだった地元の温泉で
友達のお嬢様方(女性に年齢制限なし。さすが元ホスト)から
ききだし時間ぎりぎりまでケーキ屋で待ってから
自分がケーキを買ってきた祥明。

お母さんの願いはきょうだい仲良くすること。
ケーキの上のイチゴは5個。
財産はみんなで等分にわけなさいという
メッセージをみてきょうだいたちもちょっとは
目が覚めたか・・。
(5等分といっても2000万はもらえるんだし)

ほんとなら誰もケーキをとりにこなかったんだから
遺言状を渡す必要もないのに・・という路子に

「死んだ人間の気持ちばかり

 大事にして 何になる?

 大切なのは 残された人間だろ。

 あの遺言状によって兄弟が悔い改めるなら

 それで いいんじゃないか?」

「きっと 亡くなった喜美代さんも

 喜んでるはずさ。

 だって あの遺言状の意味は

 大切な思い出を

 忘れないでほしいってことなんだから。」


という祥明。今回もいい仕事してる。

イチゴを6個から5個にしてほしいといったのも
祥明で、路子からは御礼金目当てかと
またせっかくあがった評価をさげられてますが
これは毎回なの?

祥明と親しくしている路子を怖い目でにらむ珠希。
予告のわら人形?

槇原が言っていたシュウイチロウさんって父親?
おぼっちゃま育ちだったらしい祥明に
家を継いだらどうなんだと言われてますが・・。

母思いの瞬太もよかった。
口紅は結局あの遊んでばかりにしかみえない
お父さんがプレゼント。あの家は大丈夫でしょう。



安倍祥明     錦戸 亮(関ジャニ∞) 
只野路子     倉科カナ   
沢崎瞬太     知念侑李(Hey! Say! JUMP) 
鮎川珠希     柏木由紀(AKB48) 
槇原秀行     駿河太郎   
高坂則男     宮川一朗太 
金井江美子    濱田マリ 
駒形千鶴     ふせえり 
沢崎吾郎      見栄晴   
沢崎みどり    南野陽子   
内藤源次郎    杉良太郎







2013.10.23 Wednesday 08:22 | comments(0) | trackbacks(4) | 
<< ミス・パイロット 第2話 | main | ガリレイドンナ 第2話「メシェ」 >>









よろず占い処 陰陽屋へようこそ (第3話・10/22) 感想
関西テレビ『よろず占い処 陰陽屋へようこそ』(公式) 第3話『見つけたら1億円!?消えた遺言状のナゾ』の感想。 なお、天野頌子氏の原作小説『よろず占い処 陰陽屋シリーズ』は未読。 祥明(錦戸亮)は幼なじみ・槙原(駿河太郎)のバイト先の後輩・夏央
| ディレクターの目線blog@FC2 | 2013/10/23 9:16 AM |
よろず占い処 陰陽屋へようこそ #03
『見つけたら1億円!?消えた遺言状のナゾ』
| ぐ〜たらにっき | 2013/10/23 12:35 PM |
よろず占い処 陰陽屋へようこそ 第3話
上海亭を陥れた犯人として連れて来られたのは、祥明(錦戸亮)の幼馴染の槇原(駿河太郎)でした。 祥明って、本名は「ヨシアキ」と言うのですね。 どうやら、国立のおぼっちゃまらしい。 でも、何故か正体を明かそうとする槇原を制していました。 翌日、槇
| ぷち丸くんの日常日記 | 2013/10/23 1:49 PM |
よろず占い処 陰陽屋へようこそ 参:1億円の失せ物探し
シュウイチロウって誰?(; ̄ー ̄)...ン? 安倍祥明。本名ヨシアキ。実家は国立でお坊ちゃま育ち。代々続いてる名家? そして槙原秀行は幼馴染み・・・ 本ばっか読んでたお坊ちゃまが、何でホストやインチキ占い師なんぞしてるんだろう? とは言え、毎回相談者の悩みを
| あるがまま・・・ | 2013/10/23 3:54 PM |